アフターコロナ関連 旅行・観光関連銘柄 本命 出遅れ 一覧 まとめ

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

アフターコロナ関連の中でも旅行・観光関連銘柄を紹介するぞ!

新型コロナウイルスの流行で業績に大ダメージを追っている旅行・観光業だが、国内でも高齢者への大規模接種からワクチン接種が始まっていけば、感染状況は日に落ち着いていくのは間違いない。

医療従事者から、そして7月末までに高齢者へのワクチン接種を完了させるとの事だが、各自治体で接種での問題はでてはいるが、最初は何でも混乱するものだ。今は全体の分母が大きい為に数は多いが接種が進むにつれて人数も減っていく。

日本のワクチン接種は5月16日の時点では発展途上国レベルの世界110位前後に低迷しているが、欧米ではワクチンを2回接種した人はマスクを付けなくても大丈夫とバイデン大統領も発言している。

9月までに全国民へのワクチン供給するメドが立ったと強調していたが、あくまで確保できたという話で若い世代へのワクチンはまだ時間はかかると言えるが、菅総理は「1日100万回」のワクチン接種を目指している。

日本の総人口は1.2億人と考えれば、単純計算でも国民に2回接種となれば、来春には新型コロナウイルスのワクチンが全国民に接種できる計算となる!

遅いと言えば遅いが、当然普及が進めば今の様な感染者1000人などという事はなくなり、欧米の新規感染者の推移を見ても大幅に減少していく見込みだ。

今の旅行・観光業界だが、宿泊業の2021年1~5月の予約状況は、新型コロナウイルスの影響がなかった2019年比で70%以上減少。分かってはいる事だが、売上の7割以上が減少となれば、施設の維持費、人件費など体力がない宿泊施設は耐えられるわけがない!

この状況からも政府も感染者が減少傾向となれば、昨年末から一時停止されている「Goto Travel(国内旅行を対象として、宿泊・日帰り旅行代金の半分近くを政府が負担する制度)」を復活させ、より強い政策を打ち出してくる期待もある!

何にしてもここからワクチン接種が進んでいけば、旅行・観光は賑わいをみせていくのは間違いないと言える。

株式市場においてもアフターコロナというテーマは有望だ!それだけにアフターコロナからの旅行関連銘柄は無視できないテーマ株といえる。と、いうことでこのページではアフターコロナ関連 観光・旅行関連銘柄について本命株・出遅れ株 一覧を詳しくわかりやすくまとめておく。

