世界の市場規模5年後に6兆円超え!中国でも金融メタバースバブルが起こる可能性!メタバースへの投資が急増!

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

メタバース元年と言われる2022年だが、国内でもメタバースへの取り組みを本格化する企業が後を絶たないが、中国でも同様に近年、大手テクノロジー企業がゲーム会社等に出資してメタバース・プラットフォームを開発するなど、メタバースを巡る投資が急増しているのだ!

2022年1~4月の投資は58件と伸びており、金額は81.2億元と共に21年通年の49件、57.9億元から大幅に増加傾向となっている。

メタバースは、ネット上に作られた3次元の仮想空間でのサービスだが、ユーザーは仮想空間におけるアバターを使って好きなところに移動して世界各国の人と交流や生活などをする事ができる。

メタバース内では人々が生活する為に金銭やモノのやり取りが発生するため、現実世界同様の経済の仕組みが必要となる。

メタバースではアート作品が唯一無二であることをブロックチェーン(分散型台帳技術)上で証明する非代替性トークン(NFT)となり、使われる金銭は暗号通貨を使用する形となる。それらの移転・記録が行われる基盤に使われるのはブロックチェーン技術を使用する。

今後メタバースが金融機関にとってどのような商機となり得るかはまだここからではあるが、メタプラットフォーム(旧フェイスブック)が社名を変えてまで莫大な資金をメタバースに投入している。

メタバースの市場規模は 2026年までに同市場のシェアが約6.7兆円の見込み!

世界では2026年、つまりは4年後にはメタバースのシェアが約6.7兆円に拡大して、さらには年平均成長率20.93%で市場の成長が加速するとまで言われている!

今後、各国の金融機関がメタバースにバーチャル支店を出店すれば、空間や時間の制限なしに金融サービスを提供できる様になれば、一気にメタバースビジネスは加速する可能性が高い。

中国では、21年9月以降、中国人民銀行等によりビットコイン等の暗号通貨の決済や取引が全面的に禁止されてはいる。だが中国の金融機関や消費者が主たる参加者となるメタバースでは、中国各地で実証実験が進行しているデジタル人民元が主要な決済通貨になり、民間の暗号通貨が主たる決済手段となる他のメタバースとは異なる経済の仕組みになる可能性があり、既にテンセントやアリババは勿論だが、中国のIT大手「百度」が仮想空間「メタバース」の中で10万人規模の発表会を開催すると言った中国の巨大企業もメタバース分野への可能性を感じて展開している。

巨大市場の中国も動き出すならば、メタバース関連銘柄はビッグテーマとなりテンバガーとなる銘柄も出てくる公算は高い!それだけにメタバース関連は要注目しておくべきと言えるだろう!

【追記更新】メタバース関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

LINE@ではメルマガよりももうちょっと踏み込んだ内容を配信しているぞ!有望銘柄た短期急騰期待の銘柄をLINE限定で配信もしているぞ!【株式投資クラブLINE ID:@664ncgog】

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、グラーツ投資顧問株 株などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

〝無料登録だけでSTOP高が提供されるなら、その銘柄だけでも見ておいた方がいいに決まっている!〟

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…STOP高銘柄を提供多数!当方が認める投資サイトの無料で配信される銘柄はまず見ておくべきと言えるぞ!!↓

《株式投資で稼ぐ為には情報力!黙って登録すべき投資顧問 一覧はコチラ!》

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