大化け候補のインバウンド関連の要注目銘柄【3773】アドバンストメディア

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

インバウンド関連の要注目銘柄!

国内で訪日外国人が急増となっているが、インバウンドの流れが来ているのが日に日に目に見えている感じだな。

10月から訪日外国人客向けの新型コロナウイルス関連規制が緩和されたわけだが、政府が11月16日に発表した「10月訪日外客数」は49万8600人となり、前月の20万6500人の2.4倍となっている。

東京都内でも訪日外国人がマリオのファッションで都内を小型車で走り回るマリカーもよく見かける様になった。浅草など言っても浅草寺周辺は外国人だらけとなっている。福岡、長崎、佐賀の観光連盟でも、連携して九州北部を周遊する旅行商品の販売や、情報発信につなげようとマレーシアの旅行会社4社を招いた様だ。

インバウンド需要は今後が本格化していく事を考えても関連銘柄は要注目しておくべきだろう。そのインバンド関連で注目するべき銘柄があったので記載するぞ。

インバンド関連銘柄 3773 アドバンストメディア

時価総額:22,145百万円
PER:(連) 30.71倍
PBR:(連) 1.99倍
≪2022/11/22時点≫

アドバンストメディアは東証グロース上場、AI音声認識のAmiVoiceを組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う、つまりは音声翻訳サービスを主力とする企業だ。

同社は3つの事業を展開しており「ソリューション事業」、AmiVoiceを組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoiceをサービス利用の形で提供する「サービス事業」を展開。

インバウンド関連で翻訳というのは欠かせない要素だが同社の音声認識はソフトウェア市場、クラウドサービス市場でNO,1の評価を得ているが、「AmiVoice TransGuide」が、富士急バス株式会社、阪急電鉄株式会社に採用に採用されるなどインバウンド関連としての評価も高い。

同社のもう一つ注目ポイントとしてはAI音声認識AmiVoiceを活用した官公庁向けアプリケーション、声キーボード「AmiVoice VKG(アミボイス ブイケージー)」をリリースしているが、「AmiVoice VKG」は、官公庁などで働く全ての職員にキーボード入力の効率化を提供する音声認識するというアプリだ。

官公庁に採用されるというのは将来性を強く感じさせる材料でもある。インバウンド関連そして官公庁にも起用と期待値の高い銘柄だけに注目と言えるだろう。

【追記更新】インバウンド(春節)関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

踏み込んだ内容を配信しているぞ!有望銘柄た短期急騰期待の銘柄をLINE限定で配信もしているぞ!【株式投資クラブLINE ID:@664ncgog】

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、グラーツ投資顧問株 株などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

〝無料登録だけでSTOP高が提供されるなら、その銘柄だけでも見ておいた方がいいに決まっている!〟

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…STOP高銘柄を提供多数!当方が認める投資サイトの無料で配信される銘柄はまず見ておくべきと言えるぞ!!↓

《株式投資で稼ぐ為には情報力!黙って登録すべき投資顧問 一覧はコチラ!》

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