アフターコロナ関連銘柄 旅行関連銘柄とは

アフターコロナ関連 観光・旅行関連銘柄とはその名の通り、旅行・観光関連銘柄の総称である。

アフターコロナ関連は、観光・旅行のみならず、飲食、百貨店、ファッション、娯楽施設、遊園地、フィットネス、カラオケ、居酒屋、温浴施設など多岐に渡る。

正直、これだけの業種をまとめて紹介しても読みにくいという事から、今回はアフターコロナ関連のでも〝観光・旅行関連〟からPICKUPしていくぞ。

アフターコロナ関連銘柄 旅行・観光関連銘柄 一覧

  • 9603 HIS        格安航空券販売の最大手、ハウステンボスを運営
  • 3926 オープンドア      旅行比較サイト、トラベルコを運営
  • 6191 エアトリ         航空券予約サイト、エアトリを運営
  • 6030 アドベンチャー    格安航空券の予約サイト、スカイチケットを運営
  • 9726 KNTCT       近鉄系の旅行業界大手、国内外旅行パック多数
  • 7048 ベルトラ    海外・国内の現地体験型ツアー専門の予約サイトを運営
  • 2477 手間いらず   ホテルの予約管理システム販売
  • 6561 ハナツアー   韓国系、訪日外国人向け旅行業。免税店・ホテル施設も運営
  • 3710 ジョルダン   鉄道経路探索ソフトの開発・販売が主体
  • 9376 ユーラシア   高所得者層向け海外旅行の企画販売
  • 6548 旅工房     ネット専業旅行社。企画提案型・販売が強み
  • 2440 ぐるなび    飲食店情報サイト、ぐるなびを運営
  • 6577 ベストワン   クルーズ旅行予約サイト「ベストワンクルーズ」を運営
  • 9202 ANA       国際線、国内線1位の航空会社
  • 9201 JAL       国際線、国内線2位の航空会社
  • 9206 スターフライヤー北九州-羽田が主力の新興エアライン
  • 3646 駅探      乗り換え案内サービス「駅探」を運営
  • 9020 JR東日本    国内最大の鉄道会社
  • 9021 JR西日本    北陸、近畿、中国に鉄道を展開
  • 9022 JR東海     東海道新幹線が柱
  • 9045 京阪HD     大阪京都間が主力の私鉄。京都観光に強み
  • 9173 東海汽船    伊豆七島への生活・観光航路に強み
  • 9193 東京汽船    東京湾内の曳船大手、フェリーや観光船も運航
  • 9377 エージーピー  航空機向け電力供給や空港施設保守が主力
  • 9708 帝国ホテル   高級ホテルの代表格、帝国ホテルを運営
  • 4681 リゾートトラスト会員制リゾートホテル、エクシブを運営
  • 5261 リソルHD    三井不動産系。ゴルフ場・ホテルの運営受託
  • 4755 楽天グループ  楽天トラベルを運営
  • 9713 ロイヤルホテル 西の名門ホテル、リーガロイヤルを運営
  • 9723 京都ホテル   京都の名門ホテル、ホテルオークラを運営
  • 9695 鴨川グランド  房総で有数のリゾートホテルを運営
  • 9722 藤田観光    椿山荘など高級宴会場の名門、ワシントンホテルとネット予約
  • 4691 ワシントンホテル全国にワシントンホテルプラザ、R&Bホテルを展開、藤田観光とネット予約
  • 6565 ABホテル    東祥の子会社。愛知県を中心にビジネスホテル展開
  • 9616 共立メンテ   ホテル事業を運営
  • 2371 カカクコム   価格比較サイトが主体、飲食店情報サイト食べログ

それでは本題のアフターコロナ関連、旅行・観光関連銘柄で本命視されるであろう銘柄をピックアップしてみよう。ただし当方の個人的意見・主観込みの内容となるので、参考までに願いたい。

アフターコロナ関連銘柄 旅行・観光関連銘柄 本命株 9603 HIS

時価総額:173,117百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 2.26倍
≪2021/05/18時点≫

HISは東証1部に上場する格安旅行の大手、国内外から人気の高い、長崎ハウステンボスを運営する企業だ。

同社の旅行事業はエイチ・アイ・エスを始め、外国籍の方に向け多言語にて海外・国内旅行のナンバーワントラベル、。スキー、ダイビング等のスポーツ系ツアーと、首都圏、関西・中京を結ぶバス運行等、自由でリーズナブルな旅を提供するオリオンツアー、贅沢なイメージの船旅をリーズナブルに提供するクルーズ専門の旅行会社クルーズプラネットなど多数の旅行ビジネスを展開している。

日本のみならず中国、韓国、東南アジアなどアジア圏の訪日外国人に人気の高いテーマパーク、ハウステンボスを運営しているが、新型コロナウイルスの流行が落ち着きをみせれば業績の改善が見込める。

何よりも直近の第1四半期決算は営業損益は117億円の赤字と計画以上の赤字決算となったが、前回の四半期の143億円の赤字からは損益が改善しており、販管費の削減となっている。今後新型コロナウイルス収束の兆しが見えれば業績面のV字回復が見込めると言えるだろう。

アフターコロナ関連銘柄 旅行・観光関連銘柄 本命株 3926 オープンドア

時価総額:70,022百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 11.2倍
≪2021/05/18時点≫

オープンドアは東証1部に上場する旅行比較サイトの「トラベルコ」を運営する企業だ。

トラベルコは国内旅行会社、国内外のオンライン旅行会社(OTA)、国内外ホテル及び国内外航空会社が販売する海外及び国内のパッケージツアー、ホテル、格安航空券等の各種旅行商品など1,500以上の旅行サイトを一括で検索できる旅行比較サイトだ。

