医療ビッグデータ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年06月19日(火)投稿】

医療ビッグデータのイメージ画像

2018年05月11日(金)、「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律」が施行された。

「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報」というと、何やら難しく感じるが平たくいえば「医療ビッグデータ」のことである。

つまり、国が認定した事業者が医療機関からカルテだったり検査のデータなどを、個人がわからぬよう匿名化し「医療ビッグデータ」として企業や大学などの研究に活用できるよう定めた法律である。

この医療ビッグデータに関する法律は、日本の健康寿命をさらに伸ばし世界に先駆けて生涯現役社会の実現を目指すための取り組みの一つ。

この法律では、国に認定された事業者が複数の医療機関から情報を集約してから匿名化できるようになったことが大きな特徴の一つだ。

従来までは医療機関ごとに匿名化することが必要で、複数の医療機関で受診する患者の情報を統合することができなかったが、今後は複数の医療機関で受診していたとしても、同一人物の情報が統合できるようになり、さらに医療ビッグデータの価値は高まると言える。

たとえば体の不調によっては歯科医で受診したり内科で受診したり、消化器科医で受診したりするのが普通だが、それぞれの体の不調の相関性も今後は同一個人として医療ビッグデータにまとめることが可能になり、それぞれの相関性などが判明する可能性もある。

また、これらの医療ビッグデータをAIにより解析したりすることも可能だろう。日本の医療はさらに次のステージへと進んでいくかもしれない。

日本の株式市場においても医療ビッグデータ関連銘柄に注目が集まりつつある。と、いうことでこのページでは医療ビッグデータ関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

医療ビッグデータ関連銘柄とは

医療ビッグデータ関連銘柄とは、その名の通り医療に関するビッグデータを取り扱う銘柄の総称である。

医療ビッグデータの認定事業者は今後選定が行われる見通しで、その認定事業者が医療ビッグデータ関連銘柄の本命株となりそうだ。2018年6月現在、今のところはまだ選定が行われていないため、認定事業者となりそうな注目銘柄を関連銘柄としてピックアップする。

なお、医療ビッグデータの認定事業者の基準としては以下の点が求められているようだ。

・事業開始時に100万人以上の情報を収集する能力があること
・情報の匿名加工技術

今のところはこれらの基準を満たす企業が、医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目されそうだ。

医療ビッグデータ関連銘柄と親和性の高いテーマ株

医療ビッグデータ関連銘柄は広義では「ビッグデータ関連銘柄」の一部といえるが、より詳しい解説ができるよう、医療ビッグデータ関連銘柄については、別ページでまとめることにした。当サイトでは、ビッグデータ関連銘柄についてもまとめているので、こちらも下記リンクよりチェックしておくことをオススメする。

ビッグデータ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

また、医療ビッグデータ関連銘柄は遠隔医療(遠隔診療)関連銘柄とも非常に親和性が高いテーマ株といえるだろう。遠隔医療で診療された患者のデータは、データベースからビッグデータ化することも容易だろうからだ。当サイトでは、遠隔医療関連銘柄も別ページでまとめているので、そちらも併せてチェックしておくことをオススメする。

遠隔医療関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

医療ビッグデータ関連銘柄 一覧

  • 3902    MDV      医療ビッグデータ事業
  • 4323    日本システム技術 医療ビッグデータ事業
  • 3628    データホライゾン 医療ビッグデータ事業
  • 3937    UbicomHD 医療ビッグデータ事業
  • 3762    テクマトリックス 医療情報クラウド「ノボリ(NOBORI)」
  • 3649    ファインデックス 医療用データ管理システム
  • 2150    ケアネット    医療従事者向けの情報サイト
  • 6095    メドピア     医師向けサイト・スギHDと提携しAIを活用した解析サービス予定
  • 7649    スギHD     メドピアと提携しAIを活用した解析サービス予定
  • 3733    ソフトウェアS  電子カルテ
  • 4686    ジャストシステム 医療向けデータウエアハウス販売
  • 8750    第一生命HD   医療ビッグデータを活用した生命保険事業を研究
  • 6501    日立製作所    医療ビッグデータを活用した生命保険事業を研究
  • 4307    野村総合研究所  医療ビッグデータを活用した生命保険事業を研究
  • 6098    リクルートHD  医療ビッグデータを活用した生命保険事業を研究

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは医療ビッグデータ関連銘柄の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 メディカル・データ・ビジョン

