2016 ノーベル賞関連銘柄 一覧 本命 まとめ コスモ・バイオ 医学生物学研究所 タカラバイオなど

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2016年09月14日(水)】

2017年 ノーベル賞関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

毎年10月の大イベント。

それがノーベル賞の発表ではないだろうか!

例年10月のノーベル賞の受賞者の発表が近づくにつれ、関連銘柄が動意づくよな。2016年のノーベル賞、日本人の受賞者はいるだろうか?!

この機会に2016 ノーベル賞関連銘柄をまとめておこう。

ノーベル賞関連銘柄とは

ノーベル賞関連銘柄とは、もちろん10月に受賞者が発表されるノーベル賞に関連して株価の動く銘柄のことである。

ノーベル賞とはダイナマイトを発明者であるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って始まった世界的な賞であり、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の「5分野+1分野」があり、それぞれの分野で大きな功績を残した人物に贈られるものだ。

この「5分野+1分野」のなかで、株式市場に大きな影響をもたらすのは主に物理学賞、化学賞、生理学・医学賞ではないだろうか。

つまり、株式市場の中でも医療バイオ素材関連の銘柄ノーベル賞関連銘柄として注目されるケースがほとんどだ。

特に記憶に残っているのは、2012年に山中伸弥京都大学教授が「iPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞したことにより、バイオ関連銘柄の大ブームが押し寄せバイオ関連株が大幅に株価をあげたことだ。

バイオベンチャーとして有名なタカラバイオは翌年には最大で株価8倍にまで株価を上げたし、その他コスモバイオやらカイオムバイオなどは株価10倍以上にまで成長。バイオと名の付く銘柄はとにかく買われたわけだが、これらはまさしくiPS細胞で山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したことにより巻き起こったもので、ノーベル賞関連銘柄と呼べるハズだ。

他にも2014年には名古屋大学の天野弘教授と赤崎勇教授が青色発光ダイオード、つまりLEDでノーベル物理学賞を受賞し、LED関連銘柄が注目されたケースもあった。

ノーベル賞関連銘柄とんでもないパンチ力を秘めている可能性もあるのだ。

 

2016年日本人のノーベル賞候補は?!

 

2016年 ノーベル賞関連銘柄を知るには、2016年にノーベル賞を受賞する可能性をもった人を知るのが先決だ。

と、いうことで2016年 ノーベル賞候補の日本人をザックリ書いておこう。ここでは、株式市場に大きな影響を与える可能性のある「物理学賞、化学賞、生理学・医学賞」の受賞候補者を挙げていく。

「物理学賞」候補者

東京工業大学 細野 秀雄教授
鉄系の超電導体を発見。リニアモーターカーに代表される超電導技術に革命をもたらした人物

理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長 十倉 好紀氏
強磁性、強誘電性などを同時に複数有する物質である、新しいマルチフェロイック物質を発見。

東北大学 電気通信研究所長 中沢 正隆氏
世界中の高速光ファイバー通信網を支える、エルビウム添加ファイバー増幅器を開発。

東北大学 電気通信研究所 大野 英男教授
磁石の性質を持つ半導体を開発。

 

「生理学・医学賞」候補者

 

東京工業大学 大隅 良典栄誉教授
「自食作用」を意味する「オートファジー」という現象を世界で初めて肉眼で観察し、そのメカニズムを解き明かす。

東京大学大学院 医学系研究科 水島 昇教授
世界で初めて、生きている細胞内でオートファジー現象を可視化。

東北福祉大学特任教授 小川 誠二氏
病院で診断に使われるMRI装置の基本原理を発見。

京都大学大学院理学研究科 森 和俊教授
小胞体内変性タンパク質の検出と、その修復によるメカニズムを発見した人物

大阪大学 坂口 志文 特別教授
制御性T細胞と、転写因子Foxp3の特性と機能に関する発見をした人物

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター特別顧問 竹市 雅俊氏
細胞同士をくっつける物質『カドヘリン』を発見。

 

「化学賞」候補者

 

名城大学 飯島 澄男 終身教授
炭素で構成されており、ダイヤモンドの2倍の硬さをもち、アルミニウムの半分の軽さで、銅の1000倍も電気を通しやすい特徴をもっていると言われる、「カーボンナノチューブ」を発見した人物

