蓄電池関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年12月01日(日)追記】

蓄電池のチャート画像

「2019年問題」という言葉はご存知だろうか?!

2019年問題とは、2009年11月に開始された住宅用太陽光発電の余剰電力買い取り制度が、2019年11月以降で順次「10年間の買い取り期間満了」を迎えることを指している。

19年11月~12月で買い取り機関の満了を迎える住宅用太陽光発電はおよそ53万世帯にも上るといい、これらの家庭用太陽光発電では「余剰電力の固定価格での買い取り」が終了することで、その後は売電しようとしても買い取り価格が下がる見込みだという。

資源エネルギー庁では、今後の余剰電力の行き先について選択肢の一つとして、家庭用蓄電池を購入し、余剰電力を家庭内で蓄電し、夜間に利用する方法を示している。

と、いうことで株式市場では「蓄電池関連銘柄」に注目が集まりつつあるようだ。このページでは蓄電池関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

蓄電池関連銘柄とは

蓄電池関連銘柄とは、その名の通り蓄電池に関連する銘柄の総称である。2019年11月以降、住宅用太陽光発電の固定買い取り期間が満了することによって、今後余剰電力は各家庭で「蓄電池に蓄電する」という選択肢が資源エネルギー庁より示されている。

これにより、今後は太陽光発電設備を整えている家庭からは蓄電池の需要が高まる可能性があるといえる。

蓄電池関連銘柄は太陽光発電関連銘柄とも非常に近縁のテーマ株といえる。当サイトではすでに太陽光発電を含む「再生可能エネルギー関連銘柄」をまとめているので、そちらも併せてチェックしておくことをオススメする。

再生可能エネルギー関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

蓄電池関連銘柄 一覧

  • 6701    NEC      蓄電池・蓄電システム
  • 6752    パナソニック   蓄電池・蓄電システム
  • 6753    シャープ     蓄電池・蓄電システム
  • 6864    エヌエフ回路設計 蓄電池・蓄電システム
  • 6902    デンソー     蓄電池・住宅用EV充電システム
  • 6971    京セラ      太陽光発電システム・蓄電システム
  • 6674    GSユアサコーポ 太陽光発電システム・蓄電システム
  • 6996    ニチコン     トライブリッド蓄電システム
  • 7011    三菱重工業    マンション向け蓄電池
  • 1925    大和ハウス工業  スマートハウス 蓄電システム
  • 6502    東芝       蓄電システム「エネグーン」
  • 5121    藤倉ゴム工業   マグネシウム蓄電池の試作品を完成
  • 5333    日本ガイシ    NAS電池
  • 5802    住友電気工業   レドックスフロー電池
  • 6937    古河電池     産業用蓄電池
  • 6955    FDK      オフィス・家庭用蓄電システム

蓄電池関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは蓄電池関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

蓄電池関連銘柄 本命株 ニチコン

ニチコンのチャート画像

時価総額:72,618百万円
PER:(連) 15.08倍
PBR:(連) 0.70倍
≪2018/11/05時点≫

ニチコンも蓄電池関連銘柄の本命株といえるだろう。ニチコンは家庭用蓄電システムの累積生産台数でで※世界的ナンバーワンを誇るメーカーだ。(※2016年3月現在、ニチコン調べ)

家庭用蓄電システムや、EV(電気自動車)にも電力を供給できるシステムなども手掛ける。またニチコンは超小型・低価格の単機能蓄電システムを2019年1月に市場投入するとも発表している。まさに蓄電池関連銘柄の本命株といえる事業内容だ。

加えて、ニチコンの時価総額規模は小粒というほどでもないが、蓄電池関連銘柄のなかでは時価総額規模が小さい方。値動き妙味の観点からも蓄電池関連銘柄の本命株といえるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 NEC

NECのチャート画像

時価総額:873,888百万円
PER:(連) 34.86倍
PBR:(連) 0.99倍
≪2018/11/05時点≫

NECは蓄電池関連銘柄の中核銘柄といえるだろう。NECは通信インフラ設備で国内首位の銘柄だが、蓄電システムも手掛けている。電力事業者向けの大型蓄電システムに加え、家庭住宅用の小型蓄電システムも手掛ける。NECは蓄電池関連銘柄の中核株といえそうだ。

ただしNECは時価総額規模も大きい大企業。値動きは緩やかなので、取り組むとすれば中長期スタンスが前提となりそうだ。

蓄電池関連銘柄 本命株 パナソニック

パナソニックのチャート画像

時価総額:2,890,924百万円
PER:(連) 10.99倍
PBR:(連) 1.50倍
≪2018/11/05時点≫

パナソニックも蓄電池関連銘柄の中核株として注目しておきたい。パナソニックは白モノ家電が主力の家電メーカーだが、住宅設備系も展開しており、住宅用の蓄電システムも手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄の中核株として抑えておきたい。

