2020年東京オリンピック関連 本命・出遅れ株 一覧 まとめ

》》有力銘柄を無料配信!実績抜群の登録すべき投資顧問《《

2020年、東京オリンピックが2020年7月24日(金)から開催となるな

4年に一度のオリンピックが遂に日本で開催という「興奮」の瞬間が刻一刻と迫ってきているぞ!

スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とし、夏季大会と冬季大会を行っているわけだが、2012年にはロンドンで記念すべき第30回オリンピック競技大会が開催され、世界204の国・地域から選手が参加し26競技302種目が実施された。

東京オリンピック関連銘柄とは

日本でのオリンピックは1964年に一度行われているわけだが、今回56年振りに東京でのオリンピックが開催となるわけだが、世界的に株高という流れを考えると、オリンピック開催の日本株は世界の投資家にも注目となるだろう。東京での開催、当然オリンピック関連銘柄の動向は注目必須だ。

スポーツウェア関連、インバウンド関連、旅行、宿泊施設、観光、建築、インフラ関連、広告関連、飲食、警備…

自国開催という事からも、様々な分野でのオリンピック関連の銘柄は当然注目を集めるだろう。そして自国開催は日本の選手で金メダルを獲得する可能性は高くなる。オリンピック選手が所属する企業へのご祝儀買いなども見うけられるケースも多々あるぞ。有力な選手が所属する企業も【注目】だ!

東京オリンピックの日程が近付くことで関連銘柄への高まる期待。このページでは東京オリンピック関連銘柄について本命株・出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

東京オリンピック経済効果は32兆円以上!

東京都が発表した2020年東京オリンピックが全国に及ぼす経済効果だが、大会招致が決まった13年から大会10年後の30年までの18年間で約32兆3千億円と試算をだしている。そしてその内、東京都が約20兆4千億円と約6割を占め、観光需要の拡大などに伴い、都外の地域にも約11兆9千億円の経済効果をもたらすと試算しているぞ。32兆円という経済効果は、様々な企業への業績が当然期待できる。

