「株式投資クラブ一押し」パワー半導体関連の本命【6723】ルネサスは需要増で高値更新の期待大!

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

FOMC通過、ロシアのウクライナ侵攻の懸念も後退で日本株は急伸!!

原油安、円安から日本株に外国人投資家の資金が向き始めていると昨日記載したが、まさにその流れとなっているな!!

中国株も中国政府が景気対策や米中の企業会計監査を巡る対立の解決に向けて動いていると中国の新華社通信が報道した事で急反発をみせている。

まあ中国株に関しては当方は疑心暗鬼しかない。【9984】ソフトバンクグループも反発はしているが、やはりまだまだ下げる要素はあると見ているが…

FOMCでは、0.25%利上げ1回、今後2022年末金利水準の中央値が0.25%刻みで7回していく予定としている。利上げが決まったのになぜ株価が上がる?と思っている方も多いだろうが、米国の利上げは1年前からいわれており完全な織り込まれたものとなっていた。

さらに言えば、FRBパウエル議長の曖昧さというのも株価を後押ししたと言えるだろう!

ウクライナ情勢への懸念から、利上げペースは確定ではなく、「データを元に地政学的リスク次第を見ながら、利上げの有無を各会合で決めていく!」つまりは利上げに関しては、場合によっては遅らせるという含みを持たせたのだ。

勿論直近で売られすぎの反動があってこそではあるが、ひとまず利上げへのFRBの動きが見れた事、そして油断はできないがウクライナ情勢も停戦への前向きな進展がでていると報じられ、投資家がリスクオンの姿勢となっている。

悪材料が出揃った事で、相場はやはり上にきている。特にFOMCを通過してからハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は上昇幅、上昇率とも今年最大となっている。

ハイテク株で文句なく業績の良い業種は、半導体関連と言えるが、フィラデルフィア半導体株指数を見ても、前日比+5.03%と大幅上昇、チャートを見ても底打ちしたとみれる。

ただ高PERの割高銘柄は買うのはどうしても躊躇するが、業績が抜群なのに売られ続けた半導体関連はここから巻き返すと当方は見ている!

新型コロナウイルス禍による世界的な半導体不足が続いているのもあるが、日本政府の半導体関連投資の補助金や政策も後押ししているが、21年末からは21年度補正予算で成立した半導体工場の刷新などを支援する補助金の公募が始まっており、事業費の3分の1、上限150億円が助成される。

売り込まれた半導体関連のここからの逆襲となる期待は高い!そこで当方が注目する半導体関連銘柄の有望株を記載するぞ!

半導体関連銘柄 パワー半導体関連銘柄 6723 ルネサス

時価総額:2,532,298百万円
PER:(連) 11.5倍
PBR:(連) 2.18倍
≪2022/03/17時点≫

ルネサスエレクトロニクスは東証1部に上場、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって、2010年4月に設立。自動車の電動化や高機能化で制御に使う車載用マイコンに強みを持ち世界首位級、世界半導体売上高ランキングで19位、日本国内の半導体売上高ランキングではキオクシアとソニーセミコンダクタソリューションズに次ぐ3位の規模の半導体大手企業だ。

21年末からは21年度補正予算で成立した半導体工場の刷新などを支援する補助金の公募でも同社は選ばれている。

自動車のエレクトロニクス化進展で半導体搭載点数が増加しているが、半導体不足はなお長期化が予想されており、同社の収益に追い風が強まっている。直近の決算も売上見通しのコンセンサスは3000億円弱だったが、22年12月期第1四半期は売上高で3320-3400億円、営業利益率34.5%を想定以上の伸びとなっている。

何よりも一押し要素としては、トヨタ自動車が、半導体不足からミニバンをつくるトヨタ車体富士松工場の第2ラインを22日から計8日間停止すると発表したが、3月の世界生産計画は約95万台の実現は難しくなったとしている。

今どこの自動車企業も半導体不足に悩み、誰が何といおうとも自動車用の半導体が足りてないというのは事実だけに注目の半導体関連銘柄と言えるだろう。

【追記更新】パワー半導体関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

『 半導体関連銘柄』の最新記事

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-, ,