米アップルが任天堂を買収する?!この噂は本当か!?本当ならとんでもないことになりそうだ。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 任天堂関連銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年04月08日(月)投稿】

アップル関連銘柄? 任天堂

任天堂のチャート画像

時価総額:4,292,409百万円
PER:(連) 23.73倍
PBR:(連) 2.76倍
≪2019/04/08時点≫

なんだかとんでもない噂が拡がっているようだ。

なんでも「米IT大手のアップルが任天堂を買収するかも…」という観測が出ているようなのだ。この噂の発端は2019年01月16日付で米ウォール・ストリート・ジャーナル日本版で「アップルは任天堂を買収すべし、コンテンツとプラットフォームの相乗効果に期待」との記事を転載したこと。

確かにアップルは、今や時価総額世界TOP5に入る超大企業だ。アップルくらいになれば、任天堂を買収することすらできてしまうのか。

で、ここにきてウォール・ストリート・ジャーナルの記事が現実になりそうな動きが出てきたというのだ。

任天堂の大株主として名を連ねる京都銀行などの5行が任天堂株を売り出したのだ。

京都銀行が100万株、野村信託銀行が55万3800株、三菱UFJ銀行44万6200株、りそな銀行が22万5000株、滋賀銀行が20万3700株。5行合計で任天堂株を242万8700株を売り出した模様。

急な大株主の持ち株売り出しに「これはもしかしてアップルが任天堂を買収する予兆では…?」という観測が広がっている格好だ。

確かに考えてみればアップルが任天堂を買収するのは非常に合理的でもあるかもしれない。アップルは2019年3月に月額性のゲームのプラットホームサービス「Apple Arcade」を発表している。これに任天堂のコンテンツがラインナップに加わり、または独占タイトルを配信することなどができれば相当強いコンテンツになりそうだ。

ただでさえ、米IT大手グーグルもゲームのプラットフォームサービス「ステイディア」を発表し、アップルはグーグルと対抗する立場にある。ここでの競り合いを優位に進めるカードとして「任天堂の買収」は切り札にもなり得るカード。

しかも、現在の任天堂株価ならば少し前に比べて「割安で買収できそう」なことを加味すると、確かに噂とはいえ、一定の真実味はありそうな気がする。

任天堂自体は京都銀行などの5行の売り出しに対して、およそ5年ぶりの自社株買いを行うなどしているため、そう簡単に買収されることはないとは思うが…。どうだろうか。

日本人としては、日本を代表するゲーム会社「任天堂」がアメリカに買収されるとなるとなんだかさみしいが、もしも万が一アップルが任天堂を買収ということになれば、任天堂の株価は物凄いことになりそうだ。

グーグルのゲームプラットホームサービス「ステイディア」によって、任天堂は苦境に立たされる可能性もあるが、もしもアップルと任天堂が黄金のタッグを組むとすれば任天堂の空売りはかなりおっかないな。

この先の任天堂の動向には注目しておきたい。

ステイディア関連銘柄はコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者様、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

さて、当サイトを見てくれているということはおそらく「テーマ株」に興味を持っている人が多いだろう。

確かに今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・5G関連銘柄・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかり。

今、日本株市場で大化け株を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実問題として次にきそうなテーマ株を個人投資家が常に先取りするのは至難のワザだ。

ネット掲示板やツイッターでバズった銘柄などに後乗りしても結局は高値掴みで終わるケースが多い。

当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りするには「優秀な株サイト」を上手く活用することだと思っている。

正直、株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは紛れもない事実だ。

ということで当方が特に信頼するTOP2サイトを紹介しておく。ここは本当にどちらが2019年の覇権サイトになってもおかしくないと思う。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは絶対にみておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

株エヴァンジェリスト


株エヴァンジェリストはここ数年、当方が今もっとも注目するサイトだ。特にテーマ株に注目するならここは本当に絶対にみておくべきサイト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

現にすでにこの2019年相場だけでも物凄い数の推奨銘柄が株価2倍を超えている。

コンサル関連    霞ヶ関キャピタル 株価2.25倍
ビッグデータ関連  ネットイヤー   株価2.00倍
バイオ関連     オンコリスバイオ 株価3.09倍
カジノ関連     Nuts       株価2.16倍
旅行関連      ベルトラ     株価2.73倍
マネーゲーム株   シベール     株価2.23倍
半導体製造装置関連 アピックヤマダ  株価2.30倍
元号関連銘柄    AmidA HD    株価2.56倍
不動産関連     デュアルタップ  株価2.16倍

この9銘柄は、どれも株エヴァンジェリストが2019年1月~3月の3カ月以内に叩き出した実例。昨年のものも含めれば、それこそ数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。

それに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