平昌オリンピック関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年11月27日(月)投稿】

平昌オリンピックのイメージ画像

2018年のビッグイベント「平昌オリンピック」の開催日程が近付いてきているな。

平昌(ピョンチャン)オリンピックとは、2018年韓国の江原道平昌で開催される予定の第23回冬季オリンピックである。

平昌オリンピックの日程が近付くことで、日本の株式市場でも平昌オリンピック関連銘柄に注目が集まる可能性がある。このページでは平昌オリンピック関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

平昌オリンピック関連銘柄とは

平昌オリンピック関連銘柄とは、その名の通り2018年に江原道平昌で開催される予定の平昌オリンピックに関連する銘柄の総称である。平昌オリンピックの開催日程が近付けば、日本の株式市場でも関連銘柄が動意づく可能性があると言えるだろう。具体的には、ウインタースポーツ用品を手掛けるスポーツ関連銘柄などが該当する。

とはいえ、平昌オリンピック関連銘柄はハイテク株などのように爆発的に株価が伸びる類のテーマ株ではないので、期待し過ぎるのは微妙なところ。

そもそも日本において目下注目されているのは2020年に開催予定の「東京オリンピック」である。自国開催ではない冬季オリンピックなので、日本市場においてはそれほど大きな盛り上がりは見せないかもしれない。一応、注目しておく、くらいが妥当のテーマ株だろうか。

また余談だが、平昌オリンピックには現時点でけっこうな不安もあるらしい。北朝鮮の度重なるミサイル発射などの挑発行為が行われている状況ゆえ、何かしらの事故が起こって中止になる可能性もあるのでは?という意見があるらしい。さらに出場を辞退する国もすでにけっこう出ているみたい。フィギュアスケートではロシア・米国の選手が出場を辞退したとのこと。

そんなこんなで、チケットがあんまり売れていないとか。

まぁ色々な不安要素のある平昌オリンピックだが、開催が近付けばある程度は日本市場においても関連銘柄が盛り上がる可能性はあるんじゃないだろうか。一応は注目しておくべきテーマ株と言えるのではないだろうか。

平昌オリンピック 開催日程

平昌オリンピックの開催日程は以下の通りである。

開会式:2018年02月09日(金)~閉会式:2018年02月25日(日)

平昌オリンピック関連銘柄 一覧

  • 3028    アルペン        ウインタースポーツ用品
  • 7514    ヒマラヤ        スポーツ用品
  • 7936    アシックス       スポーツ用品・平昌オリンピックオフィシャルスポーツウェア
  • 8022    ミズノ         スポーツ用品
  • 8111    ゴールドウイン     スポーツ用品
  • 8114    デサント        スポーツ用品・韓国が収益の柱
  • 8281    ゼビオホールディングス スポーツ用品
  • 7203    トヨタ自動車      ワールドワイドオリンピックパートナー
  • 6752    パナソニック      ワールドワイドオリンピックパートナー
  • 5108    ブリヂストン      ワールドワイドオリンピックパートナー

平昌オリンピック関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは平昌オリンピック関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

平昌オリンピック関連銘柄 本命株 アルペン

アルペンのチャート画像

時価総額:92,475百万円
PER:(連) 37.38倍
PBR:(連) 0.88倍
≪2017/11/29時点≫

ウインタースポーツ用品といえばアルペンだろう。スキー、スノーボード用品などを扱っているスポーツ用品店を手掛けるアルペンは平昌オリンピック関連銘柄として本命視される一角と言えるのではないだろうか。

またアルペングループはスラロームの「湯浅 直樹 選手」、フリースタイルの「伊藤 みき 選手」のスポンサー企業。両選手が平昌オリンピックで活躍することで、アルペンにご祝儀的な物色が入る可能性もあるかも?!

アルペンは時価総額規模は小さいわけではないので、値動き妙味的にはそれほど面白くはないかもしれないが、現状ではPBRは1倍以下のようだ。今後の推移に注目したい。

平昌オリンピック関連銘柄 本命株 ヒマラヤ

ヒマラヤのチャート画像

時価総額:13,159百万円
PER:(連) 18.80倍
PBR:(連) 0.95倍
≪2017/11/29時点≫

スポーツ用品チェーンのヒマラヤ平昌オリンピック関連銘柄の一角として注目したい。ヒマラヤもスキー・スノーボードなどのウインタースポーツ用品を取り扱っていることから注目だ。ヒマラヤは平昌オリンピック関連銘柄のなかでも時価総額規模が小さいので、値動き妙味という面で注目。

平昌オリンピック関連銘柄 本命株 アシックス

アシックスのチャート画像

時価総額:319,941百万円
PER:(連) 23.36倍
PBR:(連) 1.50倍
≪2017/11/29時点≫

スポーツ用品を手掛けるアシックス平昌オリンピック関連銘柄本命株として注目だ。アシックスは平昌オリンピックに出場する日本代表選手団にオフィシャルスポーツウェアやシューズ、バッグなどを提供する企業。まさに本命株と言えるのではないだろうか。ただし、アシックスも時価総額規模はまぁまぁ大きな方。短期スタンスでの値動き妙味はやや少ないと言えるかもしれない。

平昌オリンピック関連銘柄 本命株 ゴールドウイン

ゴールドウインのチャート画像

時価総額:95,892百万円
PER:(連) 23.56倍
PBR:(連) 2.88倍
≪2017/11/29時点≫

ゴールドウインはスポーツウェア中堅で、アウトドアブランドの「ザ・ノース・フェイス」を扱っている企業だ。ノースフェイスは平昌オリンピックの公式パートナーになっているので、ノースフェイスの商品を扱うゴールドウインにとっても間接的にビジネスチャンスとなりそうだ。こちらも平昌オリンピック関連銘柄として注目する。

