MaaS関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
MaaS関連銘柄, テーマ株, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年05月10日(金)投稿】

MaaSのイメージ画像

MaaS(マース)という言葉をご存知だろうか?

MaaSとは「Mobility as a Service(モビリティ アズ ア サービス)」の略で、交通や移動(モビリティ)をIT技術を活用しクラウド化しシームレスにつなぐ新たな「移動の概念」のことを言う。

なんだか難しいが、要は自家用車以外の「電車」「バス」「タクシー」「カーシェア」「サイクルシェア」などの移動手段をITを活用してシームレスに繋いで一つのサービスとして活用しよう!ということだ。

今、このMaaSという概念が急速に注目度があがっており、株式市場においてもMaaS関連銘柄が無視できない存在となりつつある。

と、いうことでこのページではMaaS関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

MaaS関連銘柄とは

MaaS関連銘柄とは、その名の通り「Mobility as a Service(モビリティ アズ ア サービス)」、略してMaaSに関連する銘柄の総称である。

MaaS(マース)とは

冒頭で軽く説明したが、まだあまりピンときていない人が多いかもしれないのでもう少し詳しく説明する。

MaaSとは「Mobility as a Service(モビリティ アズ ア サービス)」の略で「マース」と読む。MaaSは交通や移動(モビリティ)をIT技術を活用しクラウド化しシームレスに繋いで、ユーザーの利便性を高めようという考え方だ。

一つ、実例を挙げて説明しよう。

例えば、東京から大阪へ旅行に行くというケースで考えてみよう。

新幹線で大阪へ
②現地でレンタカーを借りて観光
③翌日は天気が良かったのでレンタルサイクルでサイクリング
④帰りはどこで返却してもいいカーシェアリングで寄り道しながら帰路へ

①②③④とすべて移動手段が異なるが、従来でもこういう旅行はできるが前もって4つの移動手段を提供している会社へ、別々に予約をとって別々に料金を支払う必要があった。

「これらの移動手段をシームレスに繋いで一元化しよう!」というのがMaaSである。

MaaSによって上記の旅行のケースでも手元のスマホ一つで予約から支払いまで全てが一括でできるとすれば非常に便利だしリーズナブルにもなるだろう。要は「モビリティ(移動)の最適化」がMaaSである。

日本はMaaS後進国?

MaaSという考え方が発祥したのはフィンランドという国だが、フィンランドでは「MaaS Global」社というスタートアップ企業が「ウィム((Whim)」というプラットフォームサービスを手掛けており、こちらはタクシーや電車、カーシェアリング、レンタルサイクルなどさまざまな移動手段を統括している。アプリで目的地を設定すると最適な移動手段や経路を自動で提案してくれるのだ。

日本においては、まだまだMaaSは浸透していないレベルと言えるだろう。だが、だからこそ伸びシロがある。

また、日本にもジョルダンや駅探、ナビタイムなど電車やバスなどの時刻を案内してくれるサービスを手掛ける企業がある。これらももう少し他の移動手段提供会社と連携をとれば、MaaSを提供できる可能性はありそうだ。

MaaS関連銘柄と親和性が高いテーマ株

ここまでの説明でおわかり頂いたと思うが、MaaSはカーシェアリング関連銘柄やライドシェア関連銘柄、シェアリングエコノミー関連銘柄、自動運転関連銘柄などと非常に親和性が高いテーマ株といえる。「カーシェア関連銘柄が注目されたから次はMaaS関連銘柄に物色が移るかも」ということも考えられるし、重複する銘柄もある。

同時期に注目される可能性も高いので、併せて把握しておくとよいだろう。当サイトでは既に下記ページで本命株・出遅れ株 一覧をまとめているので、この機会に併せてチェックしておこう。

シェアリングエコノミー関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
シェアサイクル関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
ライドシェア関連銘柄(ウーバー関連銘柄) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
自動運転関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

