【第一弾】サプライズ決算で週明けは攻める!好決算の有望半導体関連銘柄【6890】フェローテック

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

5月は大型連休後が終わり、昨日で5月14日(金)で決算シーズンも出揃った!

5月2週目は投資家の阿鼻叫喚となる僅か3日で日経平均株価が2000円も下げる展開となったわけだが、週末の米国市場はNYダウ、ナスダック総合指数と強く上昇しての大引けとなった。

最近の相場の「ネック」となっていた米長期金利は低下、前日に引き続き高PER(株価収益率)銘柄が多いハイテク株に押し目買いが入る動きとなり、堅調推移となっていたが4月の小売売上高は過去最高だった3月をわずかに上回った。

伸び率では前月比横ばいと急増した3月(10.7%増)の反動で落ち込み、市場予想(0.8%増程度)も下回った事で、さらに長期金利が下落して、NYダウは終値34,382.13ポイント、前日比+360.68ドル、戻りも弱かったナスダック総合指数も13,429.98ポイントと前日比+304.99ドルと急回復した!!

5月11日からの日本株は容赦のない叩き売りで株価が暴落となり大ダメージを負った投資家も多いだろう!信用評価率も20%まで下落しているが、追証もかなりでたが、信用買いがパンパンになっていれば、いつかは破裂するものだ。

今回の暴落は様々な要素が重なっていたわけだが下記が主な原因と言えるだろう。

下がった要因として米国で下落前にNYダウは35,000ドルに到達しており利益確定売りがでやすいポイントだった。
5月17日までに納税申告期限があった事で換金売りが出やすかった。
長期金利上昇
インフレ懸念
波乱の多いSQ週
決算シーズンのピーク
国内感染者の拡大
ワクチンの遅れ
日銀ETFが買い入れ見送り

悪い状況が一気に重なってのこの大幅下落と言えるが、昨晩の米国市場が連騰となった事で、不安要素からポジションを整理していた投資家も戻ってくる期待は高い!

そして直近の下落で有望銘柄がゴロゴロしている!

昨日の決算ピークで900社以上の決算があったわけだが、まさに好決算の出遅れ銘柄は「金脈」となる可能性がある!

そこで今回の決算発表銘柄の中でも株式投資クラブの注目する!!ここから大きく伸びていく期待がある【第一弾サプライズ決算】の有望銘柄を記載するぞ!

半導体関連銘柄 好決算銘柄 6890 フェローテック

時価総額:82,071百万円
PER:(連) 10.5倍
PBR:(連) 1.22倍
≪2021/05/15時点≫

フェローテックはジャスダックに上場する半導体ウエハや半導体設備向け部品を製造を手掛け、太陽電池関連事業及び電子デバイス事業、真空シール世界シェア6割を誇る企業だ。

5月14日決算発表の中でも目を引く決算内容だったわけだが、その内容を見ると!!

エレクトロニクス産業は、年初は半導体デバイスや液晶・有機ELパネルメーカーの設備投資は調整局面だったが、世界的な外出規制によるリモートワークの浸透やWEB会議システムの普及拡大に伴い、スマートフォン、パソコンやデータセンター用サーバなどの需要が増加した為、年央からメモリなど半導体の需給バランスが改善し、デバイスメーカー各社は設備投資を再開し、保有する製造設備の稼働率も上昇傾向。

同社の主力事業の、「半導体等装置関連事業」は、製造装置向けの真空部品や半導体製造プロセスに使用される各種マテリアル製品(石英・セラミックス等)の販売は堅調に推移し前年を上回って好調推移。

電子デバイス事業は、主力のサーモモジュールは、年初から北米・中国の自動車販売台数の減少により温調シート向けが軟調な展開なっているが、年末に向け回復に転じている。5G通信システム機器向けの販売は好調に伸長、PCR検査装置などの医療検査機器向けも堅調に推移!

パワー半導体用DCB基板は、一時的に顧客の在庫調整となったが、新製品であるAMB基板の採用が増えたことで計画通りの進捗。半導体および有機ELパネル製造装置などの装置部品洗浄サービスも需要が旺盛であり、新たな工場の稼働も加わり前年比で伸長!売上高は60,669百万円(前期比14.7%増)、営業利益は6,183百万円(前期比47.5%増)となっている。

同社の決算は、21年3月期の連結経常利益は前の期比71.6%増の73.1億円に伸び、22年3月期も前期比85.9%増の136億円に拡大となっている!

好業績からも株主への還元の積極的、配当も前期の年間配当を26円→30円(前の期は24円)に増額としている。

好決算・増配だけでなく、東洋刃物株式会社(持分法適用関連会社)の中国子会社設立の材料も発表!!

この子会社は中国市場において更なる成長が期待されるEV(電気自動車)向けのリチウムイオン電池市場やスマートフォン・タブレットなどの電子機器、自動車、エネルギー、包装材料、医薬用、食品包装等で使用される高機能フィルム市場への参入を図る為に中国のリソース(工場、人材、部品供給能力)を活用して、東洋刃物が競争力を有する特殊鋼刃物・超硬合金刃物・カッターユニット等の製品の製造・販売を行うことが、中長期的に東洋刃物の企業価値向上に繋がると判断し、今般、中国杭州市に同社の100%子会社を設立というものだ。

日中関係は冷え込んでいるが、同社の賀 賢漢社長は中国人という事からもパイプは強い!

巨大な中国市場で、中国子会社の安徽富楽徳科技発展股份有限公司の科創板(スター)市場での上場などの動きもあるだけに、この新しい子会社含め中国市場でフェローテックは大躍進が期待できるのではないだろうか!

そして注目の半導体関連の中でもPER10.5倍、PBR1.22倍と割安。株価は直近の大幅下落でチャートは大きく落ち込んでいるが、抜群の好決算を発表して、半導体、5Gと時流のテーマに食い込み、科創板(スター)市場上場などへの思惑など期待値の高い材料を豊富に内包しているだけに週明けから大きく飛躍する可能性が高い銘柄と言えるのではないだろうか!

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-好決算銘柄, 最新注目銘柄速報
-, ,