平昌オリンピック関連銘柄 本命株 ゼビオホールディングス

ゼビオホールディングスのチャート画像

時価総額:98,601百万円
PER:(連) 27.79倍
PBR:(連) 0.77倍
≪2017/11/29時点≫

スポーツ用品販売大手のゼビオホールディングスも平昌オリンピック関連銘柄として注目したい。ゼビオホールディングスはスキー・スノーボードなどのウインタースポーツ用品を手掛ける「ヴィクトリア」を擁する点から平昌オリンピック関連銘柄として注目。

平昌オリンピック関連銘柄 まとめ

平昌オリンピック関連銘柄は平昌オリンピック開催前には少し物色される可能性のあるテーマ株と言える。ただし、平昌オリンピックの開催が終了してしまえばピタリと物色の勢いは落ちるだろう。期間限定のテーマ株なので、深追いするのは考えもの。「もし押し目があれば注目する」くらいがちょうどよいのではないだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今の株式市場は特に「テーマ性」が重視される傾向にある。2017年上半期に注目されたテーマ株といえばAI関連銘柄フィンテック関連ビットコイン関連スマートスピーカー関連ライザップ関連などなど、細かいものを含めれば数え切れないテーマ株が株価を急騰させている。

むしろ、最近の相場を見ていると株価が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら言えるかもしれない。

当方は個人投資家が「次のテーマ株を先取りする」には顧問サイトを上手く活用する方法がもっとも現実的っだと思っている。顧問サイトのなかには胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特に今後役立つのは「テーマ性」に強い顧問だと思う。

当方、2017年に色々な顧問サイトを見てきたが、そのうえで当方が個人的に特にチェックしておくべきと注目するサイトをピックアップしておきたい。

株エヴァンジェリスト とにかくテーマ株を重視するならまずはここをチェックすべし

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストはテーマ株に特化したサイトだ。

テーマ性を重視して銘柄選びをしたいなら、まずは株エヴァンジェリストに注目すべきと言える。

実際にここは2017年上半期に数々のテーマ株を推奨し爆発的な急騰を読み当てている。実例として、クラウド関連のフォーカスシステムズ株価2.01倍・アプリ関連銘柄のエムアップ株価2.52倍・中国関連銘柄のケアサービス株価3.52倍など、テーマ性が強く注目された株をほぼ初動段階で推奨していた点は驚いた。

さらにテーマ株というか材料株だが、9億の補助金収入を特別利益として計上予定と発表したオービス(株価3.42倍)や株式分割を発表した北の達人コーポ(株価1.98倍)なども材料発表前にピンポイントで推奨している。

数々のテーマ株・材料株を動意づく前に推奨している点、当方には偶然には思えない。かなりの「早耳顧問」ではないか?とすら思っている。

さらに、ここは無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれる点も注目だ。これは実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は火柱を立てて急騰するケースがある。「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということだろう。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストが推す次のテーマ株≫

マスターズトレード 短期トレードに特化か?!リミックスP株価5.4倍をズバリ

Ads by Cueinc.


マスターズトレードは2017年に登場した非常に新しい顧問サイトだが、今メキメキと頭角を現してきているサイトとして無視できない。ここはおそらく「短期トレードに特化した顧問」に思える。

ここの推奨銘柄の実績を見て驚いたのはビットコイン関連のリミックスポイントを05/02に推奨していた点だ。リミックスポイントは「ビットポイント」という仮想通貨取引所の運営会社を傘下にもつ会社で、仮想通貨バブルが巻き起こった5月後半から破竹の勢いで株価を上げた銘柄だ。これを初動推奨し、およそ1カ月程度で株価5.4倍に急騰した点は見事の一言だ。

他にも、同じくビットコイン関連のインフォテリアを推奨し、たった4営業日で株価1.43倍になっていたり、アプリ関連エムアップを推奨しこれも4営業日で株価1.75倍になっていたりと短期で結果が出ているケースが多数見受けられる。

今メキメキと注目度が上がっているサイトで無料情報もバンバン提供してくれるので、2017年下半期もズバリみておくべきサイトだ。

マスターズトレードの無料情報をみる≫

株トレード投資顧問 AIスピーカー関連・ライザップ関連をズバリ!!無料情報ならここ!!

Ads by Cueinc.


株トレード投資顧問も2017年上半期で存在感を示した顧問サイトの一角。ここはなんといっても無料情報の勝率が凄まじい。

結論から言うがここは2017年1月~5月の5カ月間で188銘柄を推奨し、その内148銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。

「30日以内に+10%上昇した場合」を【勝ち】とするならば勝率割合は78.72%という驚異の数字となる。つまり[5カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した]ということだ。

これはハッキリ言って相当凄い。トレーダーなら分かると思うが、株は100発100中を目指すものじゃない。勝ち負けを繰り返し利確と損切りを繰り返すものだ。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で5カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

また、注目するのは無料情報だけではない。直近ではAIスピーカー関連のオンキヨー(株価2.57倍)ライザップ関連の夢展望(株価4.33倍)なども当てている。極めつけはアプリ関連のサイバーステップを2月の段階で推奨し、6月には株価8.72倍になっていた点。いずれも大化け推移だ。

株トレード投資顧問も2017年下半期の要チェックサイトとして迷わずピックアップしたい。

株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

株エヴァンジェリストが推す次のテーマ株≫
マスターズトレードの無料情報をみる≫
株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