世界で新型コロナウイルスのワクチン開発!日本のワクチン開発の本命銘柄!

》》【要確認】今実績が高い投資顧問はココだ!明日の急騰期待銘柄を無料配信!《《

 

NYダウが「まさかの3000ドル安」は衝撃的だったな。

金利政策など含め、ここまでの事をやっても、売り圧力に負ける。という展開からやはり新型コロナウイルスの不安要素は根深い!

パンデミックによる世界危機から行われた先日の〝G7首脳会談〟では「G7が連携して治療薬の開発を加速させる方針で一致」した事から、本日はバイオ関連の銘柄が軒並み急騰となった。

安倍首相はG7会議後に「世界の英知を結集し、治療薬の開発を一気に加速すべきだ」と表明したわけだが、新薬の開発となると1年は最低でもかかるだけに、本日のバイオ株の急騰は、〝政府がワクチンに対して注力する事に反応した思惑買い〟といえるだろう。

実際にSARSコロナウイルスは2002年から2003年頃に確認されたウイルスだが、有効な治療薬は開発されていないという状態だ。

当然治療薬を一般で使われる様になるまでは長い工程がある。よく臨床試験に入ったなどと製薬会社のIRがあるが、むしろそこからが長いと言える。

現に、16日アメリカ国立衛生研究所と製薬会社「モデルナ」で共同で開発中の新型コロナウイルスのワクチン、「第1段階の臨床試験」が、ワシントン州で始まり、トランプ大統領は「歴史上最も早いワクチン開発だ」と発表していたが、最も早いと言っても実用化に至るまではここから安全性の確認など含めの確認をした場合、「少なくとも1年」はかかるといえるだろう。

だが、今回の新型コロナウイルスは、世界全体に「パンデミック」となる脅威を与えているものだ。

実際に「緊急事態宣言」が起こり、「渡航禁止、外出禁止」と経済に与えるダメージからしても、悠長に時間をかけていられるものではない。

今回のG7で新型コロナウイルスのワクチン開発は世界共通の命題となっただけに、ワクチン開発成功となれば、世界に称賛される企業となると言えるだろう。そして政府も研究開発費を投入する事からも、ワクチン開発を行う企業は世界中の投資家が注目するといえるだろう。

そこで、新型コロナウイルスのワクチン開発を行う日本の製薬会社を記載するぞ。

新型コロナウイルス関連 ワクチン開発 本命株 4502 武田薬品工業

時価総額:4,776,361百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 0.97倍
≪2020/03/18時点≫

武田薬品工業は医薬品事業を展開する製薬会社国内トップの企業だ。

がん、希少疾患、神経精神疾患、及び消化器系疾患の4つの疾患領域に注力しており、そして「血漿分画製剤」及び「ワクチン」の研究開発をしているのだが、今回、COVID-19を有するハイリスク患者さんの治療薬として抗 SARS-CoV-2ポリクローナル高免疫グロブリン(H-IG)の開発開始を発表しているぞ。

米国、国内に研究開発の拠点を置き同社は国内トップの製薬会社という事からも豊富なデータをもっているのだが、今回、子会社シャイアー保有の血液由来の医薬品開発技術を使って新規治療薬の開発をしていくとの事だ。

当方が注目している点は、臨床試験は時間がかかるものだが、武田薬品工業は【最短9ヶ月で実用化】を狙っているという事だ。

開発に乗り出しても臨床試験がいつになるのか、一般への投与はいつされるのか?結局工程がスムーズでない限りは思惑だけとなってしまうものだ。

世界が注目する新型コロナウイルスの開発で、武田薬品工業という日本のトップ企業という事からも政府の後押しも期待できる。

新型コロナウイルスのワクチン開発で竹田薬品工業は本命と言える銘柄だろう。

新型コロナウイルス関連 ワクチン開発 本命株 4974 アンジェス

時価総額:77,449百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 6.47
≪2020/03/18時点≫

アンジェスは大阪大学発の創薬ベンチャー企業だ。

主に遺伝子医薬品の開発を行っているが、今回、大阪大学・アンジェス・タカラバイオ・ダイセルと新型コロナの感染を防ぐDNAワクチン共同開発を発表している。

ワクチン開発は当初、大阪大学・アンジェス・タカラバイオでの共同開発だったが、新たに細胞内へ薬剤を送達する新規投与デバイス技術を持つダイセルを共同開発に迎えた事から開発、製造への最短距離が可能となった。「臨床試験」を6ヶ月以内に目指すというところからも今後の展開では豊富な材料を内包していると言えるだろう。

2020年は波乱要因が多い相場だ!

だが、この相場でも情報収集さえ徹底すれば…利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、株エヴァンジェリストなどでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

今株式相場は非常に活況だ!そして日経平均が高く大型株のみ動意づいている相場という事は、まだ出遅れ株が多数あるという事だ!

ここは攻撃の手を緩める必要はない!!

むしろ強気で責めるべきところといえる!

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ!

いいか無料登録だけで、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ!

インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。

だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。

ならばどうするか?

