※5Gで高まる期待!急騰期待候補【9424】日本通信に注目だ!

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》急騰銘柄候補配信!実績抜群の登録すべき投資顧問《《

今、有望な面白そうな銘柄は?そう聞かれたら、5Gというビッグテーマの関連銘柄を思い浮かべるのだが、その中でも当方が有望視している銘柄がある。それが【9424】日本通信だ。

5G関連 MVNO(格安SIM) 9424 日本通信

時価総額:40,736百万円
PER:(連) ---倍
PBR:(連) 57.41倍
≪2020/01/21時点≫

日本通信がチャート的にも今後、非常に面白い動きとなるのではとみている。日本通信は格安SIMの草分け的存在、マルチキャリアSIM、セキュリティ、IoT、通話定額サービス他などモバイル通信ネットワークなどを主力とする企業だ。

まず同社だが、NTTドコモと行っている、音声通話の定額サービスを含めた卸契約に関する協議が不調に終わったとして、総務大臣による裁定を求める申請を行っている。

そして、今回の日本通信が求めているのは2点あるのだが、

1.音声通話サービスの原価に適正な利潤を加えた金額で、卸電気通信役務として日本通信に提供すること

2.現在ドコモが提供中の音声通話定額サービスおよび5分間の通話定額オプションを、同じく原価に適正な利潤を加えた金額で日本通信に提供する

この2点を求めている。この総務大臣への裁定が通った場合、日本通信は音声通話およびデータ通信を含めた月額料金を、MNOと比べて約4割削減できると主張している。

この総務大臣裁定の申請を日本通信がしたのが11月15日(金)。総務省は、ドコモからも意見を聴取し、双方の主張を踏まえたうえで裁定案を作成する事となるわけだがこの申請から本日で約2ヶ月となる。

日本通信とドコモの協議不調は2007年にもあるのだが、全開の日本通信の主張が認められ、ドコモ回線を活用したMVNOのデータ通信サービスが広がる契機を作っている。

まずMVNOがデータ通信サービスの提供での各社携帯大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に支払う料金は年々下がってはいるのだが、音声通話の料金は高いままだ。

この裁定がどうなるのか?という部分だが、総務省はモバイルビジネス市場の一層の活性化を実現することにより、利用者利益の向上等を図る観点から、「モバイルビジネス活性化プラン」(平成19年9月21日)に基づき、MVNOの新規参入の促進に向けた各種施策を展開しており、昨年12月18日には、各社携帯大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に対し、5G通信サービスの提供に必要な機能や情報をMVNO事業者に提供するよう求めている。

そのMVNOに提供する具体的な内容だが、

1.来春の商用化するタイミングと同時期にMVNOに対しても5Gサービスの提供にかかる機能開放を行うこと

2.MVNOが利用者向けに5Gサービスを円滑に提供できるようにするために、具体的な機能開放時期や提供エリア、通信速度、接続料、接続箇所、接続箇所における技術的条件など5Gサービスの提供に必要な情報をMVNOに対して速やかに提供すること

3.2に関連して個別協議や設備改修、ネットワーク試験など機能開放に先立ってMVNOが何らかの対応を要する事項がある場合は、MVNOが十分な余裕をもって対応、実施できるスケジュールで情報を提供すること

上記の様に、総務省も5G元年、そしてMVNO事業者に対しての対応を重要視しているという事を考えると、今回の日本通信の「主張」が通る可能性は十分あるのではないだろうか。

そして同社は2019年の3月期の決算説明書でFPoS商用化開始から3~5年で時価総額5000億の事業規模に成長させる事を経営視点としている。

時価総額5000億となると、今の時価総額が400億なので12倍もの時価総額を見込んでいる。

何よりもこの5Gへの導入は、すでにサービスが始まっているアメリカや中国などと比べると、日本は出遅れた状態となっている。「次世代の移動通信システムの円滑な導入は、国際競争力の強化に不可欠であり、できるだけ早期に取り組みを開始することが必要だ」と総務省は発表しており、これ以上遅れを取るわけにはいかないわけだ。

さらに同社はスマートフォンで世界で最も安全な金融取引を可能とするFinTechプラットフォーム「FPoS」の特許を取得しているぞ、米国でローカル5G戦略に基づきCBRS(市民ブロードバンド無線サービス)向けのハイブリッドSIMを提供など好材料も豊富だ。

業績は20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益は3.3億円の赤字と今一つではあるが、次回決算は2月6日となっている。総務省のMVNOへの支援、そして「FPoS」の本格的な商用サービスなども考えるとここから非常に面白い動きとなる可能性が高い銘柄とみているぞ。

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!
株 株

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパン投資

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

株マイスター

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-,