電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年04月19日(水)投稿】 (このページの最終更新日2018/03/14)

無人レジのイメージ画像

2017年04月18日付けでコンビニの「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「ニューデイズ」が経済産業省の主導のもとコンビニ電子タグ1000億枚宣言を策定した。

これは「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「ニューデイズ」のコンビニ5社が2025年までに店内全ての商品にRFID(電子タグ)を貼り付ける計画のようだ。

コンビニ全店において、全ての商品に電子タグを張りつけるとなれば爆発的な特需となるだろう。しかもコンビニ大手の5社がすべて足並みをそろえて、経済産業省の主導のもとで取りかかっていくとしている。国策にも近い大注目のテーマ株といえるだろう。

と、いうことでこのページでは電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄について本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介する。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄とは

電子タグ(RFID)とは、電波を用いてタグのデータを非接触で読み書きするシステムのことだ。従来のバーコードでは、レーザーなどでタグを1枚1枚スキャンする必要があったが、電子タグ(RFID)では電波で複数のタグを一気にスキャンすることができる。

コンビニ各社が無人のセルフレジを導入するとすれば、この電子タグ(RFID)を全ての商品に張りつける必要がある。これは爆発的な特需となる可能性がある。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄とは、電子タグ(RFID)を手掛ける銘柄やセルフレジ・無人レジを手掛ける銘柄などの総称である。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄の近縁テーマ

なお、2016年5月には「経済産業省がクレジットカード端末のICチップに対応した読み取り端末の導入を店舗に義務付ける法改正を行う方針を固めた」と報じられたことにより、ICチップ関連銘柄が急動意したこともある。その時に「ICチップ関連銘柄 一覧」を記事にまとめたが、その当時まとめたICチップ関連銘柄は今回の「電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄」とかなり似通う部分がある。

近縁のテーマ株として、なおICチップ関連銘柄 一覧もチェックしておこう。

ICチップ関連銘柄 一覧(2015年5月の記事)≫

電子タグ(RFID)・無人レジ 導入のメリット

電子タグ(RFID)・無人レジを導入するメリットはたくさんある。順番にみていこう。

人件費の削減・人手不足の解消

まずはこれだろう。電子タグ(RFID)・無人レジ・セルフレジを導入することで、レジ打ちをする必要が少なくなる。すぐには難しいかもしれないが、将来的にはレジ打ちをする仕事は全てなくなる可能性もある。

人件費の削減という意味で、店舗のオーナーサイドにとっては非常に嬉しいメリットである。また、都市部ではコンビニのレジ打ちを外国人のバイトさんがやっていることを多く見かけるが、やはり人手不足なのだろう。こういった人手不足を解消するのにも電子タグ(RFID)・無人レジは一役買うことになる。

だが、これはメリット・デメリットは表裏一体で、これまで人間がやっていた仕事を機械に奪われる格好とも言える。コンビニの仕事を奪われる人にとってはデメリットとも言えるかもしれない。

IoTによる商品管理が可能

電子タグ(RFID)・無人レジを導入するということはIoT化の大きな一歩である。電子タグで商品管理をすることができれば、ある一定の数まで商品が減ったら自動発注することも可能になるだろうし仕事の効率が上がることは間違いないだろう。これも大きなメリットだ。

値段以外のさまざまな情報を付加できる可能性

また、電子タグは値段以外にもいろいろな情報を付加することが可能だ。スマートフォンと電子タグを連動させることができれば、値段以外にたとえば「産地」や「消費期限」を知らせることもできる。他にも食品の電子タグには「美味しい調理法」や「オリジナルレシピ」などを付加しスマホでみることができたり、「コレとコレを一緒に買えばお得!」などさまざまなキャンペーンも打ち出しやすいのではないだろうか。

電子タグ(RFID)・無人レジ 導入のデメリット

メリットがあればデメリットもある。電子タグ(RFID)・無人レジを導入した場合のデメリットはこんなところだろう。

就業率低下の懸念

電子タグ(RFID)・無人レジを導入するデメリットは先にも行った通り、人間が行っていた仕事を機械に奪われてしまうかたちになることはデメリットとも言える。オーナー側からすれば、コスト減にメリットも見方を変えれば就業率を下げてしまうことにもなりかねない。メリット・デメリットは表裏一体である。

セキュリティ面での不安

全ての商品が電子タグ(RFID)・無人レジを介してインターネットに繋がれば、アナログでレジ打ちをしていた時に比べて情報流出に対する懸念は大きいと言える。サイバーセキュリティ面での強化は必須と言えるだろう。

またコンビニが無人レジ化すれば強盗や泥棒、万引きといった被害なども増える可能性がある。物理的なセキュリティ強化も必須と言える。

電子タグ(RFID)・無人レジの市場規模は1~2兆円!?