MaaS関連銘柄 一覧

  • 3646    駅探        乗り換え案内サービスなどMaaS事業に積極的
  • 3710    ジョルダン     乗り換え案内サービスなどMaaS事業に積極的
  • 2432    ディーエヌエー   タクシー配車アプリ「タクベル」などMaaS事業に積極的
  • 7203    トヨタ自動車    ソフトバンクとMaaS新会社「モネ テクノロジーズ」を設立
  • 9984    ソフトバンクG   トヨタとMaaS新会社「モネ テクノロジーズ」を設立
  • 9007    小田急電鉄     「小田急MaaS」協力企業の一角
  • 9437    NTTドコモ    「小田急MaaS」協力企業の一角
  • 4666    パーク24     「小田急MaaS」協力企業の一角
  • 9005    東京急行電鉄    郊外型MaaSの実証実験
  • 9020    東日本旅客鉄道   観光型MaaSの実証実験
  • 8725    MS&AD     傘下企業がフィンランドの「MaaS Global」社に出資
  • 3987    エコモット     日商エレクトロニクスとMaaS分野で協業
  • 4324    電通        MaaS分野の次世代プラットフォームの研究開発
  • 6038    イード       キャンピングカー社とモビリティ分野で資本業務提携
  • 6201    豊田自動織機    シンガポールのMaaS企業「mobilityX」に出資
  • 6902    デンソー      MaaSシステムの技術開発に積極的
  • 7201    日産自動車     カナダ「トランジット」社に出資しMaaS戦略を強化
  • 7467    萩原電気      ブロックチェーンを活用した社用車ライドシェアサービス
  • 8056    日本ユニシス    京阪バスと次世代モビリティサービスで事業可能性を検討

MaaS関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではMaaS関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

MaaS関連銘柄 本命株 駅探

駅探のチャート画像

時価総額:6,193百万円
PER:(連) 14.21倍
PBR:(連) 1.78倍
≪2019/05/10時点≫

MaaS関連銘柄で本命株として真っ先にl本命株として注目したいのは駅探だろう。駅探は、電車やバスなどの乗り換え案内サービス・アプリ「駅探」を運営している企業。こういった乗り換え案内系のサービスを提供している企業が、いまもっともMaaSに近い企業といえるだろう。

それぞれのモビリティ業者と連携を深め、アプリ内で一括で支払えるような形態がとれれば立派なMaaSといえる。もちろん、駅探自体もMaaSには積極的だ。

それに駅探は時価総額規模も小粒で値動き妙味の観点からも面白い銘柄だ。MaaS関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

MaaS関連銘柄 本命株 ジョルダン

ジョルダンのチャート画像

時価総額:8,503百万円
PER:(連) 29.65倍
PBR:(連) 1.82倍
≪2019/05/10時点≫

経路検索サービスの「乗換案内」を提供しているジョルダンもMaaS関連銘柄の本命株の一角として注目しておきたい。ジョルダンも経路検索サービス・アプリを手掛けているので、駅探と似たような業態なので、その時点でMaaS関連銘柄として注目なのだが、ジョルダンはさらに面白い材料を発表している。

ジョルダンは2019/03/26に交通だけでなく、観光や買い物、飲食などの企画切符や高速バス切符に関わる機能をスマホのアプリ内だけで完結できる新たなMaaSサービスを発表しているのだ。こういうサービスをさらに発展させていけば、もっと本格的なMaaSサービスも夢ではなさそうだ。

ジョルダンも時価総額規模はそこまで大きくなく値動きが軽いため、こちらもMaaS関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

MaaS関連銘柄 本命株 ディー・エヌ・エー

ディー・エヌ・エーのチャート画像

時価総額:266,331百万円
PER:(連) 24.44倍
PBR:(連) 1.05倍
≪2019/05/10時点≫

ディー・エヌ・エーはライドシェア関連銘柄としてもピックアップした銘柄で、MaaS分野に非常に積極的な企業だ。

ディー・エヌ・エーといえば、スマホアプリ関連の会社と思われがちだが最近はけっこういろんなことをしているぞ。モビリティ系の分野も注力している事業の一つでタクシー配車アプリ「タクベル」や、次世代物流サービス「ロボネコヤマト」などを展開。かなりモビリティ事業には積極的なので、こちらもMaaS関連銘柄として注目だ。

