スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年07月19日(水)投稿】

スマートイヤホンのイメージ画像

皆様はヒアラブル端末ヒアラブルデバイスという言葉を聞いたことがあるだろうか?

ヒアラブル端末とは「聞く(hear)」「身につける(wearable)」を合わせた造語であり、具体的には「イヤホンタイプ」のウェアラブル端末のことだ。スマートフォンとワイヤレス型のイヤホンを活用し音楽を聴くことはもちろん通話や位置情報の認識や通訳機能なども可能とする次世代デバイスである。

イヤホンタイプのデバイスにさまざまな機能を持たせることから「スマートイヤホン」とも呼ばれることがあるようだ。

2017年の日本株式市場では「スマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄」が注目を集めたが、近い将来スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄も注目を集めるかもしれない。

と、いうことでこのページではスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄について、本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介していく。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄とは

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)とは前述の通り、イヤホンタイプのウェアラブル端末のことでありスマートフォンなどと同期して活用することで、ワイヤレスで音楽を楽しむだけでなく通話や位置情報の確認・通訳などさまざまな機能がある。

ヒアラブル端末は一部では「耳の中にコンピューターを入れるようなもの」とも評されている。これまでメガネ型や腕時計型のウェアラブル端末に注目が集まっていたが、今後は「イヤホン型」のヒアラブル端末がウェアラブル市場の本命となる可能性が指摘されているようだ。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄とは、その名の通りスマートイヤホン(ヒアラブル端末)自体を手掛ける企業や、ヒアラブル端末に必要な部品・技術・サービスなどを手掛ける銘柄の総称である。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)が注目される理由

2016年に米アップルより発売されたiPhone7でイヤホンジャックが廃止されたことがスマートイヤホン(ヒアラブル端末)が注目される大きな要因の一つと言えるだろう。iPhone7でイヤホンジャックが廃止されたのと同時に米アップルはブルートゥース・イヤホン「エアポッド(AirPods)」を発売した。

エアポッドは単純に音楽を楽しむことができることはもちろん、アップルの独自AI「Siri」を活用した音声による操作や通話もハンズフリーで行うことができるスマートイヤホン(ヒアラブル端末)だ。

このエアポッドによりスマートイヤホン(ヒアラブル端末)に注目が集まったと言える。またエアポッドなどスマートイヤホンは完全ワイヤレスステレオイヤホンという意味で「TWSイヤホン」とも呼ばれることがあるようだ。一応「TWSイヤホン」という言葉も覚えておこう。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)とスマートスピーカー(AIスピーカー)

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)の注目すべき点はなんといっても、SiriのようなAIと連動し、さまざまな操作がイヤホン型端末で行えるという点だろう。AIと連動して様々なITデバイスの操作が行えるという点は、スマートスピーカー(AIスピーカー)にも通じるものがある。

スマートスピーカーが自宅におけるホームIoTのハブ的な存在だとすれば、イヤホン型のヒアラブル端末は外出時におけるIoTのハブ的存在になり得るということだ。

例えば、イヤホン型の端末に話しかけるだけで任意の相手に電話をかけることができたり、また音楽の曲変更ができたり、さらには自宅のホームIoTと連動させることができれば外にいながら自宅のエアコン操作や録画操作なども耳元のデバイスに話しかけるだけで行えるようになるかもしれない。

さらに注目なのは「通訳機能」だ。イヤホン型のデバイスである最大のメリットが発揮されるのが「同時通訳」だろう。現に米企業が開発した「Pilot」というスマートイヤホンではAIを活用し、多言語間での同時通訳を可能としており、Pilotを付けたユーザー同士が異なる言語で会話をするとイヤホンからは自国語に通訳された言葉が聞こえるとのこと。スマートイヤホン(ヒアラブル端末)の本領発揮はまさにこの点だろう。世界から言葉の壁がなくなる日ももしかしたら近いかもしれない。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)によって「耳元にコンピューター・AIを備える」ということは、我々の生活を一変させる可能性を秘めていることに他ならない。ヒアラブル端末の可能性はスマートスピーカー(AIスピーカー)に並ぶとまで言われる理由も納得だ。

スマートスピーカー(AIスピーカー)で注目されているアマゾンのAI「アレクサ」やアップルのAI「Siri」などと連動できるヒアラブル端末もぞくぞくと登場してくる可能性もあり得るだろう。

ヒアラブル端末関連銘柄と併せてスマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄にも注目しておくべきと言えるだろう。

スマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄 本命・出遅れ まとめはコチラ≫

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 一覧

  • 6701    NEC      ヒアラブルプラットフォーム
  • 6628    オンキヨー    スマートイヤホン 音響技術
  • 6758    ソニー      スマートイヤホン・音響技術
  • 6632    JVCケンウッド 音響技術
  • 6752    パナソニック   音響技術
  • 2468    フュートレック  音声認識技術
  • 6724    セイコーエプソン ウェアラブル端末に実績
  • 6981    村田製作所    ブルートゥースモジュール
  • 6762    TDK      ブルートゥースモジュール