メディカル・データ・ビジョンのチャート画像

時価総額:62,283百万円
PER:(連) 126.81倍
PBR:(連) 19.87倍
≪2018/06/19時点≫

メディカル・データ・ビジョンは医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目したい銘柄だ。メディカル・データ・ビジョンは医療機関や製薬事業者向けに医療や医薬品データのネットワーク化と利活用の両サービスを提供している企業。事業内容からして、まさに医療ビッグデータ関連のど真ん中の銘柄だ。

メディカル・データ・ビジョンのビジネスの柱のひとつである「データ利活用サービス」のデータベースには2018年5月末時点で実患者数2354万人ものデータを誇る。医療ビッグデータの認定事業者の基準とされる「100万人以上の情報収集能力」を大きく上回っている。

メディカル・データ・ビジョンの時価総額規模は小粒とはいえないまでも、そこまで値動きが重いというほどでもない。同社は本命株の一角として注目すべきだろう。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 日本システム技術

日本システム技術のチャート画像

時価総額:8,093百万円
PER:(連) 12.94倍
PBR:(連) 1.22倍
≪2018/06/19時点≫

独立系のシステム開発企業、日本システム技術も医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目すべきだろう。日本システム技術は医療ビッグデータ事業も柱の一つ。

日本システム技術は医療機関が保険者に月単位で請求する医療費の明細書を高速且つ自動的に分析するシステム「JMICS」を手掛けているほか、健診データなど外部のデータ取り込み・各種分析サービスなども拡充するとしている。

また、2017年5月には東京大学とともに日本システム技術が蓄積している100万人以上の医療ビッグデータを活用した共同研究を行っている点も面白いポイントだ。

日本システム技術は時価総額規模も小粒で値動き妙味の観点からも面白い銘柄といえる。値動き妙味の観点では医療ビッグデータ関連の本命株ともいえそうだ。

医療ビッグデータ関連銘柄 出遅れ株・思惑株 ケアネット

ケアネットのチャート画像

時価総額:12,650百万円
PER:(連) 41.88倍
PBR:(連) 6.25倍
≪2018/06/19時点≫

ケアネットは医師や医療従事者向けの情報サイト「ケアネット・ドットコム」運営を手掛けており、これを通じて製薬などの営業を支援する企業だ。ケアネット・ドットコムは、すでに27万人超の医療従事者が利用しているサイトということだ。

医療従事者向け情報サイトは、医師向け・製薬会社向けのどちらにも情報提供することができる点が強み。こちらも医療ビッグデータ関連の思惑銘柄と言えるのではないだろうか。

ケアネットも時価総額規模は小さく値動きはそこそこ軽い。人気化すれば面白い銘柄と言えるだろう。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 メドピア

メドピアのチャート画像

時価総額:15,532百万円
PER:(連) 124.34倍
PBR:(連) 15.96倍
≪2018/06/19時点≫

メドピアは遠隔医療関連銘柄の本命株としてもピックアップした銘柄だ。メドピアは遠隔医療関連として注目すると同時に、医療ビッグデータ関連銘柄としても本命視したい銘柄だ。

メドピアは医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を展開しており、こちらではすでに10万人超の医師が登録している。こちらでは医師が臨床現場で得た情報などが医療ビッグデータとして蓄積されているようだ。

さらにメドピアは2018年3月に、薬局のスギホールディングスと資本業務提携。2018年秋にもAIを活用したビッグデータ解析などのサービスを展開予定としている。

こちらもかなり面白い医療ビッグデータ関連銘柄と言えるのではないだろうか。メドピアは時価総額規模もそこまで大きくなく、値動き的にも面白い銘柄。現時点でPERに過熱感がみられる点は注意した方が良さそうだが、AIを活用した事業次第では非常に面白そうに思える。

医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 データホライゾン

データホライゾンのチャート画像

時価総額:8,014百万円
PER:(連) 43.77倍
PBR:(連) 7.83倍
≪2018/06/19時点≫

保険者向けにジェネリック医薬品通知サービスを手掛けているデータホライゾンも医療ビッグデータ関連銘柄の一角として注目しておきたい。

データホライゾンは、自社開発の医療データベースとシステムでレセプト(診療報酬明細書)データを分析し、治療中の病名の特定・病名ごとの医療費の算出・病気の判定などがわかるデータヘルスの支援サービスを提供している。こちらも医療ビッグデータの解析などに注力している企業の一つと言えるだろう。

データホライゾンも時価総額規模は小粒な方だ。値動きも軽いし、こちらも医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 ファインデックス