ただしディー・エヌ・エーは少し時価総額規模が大きめ。値動きは少しマイルドなので、短期というよりも中長期スタンスでの取り組みが前提となりそうだ。

MaaS関連銘柄 本命株 トヨタ自動車

トヨタ自動車のチャート画像

時価総額:21,330,215百万円
PER:(連) 8.23倍
PBR:(連) 0.96倍
≪2019/05/10時点≫

日本を代表する自動車メーカーのトヨタもMaaS関連銘柄として注目しておきたい。

MaaSが日本で普及した時のことを考えると、みんなマイカーを持つ必要があまりなくなる。つまりトヨタには不利な気がしてしまうがそんなことはトヨタだって百も承知だ。

トヨタは自動車をつくって販売する「自動車メーカー」から、移動(モビリティ)に関するあらゆるサービスを提供するモビリティカンパニーとしての変革を見据えている。

また、トヨタはソフトバンクグループと新たなモビリティサービスの構築に向けた戦略的提携で合意しており、MaaS分野の新会社「モネ テクノロジーズ」を設立している。トヨタとソフトバンクが組んでモビリティ事業をやるとなると、これは本当に天下を獲るんじゃないか?と思えてきてしまう。

トヨタもソフトバンクもMaaS関連銘柄の中核株として注目しておきたい。ただし、やはり時価総額規模は巨大なので短期的な取り組みでは面白みに欠けるだろう。

MaaS関連銘柄 本命株 小田急電鉄

小田急電鉄のチャート画像

時価総額:956,620百万円
PER:(連) 28.34倍
PBR:(連) 2.45倍
≪2019/05/10時点≫

小田急電鉄もMaaS関連銘柄の本命株として注目しておきたい。小田急電鉄は新宿が拠点の鉄道大手だ。小田急だけに限ったことではないが、鉄道企業もMaaS分野に熱視線を送っている業界だ。

小田急電鉄は以下の企業と「小田急MaaS」の実現に向けて相互に連携・協力していくことを発表している。

◆小田急MaaS 協力企業
小田急電鉄
ヴァル研究所
タイムズ24
ドコモバイクシェア
WHILL

小田急MaaSは仮称だが、いちおう2019年の実証実験を目指してアプリの開発をするとしている。本格的にMaaSに取り組んでいるということだ。こちらもMaaS関連銘柄の中核株として注目だ。

ただし小田急電鉄も時価総額規模は大きめ。こちらも短期スタンスではあまりうまみはない。取り組むとしれば中長期スタンスが前提となりそうだ。

MaaS関連銘柄 本命株 パーク24

パーク24のチャート画像

時価総額:336,331百万円
PER:(連) 26.25倍
PBR:(連) 3.96倍
≪2019/05/10時点≫

時間貸し駐車場「タイムズ」など駐車場事業を手掛けるパーク24もMaaS関連銘柄の一角として注目だ。パーク24もMaaS分野に積極的で、日本各地に駐車場というモビリティ拠点となり得る敷地を有しているのは非常に大きなアドバンテージだ。

また、前述に「小田急MaaS」の協力企業の一角でもある。こちらもMaaS関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

パーク24も決して時価総額規模が小粒なわけではないが、小田急に比べれば小さい。値動き妙味という面ではこちらの方が面白そうだ。

MaaS関連銘柄 本命株 エコモット

エコモットのチャート画像

時価総額:8,893百万円
PER:(単) 94.94倍
PBR:(単) 10.07倍
≪2019/05/10時点≫

5G関連銘柄の本命株としてもピックアップしたエコモットだが、実はモビリティ分野にも積極的な企業だ。エコモットは東京都千代田区の日商エレクトロニクスという会社とMaaS分野でも協業強化を視野としている。

エコモットはすでにIoT事業の分野で日商エレクトロニクスと協業しているし、MaaS分野での協力にも期待したい。そもそもMaaSとIoTは非常に親和性が高いしな。

エコモットはMaaS関連銘柄のほかにも5G関連銘柄、IoT関連銘柄など複数のテーマ性を持っているし、なによりも時価総額規模が小さく値動きが軽い点が面白い。当方はMaaS関連銘柄としてもエコモットには注目するつもりだ。

