新紙幣発行により自動販売機業界に特需が生まれる!!注目の自販機関連銘柄はコチラ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年04月11日(木)投稿】

先日、日本政府より2024年上期をめどに新紙幣が刷新されるという予定が発表された。

この報道により株式市場でも新紙幣関連銘柄に物色が集まったが、新紙幣の刷新で恩恵を受ける分野の一つに「自動販売機業界」も数えられる。

自動販売機も新紙幣の読み取りに対応できなければならない。全国の自動販売機の普及台数はおよそ500万台を少し割り込むくらいの模様。これは物凄い数である。

これらの自販機がすべて買い替えられるとすれば物凄い需要となりそうだ。

と、いうことで注目の自動販売機関連銘柄をピックアップしておきたい。

自動販売機関連銘柄 本命株 サンデンホールディングス

サンデンホールディングスのチャート画像

時価総額:23,183百万円
PER:(連) 45.69倍
PBR:(連) 0.57倍
≪2019/04/11時点≫

自販機関連銘柄ならばやはりサンデンホールディングスに注目だ。サンデンホールディングスはカーエアコン用のコンプレッサーなどを手掛ける自動車部品メーカーだが、一方で自動販売機事業も手掛けている銘柄としても知られる。

こちらも新紙幣の発行で大きなビジネスチャンスを得る可能性が高そうだ。サンデンホールディングスは時価総額規模が超小粒というわけではないものの、短期~中期スタンスでも十分に妙味があるレベルと言えるだろう。引き続き注目しておきたい。

自動販売機関連銘柄 本命株・出遅れ株 芝浦メカトロニクス

芝浦メカトロニクスのチャート画像

時価総額:20,537百万円
PER:(連) 7.26倍
PBR:(連) 0.99倍
≪2019/04/11時点≫

芝浦メカトロニクスも自販機関連の事業を手掛けている銘柄として注目しておきたい。芝浦メカトロニクスはグループ会社に券売機と自販機を手掛ける「芝浦自販機」を擁する銘柄。こちらは各種自販機や券売機の製造・販売・メンテナンスなどの事業を手掛けている。

券売機も自販機もどちらも新紙幣発行で特需となる分野。こちらも新紙幣の発行により大きな恩恵を受ける銘柄として注目しておくべきだろう。

芝浦メカトロニクスも時価総額規模はそこまで大きくない。値動き妙味もそこそこ面白みがあると思うので注目しておいて良さそうだ。

自動販売機関連銘柄 本命株・出遅れ株 東海ソフト

東海ソフトのチャート画像

時価総額:5,295百万円
PER:(単) 16.32倍
PBR:(単) 1.98倍
≪2019/04/11時点≫

東海ソフトも新紙幣の発行によりビジネスチャンスを得る可能性の高い銘柄と言える。東海ソフトは独立系のソフト開発会社で、IoT関連などの組み込みソフトを手掛けているIoT関連銘柄だ。だが、実は自動販売機向けの組み込みソフトも手掛けている点に注目したい。

こちらも新紙幣に対応した自販機の組み込みソフトで大きな恩恵がありそうだ。東海ソフトは2019年2月に上場したばかりのIPO銘柄で、時価総額規模も小粒。現状の株価であればPER、PBRともにそこまで過熱感も感じないように思う。

新紙幣関連銘柄であり、またIoT関連銘柄でもあるので人気に火がつけば火柱が立つ可能性もあるか?!引き続き注目しておきたい。

なお、もっと詳しく新紙幣関連銘柄・自動販売機関連銘柄をチェックしたい人は下記のまとめページを参照してみてほしい。

新紙幣関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者様、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

さて、当サイトを見てくれているということはおそらく「テーマ株」に興味を持っている人が多いだろう。

確かに今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・5G関連銘柄・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかり。

今、日本株市場で大化け株を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実問題として次にきそうなテーマ株を個人投資家が常に先取りするのは至難のワザだ。

ネット掲示板やツイッターでバズった銘柄などに後乗りしても結局は高値掴みで終わるケースが多い。

当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りするには「優秀な株サイト」を上手く活用することだと思っている。

正直、株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは紛れもない事実だ。

ということで当方が特に信頼するTOP2サイトを紹介しておく。ここは本当にどちらが2019年の覇権サイトになってもおかしくないと思う。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは絶対にみておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

株エヴァンジェリスト


株エヴァンジェリストはここ数年、当方が今もっとも注目するサイトだ。特にテーマ株に注目するならここは本当に絶対にみておくべきサイト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

現にすでにこの2019年相場だけでも物凄い数の推奨銘柄が株価2倍を超えている。

コンサル関連    霞ヶ関キャピタル 株価2.25倍
ビッグデータ関連  ネットイヤー   株価2.00倍
バイオ関連     オンコリスバイオ 株価3.09倍
カジノ関連     Nuts       株価2.16倍
旅行関連      ベルトラ     株価2.73倍
マネーゲーム株   シベール     株価2.23倍
半導体製造装置関連 アピックヤマダ  株価2.30倍
元号関連銘柄    AmidA HD    株価2.56倍
不動産関連     デュアルタップ  株価2.16倍

この9銘柄は、どれも株エヴァンジェリストが2019年1月~3月の3カ月以内に叩き出した実例。昨年のものも含めれば、それこそ数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。

それに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

次はココだ。
アレス投資顧問 2018年末新規オープンの新進気鋭サイト。すでにS高銘柄を配信の実力アリ≫

Ads by Cueinc.

 

そして2019年に特に注目したいのはやはり昨年末に新規オープンしたばかりのアレス投資顧問だろう!

ここはまだオープンしたばかりなので参考の実例は少ないが、銘柄選定のウデマエは他に全く引けをとっていない。実際、当方が2018年末におしえて貰った銘柄は2019年の新年相場で早々にストップ高となった。銘柄名はここではいえないが「旬なビッグテーマに乗った小粒銘柄」で、しかも銘柄の解説として記載されていた内容とほぼドンピシャの展開。正直、「ここまで当てられるのか!」と驚いた。

もちろん実例は他にもある。オープン後の2018年12月~2019年3月という数カ月間だけで下記の急騰を先取りしていた。

インスペック   株価1.94倍
チームスピリット 株価1.48倍
クラウドワークス 株価1.44倍
クレオ      株価1.54倍
アセンテック   株価1.38倍
シリコンスタジオ 株価1.43倍
鎌倉新書     株価1.40倍

オープン直後の数カ月間でこれだけの実例を叩き出すところは当方はこれまでにみたことないかもしれない。さらに言えば上記に挙げた実例は全て「無料で配信した銘柄」の推移。

正直、無料でこれなら有料だとどうなっちゃうの?って感じだ。

とにかくアレスはまだ未知数な部分もあるもののすでに現時点の実例はかなりのもの。ここは本当に2019年の覇権サイトになる可能性あるので見ておくべき。

アレス投資顧問 「アレスの飛翔銘柄」は貰っとけ≫

上記2サイトの利用方法

上記のサイトはどちらも基本的な利用方法は同じ。用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホでも携帯でもなんでもOKだ。

手順は以下の通り。

  1. 無料のメルマガ登録をする
  2. すぐに無料の銘柄情報を教えてくれる
  3. その後はメルマガなどで情報が定期的に配信される

※個人的に上記のサイトは本当にオススメなので有料情報を使うのも全然アリだと思う。効率を求める人は有料情報がオススメ。もちろんまずは無料で「使えるサイトかどうか」を判断するのもいいだろう。
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫
アレス投資顧問 アレスの飛翔銘柄をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