東京オリンピックのマラソンは北海道で開催!東京オリンピックマラソンは下記を見てもらえたらと思うぞ↓

北海道 東京オリンピック マラソン 関連銘柄まとめ

東京オリンピック 開催日程

開会式:2020年07月24日(金)~閉会式:2020年08月09日(日)競技数 33競技

パラリンピックは2020年8月25日(火)~9月6日(日)競技数 22競技

東京オリンピック関連銘柄 本命・出遅れ 一覧

  • 1730 麻生フオーム オリンピック建築
  • 6191 エボラブル  旅行、民泊サービス
  • 2477 手間いらず  宿泊サイト「TEMAIRAZU」運営
  • 3457 ハウスドゥ  不動産売買 民泊関連
  • 2897 日清食品   スポーツ選手スポンサー
  • 1801 大成建    オリンピック建築
  • 1802 大林組    オリンピック建築
  • 6742 京三製作所  インフラ関連
  • 1813 不動テトラ   陸上インフラ
  • 1944  きんでん   電設工事でトップ級
  • 1950  日本電設   鉄道電気工事で首位
  • 1972  三晃金    製鉄インフラ系
  • 2180  サニーサイド オリンピック広告
  • 2331  ALSOK  警備会社大手
  • 2362  夢真HD   建築・派遣
  • 2433  博報堂DY  大手広告会社
  • 1803  清水建    オリンピック建築大手
  • 1805  飛島建    オリンピック建築大手
  • 1811   銭高組    オリンピック建築大手
  • 1812  鹿島     オリンピック建築大手
  • 1815  鉄建建設   オリンピック建築大手
  • 1820  西松建    オリンピック建築大手
  • 1835  東鉄工    製鉄インフラ系
  • 1860  戸田建    オリンピック建築大手
  • 1871  PS三菱   コンクリート橋梁首位級
  • 1881  NIPPO  JXTG系の道路舗装大手
  • 1883  前田道    道路インフラ
  • 1884  日道路    清水建設系道路舗装大手
  • 1893  五洋建    海上土木の最大手
  • 1921  巴      大張間構造建築の先駆け
  • 1926    ライト    地盤改良・耐震補強
  • 1414 ショーボンド コンクリート補修業首位
  • 1447 ITbook 地盤調査改良主力
  • 1719  安藤ハザマ  空調工事大手
  • 1720 東急建設   渋谷駅周辺建築
  • 1942  関電工    東電系電気工事大手
  • 2469  ヒビノ    映像・音響設備サービス
  • 2483  翻訳センター 産業翻訳で最大手
  • 2502  アサヒ    ビール最大手
  • 2670  ABCマート スポーツシューズ用品
  • 2675  ダイナック  サントリー外食事業中核
  • 3003  ヒューリック 不動産投資会社
  • 3010  価値開発   低価格ホテル
  • 3028  アルペン   スポーツ用品
  • 3086  Jフロント  大手百貨店グループ
  • 3099  三越伊勢丹  大手百貨店グループ
  • 3258  ユニゾHD  東京の不動産会社
  • 3289  東急不HD  首都圏で住宅事業展開
  • 3355  クリヤマHD ゴム合成樹脂製品主力
  • 3360  シップHD  医療機器・設備
  • 4767  TOW    イベント制作最大手
  • 4839  WOWOW  スポーツ・映画放送
  • 4344 ソースネクス 翻訳機ポケトーク
  • 5142  アキレス   運動靴大手
  • 5194  相模ゴム   コンドーム大手
  • 5232  住友大阪   セメント大手
  • 4911   資生堂    日本大手美容品
  • 5233  太平洋セメ  セメント大手
  • 5288  アジアパイル コンクリパイル大手
  • 5401  日本製鉄   セメント大手
  • 5406  神戸鋼    セメント大手
  • 5445  東京鉄    セメント大手
  • 5711  三菱マ    セメント大手
  • 5911  横河ブHD  セメントなど資材大手
  • 5912  OSJBHD ケーソンが主力
  • 6072  地盤HD   地盤の解析や請負
  • 6074  JSS    スイミングスクール全国展開
  • 9722  藤田観    高級宴会場の名門
  • 9726  KNTCT  近鉄系の旅行業界大手
  • 9735  セコム    警備会社大手
  • 9740  CSP    JR系の警備サービス大手
  • 9743  丹青社    ディスプレー企画・施工大手
  • 9755  応用地質   地質調査業最大手
  • 9766  コナミHD  スポーツ施設で首位
  • 9783  ベネッセHD 通信教育最大手
  • 6150  タケダ機械  鉄骨加工機の大手
  • 6351  鶴見製    水中ポンプ専業最大手
  • 3418  バルニバービ レストラン飲食
  • 4204  積水化    住宅、環境・ライフライン
  • 4316  ビーマップ  JRなど交通関連
  • 4321  ケネディクス 不動産ファンド運営
  • 4324  電通グループ 広告代理店大手
