KDDIのローソンTOB実施で「ローソン株・爆上げ」で上場来高値を更新!!コンビニ各社に"思惑買い"が入る一方で、KDDI株は"大きく下落中"

この記事にはプロモーションが含まれます。

KDDIのローソンTOB実施で「ローソン株・爆上げ」で上場来高値を更新!!コンビニ各社に
株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
ドラッグストア業界に続いて、コンビニ業界・IT業界にも衝撃なニュースが駆け巡ったな。

KDDIは2月6日、コンビニ大手のローソンに対してTOB(公開買い付け)を実施すると発表。ローソン親会社の三菱商事とともに、共同経営という形をとって事業強化を進めるとのことだ。

TOBの開始時期は「今年の4月ごろ」を予定。TOBが成立すれば、KDDIと三菱商事が株式の50%ずつを保有することになり、ローソンは非上場化となる。

ドラッグストア業界1位の「イオン(ウエルシアHD)」による、業界2位「ツルハHD」の株式取得の動きが大きなニュースとなったが、今回の「KDDI・ローソン・三菱商事」3社による資本業務提携によって、コンビニ業界のパワーバランスも大きく変わるかも知れない。

さて、KDDIのTOB実施の知らせを受けて3社の株価には大きな動きが見られている。また、ローソンに関連性をもつ企業やコンビニ各社にも思惑買いが入る動きも目立っている。

KDDIが「ローソンTOB」に動いた理由とは?今後はどうなる?

KDDI発表のリリース「三菱商事・KDDI・ローソン、資本業務提携契約を締結」によると、

コンビニエンスストアを中心としたローソンが展開する事業において、三菱商事とKDDIは「リアル×デジタル×グリーン」を融合させた新たな生活者価値を創出する「マチの"ほっと"ステーション」の実現を目指します。

本提携を通じ、ローソンが有する約14,600店舗に訪れる1日あたり約1,000万人のリアルでのお客様や、KDDIが有する約3,100万人のお客様とのデジタルの接点を掛け合わせた「国内有数の生活者接点」に対して、各社が有する機能・サービスをつなぐことで、ローソン店舗において生活者の方々のあらゆるシーンに寄り添う新たな価値を創出し、またグリーン(環境負荷低減)を含む社会が直面する様々な課題の解決に向けた持続可能なサービスも提供します。

とのこと。

つまり、『ローソンとKDDIの強みを融合させた「リアル・デジタル融合型サービス」の開発に取り組む。』ということらしい。これにより、全国のローソン店舗で、

  • オンライン診断後の服薬始動と薬の受け渡し
  • KDDIの各種金融サービスやスマホのサポート

といった「未来のコンビニ」をテーマにした各種サービスの提供を構想しているとのことだ。

ローソンのTOB価格はいくら?上場廃止はいつごろなのか?

TOB価格は「1株・10360円」。買い付け予定数は「4,792万4,270株(下限1,445万8,800株、上限設定はなし)」とのこと。

TOB開始時期は「今年の4月ごろ」を予定。今回のTOB成立後にローソンは上場廃止となる見込みだ。2月6日付で東証管理銘柄(確認中)に指定されている。

一連のTOBで「KDDI・ローソン・三菱商事」の株価はどのような値動きを見せたのか?

ローソン(2651)

ローソンの株価チャート

大幅続伸で"上場来高値"を更新!!

KDDIによるTOB実施の発表を受けて大幅続伸。TOB価格のサヤ寄せを目的とした動きが優勢となり、現在(11:40時点)の株価は「前日比:+1,387円(+15.56%)」の爆上げ状態に。年初から大きく値を上げていたことを見ると…。

三菱商事(8058)

三菱商事の株価チャート

大規模な自社株買いが好感され大きく急伸!!

23年4~12月期連結決算では「売上高:9.7%減」「純利益:27.1%減」と減収減益を発表があったが、発行済み株式の10%・5000億円を上限にした大規模な自社株買いも発表。現在(11:40時点)の株価は「前日比:+242円(+9.55%)」、大規模な自社株買いが好感されて大きく急伸している。

KDDI(9433)

KDDIの株価チャート

TOB実施の市場評価はイマイチ。一時「3.2%安」まで下落する場面も。

ローソン、三菱商事が大きく値を上げる一方で、TOBを実施したKDDI株は軟調。一時「3.2%安」の4,540円まで下落する場面も見られた。本業との違いから市場評価は今のところイマイチのようだ。


この他、ローソンの爆上げを受けて、取引関係にある銘柄や各コンビニ銘柄にも思惑買いが向かう動きが見られている。

  • スリーエフ(7544)
  • ポプラ(7601)
  • イオン(8267)

今回のTOB劇で大きく株価を急伸させている「ローソン」と「三菱商事」。そして、市場評価がイマイチ追いついていない「KDDI」。今後の値動きとあわせてコンビニ業界に与える影響についても注目していきたい。

2024年の新年相場がスタート!今年の株式市場を彩る"注目テーマ"&"大化け期待株"とは何か??

今年の新年相場がいよいよスタートした!

今年の干支にまつわる相場の格言、『辰巳天井』を期待する声が市場では高まっている。果たして、2024年の株式市場は「大躍進の年」となるのか?それとも「波乱の年」か?

いずれに転んだとしても、今年の株式市場を彩る「人気テーマ」に注目が集まり、短期急騰を演じる「大化け株」がはっきりと姿を現すはずだ。ぜひ、この活況のチャンスを手にして欲しい。

2024年の大化け期待株を手にしたい!

急騰を演じる注目テーマの初動を掴みたい!

今年の初投資をいいスタートにしたい!

株式投資クラブ管理人のアイコン画像

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-,