東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年08月14日(月)投稿】

東京ゲームショウ2017のイメージ画像

そろそろ2017年東京ゲームショウの開催時期が迫ってきた。毎年、東京ゲームショウの開催が迫るとゲーム関連銘柄スマホアプリ関連銘柄に注目が集まる傾向がある。2017年も東京ゲームショウ開催時期近辺では東京ゲームショウ関連銘柄に注目だ。

と、いうことでこのページでは東京ゲームショウ(2017)関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすくまとめて紹介していく。

2016年版 東京ゲームショウ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧はコチラ≫

東京ゲームショウ関連銘柄(2017)とは

東京ゲームショウとは千葉の幕張メッセで行われる日本最大のゲームイベントである。毎年、東京ゲームショウの開催が近付くとゲーム関連銘柄やスマホアプリ関連銘柄などを中心に物色人気が高まる傾向にある。

東京ゲームショウ関連銘柄(2017)とは、ゲーム関連銘柄スマホアプリ関連銘柄など、東京ゲームショウに関連する銘柄の総称である。

2017年の東京ゲームショウ開催日時

2017年の東京ゲームショウ開催日時は以下の通りである。

ビジネスデイ:2017年09月21日(木)~2017年09月22日(金)
一般公開  :2017年09月23日(土)~2017年09月22日(日)

東京ゲームショウはゲーム関係者のみが入場できる「ビジネスデイ」と、一般人が入れる「一般公開」の2部に分かれている。ビジネスデイは平日である09月21日(木)、22日(金)に行われ、週末は一般公開となっている。

東京ゲームショウ関連銘柄は東京ゲームショウ開催前に物色人気が高まる可能性があるので、早めに仕込んでおくのも面白いかもしれない。

2017年の東京ゲームショウ 注目ブースは?

2017年の東京ゲームショウではどんなブースが目玉となるのだろうか?

ちなみに昨年(2016年)の東京ゲームショウでは、最も注目を集めたのはVRコーナーだと言えるだろう。2016年はプレイステーションVRなどが発売されたこともあり、「2016年はVR元年」とも呼ばれ株式市場でもVR関連銘柄は注目を集めた。東京ゲームショウでも2016年からVRコーナーを新設したこともあり、大きな話題を呼んだことが記憶に新しい。

2017年は、特に目新しい新設ブースはないようだが昨年話題を呼んだ「VRコーナー」が「VR/ARコーナー」に改称され、VRを始めARやMR(複合現実)まで出展対象を広げているとのこと。やはり、2017年もVR・AR・MRが注目のブースとなりそうだ。

また、2017年の東京ゲームショウのテーマは「さあ、現実を超えた体験へ。」となっている。このスローガンもVR・AR・MRなどの次世代技術を意識していると思われる。

東京ゲームショウ関連銘柄のなかでも、VR・AR・MR関連銘柄に注目が集まる可能性が高そうか?

なお、当サイトでもVR関連銘柄・MR関連銘柄についてまとめた記事を書いているので、そちらも併せてチェック推奨だ。

VR関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめはコチラ≫
MR関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめはコチラ≫

それと2017年の東京ゲームショウではeスポーツコーナーのコーナー内ステージを大きくリニューアルするそうだ。eスポーツコーナーも注目のブースとなるかもしれない。

eスポーツ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧はコチラ≫

ちなみに2016年の東京ゲームショウではAIコーナーというものがあり、当方は個人的に「このブースが今後盛り上がっていくんじゃないか?」と予想していたが、2017年の東京ゲームショウではAIコーナーはないようだ。ゲームとAI技術が結びつくのはまだ先になりそうということかな?

