まさに「熔ける再び…」世界の利上げの動きで相場はクラッシュ寸前!?日本株の反発はココだ!

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

連休明け、世界の株式市場が一段安の急落となり日本株も「クラッシュ」という下落となった!

タイトルにも記載したが元大王製紙の会長「井川氏が100億以上の損失」を出した後に、再びカジノで資産を溶かしてして本を出版していたが、世界同時株安となり日本株も再びの暴落…これにより一気に資産を失ったという声が多いな。

この暴落の原因は「今までコロナでジャブジャブに溢れさせた事で物価が急激に上がり世界でインフレとなった、これを止める為に世界の中央銀行が一斉に利上げに動き、金融引き締めから景気が後退していく」この懸念から我先にと株や商品を投げ売る動きが原因となっている。

今まで好調だった原油関連なども、今後の原油需要減退の見方が強まる状況からWTI原油先物11月限は1バレル=78.74ドルに下落。

FOMCでFRBは政策金利を23年に4%台後半まで引き上げるシナリオを示しているが、金融引き締めの長期化懸念となり、米2年債利回りは4%を超え、一時15年ぶりの高水準となっている。

完全にハイテク株にとって逆風となっており、半導体関連などはまだ下げ基調は続く可能性は高く、中国もロックダウンの影響から景気の回復も鈍く、今後世界全体で下方修正が相次いでいくとの見方も多い。

世界的な株価のトレンドは下落基調となっている。

米国市場は勿論だが、欧州株も利上げの動きから株価を見れば見事なまでの下落チャートを形成しているが、日本株も8月17日の29222.77円から1ヶ月も経たずに26724.60円と2500円もの急落となっているが、下げ止まる動きを見せていない。

日経平均株価のチャートを見ると確かに売られすぎという位置とはなっているが、今まで急落が買い場という状況が続いていた事から、信用買い残が増えている銘柄も多い。つまりはセリクラと呼ぶ動きとは言えない。

日本株の反発はどこだ!日経平均株価は26000円割れから急反発の可能性!

確実に流れが悪い状況、さらにはウクライナ、ロシアの戦争も終わりが見えない状況、さらに金融引き締めと投資家は不安を感じて投げが続出しているが、日本株だけで見ると円買いを誘発させる為の「インバウンド解禁」、10月初旬に発表されるIMF世界経済見通しで「日本経済の成長率見通し引き上げ」という期待要素がある!

考えてみても各国が緩和縮小、利上げという流れとなっているが、日銀黒田総裁は「大規模金融緩和」を継続する姿勢とし、しばらくは続けるという発言もしている。

それだけに、当方が見るに今の位置から株を買うというのは勝機は高い!

日経平均株価もこの急落も26000円割れが一旦の底となると見ている。何よりも28日に中間配当があり、29日に権利落ちとなるが、中間配当前にこれだけ株価が落ちれば配当狙いの買いも入りやすく強いリバウンドは狙えるチャンスと言えるだろう!!

踏み込んだ内容を配信しているぞ!有望銘柄た短期急騰期待の銘柄をLINE限定で配信もしているぞ!【株式投資クラブLINE ID:@664ncgog】

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、グラーツ投資顧問株 株などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

〝無料登録だけでSTOP高が提供されるなら、その銘柄だけでも見ておいた方がいいに決まっている!〟

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…STOP高銘柄を提供多数!当方が認める投資サイトの無料で配信される銘柄はまず見ておくべきと言えるぞ!!↓

《株式投資で稼ぐ為には情報力!黙って登録すべき投資顧問 一覧はコチラ!》

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