「注目銘柄」自動運転のテスラが遂に時価総額1兆ドル突破!テスラ関連の本命【6752】パナソニック

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

今やトランプ大統領がいなくなってから、Twitter上での発言で、投資家に最も影響力を与える人物は、間違いなくテスラ社のCEOイーロンマスクだろう。

テスラ社は、創業してまだ18年と新興自動車メーカーだが、遂に時価総額は1兆ドルを突破した!

時価総額1兆ドルとなれば、日本円換算で114兆円の企業。日本最大の自動車メーカー【7203】トヨタですら時価総額は32兆円、4倍もの差をつけ「世界一の自動車メーカー」となっている。

テスラ社は元々は新興のベンチャー企業だったが、「今後の電動化や自動運転を見越し、当時ノートパソコンなどが主流となっていたリチウムイオン電池を車両の底に数千本敷き詰めるという大胆な設計」、型破りともいえる革新的な技術で、世界の頂点に上り詰めた。

勿論、イーロンマスクのカリスマ性、そして天才的な経営戦略があったからこそだが、テスラの戦略として面白いものとしては、「工場を作ったら、同じ条件で工場を作らない。1~2割の削減ではなく、もっと劇的なコストダウンを実行。新規で工場を作る際に、新しいアイデアが無ければ、イーロンマスクの決裁はおりない。」というものだ。

思ったとしても、色々な兼ね合いや増産ペースの状況と天秤にかければ、中々折り合いがつかないが、イーロンマスクはそれをやってのけ、コストダウンを実行し続けた。

2021年10月20日、2021年第3四半期(7月~9月)の決算を発表したが、平均販売価格が下がっているにもかかわらず、4四半期連続でそれまでの最高売上高を更新。

利益率も増加、売上、純利益、共に過去最高を記録し、自動車部門の売上高は、前年同期比で58%と大幅増となった。

世界の自動車業界は、半導体不足から殆どの自動車メーカーは厳しい経営が続いている中で、テスラ社の業績は、圧倒的という言葉以外見当たらない!

半導体の確保もだが、半導体の一部を内製している事で部品の調達をコントロールできているというのが、この好業績の理由だが、この状況を見てもテスラ社は、今の伸び率を維持できる見通しは高い。

テスラ社が今後も躍進していくと見れるだけに、テスラ関連銘柄で国内企業の大本命と言える銘柄を記載するぞ!

テスラ関連銘柄 EV(電気自動車)関連銘柄  本命 6752 パナソニック

時価総額:3,761,777百万円
PER:(連) 17.03倍
PBR:(連) 1.34倍
≪2021/10/26時点≫

パナソニックは東証1部に上場、1935年に旧称、松下電器産業として創業、白物家電メーカーでは国内でも屈指。

日本国内における電機業界では日立製作所、ソニーに次ぐ売上高を誇り、照明器具、配線器具などの住宅設備分野、リチウムイオン二次電池などの車載分野を展開。日本国民ならば知らない人はいないと言える日本を代表する企業の一つ。

日本国内の企業では【6752】パナソニックが、テスラ関連の大本命は間違いないだろう!

同社が本命視される理由としては【6752】パナソニックはテスラが2007年に提携し、2009年にはEV用電池の供給をしており、元パナソニック副社長の山田喜彦氏などが、2017年にはテスラに移籍し、テスラとパナソニックが共同で運営する北米ギガファクトリーのバイスプレジデントとして工場の立ち上げを指揮した経緯もあり、蜜月な関係は続いている。

そして昨日、2022年4月の持株会社化で発足するパナソニックの電池事業会社、パナソニックエナジーの只信一生社長が、「テスラ向けに開発を進めていた新型車載用円筒型電池「4680」の実用化にめどがついた、」と発表している!

