巣ごもり需要!この急騰チャートの波に乗る!IPO銘柄【6612】バルミューダが高値更新!

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

日経平均株価は一時400円安!調整となるのか?新興市場が反発!マザーズの有望銘柄記載!

週明けの日経平均株価は、2万9000円手前までの上昇の反動からも利益確定売りが一時407円安という場面もあったが、売り一巡後は下げ幅を縮める展開となっているが、さすがに先週は強い買いが続いていただけにこの下げは想定の範囲内と言えるが、海外でも、東京五輪開催中止の可能性への報道などもだが、経済低迷の長期化が懸念や菅内閣の政策や対応の遅れなども投資家心理を悪化させているという感じだな。

まあこうやって何かと下がったら理由付けるものだが、チャートを見ても日経平均株価は1月7日から連騰を続けて2万7000円から1月14日には2万8979.53円と短期で急騰、25日移動平均線との乖離もでていただけに、これくらいの押し目は当然あるものだ。

むしろ下がったところはチャンス有りと言えるだろう。

新興市場は小幅ながら反発を見せているが、マザーズは1200ポイントラインが下値のメドとなっているが、マザーズは正直微妙とは思っているが5日移動平均線を抜けて1250ポイントラインまで出れば上向きとなるだけに、何とか踏ん張ってほしいところだな。

18日開会の通常国会を再開、菅総理は予算案や法案の成立に全力!

菅総理は、新型コロナウイルス対策や政権が掲げる政策を実現するため、予算案や法案の成立に全力をあげる考えを示しているが、再生可能エネルギー、蓄電池は勿論だが、デジタル庁の本格化となればDX(デジタルトランスフォーメーション)なども再び注目される銘柄はでてくるだろう。

日本で緊急事態宣言は1月8日から発出されたが対象は1月14日には11都道府県に広がったわけだが、沖縄でも感染者が増え続けている。全国一律での宣言発令には慎重な考えを示してはいるが、もはや全国一律の発令は時間の問題となっている。

連日各メディアが経済優先の姿勢を続ける政府を叩く報道が流れているが、政府の遅れに対しての文句ばかり言ってないで厚労省のワクチンへの普及を急がせる事をもっと言ってほしいものだな。

オリンピックにしても経済への復旧にしてもワクチンが普及しなければ話が進まないだけに、ワクチンの早期普及と経済対策への強固な姿勢を菅総理はしっかりとアピールしてもらいたいものだ

緊急事態で巣ごもり関連の銘柄は需要が高いと言えるが、上場来高値を更新して勢いを増している銘柄があるので記載するぞ!

巣ごもり関連銘柄 2020年IPO 6612 バルミューダ

時価総額:58,116百万円
PER:(連) 70.36倍
PBR:(連) 24.89倍
≪2021/01/18時点≫

バルミューダは東証マザーズに12月16日に上場。「2003年に設立された日本の家電機器メーカー、電気炊飯器やスチームトースター、扇風機などの家電を中心に製品の企画・製造・販売」をする企業だ。

新進気鋭のメーカーとして水蒸気を出してパンを焼く技術や、タンクのない加湿器、蒸気によってお米を炊く新しい電気炊飯器「BALMUDA The Gohan」などオリジナルの製品が人気となっている。

IPO上場後、巣ごもりなどの需要や知名度から投資家の注目を集め、初値は3150円からSTOP高を連発して6250円まで上昇となった事で2020年の注目IPO銘柄の一つ。

急騰後は利益確定の売りがでた事で5000円を割り込む場面もあったが株価は反発。高値となっていた6250円を抜け上場来高値を更新してから再び人気を集め7540円までの上昇を見せている。

同社の寺尾社長は、巣ごもり需要の拡大を受けてキッチン家電を中心に好調に推移、「肌感覚で10~15%ほどが巣ごもり需要による売上増がある。

今後は「何よりも売上高を重要視していく」と述べているが、実際に巣ごもりでバルミューダのトースターは2020年4~6月期には販売台数の過去最高となっている。

IPO銘柄の特徴として上場来高値を更新となると上でのシコリ玉などがない事から、チャートは青天井を目指せる形となっている。投資家人気で需給を背景に株価はまだまだ上を目指せるだけに注目と言えるだろう。

2024年の新年相場がスタート!今年の株式市場を彩る"注目テーマ"&"大化け期待株"とは何か??

今年の新年相場がいよいよスタートした!

今年の干支にまつわる相場の格言、『辰巳天井』を期待する声が市場では高まっている。果たして、2024年の株式市場は「大躍進の年」となるのか?それとも「波乱の年」か?

いずれに転んだとしても、今年の株式市場を彩る「人気テーマ」に注目が集まり、短期急騰を演じる「大化け株」がはっきりと姿を現すはずだ。ぜひ、この活況のチャンスを手にして欲しい。

2024年の大化け期待株を手にしたい!

急騰を演じる注目テーマの初動を掴みたい!

今年の初投資をいいスタートにしたい!

株式投資クラブ管理人のアイコン画像

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-2020年IPO銘柄, 最新注目銘柄速報
-