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命・出遅れ

それではスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命 オンキヨー

オンキヨーのチャート画像

時価総額:22,693百万円
PER:(連) 225.86倍
PBR:(連) 10.27倍
≪2017/07/19時点≫

スマートスピーカー関連銘柄でも本命株としてピックアップしたオンキヨーだが、スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄としても本命視したい。オンキヨーは社名の通り、音響設備の老舗企業で、最近ではAIを活用したスマートスピーカーなどもも手掛けている会社だ。

オンキヨーの子会社「オンキヨー&パイオニアイノベーションズ」では完全独立型イヤホン「W800BT」を2016年9月に発売している。オンキヨーのスマートスピーカーにはアマゾンのAI「アレクサ(Alexa)」やアップルのAI「シリ(Siri)」に対応したデバイスがあるが、それと同様にオンキヨーのイヤホン型デバイスにもアマゾンの「アレクサ」やアップルの「siri」に対応するデバイスが登場するのではないだろうか?!当方はかなり期待しているぞ。

オンキヨーはスマートスピーカー関連銘柄として株価をあげたとはいえ、時価総額の規模もまだまだ小さいし値動き妙味としては非常に面白みがある。今後もスマートスピーカー関連銘柄、スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄として注目したい銘柄と言える。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命 フュートレック

フュートレックのチャート画像

時価総額:9,213百万円
PER:(連) 151.24倍
PBR:(連) 2.77倍
≪2017/07/19時点≫

フュートレックスマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄の一角としてピックアップした銘柄だ。フュートレックは音声認識システム開発などが柱の技術である。スマートスピーカー同様に、スマートイヤホン(ヒアラブルデバイス)にも音声認識機能は必要不可欠。まさに肝の技術と言えるだろう。こちらもスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄として注目したい本命株だと思っている。

フュートレックも時価総額の規模が小さい銘柄。値動き妙味の面でも注目したい。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命 ソニー

ソニーのチャート画像

時価総額:5,684,244百万円
PER:(連) 22.27倍
PBR:(連) 2.27倍
≪2017/07/19時点≫

ご存知、AV機器大手のソニー。こちらもスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄として注目だ。ソニー100%出資の携帯電話メーカーでスマートフォン【エクスぺリアシリーズ】を手掛けるソニーモバイルコミュニケーションズは「エクスぺリアイヤー(Xperia Ear)」を発売している。これは、米アップルにおける「エアポッド」のようないわゆるスマートイヤホンだ。完全ワイヤレスイヤホンで音楽を聴くためだけでなく、スマホと連動させることでさまざまな機能をサポートすることができる製品である。まさにスマートイヤホン(ヒアラブル端末)を手掛ける関連銘柄と言えるだろう。

ただし、ソニーは言わずとしれた大企業。時価総額もかなり大きいため短期的な値動きは面白みに欠けるかもしれない。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 本命 NEC

NECのチャート画像

時価総額:771,001百万円
PER:(連) 25.65倍
PBR:(連) 0.90倍
≪2017/07/19時点≫

通信インフラ設備で国内首位のNECもスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄の中核銘柄としてピックアップしておきたい。NECでは、AIと地磁気センサーを活用した屋内位置測位機能などの開発を進めている。これは、AIがスマートイヤホンを通じて目的地まで音声でナビゲーションしてくれるなどの使い方を目指すという。

さらに耳の形状によって反響音が異なる点を活用した個人認証システムの開発も手掛けており、こうした音声を活用したヒアラブルプラットフォームサービスの事業化を目標にしているとのこと。まさにスマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄の中核をなす事業と言えるだろう。

NECも時価総額の規模が大きく事業も多岐に渡るためスマートイヤホン(ヒアラブル端末)分野の期待値だけで株価推移を読むことは難しいが、一応ヒアラブル関連の中核銘柄として覚えておきたい。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 思惑 セイコーエプソン

セイコーエプソンのチャート画像

時価総額:1,060,631百万円
PER:(連) 19.08倍
PBR:(連) 1.90倍
≪2017/07/19時点≫

数々のウェアラブル端末機器において実績のあるセイコーエプソンにも注目しておきたい。セイコーエプソンは腕時計型・メガネ型・ゴルフクラブ型など数々のウェアラブルデバイスを手掛ける銘柄だ。スマートイヤホン(ヒアラブル端末)にも参入してくる可能性があるかもしれない。思惑ではあるが、一応注目しておきたい。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 出遅れ? 村田製作所

村田製作所のチャート画像

時価総額:3,830,607百万円
PER:(連) 20.79倍
PBR:(連) 2.67倍
≪2017/07/19時点≫

電子部品大手の村田製作所にも注目だ。村田製作所はスマートイヤホン(ヒアラブル端末)に必要不可欠なブルートゥースモジュールなどを手掛けている。スマートイヤホン(ヒアラブル端末)の需要が拡大していけば村田製作所にもビジネスチャンスと言えるか?!また村田製作所は基幹部品のコンデンサーやウェアラブル端末向けの水晶振動子なども手掛けている点にも注目だ。