九州大学高等研究院 特別主幹教授 新海 征治氏
機械のような機能を分子にも持たせようという概念の分子機械のパイオニアです。

京都大学大学院 工学研究科 北川 進 教授
地球温暖ガスの二酸化炭素を効率よく吸着する『多孔性金属錯体』の合成方法発見。

東京理科大学学長の 藤嶋 昭氏
鏡の曇りどめなど幅広く使われている、酸化チタン光触媒で医療機器の衛生面の向上。

首都大学東京教授の 春田 正毅氏
金は触媒に使えないという常識を覆し、新たな触媒の世界を切り開く。

2016 ノーベル賞の発表日程

2016年のノーベル賞発表日程は以下の通りだ。

10月3日 生理学・医学賞
10月4日 物理学賞
10月5日 化学賞

2016 ノーベル賞関連銘柄 一覧

オートファジー関連銘柄

3386 コスモ・バイオ
4557 医学生物学研究所
4974 タカラバイオ

鉄系超伝導の関連銘柄

5802 住友電工
5805 昭和電線ホールディングス

酸化チタンの光触媒

4028 石原産業
4098 チタン工業
4027 テイカ

 

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 コスモ・バイオ

やはりノーベル賞関連銘柄といえば、毎年注目されるコスモバイオは外せないだろう。コスモバイオは2012年のiPS細胞の時にも急激に株価をあげたバイオ関連銘柄で、毎年のようにこの時期には注目されるノーベル賞関連銘柄だ。

コスモバイオはノーベル賞候補にもなっているオートファジーに関連する試薬を手掛けるオートファジー関連銘柄でもある。

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 医学生物学研究所

こちらも毎年常連のノーベル賞関連銘柄の一角。こちらも有名なバイオ関連銘柄でオートファ ジーのモニタリングに有用な抗体を取り扱っており、2016年もノーベル賞関連銘柄として注目される可能性は高い。

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 タカラバイオ

タカラバイオもお馴染みのノーベル賞関連銘柄と言えるだろうな。こちらもノーベル賞候補のオートファジーに関連する銘柄だ。注目。

正直、2016年のノーベル賞の本命はどれか?!まだ当方も予想しきれていない状況だ。後ほど、「これが2016年 ノーベル賞関連銘柄の本命だ」という銘柄がでてくれば追記していく。

【2016年09月15日(木) 追記】

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 チタン工業

チタン工業も毎年、ノーベル賞の受賞時期になると動意づく銘柄で、2016 ノーベル賞関連銘柄の一角だ。

チタン工業は酸化チタン光触媒に関連する銘柄。光触媒とは光の力をつかって、自らは何も変化することなく周りのものに化学反応を与える触媒物質。代表的な光触媒物質が酸化チタンである。酸化チタンは具体的には、ガラスの曇り止めだったり、防菌だったり、いろいろなモノに広く使われる。

チタン工業は酸化チタンを生産する会社で、酸化チタン光触媒のドンピシャ銘柄と言える。注目だ。

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 テイカ

テイカも酸化チタン光触媒に関連する銘柄だ。ここは酸化チタンと界面活性剤の二本柱。界面活性剤は洗剤などにふくまれるものだな。光触媒などの新事業を育成しているらしいし、ここもまた面白い2016ノーベル賞関連銘柄と言えるだろう。

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 石原産業

石原産業は酸化チタン大手。こちらもテイカやチタン工業と同じく、2016ノーベル賞関連銘柄として注目だ。

 

【2016年09月23日(金) 追記】

10月が近づくにつれてドンドンとノーベル賞関連銘柄が動意づいているように感じるな。

ちなみに09/23(金)は以下のバイオ関連銘柄が軒並み前日比プラス圏を推移。もはや、バイオ関連銘柄が軒並み買われているような印象すら感じるな。

ノーベル賞関連銘柄

4582  シンバイオ製薬
2397    DNAチップ研究所
4572    カルナバイオサイエンス
7774    ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
2931    ユーグレナ
4564    オンコセラピー・サイエンス
4571    ナノキャリア
6636    SOL Holdings
4585    UMNファーマ
4503    アステラス製薬
4574    大幸薬品
4519    中外製薬
4502    武田薬品工業
4576    デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
4570    免疫生物研究所
2191    テラ
4586    メドレックス
2395    新日本科学
7747    朝日インテック
4582    シンバイオ製薬
4974    タカラバイオ
2531    宝ホールディングス
4581    大正製薬ホールディングス
2370    メディネット
8086    ニプロ
3386    コスモ・バイオ
4575    キャンバス
4579    ラクオリア創薬
7777    スリー・ディー・マトリックス
4978    リプロセル
4584    ジーンテクノサイエンス
4565    そーせいグループ
4240    クラスターテクノロジー
4406    新日本理化
6340    澁谷工業
4524    森下仁丹
4557    医学生物学研究所
4369    トリケミカル研究所
2342    トランスジェニック
4583    カイオム・バイオサイエンス
4594    グリーンペプタイド

