日銀が金利ターゲットを導入決定!!金利ターゲット関連銘柄 一覧 本命 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2016年09月21日(水)】

 

日銀が長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入

21日、日銀が金融政策決定会合で新たに「長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入することを決定したな!

「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」って長いしよくわからん名称だな!

たぶん個人投資家の多くもよくわかっていない人が多いと思うので、ザックリとだが説明していこう。

まず日銀は今、量・質にマイナス金利という要素をくわえた3つの方向で追加緩和を行っている

・年間約80兆円に相当する資産買い入れ枠

これが量に該当する項目だ。

 

・平均残存期間が7~12年程度の長期国債の購入、株などのリスク資産の購入

これが質に該当する項目。

・マイナス0.1%の政策金利

これがマイナス金利に該当する項目

この3つの枠組みを維持したうえで、政策の枠組みを強化する目的で長短金利の操作を行うイールドカーブコントロールオーバーシュート型コミットメントの導入を決定。この2つが「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の柱というわけだ。

イールドカーブコントロールとは

難しい横文字だが、イールドカーブとは利回り曲線というもので、マイナス0.1%の政策金利を維持したうえで、10年物国債金利が概ねゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買い入れを行いコントロールするもの(だと思うたぶん)。

つまり、これが金利ターゲットと呼ばれるものだな。今後は長期金利が誘導目標で推移するように調節が行われるということだ。

オーバーシュート型コミットメントとは

オーバーシュート型コミットメントとはカンタンにいうと「物価2%上昇を実現するための強い宣言」ってところかな?

アベノミクスでは「2年程度をめどに物価上昇2%をできるだけはやく実現させる」ことを目標の一つとしてきた。日銀は物価2%上昇のため、13年4月に大規模な量的・質的金融緩和を導入したがが、3年半経った今もフタをあけてみると物価2%上昇どころか、消費者物価指数は前年比マイナスに転じている状況だ。

そこで、今回2年という期間を取っ払って「物価2%を安定的に持続するまで量的緩和を続ける」ということを今回決定したってわけだ。

「長短金利操作付き、量的・質的金融緩和」に対する市場の反応

21日の日経平均株価は終値ベースで前日比+315円と大幅な上昇。今回の日銀の決定は、今のところマーケットでは概ね評価されているようだ。

14日の日経新聞で、「日銀の追加緩和拡大はマイナス金利を軸に」と報じられていたが、今回は単なるマイナス金利の深堀をするわけでなく、長期的なスタンスの金利ターゲットを導入したのが好感されたのかもしれない。

そもそもマイナス金利の導入は市場関係者から、反発が出ていたものでもあるしな。

「今回の決定に驚きはないが、まだ追加緩和の余地はある」

また、黒田総裁は今後の含みを持たせる発言もしていることが印象的だ。7月のETF買い増額の際にも思ったが、最近の日銀は追加緩和やETF買いといったジョーカーを持ちながら「だすぞだすぞ」という期待で長引かせ、市場の心理をコントロールしているような印象だ。

今回も追加緩和の余地を匂わせ、後に期待を残すやり方である。

金利ターゲット関連銘柄 本命 一覧

さて、今回の金利ターゲット導入によりメリットをうける銘柄はなんなのだろうか?21日はひとまず、銀行株が軒並み株価をあげていた印象だ。

今後の追加緩和で「マイナス金利の深堀」が行われる警戒感はあるものの、今回の金利ターゲットの導入(イールドカーブコントロール)は銀行株にとってはプラスの要因だ。

取り急ぎ、現状の金利ターゲット関連銘柄の本命は銀行株ということでよいのかな?

8306    三菱UFJフィナンシャル・グループ
8411    みずほフィナンシャルグループ
8308    りそなホールディングス
8316    三井住友フィナンシャルグループ
8303    新生銀行
8301    日本銀行
8410    セブン銀行
8304    あおぞら銀行
8360    山梨中央銀行
7180    九州フィナンシャルグループ
8379    広島銀行
8327    西日本シティ銀行
8387    四国銀行
8364    清水銀行
8381    山陰合同銀行
8346    東邦銀行
8543    みなと銀行
8388    阿波銀行
8524    北洋銀行
8336    武蔵野銀行
8341    七十七銀行
8367    南都銀行
8359    八十二銀行
8750    第一生命保険
8370    紀陽銀行
8550    栃木銀行
8522    名古屋銀行
8345    岩手銀行
8362    福井銀行
8324    第四銀行
8337    千葉興業銀行
8397    沖縄銀行
8382    中国銀行
8385    伊予銀行
8344    山形銀行
8309    三井住友トラスト・ホールディングス
8334    群馬銀行
8545    関西アーバン銀行
8395    佐賀銀行
8537    大光銀行
8361    大垣共立銀行
8396    十八銀行
8356    十六銀行
8331    千葉銀行
8358    スルガ銀行
8342    青森銀行
8325    北越銀行
8363    北國銀行
8355    静岡銀行
8366    滋賀銀行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月21日には日銀のあらたな金融政策の枠組み「金利ターゲット」などの導入が決定し、さらに市場は盛り上がりそうだ!

7月末に決定した日銀のETF買い増額の件もあるし、あとは為替が円安方向に振れれば、カンタンに上にいく可能性もありそうだ。

こういう時こそ情報が重要。特に外部環境に影響を受けにくいテーマ株に注目するのは面白いと思うぞ。

今はテーマ株系の情報に強いサイトを活用するのがオススメだ。

最初は無料でも十分活用できるところを選ぶのが基本。無料で活用できてなおかつ旬なテーマに強いといえばオススメはこの2社だ。

TBM
WS000210

 

 

 
ここは無料でガッツリ活用できるのでオススメだ。
しかも無料情報でも爆発的な推移を見せているものがある。直近だとポケモン関連のボロ株サノヤスHDを動意づく前に買い推奨→株価5倍に肉薄、さらに無電柱化関連で株価を上げたゼニス羽田HDも推奨~高値で株価2倍に推移など

無料銘柄といえど、手抜きナシ。旬なテーマに沿った銘柄を提供してくれるので、短期でドカンと狙いたいなら試してみる価値アリだ。

TBMで無料銘柄をもらう≫

そして、最近はこちらも見逃せない。

株プロフェット

Ads By Steady.

株プロフェットはまだ新しいサイトなので、知らない人も多いかもしれないがここはけっこう凄いぞ。ここも無料の配信銘柄がトンデモナイ推移をしている実例がある。

7月アタマに急騰したソフトブレーンもここでは動意づく前に推奨し、5日連続ストップ高を記録。一気に株価4倍にまで成長したのにはびっくりした。

また、アプリ関連のモブキャストも612円とかなり安い段階で推奨しており高値では株価2倍を超えた。他にもタツモやウインテスもト株価1.5倍をマーク。いずれも無料で配信した銘柄だというのだから驚きだ。

ここは無料情報でもけっこうな推移をする銘柄を提供している印象だぞ。おそらく、まだ新しいサイトだから「まずは信頼を獲得する」というスタンスなのだろう。

嬉しいことにここは、無料登録をすると「まず試してほしい銘柄」というのを即教えてくれるそうだ。これはかなり気になる。無料でもバンバン成績を出しているので試してみるのも面白そうだ。

株プロフェットの「まず試してほしい銘柄」とやらを無料でみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

 

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド
仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