最新注目銘柄速報

『 最新注目銘柄速報』の最新記事

最新注目銘柄速報に関するまとめ、最新情報、最新記事の一覧

2大テーマを持つ有力銘柄!量子コンピュータ関連×ワイヤレス充電関連 本命株【6864】エヌエフ回路設計に再注目だ!

【6864】エヌエフ回路設計ブロックに注目だ。 家庭用リチウムイオン蓄電システムを展開とワイヤレス充電関連銘柄としてもピックアップした銘柄だが、量子コンピューター関連銘柄と2大テーマを持つ銘柄だ。

クリスマスプレゼント銘柄!株式相場で勝ちまくれるチャンスだからしっかり聞いてくれ!

〝これだけの暴騰、半年も経たずに株価5.4倍!〟 鉄は熱い打ちに打て!株式相場で勝ちまくれるチャンスだからしっかり聞いてくれ!新生ジャパン投資の銘柄が、【6195】ホープが遂に推奨後から株価は5倍を超え…大暴騰しているぞ!!

教育ICT関連銘柄 パソコン関連銘柄の出遅れ株、6835アライドHDに妙味有りか!

教育ICT関連の銘柄でチエルなど様々な銘柄が急騰しているが、出遅れ銘柄として6835アライドHDに注目しているぞ。 同社は、「ネットワークプロダクト」「ソリューション」「サポートサービス」事業を展開している企業だ。ネットワーク機器専業で、自治体や医療機関などとの取引に強みがあり、2019年5月17日には、「Network Computing Awards 2019で、最優秀企業賞および最優秀

ロシアハッカー集団から守る!サイバーセキュリティ関連銘柄で【4475】HENNGEに注目だ

世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシアが19年1月に提出した過去の検査データで改ざんが発覚した事からロシア選手団を2020年東京オリンピック・パラリンピックなど主要国際大会から4年間排除する処分を決めた。 このロシアに対する処分後に、ロシアハッカー集団でも有名な「ストロンチウム」呼び名は他にも「ファンシー・ベア」や「APT28」とあるが、サイバー攻撃を仕掛けてきたのだ。

北朝鮮が年内ミサイルを示唆で防衛関連銘柄が上昇!防衛関連で妙味有りの本命、出遅れ株を記載したぞ

また北のお騒がせ大将が騒ぎ出したな。 まず最近の北朝鮮の【挑発行為】ともとれる報道から振り返ってみよう。11月30日に、日本政府が北朝鮮の「超大型ロケット砲」発射を「弾道ミサイル」と主張した事に対して↓ 「安倍総理は本当の弾道ミサイルがどれかを遠からず、それも非常に近くで見ることになるかもしれない」 「多連装ロケットシステムとミサイルの区別もつかないとは、安倍は世界で唯一無二の白痴、

【一押し情報】年末相場で勝ちたいなら!今「絶好調」だから見ておけよ!

「この 【株 株】というサイトなのだが推奨銘柄の動きが絶好調だぞ!」 直近の実績で株価2倍となった【8704】トレイダーズHDを10月29日に66円で無料推奨している。トレイダーズHDのチャートはすさまじいな!本日で高値148円をつけたが、提供後から即動意付いてからは僅か4日で株価2倍だ! さらには目を見張ったのは【6840】AKIBAの一気急騰だ!AKIBAも【株 株】で提供後から株

この記事の関連カテゴリー
オススメ投資顧問, テーマ株, 最新注目銘柄速報

【有望テーマ株】サイバーセキュリティ関連銘柄の注目銘柄だ!ソリトン、テリロジー、テクマト

国土強靭化同様に、5Gが当たり前になっていった時にサイバーセキュリティー関連の銘柄の需要は2020年以降さらに増えていくだろう。 国際的なハッカー集団などの脅威に対して、国家の情報は勿論だが、日本は企業情報のセキュリティーなどもしっかりと取り組んでいかなければならない。

「本当に儲かる情報とは?」負けてるならまず見ておくべき!推奨銘柄Lib Workが株価4.6倍を達成!

今回、〝抜群の実績を出し続けている〟株エヴァンジェリストの情報がマジでヤバすぎる実績なのでみてほしい! これだけの実績を出せてるとは、株エヴァンジェリストの会員は「本当儲かっている」のだろうな。

教育ICT関連銘柄 パソコン関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

教育ICT関連銘柄とは 「ICT」とは、「Information and Communication Technology」の頭文字を取った言葉、「教育ICT」は、教育現場で活用されるパソコン、プロジェクタ、電子黒板などのハードウェアから、無線LAN、eラーニング、デジタル教科書、学習用ソフトウェアが教育ICTとなる。 政府が今月の27日に全小中学校に1人1台のパソコンかタブレット型端末を

キャッシュレス決済、想定を上回るペースで拡大!スマレジが累積取扱高が2兆円を突破!

2019年12月02日(月)はスマレジが株価を伸ばしているな。 政府は今年度2798億円の予算措置して1786億円を消費者への還元をするとして、10月の8%から10%への消費増税に合わせて、消費の冷え込みの緩和策としてキャッシュレス決済の普及を狙っていたわけだが、今回の還元は中小店舗に5%の還元、

サブコンテンツ

このページの先頭へ