ただ、村田製作所も時価総額が大きめで値動きは重め。

村田製作所はiPhone関連・パワー半導体関連・自動運転関連など息の長いテーマ性を数多く内包する銘柄なので、どっしり腰を据えて長期で取り組むのも面白いかもしれない。

スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄 まとめ

前述の通り、スマートイヤホン(ヒアラブル端末)はスマートスピーカーにも匹敵するほどの成長性をもったテーマと言える。スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄は息の長いテーマ株となる可能性を秘めているため、本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

また、スマートイヤホン(ヒアラブル端末)関連銘柄はスマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄と共通する部分も多く、重複する銘柄も多いため、併せて把握しておきたい。

スマートスピーカー(AIスピーカー)関連銘柄 本命・出遅れ まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、相場の恩恵を最大限享受したいのなら、注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年上半期を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄ビットコイン関連銘柄ライザップ関連銘柄スマートスピーカー関連銘柄など細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト とにかくテーマ株を重視するならまずはここをチェックすべし

Ads by Cueinc.

株エヴァンジェリストは「テーマ性を重視するなら真っ先にチェックすべきサイト」としてオススメする。

株エヴァンジェリストは無料のメルマガ登録をするとすぐに「無料情報」を配信してくれるのだが、この無料情報がまさに「テーマ性に特化」しているのだ!

結論から言うと【業績寄与度の高いテーマ性をもった有望株】を配信してくれる。

実際に、個人的に2016年11月に株エヴァンジェリストから無料テーマ株を配信してもらったのだが、その銘柄は配信から7営業日で株価1.5倍超えの火柱急騰を果たした。しかもまさしくテーマ性が注目されての急騰だ。

他にもここは実際に2017年上半期に数々のテーマ株を推奨し爆発的な急騰を読み当てている。実例として、クラウド関連のフォーカスシステムズ株価2.01倍・アプリ関連銘柄のエムアップ株価2.52倍・中国関連銘柄のケアサービス株価3.52倍など、テーマ性が強く注目された株をほぼ初動段階で推奨していた点は驚いた。

数々のテーマ株を動意づく前に推奨している点、当方には偶然には思えない。かなりの「早耳顧問」ではないか?とすら思っている。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

マスターズトレード 短期トレードに特化か?!リミックスP株価5.4倍をズバリ

Ads by Cueinc.


マスターズトレードは2017年に登場した非常に新しい顧問サイトだが、今メキメキと頭角を現してきているサイトとして無視できない。ここはおそらく「短期トレードに特化した顧問」に思える。

ここの推奨銘柄の実績を見て驚いたのはビットコイン関連のリミックスポイントを05/02に推奨していた点だ。リミックスポイントは「ビットポイント」という仮想通貨取引所の運営会社を傘下にもつ会社で、仮想通貨バブルが巻き起こった5月後半から破竹の勢いで株価を上げた銘柄だ。これを初動推奨し、およそ1カ月程度で株価5.4倍に急騰した点は見事の一言だ。

他にも、同じくビットコイン関連のインフォテリアを推奨し、たった4営業日で株価1.43倍になっていたり、アプリ関連エムアップを推奨しこれも4営業日で株価1.75倍になっていたりと短期で結果が出ているケースが多数見受けられる。

今メキメキと注目度が上がっているサイトで無料情報もバンバン提供してくれるので、2017年下半期もズバリみておくべきサイトだ。

マスターズトレードの無料情報をみる≫

株トレード投資顧問 AIスピーカー関連・ライザップ関連をズバリ!!無料情報ならここ!!

Ads by Cueinc.


株トレード投資顧問も2017年上半期で存在感を示した顧問サイトの一角。ここはなんといっても無料情報の勝率が凄まじい。

結論から言うがここは2017年1月~5月の5カ月間で188銘柄を推奨し、その内148銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。

「30日以内に+10%上昇した場合」を【勝ち】とするならば勝率割合は78.72%という驚異の数字となる。つまり[5カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した]ということだ。

これはハッキリ言って相当凄い。トレーダーなら分かると思うが、株は100発100中を目指すものじゃない。勝ち負けを繰り返し利確と損切りを繰り返すものだ。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で5カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

また、注目するのは無料情報だけではない。直近ではAIスピーカー関連のオンキヨー(株価2.57倍)ライザップ関連の夢展望(株価4.33倍)なども当てている。極めつけはアプリ関連のサイバーステップを2月の段階で推奨し、6月には株価8.72倍になっていた点。いずれも大化け推移だ。

株トレード投資顧問も2017年下半期の要チェックサイトとして迷わずピックアップしたい。

株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

株エヴァンジェリストが推す次のテーマ株≫
マスターズトレードの無料情報をみる≫
株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