一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。

もちろん投資顧問もピンキリだ。投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところはクソだった。

クソなところは本当にクソ。これだけは肝に銘じておくべき。

だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。本当にけっこう役に立つケースは多い。

すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが(下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの)、現段階で当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。

とにかく、実績がしっかりでている投資顧問をまとめた。情報収取が命の投資家ならば、下記の投資顧問の銘柄はしっかりとチェックはしておくべきだろう。

株エヴァンジェリスト

株エヴァンジェリスト

とにかく実績重視という投資家には株エヴァンジェリストをオススメしよう。見てみればわかるが、まず目を引くのはサイト全面にあの「向後はるみ」さんがドーンと出ているところだろう。

向後はるみさんはラジオ番組も持ち、ロイターや株探など数々のメディアに執筆する有名なアナリストだ。株エヴァンジェリストは向後はるみさんをストラテジー顧問の一人として迎え銘柄情報を提供してくれるらしい。これは株エヴァンジェリストの特徴と言っていいだろう。

またこのサイトにはもう一つ目を引く部分がある。それは下記の文面だ。

≪いまが買いどき→まずは証券番号「****」この銘柄をお試しください!≫

無料登録をすると、銘柄情報をすぐに教えてくれるということだが、この初めに貰える無料情報がなかなか面白そうなのだ。要約すると下記3点を全て抑えた銘柄を無料で提供してくれるとのこと。

■旬のテーマ性を複数持つ
■上値余地が十分見込める
■なおかつ値動きの軽い銘柄

無料情報を提供してくれる顧問はたくさんあるが、ここまで具体的に「こういう銘柄がアツいから教えます」と公言するサイトは珍しい。自信がある証拠なのだろう。また新しいサイトゆえ、新規ユーザーの信頼確保に全力をあげている姿勢ともとれる。

株エヴァンジェリストの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

株 株 kabukabu



リニューアルした超有力サイト!このサイトは本当、情報力も本物の力を持っているだけに登録必須!

もし、今株で勝ちたいならば、株 株を利用しない手はない!

株×株はとにかく無料銘柄の成績がヤバい!

2019年だけでなんとトータル3322%の上昇となっている!勢いはわかる!言いたい事も伝わる!がしかし!ただ、何が基準かわからない!トータル上昇率とはなんだ?という事で直近の無料実績を調べてみたが

結果、8月23銘柄中17銘柄が推奨後10%超上昇している。そして2019年の年末にはSTOP高を銘柄を1週間で2銘柄以上提供、2019年年末に提供の銘柄は+20%上昇がゴロゴロとでてきたのだ。

とにかく今乗っている投資顧問は間違いない!ネクストジェンなどは提供して2日で+40%の上昇しているぞ!

圧倒的な実績である。単純計算で申し訳ないが株×株に登録して無料銘柄を適当に10%上昇で指値を入れておけば、自然とお金が増えるわけだ。

無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ!

これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。一度は登録して試してみるべきサイトだ。

株 株 kabukabuの銘柄を受け取るにはコチラ

次はここだ↓

グラーツ投資顧問

グラーツ投資顧問

株トレード投資顧問がリニューアルした投資顧問サイトがグラーツ投資顧問だ。ここは何よりもまず無料情報の推移を見て欲しい。

ここが推奨した無料情報の推移は勝率がヤバすぎる。結論から述べるが2017年1月~7月の7ヶ月間で275銘柄もの銘柄を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%上昇を達成している。30日以内の+10%上昇を勝利条件とした場合、勝率はなんと77.45%という脅威の数字になる。

ハッキリ言ってこれは相当凄い数字だ。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率とは尋常ではない。

それに中には+10%どころではない銘柄も多数ある。具体的には【夢展望4.32倍】【enish4.17倍】【オンキヨー2.57倍】などの大化け銘柄も輩出している。無料でバンバン銘柄情報を配信してくれるので、チェックしておくだけでかなり面白いと思う。オススメ。

グラーツ投資顧問の銘柄を受け取るにはコチラ

ここも有力情報多数だぞ↓

新生ジャパン投資

WS001976


おそらく新生ジャパン投資は最近あたらしく出来た投資顧問。だが話題性はバツグンだ。

と、いうのも代表を務める高山緑星 こと 前池英樹氏は株の世界では知る人ぞ知る人物。20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。

したがって世間からの注目度は高い。それに実力も今のところかなり凄いぞ。HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。

さらに…ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。

新生ジャパン投資の銘柄を受け取るにはコチラ

老舗投資顧問の実力は確認した方がいいぞ↓

株マイスター

株マイスター


株マイスターももちろん金商登録のある登録助言業者だ。筆者も登録している投資顧問会社でインターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。

ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。理由は単純だが、推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。+10~50%程度の細かい上昇幅のものは数え切れないレベルにあるし、さらに言えば株価2~3倍レベルの大化け銘柄も複数先読みして提供していた経緯もたくさんある。

旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。

いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。

株マイスターの銘柄を受け取るにはコチラ

以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