最新注目銘柄速報

『 最新注目銘柄速報』の最新記事

最新注目銘柄速報に関するまとめ、最新情報、最新記事の一覧

「次はコノ銘柄で狙ってみてください。」だって。すでに+157.01%、+119.73%、+104.06%とか当ててんのね。

さて、4月もそろそろ中盤戦に突入だ。ここにきて日本株はそこそこ堅調だな。日経平均株価は22,000円台にチャレンジする動きになりつつある。このまま4月相場はチャンス相場が継続してほしいものだ。さて、少し重要な局面かもしれないので積極的にトレードしていきたいところ。

新紙幣発行により自動販売機業界に特需が生まれる!!注目の自販機関連銘柄はコチラ

先日、日本政府より2024年上期をめどに新紙幣が刷新されるという予定が発表された。この報道により株式市場でも新紙幣関連銘柄に物色が集まったが、新紙幣の刷新で恩恵を受ける分野の一つに「自動販売機業界」も数えられる。自動販売機も新紙幣の読み取りに対応できなければならない。

新紙幣刷新の報道でセルフレジ関連テーマにも人気波及か?!セルフレジ関連の注目銘柄は?!

昨日(04/09)、日本政府により現行紙幣から新紙幣への刷新が発表され新紙幣関連銘柄とともに、セルフレジ関連銘柄に物色人気が高まっているようだ。当方はセルフレジ関連銘柄でオプトエレクトロニクスに注目しているぞ。

新紙幣関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

2019年04月09日(火)に、2024年度上期をめどに「一万円札」「五千円札」「千円札」の紙幣を刷新すると発表したようだ。早くも株式市場では新紙幣関連銘柄に物色人気が集まっている。このページでは新紙幣関連銘柄について本命株・出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 新紙幣発行関連銘柄, 最新注目銘柄速報

いよいよ2019年相場!!東京五輪を控え、ここから市場の話題になると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄とは

いよいよ2019年の株式市場がスタートしているが当方はやはり2019年も「テーマ株」を中心に相場が盛り上がっていくと思っている。今の市場はなんといっても「テーマ株が主役の相場」だろう。

米アップルが任天堂を買収する?!この噂は本当か!?本当ならとんでもないことになりそうだ。

なんでも「米IT大手のアップルが任天堂を買収するかも…」という観測が出ているようなのだ。この噂の発端は2019年01月16日付で米ウォール・ストリート・ジャーナル日本版で「アップルは任天堂を買収すべし、コンテンツとプラットフォームの相乗効果に期待」との記事を転載したこと。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 任天堂関連銘柄, 最新注目銘柄速報

断言するがお金は寝かせておくべきではない。株で「一般サラリーマン」の平均月収くらいなら余裕で目指せるからだ。

少しぶしつけな質問になるが、ズバリ読者の方は「株でどれくらい稼げている」だろうか。読者の方はおそらく働きながら合間で株式投資をしている「兼業投資家」が多いと思う。ただでさえ「株は9割の個人が負ける」と言われる投資。さらに働きながらの株トレードならば、情報収集をする時間もあまりとれないと思うし「思うように稼げていない」という人が多いかもしれない。

引き続き外国人労働者関連銘柄に注目。リネットジャパングループがインドネシアの人材送り出し期間と業務提携

ここ最近、外国人労働者関連銘柄に物色が集まっているな。リネットジャパングループも外国人関連銘柄の本命の一角だ。リネットジャパンはl古本やDVD、ゲームなどのネット買い取りなどのリユース事業を手掛ける銘柄だが、一方でカンボジア人の技能実習生の送り出し事業も手掛ける外国人労働者関連銘柄。

ローソンが2019年10月までに国内全店舗にセルフレジ導入。セルフレジ関連銘柄に注目か!!

2019年04月01日(月)に、コンビニ業界が一変しそうなニュースが報じられた。コンビニ大手のローソンが「セルフレジ」を2019年10月までに日本全国の店舗で導入することを発表したのだ。ローソンの発表によると店舗ごとの状況にあわせながら10月に予定される消費税増税までに全店でセルフレジを運用するとのこと。

04/01(月)に改正出入国管理法が施行。外国人労働者関連銘柄の出遅れ銘柄 ピーエイに注目

2019年04月01日(月)の話題の中心はなんといっても「新元号:令和」が発表されたことだが、実はその裏で外国人労働者の受け入れを拡大する「改正出入国管理法」が施行されている。この新たな改正出入国管理法では、新たな在留資格「特定技能」を設け外国人労働者の単純労働に門戸を開放している。深刻化する日本の人手不足を解決する一つの手立てである。

サブコンテンツ

このページの先頭へ