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 一覧

  • 6758 ソニー
  • 9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • 9697 カプコン
  • 9766 コナミ
  • 7832 バンダイナムコホールディングス
  • 6460 セガサミーホールディングス
  • 3635 コーエーテクモホールディングス
  • 3715 ドワンゴ
  • 2138 クルーズ
  • 9477 KADOKAWA
  • 2432 ディー・エヌ・エー
  • 7844 マーベラス
  • 3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • 3668 コロプラ
  • 2121 ミクシィ
  • 3659 ネクソン
  • 3632 グリー
  • 4751 サイバーエージェント
  • 3656 KLab
  • 3662 エイチーム
  • 4347 ブロードメディア
  • 3667 enish
  • 3664 モブキャスト
  • 3815 メディア工房
  • 4728 トーセ
  • 3775 ガイアックス
  • 9602 東宝
  • 4816 東映アニメーション
  • 3723 日本ファルコム
  • 3785 エイティング
  • 3758 アエリア
  • 4644 イマジニア
  • 3639 ボルテージ
  • 3810 サイバーステップ
  • 3823 アクロディア
  • 4334 ユークス
  • 3624 アクセルマーク
  • 3672 オルトプラス
  • 2706 ブロッコリー
  • 3793 ドリコム
  • 2489 アドウェイズ
  • 3676 ハーツユナイテッドグループ
  • 3851 日本一ソフトウェア
  • 4763 クリーク・アンド・リバー社
  • 3698 CRI・ミドルウェア
  • 3907 シリコンスタジオ
  • 6916 アイ・オー・データ機器
  • 6050 イー・ガーディアン

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命・出遅れ

それでは東京ゲームショウ関連銘柄(2017)のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命 CRI・ミドルウェア

CRI・ミドルウェアのチャート画像

時価総額:9,656百万円
PER:(連) 49.71倍
PBR:(連) 4.87倍
≪2017/08/14時点≫

CRI・ミドルウェア東京ゲームショウ関連銘柄本命株として注目したい。CRI・ミドルウェアはOSとアプリの間で機能するミドルウェアと呼ばれるものを手掛ける企業。ゲームにはミドルウェアが必要不可欠。CRI・ミドルウェアはVR用のミドルウェアにも注力しており、VR関連銘柄としても注目される銘柄である。

また、CRI・ミドルウェアはVR事業だけでなくハプティック(触角)技術の開発を手掛ける米企業「イマージョンコーポレーション」との技術提携をしている点にも注目だ。今後、VR技術とハプティック技術が連携するゲームなどが登場することに期待している。

なお、CRI・ミドルウェアは2017年の東京ゲームショウにも出展を予定している企業である。まだどのブースに出展するかどうかは明らかになっていないようだが。

なお、CRI・ミドルウェアは東京ゲームショウ関連銘柄のなかでは時価総額の規模が小さい方。値動き妙味の観点からも注目したい銘柄といえよう。

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命 シリコンスタジオ

シリコンスタジオのチャート画像

時価総額:10,314百万円
PER:(連) 234.10倍
PBR:(連) 4.13倍
≪2017/08/14時点≫

シリコンスタジオ東京ゲームショウ関連銘柄として注目したい。シリコンスタジオもCRI・ミドルウェアと同様にゲーム用のミドルウェアを手掛ける企業で。こちらもVR向けのミドルウェアにも注力することから、VR関連銘柄として注目されている。

シリコンスタジオも2017年の東京ゲームショウに出展を予定している企業。こちらもまだどのブースかは明らかになっていないようだ。

シリコンスタジオもCRI・ミドルウェアと同様に前々からVR関連銘柄として注目される銘柄だけに、東京ゲームショウ開催によってVR関連銘柄に物色が再燃すれば、注目される可能性はありそうだ。

シリコンスタジオの時価総額規模はCRI・ミドルウェアと似たようなもの。PERが高くなっている点は気になるが、短期スタンスであれば面白そうか?!

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命 ソニー

ソニーのチャート画像

時価総額:5,382,398百万円
PER:(連) 21.08倍
PBR:(連) 2.07倍
≪2017/08/14時点≫

東京ゲームショウといえば、ソニーにもやはり注目したい。昨年の東京ゲームショウではソニーが「プレイステーションVR」の発売を直後に控えていたため、かなり注目を集めたようだ。そして巷では「そろそろプレイステーション5の発表も近いのではないか?」との噂もあるようだ。