ただしパナソニックも知っての通り大企業。値動きは相応に重いので取り組むとすれば中長期スタンスが前提となるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 シャープ

シャープのチャート画像

時価総額:963,142百万円
PER:(連) 10.29倍
PBR:(連) 2.36倍
≪2018/11/05時点≫

家電大手のシャープも蓄電池関連銘柄の一角といえるだろう。シャープは住宅用エネルギーソリューションシステムとしてクラウド蓄電池システムを手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄として注目だ。ただし、シャープも時価総額規模は大きめ。こちらも取り組むとすれば中長期スタンスが基本となりそうだ。

蓄電池関連銘柄 本命株 エヌエフ回路設計ブロック

エヌエフ回路設計ブロックのチャート画像

時価総額:13,742百万円
PER:(連) 17.04倍
PBR:(連) 1.64倍
≪2018/11/05時点≫

エヌエフ回路設計ブロックは蓄電池関連銘柄の本命株として注目だ。エヌエフ回路設計ブロックといえば、量子コンピューター関連銘柄としても本命株としてピックアップした銘柄だが、同社は家庭用のリチウムイオン蓄電システムも手掛けている。

エヌエフ回路設計ブロックは蓄電池関連銘柄のなかでは特に時価総額規模が小粒な銘柄だ。値動き妙味の観点からも本命株として注目したい。また量子コンピューター関連銘柄というテーマ性も有しているため、複数のテーマ性から注目したい銘柄だ。

蓄電池関連銘柄 本命株 デンソー

デンソーのチャート画像

時価総額:4,013,223百万円
PER:(連) 12.94倍
PBR:(連) 1.07倍
≪2018/11/05時点≫

トヨタ系自動車部品メーカーのデンソーも蓄電池関連銘柄として注目だ。デンソーは家庭用のリチウムイオン蓄電池を手掛けており、電気自動車と住宅の間で急速充電を可能にするシステムを手掛けている。このシステムでは、家庭で貯めた太陽光発電を電気自動車に供給することも、車両に蓄えた電力を住宅に供給することもできるようだ。

今後、電気自動車がさらに普及すればデンソーのEVと住宅で相互電力供給ができるシステムはさらに需要が高まるかもしれない。

ただしデンソーも時価総額規模は巨大な企業。値動きは緩やかなので、取り組むとすれば中長期スタンスが前提となるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 GSユアサコーポ

GSユアサコーポのチャート画像

時価総額:199,178百万円
PER:(連) 15.23倍
PBR:(連) 1.15倍
≪2018/11/05時点≫

GSユアサコーポレーションも蓄電池関連銘柄の中核株といえる存在だろう。GSユアサは太陽光発電システム事業に本格参入してから15年以上の実績をもち、蓄電システムも手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄の一角として把握しておきたい。

台風被害などからも蓄電池関連に政府が財政支援!

蓄電池関連で最新のニュースがあったので記載しておくぞ。

小泉進次郎環境相は「気候変動×防災」を政策のキーワードとして掲げているのだが、環境省は11月21日に、2019年度補正予算案に関連経費に太陽光発電パネルなど発電設備と蓄電池をセットで導入するための補助制度を新設して盛り込むとした。

再生エネルギーの活用推進へ環境省は太陽光パネルなどの補助を行ってきたが、蓄電池に関してはまだ太陽光パネルに比べ進んでいない、太陽光パネルは天候などに非常に左右されるもの、天候が悪い場合は電気の供給ができない。

今回太陽光発電パネルとセットで蓄電池に対して力を入れると政府が発表しているだけに今後蓄電池へ政府が力を入れていく動きとなるだろう。

蓄電池関連の銘柄は災害時などに安定して電力を供給する事からも、温暖化や災害に対して力を発揮する事を考えると同銘柄も国策テーマも国策と言えるだろうな。

蓄電池は、つまりは充電して何回でも使える電池だ。一般的な単三電池の事を一次電池といい、放電のみで使いきりとなるが。蓄電池は二次電池と呼ばれいる。

様々なところで使用されているが、分かりやすく言えばスマートフォンなどは何度も充電して使えるから一番身近でわかりやすいものではないだろうか。

蓄電池の種類は

リチウムイオン電池:ノートパソコンや携帯電話など現在のモバイル機器のバッテリーに用いられる電池。直近でもチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成名誉フェローの吉野彰氏がノーベル賞を受賞したが、日本ではリチウムイオン電池のメーカーシェアが高い。パワーもあり寿命も長い。家庭用、産業用としても今後使われていく電池。

