STOP高連発!話題の急騰株【4165】プレイドの株価は1000円超えの可能性も!

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

雇用統計を通過したが、農業分野以外の就業者は前月と比べて31万5000人増加とはなったが、ほぼ市場予想通りの内容、労働者の平均時給は前年同月と比べて5.2%の増加と、賃金の上昇傾向が続いていている。失業率は3.7%と、前の月より0.2ポイント悪化と人手不足を受けた企業の賃上げが物価を押し上げている内容。

これを見る限りは、まあ問題なく通過したとも言える内容ではあったが、最近はFRBは口を開けば利上げという状況から市場心理が悪化しており、この日も雇用統計後は買われたが、午後にずるずると値下がりとなった。

9月5日(月)、アメリカ市場はレーバーデーで祝日となるが、連休前からも利益確定売りが降ってきたという感じではあるな。ちなみに例年、レーバーデーを超えると夏休みシーズンに区切りがつくことからも夏枯れ相場が終わって次に目線が向き、休んでいた投資家も戻ってくることで取引量が増える傾向にある。

全体相場も過度に売られていた銘柄は値を戻してきており、雇用統計を終えて一旦悪材料出尽くしとなっている動きが感じられるな。

しかし、ここ最近の相場で、投資家の人気を集めて爆発的急騰を【4165】プレイドがみせているが、本日はこのプレイドの今後の動きを予想するぞ!

DX関連銘柄 話題の急騰株 4,165 プレイド

時価総額:29,719百万円
PER:(連) ---
PBR:(連) 6.91倍
≪2022/9/05時点≫

プレイドは東証グロース上場、CXプラットフォーム「KARTE」の開発・運用を主力とする企業だ。

2015年にリリースした「KARTE(サイトやアプリに今来訪している人をリアルタイムに解析、可視化。顧客理解からパーソナライズまでを一気通貫で実装できる、CX(顧客体験)プラットフォーム)」とそこに集まる「1st Party Customer Data」を中心に、様々なプロダクトやソリューション、プロフェッショナルサービスを展開をしており、DX関連の小型株としても有望視されている。

同社がここ最近で人気化しているのは、同社のネイティブアプリ向けCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」が、NTTドコモのマーケティング分野における新規事業子会社DearOneの伴走型アプリ開発サービス「ModuleApps2.0」と連携を開始したと発表!

大企業との提携というのがまず好感されて火をつけた、その後、企業が手掛ける新規事業開発の立ち上げを伴走支援する「PLAID Accel(プレイドアクセル)」の提供を開始したと発表している。

この「PLAID Accel」だが、新規事業開発の企画や実行を代行する役割ではなく、企業の主体性を尊重したうえで、時には半歩先をリードしたり、時には後ろから背中を押したりしながら、知見や経験が社内に蓄積されるような「内製化」を推進するという特徴を持つ。

業績面は22年9月期第3四半期累計(21年10月-22年6月)の連結最終損益は6億7600万円の赤字(前年同期非連結は5900万円の赤字)に赤字幅が拡大と今一つな業績が続いていたが、今後同社システムへの提携は増えていく公算は高い。チャートも大底を打ってから切り返しとなっているが、週足、月足を見ても1000円は超えていく力は十分に秘めていると言えるだろう。

2023年も残り僅か。
勝っている人も負けている人も、今年の取引きをベストな形で終える準備はできているだろうか?

気付けばあっという間に上半期を終え、2023年も残りわずかとなった。

外国勢を中心とした「買いが買いを呼ぶ展開」で、日経平均株価は33年ぶりの高値を更新。明るいニュースが際立つ一方で、新興市場はかつての活況が懐かしく思えるほど元気がみられない。

しかし、新興銘柄を個別にみるとどうだろう。

わずか半年でテンバガーを達成した「プログリット(9560)」、3週間あまりでテンバガー化目前まで大化けした「アジャイルメディア・ネットワーク(6573)」、豊富なAI材料で堅調に推移する「ヘッドウォータース(4011)」しかり。

大きく値を上げ一躍人気化した銘柄も多く、この短期急騰の初動を上手く乗りこなし大きな恩恵を受けた人もいるだろう。また、今年の投資納めを目前にして、

今年の損失を帳消しにできる大化け期待株をみつけたい!

上昇余地の高い銘柄を仕込んで2023年を良い取引で終えたい!

保有銘柄の売買判断や入れ替えなど、プロの専門家に相談したい!

株式投資クラブ管理人のアイコン画像

このような考えを持つ方も多くいるのではないだろうか?

今年の取引きをベストな形で終えるためにも、旬な情報を広く扱う「株の情報サイト」はチェックしておくことをオススメする。そこで、当サイトでも参考にしている「オススメの株情報サイト」「無料のメルマガ情報サイト」を紹介するので、ぜひチェックして欲しい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-