暴騰期待のDX関連の注目IPO銘柄【9246】プロジェクトカンパニーが青天井チャート形成!

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

岸田総理が早くも金融増税を否定!雇用統計明けの日経平均株価は急伸となっているな!

先週末は雇用統計は、9月の米雇用統計で雇用者数の増加幅が市場予想を下回り数字としてはひどいものではあったが、テーパリング(金融緩和縮小)の観測が後退した見方も根強くNYダウの株価は一進一退の攻防となった。

10月相場は、外部環境悪化、岸田総理の金融所得増税などの悪材料から前半の荒れ方がひどすぎたわけだが、日曜に悪材料となっていた「金融所得増税」に対して岸田総理は、フジテレビの番組に出演した際に「当面は触ることは考えていない」と発表した!

金融所得課税見直しは「選択肢を並べたうちの一つだった」と語っていたが、株価急落の戦犯となる発言から日本株の大暴落!

これだけの暴落となったのは予想外だったと思ったのか?まだ政権もスタートしたばかり、まだ期待がされているところでのああいう発言は控えてもらいたいものだ。

国会は、11日から3日間、衆参両院で各党の代表質問が行われ、初日は、甘利幹事長が、新型コロナウイルス対策の今後の方針や出口戦略をただすとともに、感染収束後の経済の立て直しや岸田総理大臣が目指す「新しい資本主義」の具体的な内容について説明をしていく。

「所得税や法人税の改革などを通じて分配を最優先する経済政策などの対案を示しながら政治の転換を訴える方針」となるが、岸田内閣の政策がしっかりと示されるだけに、政策関連のテーマに注目が集まる。

そして14日に衆議院解散、岸田内閣の支持率は58.6%と内閣発足時の支持率としては麻生内閣以来の低水準となっている。

選挙は株価上昇の可能性が大!!

圧倒的な勝利は厳しいという見方は多い、だが選挙は買いという格言もあり「平成2年以降は、過去10回の衆院解散日と投票日前日で比べた日経平均は9勝1敗。平均騰落率は+3.46%と勝ち越している!」

急落から急反発を見せている日経平均株価だが、感染者は減少、経済活動再開からも2万9000円、3万円を奪還する期待はあると言えるだろう。

そこで当方が注目する、ここから先の有望視する銘柄を記載するぞ!!

DX関連銘柄 IPO銘柄 9246 プロジェクトカンパニー

時価総額:27,522百万円
PER:(連) 101.19倍
PBR:(連) 43.21倍
≪2021/10/11時点≫

プロジェクトカンパニーは東証マザーズに上場、デジタルを活用した新規事業開発や既存事業のデジタルを活用した業務効率化、デジタルマーケティング戦略の立案、スマホアプリのUI/UXの改善などのコンサルティング事業を主力展開する企業だ。

成長性の高いDX関連のIPO銘柄として2021年9月29日に上場したが、公開価格を32.1%上回る3500円で上場。

全体相場が軟調相場で買うものがないという時に、IPO銘柄は力を発揮するが、岸田政権がデジタル庁、DX関連に対して注力していく姿勢からもテーマとしての後押しもあり、初値を付けてから10月1日に3275円まで下落したが、その後は再び強い上昇となり、10月11日には高値5220円まで上昇となった。

同銘柄だが、180日間のロックアップをかかっている大株主が上場以降も、保有を増やしており、10月1日に、取締役会長の伊藤氏、代表取締役の土井氏と大量保有報告を発表。

そして主幹事のsbiホールディングスは10月6日受付で、プロカン株式保有比率は6.59%となり、新たに5%を超えたことが判明している。

最近は、ロックアップのかかっている株主が、ロックアップ期間中に株を売り出すなど問題もあったが、会社の会長、代表、主幹事が買ってきているというのは、投資家も買い意欲が高まる内容と言える。

割高面はあるが、上場来高値を更新を続ける青天井チャートとなっており、伸びしろが高いDXというテーマを背景に、ここからも躍進していく見込みは高いと見る。

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-