電子タグ(RFID)・無人レジ市場規模は極めて大きいと言える。まず電子タグ(RFID)を読み取るレジは1台100万~200万円ほどの見通しだそうだ。全国のコンビニはおよそ5万店舗、それだけで500億円~1000億円の市場規模となる。

さらに、コンビニにおかれる全ての商品に電子タグ(RFID)を付けるのだからさらに市場規模は膨大だ。経済産業省の主導のもと「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定し、セブンイレブン・ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズで取り扱う全ての商品の品数=およそ1000億個に電子タグ(RFID)タグを付けるということだろう。

日経新聞の記事によると、電子タグ(RFID)の生産コストは1枚あたり10円~20円程度とのこと。

そう考えると

1000億商品×電子タグの生産コスト10円~20円=1兆円~2兆円ものトンデモナイ市場規模となる。

コンビニだけでこの数字だ。コンビニ各社がこぞって電子タグ(RFID)・無人レジを導入すれば、将来的にその他のスーパーマーケットやデパート、その他の小売店舗なども電子タグ(RFID)・無人レジを続々と導入していく可能性は十分あり得るだろう。

そう考えると電子タグ(RFID)・無人レジの市場規模は極めて大きいものと言えそうだ。市場規模の大きさから注目されるテーマ株となる可能性も十分ある。

ユニクロが国内外の全商品にICタグを取り付ける模様【2017年11月07日(火)追記】

ICタグ関連銘柄にとって追い風のニュースだ。2017年11月07日(火)の日本経済新聞では、ユニクロなどの衣料品店を展開するファーストリテイリングが、国内外の全商品にICタグ(電子タグ)を取り付ける方針であることが報じられた

これにより、ICタグ関連銘柄は大きく動意づいたようだ。今後、コンビニだけでなくユニクロがICタグ・無人レジ化へ進むことになる。ユニクロに続き、その他の衣料品小売店もぞくぞくとICタグ導入の流れとなればさらに面白い。引き続きICタグ関連銘柄には注目しておきたい。

国内大手ドラッグストアが2025年までに全店舗で無人レジ導入する模様【2018年03月09日(金)追記】

2018年03月08日(木)、再び無人レジ関連銘柄に刺激材料が報じられた。どうやら、国内大手ドラッグストアが2025年までにすべての店舗で無人レジを導入するようだ。これで、コンビニ、ユニクロに続きドラッグストア業界までもが無人レジ化に舵を切った格好だ。

国内大手ドラッグストアとは、ウェルシアホールディングスやツルハホールディングスなどの日本チェーンドラッグストア協会の加盟企業の模様。これらのドラッグストア系の銘柄も間接的に無人レジ関連銘柄と言えるかもしれない。

ドラッグストアは商品単価からみてもコンビニに比べ、無人レジシステムの導入のハードルは低いとみられる。コンビニ、ドラッグストアに続き、その他の小売業も無人レジ化に舵を切れば、さらに面白いテーマ株となりそうだ。引き続き注目したい。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 一覧

  • 7855    カーディナル       電子タグ(RFID)
  • 7862    トッパン・フォームズ   電子タグ(RFID)
  • 7911    凸版印刷         電子タグ(RFID)
  • 6145    日特エンジニアリング   電子タグ(RFID)
  • 5162    朝日ラバー        無溶剤接着の新型電子タグ(RFID)
  • 6287    サトーホールディングス  電子タグ(RFID)スキャナ機器
  • 6664    オプトエレクトロニクス  電子タグ(RFID)スキャナ機器
  • 3753    フライトホールディングス 電子タグ(RFID)スキャナ機器
  • 6945    富士通フロンテック    無人レジ(セルフレジ)メーカー
  • 7912    大日本印刷        無人レジ(セルフレジ)メーカー
  • 6752    パナソニック       無人レジ(セルフレジ)メーカー
  • 6501    日立製作所        無人レジ(セルフレジ)メーカー
  • 6588    東芝テック        無人レジ(セルフレジ)メーカー
  • 7914    共同印刷         インバウンド向け免税セルフレジメーカー
  • 3837    アドソル日進       無人レジ ハンズフリー認証システム
  • 9972    アルテック        包装・印刷 電子タグ(RFID)の埋込み包装
  • 7919    野崎印刷紙業       包装・印刷 電子タグ(RFID)の埋込み包装
  • 6666    リバーエレテック     水晶デバイス(電子タグに必須の部品)
  • 3996    サインポスト       SCSKと協業し流通小売業の無人レジ化目指す
  • 9719    SCSK         サインポストと協業し流通小売業の無人レジ化目指す
  • 3784    ヴィンクス        POSシステム パナソニックと無人レジ関連で業務提携
  • 3814    アルファクス・フードS  超コンパクトセルフレジ精算機「セルフショット」