データホライゾンのチャート画像

時価総額:22,354百万円
PER:(連) 56.85倍
PBR:(連) 7.85倍
≪2018/06/19時点≫

ファインデックスは大学病院など大きな病院に医療用データ管理システムを提供している企業だ。

ファインデックスの医療用データマネジメントシステム「Claio(クライオ)」では、紙のカルテレス化を行う過程で取りこぼされやすい画像やデータを効率よく管理し、さらに価値ある利用を行うための機能を搭載している。

ファインデックスも医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 ソフトウェア・サービス

ソフトウェア・サービスのチャート画像

時価総額:39,075百万円
PER:(単) 13.70倍
PBR:(単) 2.19倍
≪2018/06/19時点≫

ソフトウェア・サービスは病院向けに情報伝達システムや電子カルテを手掛ける企業。電子カルテは当然のことながら、医療ビッグデータと親和性が高い分野だ。紙のカルテと比べて、電子カルテの報が圧倒的に医療ビッグデータとして活用しやすい。

ソフトウェアサービスは時価総額規模が小粒というほどでもないが、値動きが重いというほどでもないだろう。時価総額の規模的には、十分値動きに期待できるレベルなので、医療ビッグデータ関連の本命株の一角として注目しておきたい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 テクマトリックス

テクマトリックスのチャート画像

時価総額:58,110百万円
PER:(連) 29.33倍
PBR:(連) 6.92倍
≪2018/06/19時点≫

テクマトリックスは遠隔医療関連銘柄の一角としてピックアップした銘柄だ。テクマトリックスはソフトバンクと提携し病理専門医による遠隔診断・コンサルを支援する「遠隔病理プラットフォームサービス」を展開している企業。言わずもがな、遠隔医療と医療ビッグデータは親和性が高い。

また、テクマトリックスは医療情報クラウド「ノボリ(NOBORI)」を手掛けている点にも注目。医療情報クラウド「ノボリ」では、医療情報をクラウド環境に補完・共有・活用し、社会の集合知として高めるというITサービス。まさに医療ビッグデータ事業と言えそうだ。

こちらも医療ビッグデータ関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 Ubicomホールディングス

Ubicomホールディングスのチャート画像

時価総額:11,339百万円
PER:(連) 40.34倍
PBR:(連) 8.76倍
≪2018/06/19時点≫

Ubicomホールディングスはシステム開発・医療関連ソフトを事業の柱とする企業。Ubicomホールディングスも医療ビッグデータ・医療ITソリューションに注力する企業の一つだ。

2017年5月には、子会社エーアイエスのデータ分析エンジンとSalesforceが連携した「新しい医療ビッグデータ分析サービス」の提供開始するとも発表しているようだ。

Ubicomホールディングスは時価総額規模も小粒で値動き的にも面白そうだ。引き続き医療ビッグデータ関連銘柄として注目したい。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 第一生命ホールディングス

第一生命ホールディングスのチャート画像

時価総額:2,406,229百万円
PER:(連) 10.63倍
PBR:(連) 0.62倍
≪2018/06/19時点≫

第一生命ホールディングスも医療ビッグデータ関連銘柄の一角として注目したい。同社は日立製作所と共同で、医療ビッグデータを生命保険事業に活用するための研究に取り組んでいる。

第一生命ホールディングスは時価総額規模の巨大さから、本命株とはいえないかもしれないが医療ビッグデータの活用方法を示す企業として中核銘柄とはいえるかもしれない。

医療ビッグデータ関連銘柄 本命株 リクルートホールディングス

リクルートホールディングスのチャート画像

時価総額:5,237,125百万円
PER:(連) 33.72倍
PBR:(連) 6.17倍
≪2018/06/19時点≫

リクルートホールディングスは、日本生命・野村総合研究所と共同で医療ビッグデータを活用した保険事業の高度化を進めている銘柄。リクルートも時価総額規模は巨大だが、医療ビッグデータ関連の中核銘柄として把握しておこう。

医療ビッグデータ関連銘柄 まとめ

医療ビッグデータの活用が進めば日本の健康寿命をさらに伸ばせるかもしれないし期待は大きいと言えるだろう。医療ビッグデータ関連銘柄は今後、長期的に注目される息の長いテーマ株となるかもしれない。医療ビッグデータ関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておこう。

なお、医療ビッグデータ関連銘柄は広義では「ビッグデータ関連銘柄」の一部ではあるが、より詳しく解説するため、ページを分けてまとめさせて頂いた。当サイトでは別ページでビッグデータ関連銘柄についてもまとめているので、併せてチェックしておくと良いだろう。

ビッグデータ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