日本通信がフィンテック関連銘柄として注目度上昇中!!将来的に全てのスマホに「エフポス」が搭載されるかも?!

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年06月05日(火)投稿】

フィンテック関連銘柄 出遅れ株・本命株 日本通信

日本通信のチャート画像

時価総額:37,207百万円
PER:---倍
PBR:(連) 41.67倍
≪2018/06/06時点≫

日本通信の株価急騰が目立つな!日本通信は06/01(金)、06/04(月)と2日連続でストップ高、さらに06/05(火)もストップ高にはならずとも高値298円を付けている。まぁ大引け時点ではけっこう調整したけども。

まぁいずれにしても、最近目立たなかった日本通信がここ数日で爆発的に株価を上げているというわけだ。

日本通信といえばMVNO関連銘柄の先駆者。格安SIM携帯が出始めた頃あたりはかなり注目された銘柄だな。MVNO関連銘柄は株のテーマとしてはもうピークを過ぎており、日本通信も最近はトンと名前を聞かなくなったが、ここにきて日本通信はフィンテック関連銘柄として開花したようだ。

日本通信は「エフポス(FPoS)」というフィンテックプラットフォームを手掛けているが、このエフポスが金融庁の「フィンテック実証実験ハブ」の支援案件として決定されたと、05/31(木)の大引け後に発表されたのだ。

どういうことか超ザックリとだけど説明しよう。

みなさん、スマホで銀行口座から振り込みなどの「金融取引」をしたことはあるかな?

当方でもあるくらいだし、たぶん「ある!」という方が多いと思うが、この「スマホでの金融取引」というのは、現状セキュリティの問題点があり不十分だそうだ。

例えば、現在のスマホでの金融取引ではスマホのID・パスワードに加え「ワンタイムパスワード」などを配布するなど2要素認証を基本としている。だが、ユーザーがスマホとワンタイムパスワードの2つを常に持ち歩くってのは明らかに利便性を損ねているし、また紛失のリスクもある。

それに現在のネット経由の取引では、IDやパスワードが正しく使われていると言う点を前提に本人確認を行っているが、悪意を持った第三者がIDやパスワードをハッキングで盗用することも不可能ではない。

つまりネット経由での本人確認手法は、現状の方法だとセキュリティ観点からみてあまり優れたものではないのだそうだ。

そこで日本通信が開発した「エフポス」が役立つらしいぞ!

エフポスはサブSIMと呼ばれるICカードを使い、このICカードが持つ高度なセキュリティ機能を活かしたフィンテックプラットフォームであり、これを使うことでスマホからの金融取引の安全性に関する問題を解決することができるのだそうだ。(なにがどう安全なのか!ってのを知りたい人もいるかもだが、そこは当記事の本筋じゃないので割愛)

というか、今回の「フィンテック実証実験ハブ」ではこの「エフポス」の金融取引における安全性を実証するのが目的とのこと。

面白い点は、エフポスはドコモでもKDDIでもソフトバンクでも、またその他のMVNO事業者のキャリアでも全てのスマートフォンで利用することができるプラットフォームであるという点。

つまり、今回の実証実験で「エフポス」の安全性が実証されれば、

「将来的に日本で発売される全てのスマートフォンにエフポスが搭載される可能性もあるかもしれない」

ということかな?

まぁこれは実証実験の結果次第のところもあるし、まだわからないが可能性としてはあり得なくはないだろう。

こう考えるとなかなかの大材料に思えるな。

ちなみに今回の金融庁の「フィンテック実証実験ハブ」は日本通信と「8334 群馬銀行」「8331 千葉銀行」「徳島銀行(8600 トモニホールディングス)」「3994 マネーフォワード」「サイバートラスト(非上場)」の6社共同で行う。

つまり日本通信だけでなく以下の銘柄も一応、フィンテック関連銘柄というかエフポス関連銘柄として注目しておくべきだろう。

  • 8334 群馬銀行
  • 8331 千葉銀行
  • 8600 トモニHD(傘下に徳島銀行)
  • 3994 マネーフォワード

ちなみにフィンテック関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめにも目をとおしておくとよいかもね。

フィンテック関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ≫

2024年の新年相場がスタート!今年の株式市場を彩る"注目テーマ"&"大化け期待株"とは何か??

今年の新年相場がいよいよスタートした!

今年の干支にまつわる相場の格言、『辰巳天井』を期待する声が市場では高まっている。果たして、2024年の株式市場は「大躍進の年」となるのか?それとも「波乱の年」か?

いずれに転んだとしても、今年の株式市場を彩る「人気テーマ」に注目が集まり、短期急騰を演じる「大化け株」がはっきりと姿を現すはずだ。ぜひ、この活況のチャンスを手にして欲しい。

2024年の大化け期待株を手にしたい!

急騰を演じる注目テーマの初動を掴みたい!

今年の初投資をいいスタートにしたい!

株式投資クラブ管理人のアイコン画像

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-