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命・出遅れ

それでは電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄のなかでも本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。また出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

電子タグ(RFID)関連銘柄 本命 カーディナル

カーディナルのイメージ画像

時価総額:1,824百万円
PER:(単) 43.31倍
PBR:(単) 0.79倍
≪2017/04/19時点≫

電子タグ(RFID)関連ド本命銘柄といえばカーディナルだろう。カーディナルは会員証など、さまざまなカードの専業メーカーで、ICカードや電子タグ(RFID)に注力するとしている銘柄だ。ICチップ・ICカード・電子タグ(RFID)関連の銘柄といえばカーディナルくらいに有名な銘柄。時価総額の規模が非常に小粒で、値動きが軽い点から短期資金が入り易い銘柄。ひらたくいえば、火柱が立ちやすい銘柄だ。

電子タグ(RFID)関連銘柄の本命として注目しておきたい銘柄だ。

電子タグ(RFID)関連銘柄 本命 凸版印刷

凸版印刷のチャート画像

時価総額:763,059百万円
PER:(連) 29.10倍
PBR:(連) 0.72倍
≪2017/04/19時点≫

凸版印刷も電子タグ(RFID)関連の本命銘柄として注目したい。同社もズバリ電子タグ(RFID)を手掛けている企業。時価総額が大きく値動き妙味という面では、やや面白みにかけるものの電子タグ(RFID)関連銘柄としては外せない銘柄と言えよう。

電子タグ(RFID)関連銘柄 本命 トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズのチャート画像

時価総額:128,800百万円
PER:(連) 21.81倍
PBR:(連) 0.75倍
≪2017/04/19時点≫

トッパン・フォームズは凸版印刷系の企業で、こちらもICタグに力を入れている企業だ。凸版印刷に比べて、時価総額の規模は小さいため値動き妙味と言う面では面白いかもしれないな。

電子タグ(RFID)関連銘柄 本命・出遅れ 朝日ラバー

朝日ラバーのチャート画像

時価総額:4,595百万円
PER:(連) 13.81倍
PBR:(連) 1.20倍
≪2017/04/19時点≫

朝日ラバーは電子タグ(RFID)関連の本命かつ出遅れ銘柄として注目したい。朝日ラバーは各種ゴムを手掛けており、素材の表面を改質処理することによって接着させたり、微細な加工を施すことで機能を持たせる技術表面改質技術をもつ企業だ。

この技術を応用し、溶剤を使わずに接着させる「無溶剤接着ICタグ」を開発。こちらも電子タグ(RFID)関連銘柄として注目したい。

なお朝日ラバーも時価総額の規模は小さめで値動きは軽い。面白そうな銘柄だ。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命 サトーホールディングス

サトーホールディングスのチャート画像

時価総額:85,173百万円
PER:(連) 18.17倍
PBR:(連) 1.56倍
≪2017/04/19時点≫

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄としてサトーホールディングスを本命視する声も多いようだ。サトーホールディングスはバーコード・プリンタなどの自動認識システムで世界首位級の企業。電子タグ(RFID)のスキャナ機器なども手掛けているため、無人レジ・電子タグ(RFID)の国内普及はサトーHDにとって大きなビジネスチャンスとなり得る。

時価総額はそこそこの規模といったところか。値動きが重いというほどではない。人気化すれば十分値上がりに期待はできそうだ。

 

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命 オプトエレクトロニクス

オプトエレクトロニクスのチャート画像

時価総額:4,230百万円
PER:(連) 11.35倍
PBR:(連) 0.66倍
≪2017/04/19時点≫

オプトエレクトロニクスも電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄で本命視したい一角だ。オプトはバーコードリーダーのレーザーエンジン世界2位の企業で、電子タグ(RFID)を読み取るスキャナ機器も手掛けている。事業内容としてはサトーホールディングスに近いと言えそうか?