鉛蓄電池:安価で使用実績が多く、信頼性に優れている、自動車のバッテリー起動に使用する事が多い。サイクル回数の増加に伴い性能が低下してしまうという欠点

ニッケル水素電池:充電、放電のスピード、そしてパワーはあるが寿命が7年程度と短いハイブリッドカーのバッテリーなどに使用されている。

NAS電池:日本ガイシが世界で初めて実用化したメガワット級の電力貯蔵システム。従来の鉛蓄電池に比べて体積・質量が3分の1程度とコンパクトだが、常温では動作しないため、作動温度域に温度を維持する必要がある。

レドックスフロー電池:バナジウムなどのイオンの酸化還元反応を利用して充放電を行う蓄電池。電極や電解液の劣化がほとんどなく長寿命であり、発火性がなく安全性が高い。太陽光や風力などの再生可能エネルギーの導入を拡大していく上で必要。

蓄電池の容量、そして充電の時間が短くなるなどは様々なモノに役立つ事は間違いない。

そこで蓄電池関連で業績も良い本命・出遅れ株を記載しよう。

蓄電池関連銘柄 本命株 出遅れ株 古河電池


時価総額:25,650百万円
PER:(連) 10.68倍
PBR:(連)  1.03倍
≪2018/11/05時点≫

蓄電池関連では本命銘柄として今後浮上する可能性があるのが古河電池だ。古河電工直系の蓄電池メーカー。

IoTを活用した生産効率化を推進。自動車用、産業用電池をはじめ、「はやぶさ」といった人工衛星用のリチウム電池などに強みを持つ特徴的な製品を開発、新型鉛電池「ウルトラバッテリー」は、通常のバッテリーの急速充放電サイクル4倍の「長寿命化」を実現しているぞ。直近の決算も20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の6.6億円となっているな。

まだチャート的にも上昇余地はPER、PBRもテーマ性を考えたら割安なところも注目ポイントと言えるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 出遅れ株 FDK


時価総額:28,043百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 3.18倍
≪2019/12/01時点≫

FDKは蓄電池関連銘柄の本命銘柄といえるだろう。富士通の参加、FDKは各種一次電池、モバイル機器のキーデバイスである2次電池のトップメーカー、2次電池の重要性はスマートフォン、EV自動車などからも需要が高まっていく事からも5G関連としても注目される銘柄の一つだ。セラミックス型全固体電池を開発し量産に向けて動いており今後FDKは蓄電池関連銘柄の注目株といえそうだ。

チャートを見ると、上値が重い展開が続いているが、下値も堅い。テーマ性からも切っ掛け一つで投資家の注目を集めやすい銘柄と言えるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 出遅れ株 日本ガイシ


時価総額:591,246百万円
PER:(連) 13.83倍
PBR:(連) 1.22倍
≪2019/12/01時点≫

日本ガイシも蓄電池関連銘柄として注目だ。送電線を支え、鉄塔や機器との間を確実に絶縁するガイシ世界一、電力グリッド・システム・エンジニアリングを手掛ける世界有数の企業だ。

NAS電池は日本ガイシが世界で初めて実用化したメガワット級の電力貯蔵システム、商標登録もある。アブダビに大規模バッテリー工場を建設、現在、みずほ証券もレーティングを1800から2100に格上げしているぞ。

チャートを見ても日足は高値圏で根固めをしている動きだが週足、月足を見てもらえば分かるが妙味があると言えるだろう。

蓄電池関連銘柄 まとめ

2019年で台風被害もだが、千葉の台風は深刻な停電などおこり、これからも電力というものはきっても切り離せないものだ。地震などがおこった場合を考えると蓄電池は国策案件だ。実際震災の時はガソリン不足でガソリンスタンドに長蛇の列ができ、それでもガソリンをもらえない人が多かった。蓄電池が大容量にストックできる様になれば、その様な問題も解決でき、逆にEV自動車にストックした電気を取り出して家庭に供給するという事も可能となる。今後はEV自動車などは普及していくのは間違いない事を考えると蓄電池への後押しとなるだろう。蓄電池関連銘柄はますます注目度が高まる可能性がある。蓄電池関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておくべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年は波乱要因が多い相場だ!

だが、この相場でも情報収集さえ徹底すれば…〝買い、空売り〟と駆使して利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、株エヴァンジェリストなどでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ!

いいか無料登録だけで、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ!

インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。

だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。

ならばどうするか?

