スパイバーいつ上場するの?!スパイバー関連銘柄 QMONOS(クモノス)関連銘柄 ゴールドウイン

》》黙って登録すべき投資顧問《《

08/03(水)はゴールドウインが大幅に株価を上げたようだ。

今回、ゴールドウインはスパイバー関連の思惑で株価を上げたようだぞ。

どうやら08/04放送予定のテレビ東京の番組「カンブリア宮殿」の放送500回記念スペシャルに、スパイバーの関山和秀代表が出演することが買い材料とされているらしい。

スパイバーのことは一応、昔から記事に書いていたが久しぶりのネタなので、今一度詳しく書いておこう。スパイバーQMONOSのことをご存知ない方は見ておいて損はない。

スパイバーとは

WS000570スパイバーとは山形県鶴岡市にあるバイオベンチャー企業で世界で初めてクモの糸素材」を人工的に生産することに成功した企業である。2016年8月現在、非上場でありながら世界的に注目度の高い企業だ。

 

 

 

 

QMONOS(クモノス)とは

WS000571
スパイバーが人工的に生産したクモ糸素材はQMONOS(クモノス)と名付けられている。

「クモの糸のなにがスゴイの?」

こう思う人もいると思うが、クモの糸というのはじつは物凄い素材なのだ。なにせ、クモの糸は世界で最も強靭な繊維と言われている。強度は鉄鋼の4倍で伸縮性はナイロンを上回り、さらに耐熱性は300度を超えるとのこと。

しかもタンパク質でできているので化学繊維のナイロンやポリエステルのように石油を使うことがない。つまり自然にも優しく、なおかつ低エネルギーで生産可能というシロモノだ。

物凄いな!まさに夢の素材である。

以前からクモの糸を人工的に量産することができれば夢のような素材になる!と前から期待されており、世界中の研究者が開発に挑んだもののこれまで実用化には至らなかった。

それを世界で初めて人工的に生産することに成功したのがスパイバーという会社なのだ。

日本の企業が世界で初めて~~ってのは同じ日本人として誇らしい気持ちになるな!

ちなみにスパイバーという会社名はスパイダー(クモ)ファイバー(繊維)を合わせたものらしいぞ。

QMONOS(クモノス)の汎用性

QMONOS(クモノス)は人工的に生産されるクモ糸素材。世界でもっともタフな繊維だ。そのタフさから汎用性は極めて高いと思われる。自動車や航空機、船舶などにも活用することができるだろうし、自然素材であることから医療の現場でも活躍できる可能性が高い。またスポーツウェアの素材にはピッタリだ。

ちなみにスポーツウェアの素材としてはすでに試作品が作られている。

↓こちらはスパイバーとノースフェイスが共同で開発した「ムーン パーカ」だ。QMONOS(クモノス)でできている。
WS002027

現在使われているナイロンやポリエステルよりも生産コストがかからないのであれば、その多くがQMONOS(クモノス)に置き換わる可能性すらある。極めて汎用性の高い、まさに夢の素材である。

 

 

 

 

 

 

スパイバーはいつ上場するのか?

スパイバーが上場するという噂もある。もちろん、明確な時期などはわからないが当方はスパイバーの上場はあり得ると思っている。クモ糸素材の汎用性の高さは前述の通り。車のボディーや飛行機・船など様々なモノに利用でき、軽量化・強度の向上が可能。そして石油に頼らずに生産することができるのは大きなメリットだ。

現在、上場を期待される企業の有力候補と言えるだろう。スパイバーがいつ上場するか?!という点については、引き続き続報があり次第、お伝えするつもりだ。

スパイバー関連銘柄 QMONOS(クモノス)関連銘柄 一覧

  • 8111 ゴールドウイン
  • 7707 プレシジョン・システム・サイエンス

スパイバー関連銘柄 QMONOS(クモノス)関連銘柄 本命・出遅れ

それではスパイバー関連銘柄について本命視されそうな銘柄をピックアップしよう。また、出遅れ銘柄などもあれば追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

スパイバー関連銘柄 QMONOS(クモノス)関連銘柄本命 ゴールドウイン

ゴールドウインのチャート画像

スパイバー関連QMONOS(クモノス)関連銘柄の本命としてみられているのが、スポーツウェア中堅のゴールドウインだ。ゴールドウインは2015年09月08日(火)にスポーツアパレル分野における独占的使用を含んだ事業提携を結んでいる企業だ。この業務提携は共同でQMONOS(クモノス)を使用した製品の開発を進め、実用化させる目的だ。また、事業提携契約を締結したのと同時にスパイバーに対し30億円の出資をすることも発表した。当時はこの買い材料で株価がギュンっと騰がった。

30億円の出資を行っているゴールドウイン。スパイバーがもし上場するとなれば、なかなか面白いことになりそうだ。現時点ではスパイバー関連銘柄の本命とも言えるのではないだろうか。

スパイバー関連銘柄 QMONOS(クモノス)関連銘柄 思惑 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)

プレシジョン・システム・サイエンスのチャート画像

プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)はスパイバー関連銘柄一角と噂されている銘柄だ。PSSはバイオ関連銘柄の一角で独自のDNA抽出技術を核に遺伝子解析・免疫測定装置などのOEMが主体の企業。

同社はスパイバーと「革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノムデザイン技術開発」において協力関係にあることから関連銘柄の一角とみられる。

革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノムデザイン技術開発の概要について

また、PSSはスパイバーに出資しているのでは?などの思惑もあるようだ。この点については”あくまで思惑”だが、株は思惑でも上がってしまうもの。スパイバー関連のニュースなどで、関連銘柄が物色される際にはPSSにも注目したい。

スパイバー関連銘柄 まとめ

2015年からスパイバーの上場観測もささやかれており、2016年も多くの投資家がスパイバーはいつ上場するのか?!と期待している現状だ。

まだまだスパイバー関連銘柄QMONOS(クモノス)関連銘柄から目を離せないな。引き続き、注目し新たな関連銘柄が台頭してきた場合は速やかに記事にしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