オプトエレクトロニクスはサトーHDよりも時価総額がかなり小さいため、短期資金に狙われやすいのはコチラと言えそうか?値動き妙味の面では非常に面白みがある。

無人レジ関連銘柄 本命 富士通フロンテック

富士通フロンテックのチャート画像

時価総額:36,719百万円
PER:(連) 10.18倍
PBR:(連) 0.85倍
≪2017/04/19時点≫

富士通フロンテック無人レジセルフレジ関連銘柄本命銘柄として注目したい。富士通フロンテックは金融機関向けのATMや自動機店内監視システムなどを手掛けるメーカー。この自動機店内監視システムは、金融機関だけでなく無人店舗において幅広く応用ができそうだ。また、富士通フロンテックは自動精算機能にも強みがあり、セルフレジなども手掛けている。

無人レジ関連ドンピシャの事業内容と言えるな。時価総額もそこそこ値動きに期待できる規模。無人レジ関連銘柄の本命として注目したい。

無人レジ関連銘柄 本命 東芝テック

東芝テックのチャート画像

時価総額:165,107百万円
PER:(連) 31.48倍
PBR:(連) 2.56倍
≪2017/04/19時点≫

東芝テック無人レジ関連銘柄で本命視される一角と言えるだろう。東芝テックは国内最大のレジメーカーであり、当然セルフレジのシステムも手掛けている。国内最大のレジメーカーということは、国内におけるレジシェアも高いということだろう。ならば、セルフレジに切り替える時にも、そのまま東芝テックのセルフレジに切り替えるところも多そうだ。

こちらも無人レジセルフレジ関連本命銘柄として注目したい。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命 アルテック

アルテックのチャート画像

時価総額:4,200百万円
PER:(連) 37.22倍
PBR:(連) 0.42倍
≪2017/04/19時点≫

アルテックは包装・印刷関連など特殊産業機械の専門商社。ここは商品の包装に電子タグ(RFID)を埋め込む仕組みを検討している会社であり、これももしコンビニ各社に採用されるとすれば強力なビジネスチャンスとなる。

アルテックは時価総額の規模が小さく、値動きが軽い点も面白い。アルテックは電子タグ(RFID)・無人レジ関連の本命・出遅れ銘柄として注目したい。

電子タグ(RFID)関連銘柄 本命・出遅れ リバーエレテック

リバーエレテックのチャート画像

時価総額:2,518百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 1.20倍
≪2017/04/19時点≫

電子タグ(RFID)関連銘柄として忘れてはいけないのがリバーエレテックだ。リバーエレテックは水晶振動子などの水晶デバイスを手掛ける企業。水晶デバイスはデジタル製品の部品として欠かせないものだが、ICチップ・ICカード・電子タグにも内蔵されているもの。

2025年までに電子タグ(RFID)が1000億個製造されると仮定すれば、リバーエレテックにも大きなビジネスチャンスとなり得るだろう。リバーエレテックは非常に時価総額も小粒で、火柱の立ちやすい銘柄。電子タグ(RFID)関連の本命・出遅れ銘柄として注目だ。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 本命・出遅れ アドソル日進

アドソル日進のチャート画像

時価総額:10,883百万円
PER:(単) 23.34倍
PBR:(単) 3.60倍     
≪2017/04/20時点≫

アドソル日進電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄出遅れ株として注目したい銘柄だ。アドソル日進は大企業向けの大規模システム開発に強みをもつ銘柄。同社は、ICタグを取り出してかざす必要のないハンズフリー認証システムを開発している。このハンズフリー認証システムはオフィス向け、倉庫向けなどさまざまな用途が考えられるが無人レジにも応用できそうだ。電子タグ(RFID)付きの商品をスキャナにかざさずにかごに入れたままで一括集計することができれば面白い。

このシステム、もしかすると大化けする可能性もあるかも?と当方は注目する。

アドソル日進はIoT関連銘柄、サイバーセキュリティ関連銘柄とテーマ性も豊富な銘柄。引き続き、電子タグ(RFID)・無人レジ関連出遅れ銘柄としても注目したい。

【2017年12月25日(月)追記】

無人レジ関連銘柄 出遅れ株 サインポスト

サインポストのチャート画像

時価総額:44,387百万円
PER:(単) 219.74倍
PBR:(単) 92.09倍
≪2017/12/25時点≫

2017年11月にマザーズ市場に上場したサインポスト無人レジ関連銘柄の一角として注目だ。サインポストは金融機関や公共向けのシステム開発、コンサルティングが主力の銘柄。また、無人レジも手掛けており、すでにワンダーレジという設置型のAIレジを製品化している。