旅行検索サイトを主力としている同社は、コロナウイルスの影響を直に受けている業種という事からも、業績面は前期15億円の黒字から21年3月期の連結経常損益は7億円の赤字を発表している。

来期の見通しは感染者の増加もあり発表されてはいないが、アフターコロナを見据えて、人員の増強、旅行システムの開発スピードを向上させて、コロナ収束から新たな旅行ニーズに対応したサービスを拡充させる方針を打ち出しているだけに、アフターコロナ関連銘柄、旅行・観光関連の本命銘柄と言えるぞ。

アフターコロナ関連銘柄 旅行関連銘柄 本命株 6030 アドベンチャー

時価総額:47,057百万円
PER:(連) 101.57倍
PBR:(連) 21.46倍
≪2021/05/18時点≫

アドベンチャーは東証マザーズに上場する格安航空券の予約サイト「スカイチケット」を運営、ツアーやレンタカーなど旅行に関わるサービスを手掛ける企業だ。

同社のスカイチケットはオンライン航空券予約として国内ツアー、ホテル、国内レンタカー貸し出し、バス予約、海外W-Fiレンタル予約、会員向け優待サービス、skyticketプレミアムを提供している。

各旅行会社がGotoTRAVELの中止などから業績悪化の悲壮感が漂う中でも同社は安定した予約数を維持して、21年6月期第3四半期累計(20年7月-21年3月)の連結税引き前利益は前年同期比25.1%減の9.2億円となったが、どの会社も赤字が当たり前の中でも黒字経営。通期計画も既に進捗率6.5億円に対して141.7%と上回っている。

コロナ禍でも業績面がしっかりしている事からも、アフターコロナで旅行・観光が復活となれば、同社は期待値は十分と言えるだろう。

アフターコロナ関連銘柄 旅行関連銘柄 本命株 4681 リゾートトラスト

時価総額:186,005百万円
PER:(連) 39.05倍
PBR:(連) 1.59倍
≪2021/05/18時点≫

リゾートトラストは東証1部に上場する会員制リゾートホテル「エクシブ」を全国展開する企業だ。

会員制リゾートホテルのトップ企業だが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う4月の緊急事態宣言発令後、施設クローズや不要不急の外出制限などにより、ホテル運営をはじめ、主に一般向け事業で影響を受けてはいるが、コロナ禍において主力とする高級リゾートへのニーズの高まりなどを背景に会員権販売が回復傾向となっている。

直近の決算では21年3月期の連結経常利益は前の期比41.4%増の176億円に拡大したが、22年3月期は前期比62.0%減の67億円に大きく落ち込む見通しを発表しているが、国内外の一般ホテルにおいて減損損失するものの主力の会員権販売は堅調推移、ハイグレードなホテル会員権や、高額な旅行プランの販売、メディカル会員権の販売が想定以上に好転している事からも業績の大幅な改善が今後見込めると言えるだろう。

アフターコロナ関連銘柄 旅行関連銘柄 本命株 6191 エアトリ

時価総額:53,504百万円
PER:(連) 70.09倍
PBR:(連) 11.77倍
≪2021/05/18時点≫

東証1部に上場する航空券取引額NO,1の実績を誇る航空券予約サイト「エアトリ」を運営する企業だ。

オンライン旅行事業を主力としIT(情報技術)、オフショア開発事業及び投資事業を展開しているが、同社の成長戦略「エアトリ ”リ・スタート”」の実行により、第1四半期の過去最高利益を上回る水準で事業収益を順調に積み上げ、21.9期 第1・2四半期累計の営業利益が20億円と過去最高を更新。

決算では前年同期比14.2億円の赤字から21年9月期第2四半期累計(20年10月-21年3月)の連結税引き前損益は19.5億円の黒字回復、通期計画の12.4億円への進捗率は157.7%と上回っている。