個人的には「PS5」の発表はまだ先だと思うんだけどな。だって、PS4の上位タイプ「PS4PRO」が2016年11月に発売されたばかりだし。

まぁソニーも2017年の東京ゲームショウに出展するので、一応関連銘柄として注目したい。ただ、ソニーほどの大企業になると時価総額の規模もバカでかい。値動き妙味の観点ではさほど面白みは感じない。

それこそ「PS5の発表」くらいの大材料があれば話は別だが。

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) 本命 カプコン

カプコンのチャート画像

時価総額:195,991百万円
PER:(連) 16.68倍
PBR:(連) 2.05倍
≪2017/08/14時点≫

カプコン東京ゲームショウ関連銘柄として注目だ。カプコンも東京ゲームショウの出展企業の常連である。

カプコンといえば、対戦格闘ゲームの「ストリートファイターシリーズ」を手掛け、eスポーツ関連銘柄としても注目の銘柄である。2017年の東京ゲームショウではeスポーツブースを大幅リニューアルされるらしく、eスポーツ関連銘柄は注目される可能性がありそうだ。

ちなみに当方は大のカプコンファン。ロックマン・ストリートファイター・バイオハザード・モンハンなどなどカプコンのゲームは大好きなので、なおさらカプコンには期待したい。

ただ、カプコンは時価総額の規模ちょっと大きめなので値動き妙味的にはあまり面白みは薄いかもしれない。

東京ゲームショウ関連銘柄(2017) まとめ

毎年9月に開催される日本最大級のゲームイベント、「東京ゲームショウ」の開催時期にはゲーム・アプリ関連銘柄に注目が集まる傾向にある。近年ではVR・AR・MRといった次世代テクノロジーもゲームに取り入れられるようになっているため、VR/AR関連銘柄にも人気が波及する可能性もある。

東京ゲームショウ関連銘柄をあらかじめ把握しておくことで、思わぬ利益となる可能性もあるかもしれない。本命株出遅れ株 一覧はしっかりチェックしておこう。

2016年版 東京ゲームショウ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧はコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「株で億超えの資産を築きたい」と考えている人は多いと思う。当方もその一人だ。なにしろここ数年、アベノミクス相場によって「億超え」を果たした投資家の話はよく聞いた。そんな話を聞くたびに「自分だって!」と思ったものだ。

そして、今再び相場はめちゃくちゃ盛り上がってきている。

トランプノミクス初動とも言われる2017年。地政学リスクの高まりなど不安視された時期もあったが、軟調な時期を乗り越え、日経平均20,000円台に乗った今、日本株はまさに「プチバブル状態」との見方もある。この先も好地合いが続くなら、個人投資家にとって又とない「億超えのチャンス相場」とも言える。

なんとしてもこのチャンス相場でひと財産を築きたいものだ。

正直な話、当方は株式投資で上手く稼ぎたいなら、投資顧問を上手に活用するのがベストだと思っている。投資顧問というと胡散臭いイメージを持っている人も多いかもしれないが、利用するところをしっかりと選べば役に立つケースがあるのは紛れもない事実だ。(もちろんクソなところも多いのでしっかりと選ばないといけないが)

当方がオススメするのはテーマ株に強い投資顧問だ。

最近はテーマ株相場。直近でもビットコイン関連然り、人工知能(AI)関連然り、ライザップ関連然り…テーマの初動に乗れればいきなりドカンと利益が出るケースもある。また、テーマの初動に乗れずとも「出遅れ株」などで二匹目のドジョウを狙うのも面白い。

テーマ株に強くて、なおかつ信頼できる投資顧問を選びたいならば当方は下記のサイトをオススメする。

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。中国関連銘柄:ケアサービス(株価3.52倍)、カジノ関連銘柄:ピクセルカンパニーズ(+129.79%)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)など数え上げればキリがない。

おまけに4月の軟調相場の間隙を縫って爆発的に株価をあげたオービス(株価3.42倍)も動意づく前にズバリ読み当てている。

特にオービスには驚いた。ハッキリ言ってオービスなんて普段は出来高も少ないし、お世辞にも目立つ銘柄ではない。それを材料前にピンポイントで推奨するとは、当方には偶然には思えない。テーマ株だけでなく材料株に対する嗅覚も凄いと思う。

また、無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれる。これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