  • 4433  ヒトコムHD 家電・通信・食品主力
  • 4661  OLC    ディズニーランド運営
  • 4666  パーク24  24時間貸駐車場タイムズ
  • 4669  ニッパンR  建設機械レンタル中堅
  • 4676  フジHD   フジサンケイグループ
  • 4681  リゾートトラ 会員制リゾートホテル首位
  • 4755  楽天     ショッピングサイト大手
  • 1929 日特建設   インフラ関連
  • 6358  酒井重    道路舗装機械専業大手
  • 6362  石井鉄    石油、LPGタンク老舗
  • 6395  タダノ    建設用クレーントップ級
  • 6418  日金銭    貨幣処理、硬化計数機大手
  • 6424  高見サイ   駅の自動券売機大手
  • 6460  セガサミー  ゲームアミューズメント
  • 6659  メディアL  放送・通信機器を開発
  • 6701  NEC    通信設備で国内トップ
  • 6702  富士通    サーバーITシステムトップ
  • 6752  パナソニック 総合家電首位
  • 6809  TOA    音響システム大手
  • 6924  岩崎電    照明機器大手
  • 7013  IHI    総合重機大手
  • 7050  Fインタ   イベント事業
  • 7514  ヒマラヤ   スポーツ用品大手
  • 7751  キヤノン   カメラ、事務機器大手
  • 7821  前田工繊   土木・産業資材大手
  • 3772 ウェルス   金融や不動産事業
  • 7832  バンナムHD 総合娯楽企業ゲーム大手
  • 7836  アビックス  LED映像表示装置の開発
  • 7906  ヨネックス  スポーツ用品大手
  • 7936  アシックス  スポーツ用品大手
  • 9351  洋埠頭    埠頭最大手
  • 9401  TBSHD  民放大手
  • 9404  日テレHD  民放大手
  • 9409  テレ朝HD  民放大手
  • 9412  スカパーJ  CS放送「スカパー!」
  • 9432  NTT    国内通信事業最大手
  • 9531  東ガス    都市ガス最大手
  • 9603  HIS    格安航空券最大手
  • 9616  共立メンテ  ホテル事業
  • 9622  スペース   商業施設中心内装工事
  • 9633  テアトル   不動産事業が主力
  • 8006  ユアサフナ  関東地盤の食品卸中堅
  • 8022  ミズノ    スポーツ用品大手
  • 8111  ゴルドウイン スポーツウェア
  • 8114  デサント   スポーツウェア
  • 8136  サンリオ   「ハローキティ」版権
  • 8281  ゼビオHD  スポーツ用品専門店
  • 8802  菱地所    三菱系総合不動産
  • 8804  東建物    ビル賃貸が主力不動産
  • 8830  住友不    住友系総合不動産
  • 4819  デジタルガレ 外国人観光客向け案内アプリ
  • 4650 SDエンター フィットネスクラブ
  • 2378 ルネサンス  フィットネスクラブ
  • 8864  空港施設   羽田空港施設運営
  • 8920  東祥     愛知地盤スポーツクラブ
  • 8934  サンフロ不  中古不動産を改装・販売
  • 8985  ホテルリート 投資用ワンルーム展開
  • 9001  東武     私鉄、北関東地盤
  • 9005  東急     渋谷沿線、私鉄最大級
  • 9006  京急     私鉄運営、交通系
  • 9009  京成     私鉄運営、交通系
  • 9010  富士急    富士急ハイランド運営
  • 9020  JR東日本  国内最大の鉄道会社
  • 9022  JR東海   国内最大の鉄道会社
  • 9042  阪急阪神   関西圏大手鉄道会社
  • 9201  JAL    国内最大手航空会社
  • 3030 ハブ     HUBを運営
  • 7806 MTG    フィットネス・美容・健康製品
  • 6630 ヤーマン   フィットネス・美容・健康製品
  • 5933 アルインコ  ホームフィットネス製品
  • 2928 RIZAP  フィットネスクラブ
  • 4801 セントラル  フィットネスクラブ
  • 9956 バローHD  フィットネスクラブ
  • 9202  ANAHD  国内最大手航空会社
  • 9302  三井倉HD  倉庫業大手
  • 9304  渋沢倉    倉庫業大手
  • 9671  よみランド  読売系、遊園地、競馬場
  • 9672  東競馬    東京サマーランド運営
  • 9678  カナモト   北海道建機レンタル最大手
  • 9681  東京ドーム  球場主力に遊園地やホテル
  • 9695  鴨川グランド 有数のリゾートホテルを運営
  • 9706  空港ビル   羽田空港ビルの賃貸
  • 9708  帝国ホテル  高級ホテル帝国ホテル運営
  • 9713  ロイヤルホ  高級ホテル運営
  • 9716  乃村工芸社  商業施設向けディスプレー
  • 9720 グランド   横浜中心ホテル運営
  • 6561 ハナツアー  訪日外国人向け旅行会社
  • 9416 ビジョン   旅行者向けwifiレンタル