旅行会社は最悪な企業決算が多い中で、これだけの高い進捗率をだせる同社は、アフターコロナからの業績改善の魅力は十分と言えるだろう。

アフターコロナ関連銘柄 旅行関連銘柄 まとめ

新型コロナウイルスも欧米では感染者も減少して収束に向かっている。日本はワクチン普及が出遅れているが、同様に感染者減少となっていく事を考えても、アフターコロナ関連銘柄の中でも旅行関連は特に需要が高いと言えるだろう。

まあ勿論後2年もしたらアフターコロナという言葉も使われなくなるだろうが、この苦境を乗り切った観光、旅行関連銘柄は大きく飛躍する期待は高いだけに注目しておくべきと言えるだろう。

※あくまで投資は自己判断でお願いするぞ

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

こ・の・タ・イ・ミ・ン・グ・で・!利・用・し・な・い・手・は・な・い!!
何よりも銘柄をタダで教えてくれる!短期急騰が狙えるテーマ株を無料で教えてくれるのにコレを逃すというのは、あまりにも勿体ないと言えるぞ!
【ここからの急騰期待の銘柄を配信するのは…下記投資顧問だからな!!】
株エヴァンジェリストの画像

株エヴァンジェリストは、過去実績をみても数々の暴騰銘柄多数の脅威の実績を誇っているぞ!やはり実績をトコトン追うのが一番だ!株エヴァを見ておくかどうかで勝率は変わると言っていいだろう

株 株、橋本の相場観測橋本罫線で急落、急騰を完全網羅!

その分析力で急騰となる銘柄を多数提供しているが、【4592】サンバイオが連続STOP高!IPOの【4308】KIYOラーニングは提供後から株価1.5倍!さらにはド底値で【4308】Jストリームを提供して株価7倍という驚異の実績!

とにかく乗りに乗っている投資顧問の一つ!そのノリに乗っている投資顧問が、今ならテンバガー候補を無料でプレゼントとの事だぞ

この株 株のテンバガー候補銘柄は必見と言えるぞ!

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、テレワーク、巣ごもり関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え多数だ!

明日の新生の急騰期待候補も見ておくべきだ!

株マイスターの画像

老舗投資顧問という事からも情報力に定評があり数々の暴騰銘柄を提供している実績があるのだが、株マイは4月27日に大暴騰となる前に【2191】テラを提供している!

株マイの提供タイミングは株価165円、その直後に株価はSTOP高を連発して〝6連続という驚異的な連騰〟一時下落したが、【2191】テラの株価は未曾有の暴騰を続け遂には高値2175円とテンバガーを達成!

情報力に特化した老舗投資顧問、株マイスターの実力は是非体感するべき、さらに株マイスター独自の秘伝の急騰銘柄を今なら特別提供!

グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問は、〝今週の厳選銘柄〟で好決算、好材料の銘柄を多数提供している。ゲーム株などの分析能力も高く、過去にはドラクエウォークのコロプラを先回り配信など、一撃急騰の銘柄を得意としている傾向があるぞ!

上記サイトは最近のバイオ関連の暴騰!そしてゲーム関連なら【3911】AIMINGやテレワークでも【3681】ブイキューブや【3040】ソリトンシステムズなど、とにかく多岐に渡って〝今後投資家の人気が集中するテーマ株の先回り提供をしているぞ。〟

結局は【2倍、3倍、5倍、テンバガー】を狙うならば〝投資家が注目するテーマ株!!〟こういった銘柄を狙うしかないといえる。

投資は一人で挑んでもむずかしいもの!

情報を制してこそだ!その為に利用できるものは徹底して利用するべきだ!

投資顧問は無料で日々銘柄を提供してくれる!株高の流れここからでも〟2倍、3倍、それ以上〝という銘柄は多くでてくるとみているぞ!

日銀の買いが出動して株価は〝押さば買い〟となっている!

ここからの相場は大きく勝つ!それを狙っているならば、まずは投資顧問がどういう銘柄を選んでいるのか!これは見ておくべきだぞ!

》》【要確認】明日の投資顧問の急騰期待銘柄はコチラ!《《

以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

ブログランキング参加したぞ!応援宜しくな!

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