さて、その中でも特に脚光を浴びていたのはシンバイオ製薬だ。ノーベル賞関連銘柄の本命として躍り出た感じかな。むしろこの日はシンバイオのおかげで、ノーベル賞関連が動意づいたのかもな。

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 シンバイオ製薬

シンバイオは09/23(金)にストップ高。米調査会社のトムソン・ロイターが21日にノーベル賞候補者24人を発表。その中に熊本大学名誉教授で崇城大学DDS研究所・特任教授の前田浩氏がんに薬剤を集める「EPR効果」を見つけたことが評価されノーベル化学賞の候補として挙げられているのだ。

この前田浩氏はシンバイオ製薬のシニアアドバイザーになっていることから一気に注目を集めた格好だ。2016 ノーベル賞関連銘柄の本命と言えるだろう。シンバイオは時価総額も小さく、値動きとしても非常に軽い。面白い銘柄だ。

【2016年09月27日(火) 追記】

2016 ノーベル賞関連銘柄 本命 小野薬品工業

がん免疫薬オプジーボで有名な小野薬品工業も2016 ノーベル賞関連銘柄で本命視される一角だ。先日トムソン・ロイターがノーベル賞候補者24人を発表したが、そのなかで生理学・医学賞の候補者の一人として京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)名誉教授が挙げられた

本庶佑名誉教授は免疫細胞の働きを抑制する作用のある分子「PD-1」を発見した人物だ。

小野薬品工業のオプジーボはこのPD-1の機能を活用した「がん免疫治療薬」であり関連銘柄として注目を浴びている。

シンバイオと比べ、時価総額のケタが違うのでやはり値動き的には面白みにかけるが、当方は前々から小野薬品には期待しているし、長い目でみても注目だと思っている。長期で考えるならば安いところで拾わなければだが。

 

【2016年10月04日(火)】

やったな!2016年も日本人がノーベル賞を獲得したぞ!
10月03日(月)に、東京工業大の栄誉教授「大隅良典」氏がノーベル賞「医学生理学賞」で受賞することが発表された!

大隅良典氏はオートファジー(自食作用)と呼ばれる現象を解明した人物だ。日本人の単独受賞。しかもこれで日本人の受賞は3年連続だ!誇らしい。

※ちなみにオートファジー関連銘柄についてはコチラに詳しく書いたので、気になる方はチェックしてくれ。

大隅氏がオートファジーを解明した実績でノーベル医学生理学賞を受賞したことにより、オートファジー関連銘柄が動意づいている。

下記の2016 ノーベル賞関連銘柄オートファジー関連銘柄に注目だ。

 

2016 ノーベル賞関連銘柄 オートファジー関連銘柄 本命 コスモ・バイオ

コスモバイオはノーベル賞関連銘柄、オートファジー関連銘柄として最注目の銘柄だ。4日は寄らずのストップ高状態。同社はオートファジーの関連試薬を手掛けており、まさにオートファジーのド本命銘柄として注目されている。時価総額もさほど大きくなくバイオ関連銘柄の中でも割と値動きのあるほう。値動き的にも面白いし注目だ。

2016 ノーベル賞関連銘柄 オートファジー関連銘柄 本命 医学生物学研究所

こちらもオートファジー関連銘柄で注目される銘柄だ。同社はオートファジーを長年に渡り研究してきている企業で、オートファジーのモニタリングに有用な抗体を取り扱っている。なお、こちらも4日は寄らずのストップ高状態。注目度の高さが伺える。時価総額はややコスモバイオよりも大きいものの、値動きは十分ある。オートファジー関連ではコスモバイオと肩を並べる銘柄といえるか?!

2016 ノーベル賞関連銘柄 オートファジー関連銘柄 本命 タカラバイオ

タカラバイオもオートファジー関連銘柄として注目。こちらはオートファジーの研究に用いる製品群を販売している銘柄だ。ただし、こちらは時価総額がかなり大きいため、値動きの妙味的にはコスモバイオや医学生物学研究所の方が面白そうか。派手な値動きを嫌う人にはオススメかもな。

2016 ノーベル賞関連銘柄 オートファジー関連銘柄 本命 トランスジェニック

トランスジェニックもオートファジー関連銘柄。ここはオートファジーをモニタリングする「トランスジェニックマウス」の作成受託サービスを行う企業。ここも値動き的にも面白い。

2016 ノーベル賞関連銘柄 オートファジー関連銘柄 本命 オンコリスバイオファーマ

オンコリスバイオファーマもオートファジーの研究を行っている関連銘柄だ。ここはオートファジーに関する製品を販売しているわけではなさそうだが、研究を行っているだけでも注目されそう。

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-2016 ノーベル賞関連銘柄, オートファジー関連銘柄, ノーベル賞関連銘柄, バイオ関連銘柄
-, , ,