東京オリンピック関連銘柄 本命株・出遅れ株

当然、東京オリンピックということからもはっきり言うが、関連銘柄が多すぎるのはひとつの悩ましい点だ。都心のインフラ整備だけでも中小のありとあらゆる企業が関わっている。

交通など社会インフラの改修、都市再開発や新設がドンドンと着工している。当然、オリンピック開催での経済効果はラグビーワールドカップを超えるものとなるだろうし、外国人による恩恵は莫大なものだ。世界に日本の技術や日本食など〝日本の良いところをアピールする格好の機会となる!〟

そして日本人も〝オリンピック効果で守秘を拡大となる〟自国開催が近づくにつれて、ニュースでも当然連日の様に取り上げられていく。それでは東京オリンピック関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 8022 ミズノ


時価総額:72,665百万円
PER:(連) 11.97倍
PBR:(連) 0.71倍
≪2020/01/12時点≫

スポーツ用品大手、そしてオリンピック選手が多数ミズノ製品を利用しているぞ。オリンピックを機にスポーツ用品の購買が進むのは明白だ。

直近の決算も良好、東京オリンピック関連でスポーツ用品ではやはり同社は本命株といえるだろう。時価総額も大型ではあるが、世界のスポーツファンが注目するオリンピック関連の本命株という事からも投機筋や海外投資家の資金が入ってくる期待値は高いぞ。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 6742 京三製作所

時価総額:39,403百万円
PER:(連) 16.38倍
PBR:(連) 0.90倍
≪2020/01/12時点≫

鉄道、道路用信号と産業用電源装置が柱とする同社だが、東京オリンピックでは都内の電車はホームドアの整備が進められている。同社は交通インフラという部分で強みがあり、東京オリンピック本命銘柄の一つだ。

2019年11月8日の決算では赤字幅拡大とはなっているが、国土強靭化、そして交通インフラでの受注を考えれば業績の見通しは明るいとみれる。チャートはきれいな右肩上がりを続けているが、現状の株価は割安だ。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 9735 セコム

時価総額:2,285,815百万円
PER:(連) 25.77倍
PBR:(連) 2.11倍
≪2020/01/12時点≫

日本初の警備保障会社、警備会社最大手のセコムは、1964年の東京オリンピックでも選手村の警備を担当するなど警備会社といえばセコムかアルソックと二大巨頭だ。

今回の2020年オリンピックもセコムと綜合警備保障(ALSOK)を中心に警備の結成となっている。業績も安定しておりチャートも10000円と9000円のレンジからジリジリと下値を切り上げてきている。オリンピックの警備会社の筆頭候補なだけに注目だ。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 4344 ソースネクスト

時価総額:76,013百万円
PER:(連) 67.80倍
PBR:(連) 6.37倍
≪2020/01/12時点≫

自動通訳機「ポケトーク」を販売する同社だが、東京オリンピックは外国人観光客が増加する事からも同社は本命銘柄といえるぞ。

そしてロシアのハッカーが東京オリンピックを狙ってくる可能性が指摘されており、ソースネクストはウイルス対策ソフトで高い商品競争力をもっているだけにインバウンド、サイバーセキュリティーそしてオリンピックと複数のテーマ持つ同社は今後も有望視されているぞ。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 3030 HUB

時価総額:12,189百万円
PER:(連) 19.65倍
PBR:(連) 2.85倍
≪2020/01/12時点≫

外国人観光客が利用するスポーツバーと言えば?HUBを思い浮かべる人が多いだろう。ラグビーワールドカップではHUBが大盛況となっていた、今回の東京オリンピックも多数の訪日外国人の利用が見込めるぞ。

同社はオリンピックなど世界的なスポーツイベントの時に動意付きやすい。時価総額も120億と流動性は高い銘柄という事からも短期勝負で上昇がどこかであると見ているぞ。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 9603 エイチ・アイ・エス

時価総額:209,338百万円
PER:(連) 15.94倍
PBR:(連) 1.81倍
≪2020/01/12時点≫

エイチ・アイ・エスは格安航空券販売の最大手の企業だ。ハウステンボスの運営やホテル運営などが良好、ハウステンボスは他社テーマパークと一線を引く独自運営が成功となっている。東京オリンピックに向けて、海外向けに日本観光のPRサイトを立ち上げ、海外直営拠点と連携を強めているぞ。

岩井コスモ証券では同社の格付けは12月18日の段階でA判定、目標株価は3500→3900円としているぞ。業績をしっかりと伸ばしている企業なだけにチャート的に一度しっかりの押しがあった分、リバウンドからの最高値を抜けている期待もできる。

