防衛関連銘柄

このカテゴリには防衛関連銘柄についての記事が含まれます。

『 防衛関連銘柄』の最新記事

防衛関連銘柄に関するまとめ、最新情報、最新記事の一覧

防衛関連銘柄が急騰!防衛そして宇宙関連とテーマが豊富!出遅れ銘柄【6946】日本アビオニクスが妙味あり!

米中、そしてトルコもだが地政学リスクの不安要素は今後もでてくるだけに、防衛関連の銘柄も注目しておくべきと言えるぞ。そこで当方が注目する防衛関連銘柄を記載するぞ!

地政学リスク浮上!防衛関連【7014】名村造船が急伸!防衛関連本命の【6208】石川製作所に注目

まあ思惑からの上昇という事からも、短期的な急騰ですぐに沈む可能性はあるが、動きを見るとどれもこれも初動と言える。 菅総理が防衛費に言及となれば、それにより一気にテーマ株として急浮上する事からも、【防衛関連銘柄】は市場のテーマとして今後期待できる可能性が高い事からも注目しておくべきだろう。

金正恩復活?地政学リスク再燃で「防衛関連銘柄が再び投資家資金投入か!」防衛関連の有望株記載したぞ!

世界情勢が不安定な時、そして北朝鮮の金正恩復活」は日本も影響を受けるものだが、こういった地政学リスクの高まっている時には否応がなしでも注目される銘柄がある。それが防衛関連銘柄だ!既出のものもあるが投資家として、今のテーマ株というものは頭にいれておくべきものだ。 そして防衛関連の銘柄は幅広く関連銘柄が買われるものではなく、殆ど4つの銘柄にのみ資金が集中するものだ。その4つを記載するが地政学リス

【防衛関連銘柄追記】アメリカ・イランの地政学リスクから大発会は防衛関連が急騰!

本日は日経平均は地政学リスクから売り圧力が高まり大幅安となったな。だがその中でも地政学リスクから買いがくる防衛関連の銘柄に買いが集まったな。 STOP高5銘柄、10%以上の上昇も2銘柄と悪い環境の中でも投資家からの買いが集まった。そして防衛関連でも筆頭候補の呼び声が高い石川製作所はSTOP高張り付きという形となった。

米国・イランで地政学リスク再燃!不穏な北朝鮮!2020年!防衛関連銘柄本命・出遅れ株

米国がイラン司令官を殺害!地政学リスク再燃! 新年早々、2020年1月3日米国がイランの革命軍ソレイマニ司令官を殺害!このニュースから〝戦争〟になるかもしれない…。この不安からNYダウ、そして世界的に全面安という展開をみせた。 正月で日本市場は休場とはなっているが、日経平均CFDは23800円から米国の攻撃、そしてイランの報復不安から一時23200円台を割り込む場面を見せ、為替も去年のフラ

北朝鮮が年内ミサイルを示唆で防衛関連銘柄が上昇!防衛関連で妙味有りの本命、出遅れ株を記載したぞ

また北のお騒がせ大将が騒ぎ出したな。 まず最近の北朝鮮の【挑発行為】ともとれる報道から振り返ってみよう。11月30日に、日本政府が北朝鮮の「超大型ロケット砲」発射を「弾道ミサイル」と主張した事に対して↓ 「安倍総理は本当の弾道ミサイルがどれかを遠からず、それも非常に近くで見ることになるかもしれない」 「多連装ロケットシステムとミサイルの区別もつかないとは、安倍は世界で唯一無二の白痴、

GSOMIA破棄関連銘柄として防衛関連株&インバウンド関連株に注目。

2019年08月23日(金)は細谷火工や石川製作所など、防衛関連銘柄が大幅に株価を伸ばす場面を見せた。これは韓国が「ジーソミア(GSOMIA)」という日本との軍事情報包括保護協定の破棄を決めたことが刺激材料になった格好だ。

タンカー攻撃 米国がイランに責任があると発言。防衛関連銘柄に注目集まるか。

2019年06月13日、中東のホルムズ海峡の近くで日本の物資を積んだタンカー2隻がなにものかに攻撃を受けるという事件が発生した。翌日になり米国のポンペオ国務長官は「(この攻撃は)イランに責任がある」と主張したようだ。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 防衛関連銘柄

北朝鮮が「非核化をめぐる米国との交渉で中断を検討」と伝わる。防衛関連銘柄に注目

2019年03月15日(金)は防衛関連銘柄が大幅に急騰する場面を見せた。これは北朝鮮と米国の関係性がモヤモヤとしてきたことが原因だ。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 防衛関連銘柄

米朝首脳会談は合意なしに打ち切り。地政学リスクが高まる?!防衛関連銘柄に注目か!?

2018年02月28日(木)の最大の話題といえば、やっぱり米国トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の首脳会談だろう。今回の米朝首脳会談はベトナムの首都ハノイにて2日間にわたって行われたが、会談は予定よりも早く打ち切られ合意するには至らなかったようだ。

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 防衛関連銘柄
サブコンテンツ

このページの先頭へ