MaaS関連銘柄 出遅れ株 イード

イードのチャート画像

時価総額:4,959百万円
PER:(連) 32.26倍
PBR:(連) 1.85倍
≪2019/05/10時点≫

イードもMaaS関連銘柄の本命株として注目だ。イードは多数のウェブサイトを運営しているメディア運営企業だが、実はMaaS分野にも積極的だ。

例えばMaaS分野のベンチャー企業を世の中に紹介するためのセミナーを定期的に開催していたり、またキャンピングカーのレンタルを手掛ける「キャンピングカー社」とモビリティ分野で資本業務提携もしていたり。

MaaS関連銘柄としては本命株とはいえないかもしれないが、出遅れ株として注目するには面白そうだ。イードは時価総額規模も小さく値動きも軽いので短期スタンスで狙うのはアリかもしれない。

MaaS関連銘柄 本命株 萩原電気ホールディングス

萩原電気ホールディングスのチャート画像

時価総額:26,125百万円
PER:(連) 9.40倍
PBR:(連) 0.83倍
≪2019/05/10時点≫

萩原電気ホールディングスもMaaS関連銘柄の一角として注目だ。萩原電気は名古屋が地盤の電子部品商社で自動車向けが9割の企業。

ここはブロックチェーンを活用した社用車のライドシェアサービスを手掛けており、モビリティ系分野にも非常に積極的だ。さらに子会社がMaaS分野の新会社も設立している。

萩原電気ホールディングスの時価総額規模は小粒とはいえないまでも短期でも十分値動きに期待できるレベル。MaaS関連銘柄の出遅れ株としてみるのも面白いだろう。

MaaS関連銘柄 本命株 日本ユニシス

日本ユニシスのチャート画像

時価総額:359,696百万円
PER:(連) 20.57倍
PBR:(連) 0.03倍
≪2019/05/10時点≫

日本ユニシスもMaaS関連銘柄の一角として注目しておきたい。日本ユニシスは日産のカーシェアリングサービスにモビリティサービスプラットフォームを提供した実績がある点に注目だ。さらに京阪バスとも次世代モビリティサービスで事業可能性を検討している。こちらもMaaS分野に非常に積極的な企業といえる。

日本ユニシスの時価総額規模を考えると取り組みスタンスとしては短期では少し妙味に欠けるか。とはいえ現時点ではPBRが非常に低いところは評価。引き続き注目しておきたいMaaS関連銘柄といえる。

MaaS関連銘柄 まとめ

現在、世界的に移動手段を一元化する「MaaS」という考え方が実現に向かっている。日本においても最近、高齢者による痛ましい自動車事故が相次いでいる。このような自動車事故を無くすためには、高齢者など交通弱者の足となる「自動運転の実用化」や「MaaSの実用化」が必要だ。

社会的意義からもMaaS関連銘柄は今後も注目される可能性が高いだろう。なお、MaaS関連銘柄はともに注目される親和性の高いテーマ株が複数ある。以下のテーマ株もあわせてチェックしておくと良さそうだ。

シェアリングエコノミー関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
シェアサイクル関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
ライドシェア関連銘柄(ウーバー関連銘柄) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫
自動運転関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

それもそのはず。今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。

確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

株エヴァンジェリスト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

現にすでにこの2019年相場だけでも物凄い数の推奨銘柄が株価2倍を超えている。

コンサル関連    霞ヶ関キャピタル 株価2.25倍
ビッグデータ関連  ネットイヤー   株価2.00倍
バイオ関連     オンコリスバイオ 株価3.09倍
カジノ関連     Nuts       株価2.16倍
旅行関連      ベルトラ     株価2.73倍
マネーゲーム株   シベール     株価2.23倍
半導体製造装置関連 アピックヤマダ  株価2.30倍
元号関連銘柄    AmidA HD    株価2.56倍
不動産関連     デュアルタップ  株価2.16倍

この9銘柄は、どれも株エヴァンジェリストが2019年1月~3月の3カ月以内に叩き出した実例。昨年のものも含めれば、それこそ数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。

それに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