4680は、一般的な乾電池と同じ円筒形で、直径4.6センチ、長さ8.0センチ。直径が従来品の2倍以上あり、電池容量を従来品の約5倍に拡大より多くのエネルギーを蓄える事ができるリチウムイオン電池となる。

同社の車載電池事業の売り上げは、大部分がテスラが占めているが、車載電池事業は今後テスラ第一優先に取り組む姿勢とし、2021年度内に量産化に向けた試作設備を国内拠点に導入し、早期に北米工場での量産につなげる方針を明らかにしている。

先程も記載したが、テスラは不足されている半導体を確保が出来ており、今後の業績への期待も高く、同社は自社の従来製品も「テスラから大量の出荷を求められている」としている。高い品質から米アップルがEV向けバッテリーの調達先とするなどの話もでており、EV電池事業の、業績は今後急拡大していく可能性は十分と言えるだろう。

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

こ・の・タ・イ・ミ・ン・グ・で・!利・用・し・な・い・手・は・な・い!!
何よりも銘柄をタダで教えてくれる!短期急騰が狙えるテーマ株を無料で教えてくれるのにコレを逃すというのは、あまりにも勿体ないと言えるぞ!
【ここからの急騰期待の銘柄を配信するのは…下記投資顧問だからな!!】
株エヴァンジェリストの画像

株エヴァンジェリストは、過去実績をみても数々の暴騰銘柄多数の脅威の実績を誇っているぞ!やはり実績をトコトン追うのが一番だ!株エヴァを見ておくかどうかで勝率は変わると言っていいだろう

株 株、橋本の相場観測橋本罫線で急落、急騰を完全網羅!

その分析力で急騰となる銘柄を多数提供しているが、過去にはコロナショックの3日前に暴落を予想して的中!その後の暴騰も的中!【4592】サンバイオが連続STOP高!IPOの【4308】KIYOラーニングは提供後から株価1.5倍!さらにはド底値で【4308】Jストリームを提供して株価7倍という驚異の実績!

そして今回は【3936】グローバルウェイで株価2倍超えを的中!!

不安定な相場でも結果を出す!とにかく今、乗りに乗っている投資顧問の一つ!そのノリに乗っている投資顧問が、今ならテンバガー候補を無料でプレゼントとの事だぞ

株 株のテンバガー候補銘柄は必見と言えるぞ≪銘柄を確認するにはコチラ≫!

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、テレワーク、巣ごもり関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え多数だ!

明日の新生の急騰期待候補も見ておくべきだ!

株マイスターの画像

老舗投資顧問という事からも情報力に定評があり数々の暴騰銘柄を提供している実績があるのだが、株マイは4月27日に大暴騰となる前に【2191】テラを提供している!

株マイの提供タイミングは株価165円、その直後に株価はSTOP高を連発して〝6連続という驚異的な連騰〟一時下落したが、【2191】テラの株価は未曾有の暴騰を続け遂には高値2175円とテンバガーを達成!

情報力に特化した老舗投資顧問、株マイスターの実力は是非体感するべき、さらに株マイスター独自の秘伝の急騰銘柄を今なら特別提供!

グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問は、〝今週の厳選銘柄〟で好決算、好材料の銘柄を多数提供している。ゲーム株などの分析能力も高く、過去にはドラクエウォークのコロプラを先回り配信など、一撃急騰の銘柄を得意としている傾向があるぞ!

上記サイトは最近のバイオ関連の暴騰!そしてゲーム関連なら【3911】AIMINGやテレワークでも【3681】ブイキューブや【3040】ソリトンシステムズなど、とにかく多岐に渡って〝今後投資家の人気が集中するテーマ株の先回り提供をしているぞ。〟

結局は【2倍、3倍、5倍、テンバガー】を狙うならば〝投資家が注目するテーマ株!!〟こういった銘柄を狙うしかないといえる。

投資は一人で挑んでもむずかしいもの!

情報を制してこそだ!その為に利用できるものは徹底して利用するべきだ!

投資顧問は無料で日々銘柄を提供してくれる!株高の流れここからでも〟2倍、3倍、それ以上〝という銘柄は多くでてくるとみているぞ!

まだまだ今の相場は〝押さば買い〟となっている!

ここからの相場は大きく勝つ!それを狙っているならば、まずは投資顧問がどういう銘柄を選んでいるのか!これは見ておくべきだぞ!

》》【要確認】明日の投資顧問の急騰期待銘柄はコチラ!《《

以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

ブログランキング参加したぞ!応援宜しくな!

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