東京オリンピック関連銘柄 本命株 2477 手間いらず

時価総額:43,018百万円
PER:(連) 56.67倍
PBR:(連) 12.62倍
≪2020/01/12時点≫

ホテルの予約管理システム「TEMAIRAZU」を扱う同社だが、インバウンドの増加からも本命銘柄と言えるぞ。民泊を中心とした小規模宿泊施設に特化したシステムを強化しているのだが、東京オリンピックではホテルの空きが少ないという問題を考えると同社の伸びが期待できる。

そしてタイムデザインが手掛ける航空券と同社の「TEMAIRAZU」が組み合わさった宿泊プランのプラットフォーム「グローバル・ダイナミックパッケージ・プラットフォーム」は、〝手間をかけずに宿泊プランと航空券を組み合わせて販売〟という利便性の高さからも利用者の拡大は十分に見込めるぞ。決算は増益をとなり、配当も高い事を考えるとオリンピックの恩恵も高いとみているぞ。

東京オリンピック関連銘柄 出遅れ株 6191 エアトリ

時価総額:39,434百万円
PER:(連) 29.92倍
PBR:(連) 4.01倍
≪2020/01/12時点≫

航空券予約サイト「エアトリ」運営する同社だが、DeNAトラベルを買収するなど業績拡大している。スマートフォン決済サービス「メルペイ」および「LINE Pay」のネット決済機能を導入など利便性も増えている。

チャートを見ると株価も底値近辺、海外の旅行客を狙うインバウンド関連の銘柄として東京オリンピックでの恩恵ある銘柄と見ているぞ。

2020年 東京オリンピック関連銘柄 本命・出遅れ株 まとめ

東京オリンピックはまさに世界に日本の技術力の高さ、食文化、観光名所の素晴らしさ、そして世界屈指の安全性という事を世界にアピールする機会となるだろう。そして自国開催からメダルの量産も十分期待が持てる。

今後、東京オリンピックだけでなく、これからも増加が期待される外国人観光客。オリンピック以降も日本にカジノができれば、さらなる訪日外国人増える見通しだ。ラグビーワールドカップに続いて開催されるメーンのビッグイベント56年振りの東京オリンピックは大化けとなる銘柄もメダルの期待同様に量産される期待がもてるぞ。

〝2020年は大相場の予感だ!そして今は提灯がつきやすい相場環境〟

こういう時は「真っ先にチェックするのは優良投資サイトの銘柄」を見ておくのがいいだろう。なんせ登録無料で日々期待値の高い銘柄を「無料」で配信してくれるぞ!テーマ株は勿論だが、〝様々な株式投資の情報を入手している事を考えると、この様な思惑の強い銘柄の情報も入手している〟と考えていいだろう。

銘柄が急騰する、急落する。それには必ず〝何かしらの訳〟がある。年末、そして年明けで銘柄を攻めるならば〝投資顧問の情報は無視できない〟といえるだろう。

何よりもSTOP高の銘柄を当方がすすめる投資顧問は〝続出〟しているのだ。

今、株式投資で「攻撃の手を緩める必要は一切ない」、攻めるべきところを攻めなければ【株式投資で大勝は無理だ!】、環境が良い時こそ【とにかく攻めるべき】と言えるのでないだろうか。

2020年は「株式投資でガッチリ勝つ」というか勝てるこの相場は情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、株エヴァンジェリストなどでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

今株式相場は非常に活況だ!そして日経平均が高く大型株のみ動意づいている相場という事は、まだ出遅れ株が多数あるという事だ!

ここは攻撃の手を緩める必要はない!!

むしろ強気で責めるべきところといえる!

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ!

いいか無料登録だけで来週から、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ!

インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。

だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。

ならばどうするか?

一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。

もちろん投資顧問もピンキリだ。投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところはクソだった。

クソなところは本当にクソ。これだけは肝に銘じておくべき。

だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。本当にけっこう役に立つケースは多い。

すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが(下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの)、現段階で当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。

とにかく、実績がしっかりでている投資顧問をまとめた。情報収取が命の投資家ならば、下記の投資顧問の銘柄はしっかりとチェックはしておくべきだろう。

株エヴァンジェリスト

株エヴァンジェリスト

とにかく実績重視という投資家には株エヴァンジェリストをオススメしよう。見てみればわかるが、まず目を引くのはサイト全面にあの「向後はるみ」さんがドーンと出ているところだろう。

