【7984】コクヨが非上場のぺんてるに敵対的TOB。コクヨの株価はどうなる?

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》株式投資で勝つ為の情報を扱う登録すべき投資顧問《《

コクヨが敵対的TOB、ぺんてるとの仁義なき戦いに!

文房具メーカーの最大手【7984】コクヨはぺんてるは、筆頭株主だった投資会社マーキュリアインベストメント(東証1部)が運営するファンドに101億円出資して、実質的、ぺんてるの株37.45%を抑え持分法適用関連会社となった。

勿論、ぺんてる側はいきなり資本関係のある筆頭株主が全ての株を秘密裏に売却して、30%以上の株を同業他社に持たれるなど寝耳に水だ。さらにコクヨは今度は3500円で公開買い付けして、過半数を保有、連結子会社化するというのだ。ぺんてる側はいきなりのこの動きに猛反発。提携業務を拒否した。

敵対的TOBとは?

買収する対象企業の同意を得ずに、既存の株主から株式を買い集めて企業を買収すること。

対象企業の株式の3分の1以上の取得を目標に買収活動を行なう。3分の1の株式を保有することで株主総会の特別決議を拒否する事ができ、過半数を取得することで子会社化とする事もでき経営権を支配する事ができるものだ。

コクヨの敵対的TOBに待った!非上場大手文具メーカープラスがホワイトナイト!

ホワイトナイトとは?

敵対的TOBを仕掛けられた対象会社に対して友好的に買収または合併する会社のことをいいます。企業防衛策の一つで、ホワイトナイトとはその名の通り白馬に乗った騎士が企業を助けるといったものだ。

プラスは、オフィス家具や文具を手掛ける非上場企業だが、連結売上高は2018年12月期で1772億円とコクヨの半分程。このホワイトナイトにより、コクヨは公開買い付け価格を3500→3750円に引き上げ!

コクヨVSぺんてる&プラスの戦いに

非上場文房具メーカー、プラスがホワイトナイトとなった事からコクヨVSぺんてる&プラスの戦いとなり、ぺんてる株の争奪戦が起こっている。このホワイトナイトによりコクヨは公開買い付け価格を3500円→3750円に変更!

コクヨはすでに、ぺんてるの株式の過半数の取得を目指すと発表しているが、これに対して「プラス」はぺんてるの株主に対して最大で33.4%の株式を買い取ると提案。ぺんてる経営陣はこのプラスの動きは友好的なTOBとみている。

つまりぺんてるにとって

・最大手のコクヨの株式買収は敵対的TOB
・ぺんてるにとってプラスは友好的TOB

上記の形となる。

何故、コクヨはぺんてるを買収したいのか?

今回の買収だが、10月にコクヨ側に差出人不明の文書が届いた事が発端だ。コクヨの黒田社長は、会見で「第三者との資本業務提携に関する具体的な内容が書かれていた。ぺんてるの経営陣に真偽の確認を求めたが、回答を得られず、明確に否定をしなかった。提携協議を進めていたのに、裏切り行為だ」と述べている。

この決意表明後、ぺんてるの和田優社長は株主に対して、「コクヨからの株式の買い取りの要請に応じないよう文書で依頼」そして「子会社化は絶対に避ける」と明言しているのだ

プラスの株式の買い取り期間は来月10日まで、コクヨの買い取り期間は来月15日までで、株式を奪い合う水面下の攻防が続くだろう。

コクヨの株価の行方は?

時価総額:207,790百万円
PER:(連) 13.26倍
PBR:(連) 0.89倍
≪2019/11/24時点≫

勿論、今回の買収となればコクヨが単純にぺんてるを連結子会社にする為、業界最大手の立場をゆるぎないものにするだろう。そして年商3200億のコクヨからすれば、今回の買収での費用は既に100億使っているが過半数となる残り13%を買うとなると残り40億程。コクヨにとってはそこまでの金額ではない。

今回のコクヨの敵対的TOBにはリスクがあるぞ!

文房具メーカーのプラスとぺんてるは非上場会社な為、株価として反映はされないが、コクヨは上場企業だ。

コクヨがぺんてる側の株式を50.1%手に入れる事を成功しても、ぺんてるは既に敵とみなし、プラスに助けを求めている。強引に引き入れたとしても連結子会社化の効果は薄れ、ぺんてるの社員からしても親会社から急な社員を送られたり、リストラなどの心配まで考えたらテンションが上がるわけがない。

そしてコクヨがぺんてるを子会社にしたとしても、ぺんてるがコクヨの監査法人の監査を受け入れないなどの事態となったら、決算を提出できないという事態にもなる。その場合、コクヨ程の企業として決算報告書を提出できない事態などとなった場合は、上場廃止という可能性もゼロではない。

先を見据えての今回のTOBなのだろうが、コクヨにとっても非常にリスキーなTOBという事は投資家ならば認識するべきだろう。12月15日までにどのような展開になるのか…また情報を入手したら記載していこう。

TOB関連のまとめはコチラを是非見てくれ!

今の投資の流れ的にとにかく注目を集めるテーマ株に参戦していくべきだぞ

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-TOB関連銘柄
-