一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。

もちろん投資顧問もピンキリだ。投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところはクソだった。

クソなところは本当にクソ。これだけは肝に銘じておくべき。

だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。本当にけっこう役に立つケースは多い。

すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが(下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの)、現段階で当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。

とにかく、実績がしっかりでている投資顧問をまとめた。情報収取が命の投資家ならば、下記の投資顧問の銘柄はしっかりとチェックはしておくべきだろう。

株エヴァンジェリスト

株エヴァンジェリスト

とにかく実績重視という投資家には株エヴァンジェリストをオススメしよう。見てみればわかるが、まず目を引くのはサイト全面にあの「結城はるみ (旧:向後はるみ)」さんがドーンと出ているところだろう。

結城はるみ (旧:向後はるみ)さんはラジオ番組も持ち、ロイターや株探など数々のメディアに執筆する有名なアナリストだ。株エヴァンジェリストは結城はるみ (旧:向後はるみ)さんをストラテジー顧問の一人として迎え銘柄情報を提供してくれるらしい。これは株エヴァンジェリストの特徴と言っていいだろう。

またこのサイトにはもう一つ目を引く部分がある。それは下記の文面だ。

≪いまが買いどき→まずは証券番号「****」この銘柄をお試しください!≫

無料登録をすると、銘柄情報をすぐに教えてくれるということだが、この初めに貰える無料情報がなかなか面白そうなのだ。要約すると下記3点を全て抑えた銘柄を無料で提供してくれるとのこと。

■旬のテーマ性を複数持つ
■上値余地が十分見込める
■なおかつ値動きの軽い銘柄

無料情報を提供してくれる顧問はたくさんあるが、ここまで具体的に「こういう銘柄がアツいから教えます」と公言するサイトは珍しい。自信がある証拠なのだろう。また新しいサイトゆえ、新規ユーザーの信頼確保に全力をあげている姿勢ともとれる。

株エヴァンジェリストの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

株 株 kabukabu



このサイトは本当、情報力も本物の力を持っているだけに登録必須!なんせ新型コロナウイルスからの大暴落を予見して【1552】VIX指数を会員に提供、株価5倍超えとなったのだ!

もし、今株で勝ちたいならば、株 株を利用しない手はない!

株×株はとにかく無料銘柄の成績がヤバい!

2019年だけでなんとトータル3322%の上昇となっている!勢いはわかる!言いたい事も伝わる!がしかし!ただ、何が基準かわからない!トータル上昇率とはなんだ?という事で直近の無料実績を調べてみたが

結果、8月23銘柄中17銘柄が推奨後10%超上昇している。そして2019年の年末にはSTOP高を銘柄を1週間で2銘柄以上提供、2019年年末に提供の銘柄は+20%上昇がゴロゴロとでてきたのだ。

とにかく今乗っている投資顧問は間違いない!ネクストジェンなどは提供して2日で+40%の上昇しているぞ!

圧倒的な実績である。単純計算で申し訳ないが株×株に登録して無料銘柄を適当に10%上昇で指値を入れておけば、自然とお金が増えるわけだ。

無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ!

これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。一度は登録して試してみるべきサイトだ。

株 株 kabukabuの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問

株トレード投資顧問がリニューアルした投資顧問サイトがグラーツ投資顧問だ。ここは何よりもまず無料情報の推移を見て欲しい。

ここが推奨した無料情報の推移は勝率がヤバすぎる。結論から述べるが2017年1月~7月の7ヶ月間で275銘柄もの銘柄を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%上昇を達成している。30日以内の+10%上昇を勝利条件とした場合、勝率はなんと77.45%という脅威の数字になる。

ハッキリ言ってこれは相当凄い数字だ。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率とは尋常ではない。

それに中には+10%どころではない銘柄も多数ある。具体的には【夢展望4.32倍】【enish4.17倍】【オンキヨー2.57倍】などの大化け銘柄も輩出している。無料でバンバン銘柄情報を配信してくれるので、チェックしておくだけでかなり面白いと思う。オススメ。

グラーツ投資顧問の銘柄を受け取るにはコチラ

ここも有力情報多数だぞ↓

新生ジャパン投資

WS001976


おそらく新生ジャパン投資は最近あたらしく出来た投資顧問。だが話題性はバツグンだ。

と、いうのも代表を務める高山緑星 こと 前池英樹氏は株の世界では知る人ぞ知る人物。20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。

したがって世間からの注目度は高い。それに実力も今のところかなり凄いぞ。HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。

さらに…ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。

新生ジャパン投資の銘柄を受け取るにはコチラ

老舗投資顧問の実力は確認した方がいいぞ↓

株マイスター

株マイスター


株マイスターももちろん金商登録のある登録助言業者だ。筆者も登録している投資顧問会社でインターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。

ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。理由は単純だが、推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。+10~50%程度の細かい上昇幅のものは数え切れないレベルにあるし、さらに言えば株価2~3倍レベルの大化け銘柄も複数先読みして提供していた経緯もたくさんある。

旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。

いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。

株マイスターの銘柄を受け取るにはコチラ

以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

 

『蓄電池関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ』の口コミ投稿

  1. 名無し より:

    鉛蓄電池:圧倒的にコストが安い、ガソリン車のエンジン起動に使用する事が多い。放電しきると劣化が生じやすい。充電の回数ができない。
      ここの日本語がおかしいです。

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