向後はるみさんはラジオ番組も持ち、ロイターや株探など数々のメディアに執筆する有名なアナリストだ。株エヴァンジェリストは向後はるみさんをストラテジー顧問の一人として迎え銘柄情報を提供してくれるらしい。これは株エヴァンジェリストの特徴と言っていいだろう。

またこのサイトにはもう一つ目を引く部分がある。それは下記の文面だ。

≪いまが買いどき→まずは証券番号「****」この銘柄をお試しください!≫

無料登録をすると、銘柄情報をすぐに教えてくれるということだが、この初めに貰える無料情報がなかなか面白そうなのだ。要約すると下記3点を全て抑えた銘柄を無料で提供してくれるとのこと。

■旬のテーマ性を複数持つ
■上値余地が十分見込める
■なおかつ値動きの軽い銘柄

無料情報を提供してくれる顧問はたくさんあるが、ここまで具体的に「こういう銘柄がアツいから教えます」と公言するサイトは珍しい。自信がある証拠なのだろう。また新しいサイトゆえ、新規ユーザーの信頼確保に全力をあげている姿勢ともとれる。

株エヴァンジェリストの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

株 株 kabukabu



リニューアルした超有力サイト!このサイトは本当、情報力も本物の力を持っているだけに登録必須!

もし、今株で勝ちたいならば、株 株を利用しない手はない!

株×株はとにかく無料銘柄の成績がヤバい!

2019年だけでなんとトータル3322%の上昇となっている!勢いはわかる!言いたい事も伝わる!がしかし!ただ、何が基準かわからない!トータル上昇率とはなんだ?という事で直近の無料実績を調べてみたが

結果、8月23銘柄中17銘柄が推奨後10%超上昇している。そして2019年の年末にはSTOP高を銘柄を1週間で2銘柄以上提供、2019年年末に提供の銘柄は+20%上昇がゴロゴロとでてきたのだ。

とにかく今乗っている投資顧問は間違いない!ネクストジェンなどは提供して2日で+40%の上昇しているぞ!

圧倒的な実績である。単純計算で申し訳ないが株×株に登録して無料銘柄を適当に10%上昇で指値を入れておけば、自然とお金が増えるわけだ。

無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ!

これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。一度は登録して試してみるべきサイトだ。

株 株 kabukabuの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問

株トレード投資顧問がリニューアルした投資顧問サイトがグラーツ投資顧問だ。ここは何よりもまず無料情報の推移を見て欲しい。

ここが推奨した無料情報の推移は勝率がヤバすぎる。結論から述べるが2017年1月~7月の7ヶ月間で275銘柄もの銘柄を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%上昇を達成している。30日以内の+10%上昇を勝利条件とした場合、勝率はなんと77.45%という脅威の数字になる。

ハッキリ言ってこれは相当凄い数字だ。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率とは尋常ではない。

それに中には+10%どころではない銘柄も多数ある。具体的には【夢展望4.32倍】【enish4.17倍】【オンキヨー2.57倍】などの大化け銘柄も輩出している。無料でバンバン銘柄情報を配信してくれるので、チェックしておくだけでかなり面白いと思う。オススメ。

グラーツ投資顧問の銘柄を受け取るにはコチラ

ここも有力情報多数だぞ↓

新生ジャパン投資

WS001976


おそらく新生ジャパン投資は最近あたらしく出来た投資顧問。だが話題性はバツグンだ。

と、いうのも代表を務める高山緑星 こと 前池英樹氏は株の世界では知る人ぞ知る人物。20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。

したがって世間からの注目度は高い。それに実力も今のところかなり凄いぞ。HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。

さらに…ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。

新生ジャパン投資の銘柄を受け取るにはコチラ

老舗投資顧問の実力は確認した方がいいぞ↓

株マイスター

株マイスター


株マイスターももちろん金商登録のある登録助言業者だ。筆者も登録している投資顧問会社でインターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。

ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。理由は単純だが、推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。+10~50%程度の細かい上昇幅のものは数え切れないレベルにあるし、さらに言えば株価2~3倍レベルの大化け銘柄も複数先読みして提供していた経緯もたくさんある。

旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。

いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。

株マイスターの銘柄を受け取るにはコチラ

以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