また2017/12/18にはSCSKと流通小売業のレジ無人化にむけ協業を発表している無人レジ関連銘柄だ。時価総額規模はさほど小粒ではないが、2017年11月に上場したばかりのIPO銘柄なので、流動性はある。短期資金なども集まり易いIPO銘柄なので、しばらくは注目しておきたい。

無人レジ関連銘柄 出遅れ株 SCSK

SCSKのチャート画像

時価総額:545,913百万円
PER:(連) 16.24倍
PBR:(連) 3.12倍
≪2017/12/25時点≫

SCSK出遅れの無人レジ関連銘柄として注目。SCSKは2017/12/18に流通流通小売業のレジ無人化にむけサインポストと協業を発表した銘柄だ。

サインポストに比べ、少し時価総額規模が大きいため、値動き妙味の面では少し面白みに欠けるかもしれないが、こちらも無人レジ関連銘柄として覚えておきたい。

【2018年03月09日(金)追記】

無人レジ関連銘柄 本命株・出遅れ株 ヴィンクス

ヴィンクスのチャート画像

時価総額:15,556百万円
PER:(連) 18.09倍
PBR:(連) 2.04倍
≪2018/03/09時点≫

小売業向け、流通業向けのソフト開発を手掛けるヴィンクスも無人レジ関連銘柄の本命株・出遅れ株として注目したい。ヴィンクスはもとより小売業向けのPOS(レジ)システムや無人レジなどを手掛けることから、無人レジ関連銘柄として注目されていたが、2018年02月16日にパナソニックと業務提携を発表し、さらに存在感を増した。

ヴィンクスとパナソニックとの業務提携では、パナソニックの完全自動セルフレジ「レジロボ」にヴィンクスのPOSシステム「ANY-CUBE」を組み込むこと、また、ヴィンクスが進めている「無人店舗」などのフューチャーストアにパナソニックのロボティクス技術を導入するとしている。

ヴィンクスは時価総額規模も大きくなく値動き妙味の観点でも面白い銘柄。無人レジ関連銘柄 本命株・出遅れ株として注目だ。

【2018年03月14日(水)投稿】

無人レジ関連銘柄 本命株・出遅れ株 アルファクス・フード・システム

アルファクス・フード・システムのチャート画像
時価総額:5,256百万円
PER:(単) 35.29倍
PBR:(単) 4.84倍
≪2018/03/14時点≫

アルファクス・フード・システムも無人レジ関連銘柄本命・出遅れ株として注目したい。

アルファクス・フード・システムは外食産業向けの経営管理システムやPOS(レジ)システムを手掛ける企業だ。同社は2018年03月14日(水)に「セルフショット」という超コンパクトセルフレジ精算機を2018年4月上旬から販売開始すると発表した。この「セルフショット」もカフェやレストランなど、外食向けのセルフレジでPOSレジシステムを超コンパクト化し、業界最小サイズを実現したもの。

価格はオープン価格なので具体的な値段は明らかになっていないが「圧倒的な低価格」と謳っている。コンビニ、アパレル、ドラッグストアなどが無人レジを導入する方針となっているが、今後は外食産業も無人レジへと舵を切る可能性がありそうだ。

特に個人で営んでいる外食店などは、低価格が売りの「セルフショット」は魅力的かもしれない。アルファクス・フード・システムも無人レジ関連銘柄の本命・出遅れ株として注目だ。

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄 まとめ

電子タグ(RFID)・無人レジ関連銘柄は非常に市場規模の大きいテーマ株だ。また経済産業省主導のもとで、無人レジ化を進めるということである種「国策銘柄」とも言えるかもしれない。コンビニ大手各社がこぞって無人レジ・電子タグ(RFID)導入を進めることで、コンビニ以外の小売各社も導入していく可能性はあるし、そういったニュースが報じられるたびに物色人気を増すテーマ株と言える。

経済産業省の主導でコンビニ大手各社がすすめる「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」は2025年までと目標を定めているし、割と息の長いテーマ株になる可能性もある。しっかり把握しておきたいテーマ株だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