コバルト関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年03月05日(月)投稿】

コバルトのイメージ画像

今、世界的な自動車のEV化加速の流れもあり、電池材料の一種であるコバルト不足が深刻化しつつある。

2018年2月には米国を代表するIT企業 アップル社が電池の主要材料として知られるレアメタル(希少金属)の一種「コバルト」を鉱山企業から長期間にわたり直接調達するために交渉しているとの報道があったようだ。

米アップルが自社でコバルトを直接調達しようという動きを見せているのは、コバルト不足が深刻化していることを物語っているといえる。

リチウムイオン電池はEV向けの需要も大きく拡大しており、その他電子デバイスを手掛ける企業からの需要も大きい。電池材料であるコバルトは取れる量が限られるため、今、EVを手掛ける自動車関連企業や、電子デバイスを手掛けるハイテク系企業により世界的なコバルトの争奪戦がさらに過熱しそうだ。

日本の株式市場でもコバルト関連銘柄に注目が集まりつつある。と、いうことでこのページではコバルト関連銘柄本命株出遅れ株 一覧を詳しくわかりやすくまとめておく。

コバルト関連銘柄とは

コバルト関連銘柄とはその名の通り、永久磁石やリチウムイオン電池の正極材料などとして利用されるレアメタルの一種「コバルト」に関連する銘柄の総称である。

コバルトとは強磁性を示すレアメタル(希少金属)の一種で、永久磁石やリチウムイオン電池の正極材などに利用されることで知られる。他にも酸化物は陶磁器やガラスの青色着色顔料にもなる。

いま、世界的にコバルト不足が叫ばれていることがコバルト関連銘柄が注目されている要因と言えるだろう。リチウムイオン電池はスマホやPC、タブレットといった身近な電子デバイス向けの需要だけでなく、EV(電気自動車)向けの需要も急速に拡大しており、現在EVを手掛ける自動車関連企業や、電子デバイスを手掛けるIT、ハイテク系企業により世界的なコバルトの争奪戦が繰り広げられている。

2018年02月には米アップル社がレアメタル(希少金属)の一種「コバルト」を鉱山企業から長期間にわたり直接調達するために交渉していると報道もあったこともコバルト関連銘柄に刺激を与えた。アップル社は自社デバイスに搭載する電池材料を安定的に調達しようというのがねらいだろう。

コバルトは今後の需要拡大にともない、価格の上昇などもあるかもしれない。コバルト関連銘柄にとっては、安定的な供給ができれば大きなビジネスチャンスとなる。コバルト関連銘柄は今後、リチウムイオン電池関連銘柄と並んで、長期的に注目されるテーマ株となるかもしれない。本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

なお、コバルトはリチウムイオン電池の材料となるという点から、コバルト関連銘柄は広義ではリチウムイオン電池関連銘柄とも言える。リチウムイオン電池関連銘柄は近縁テーマであるため、併せて把握しておこう。(リチウムイオン電池関連銘柄は以下リンクより参照)

リチウムイオン電池関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

コバルト関連銘柄 一覧

  • 4092    日本化学工業   リチウムイオン電池用正極材 コバルト酸リチウムを製造
  • 4107    伊勢化学工業   ニッケル、コバルト系の各種金属化合物を生産
  • 5713    住友金属鉱山   ニッケルやコバルトなどの供給
  • 5724    アサカ理研    レアメタルリサイクル(LiBから低コストでコバルト回収する技術)
  • 7456    松田産業     レアメタルリサイクル(コバルト回収も)
  • 5233    太平洋セメント  レアメタルリサイクル(コバルト回収も)
  • 5020    JXTG HD  レアメタルリサイクル(コバルト回収も)
  • 1963    日揮       海洋開発・探査・採掘技術
  • 1606    日本海洋掘削   海洋開発・探査・採掘技術
  • 6269    三井海洋開発   海洋開発・探査・採掘技術
  • 7003    三井造船     傘下に三井海洋開発
  • 9755    応用地質     地質調査首位
  • 6297    鉱研工業     地下資源工事用の掘削機械
  • 8031    三井物産     金属資源の確保・安定供給
  • 8053    住友商事     金属資源の確保・安定供給

コバルト関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではコバルト関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

コバルト関連銘柄 本命株 日本化学工業

日本化学工業のチャート画像

時価総額:28,642百万円
PER:(連) 11.77倍
PBR:(連) 0.83倍
≪2018/03/05時点≫

日本化学工業はコバルト関連銘柄の本命株として注目したい。日本化学工業は1893年創業の工業薬品企業の老舗。日本化学工業はリチウムイオン電池の正極材としてコバルト酸リチウムを製造している企業だ。リチウムイオン電池の需要が拡大すれば、当然、電池材料となるコバルトの需要も拡大するだろう。コバルトの需要増は日本化学工業にとっては大きなビジネスチャンスとなる可能性がある。まさにコバルト関連銘柄と言えるだろう。

日本化学工業の時価総額規模は小粒というほどでもないが、値動きが重いというほどでもない。短期スタンスにおいても十分妙味のある銘柄といえそうだ。コバルト関連の中核銘柄として注目したい。

コバルト関連銘柄 本命株 伊勢化学工業

伊勢化学工業のチャート画像

時価総額:19,796百万円
PER:(連) 39.34倍
PBR:(連) 0.83倍
≪2018/03/05時点≫

伊勢化学工業もコバルト関連銘柄の中核銘柄として注目したい。伊勢化学工業も電池材料となるニッケルやコバルト系の各種金属化合物を生産している。こちらもEV向けや電子デバイス向けにリチウムイオン電池の需要が拡大すれば、ビジネスチャンスの恩恵を受ける可能性がある銘柄と言えるだろう。

伊勢化学工業も時価総額規模は小粒とはいえないまでも、値動きは十分に期待できるだろう。こちらもコバルト関連銘柄の本命株として注目したい。

コバルト関連銘柄 本命株 アサカ理研

アサカ理研のチャート画像

時価総額:6,521百万円
PER:(連) 23.15倍
PBR:(連) 2.30倍
≪2018/03/05時点≫

アサカ理研もコバルト関連銘柄の本命株として注目したい。アサカ理研は電子部品からの貴金属回収、レアメタルリサイクルなどを手掛ける企業だ。

注目なのは、アサカ理研はリチウムイオン電池から低コストでコバルトを回収する技術を持っている点。コバルト不足が指摘される現在、まさにドンピシャの技術を持っている銘柄と言えるだろう。アサカ理研はコバルト不足の現代社会の救世主となり得る可能性もあるか!?

アサカ理研は時価総額規模も小粒で、値動きも軽い銘柄。短期資金も集まり易いので、短期スタンスでも十分妙味がある。コバルト関連銘柄の本命株として注目したい。

コバルト関連銘柄 本命株 松田産業

松田産業のチャート画像

時価総額:54,782百万円
PER:(連) 14.02倍
PBR:(連) 0.89倍
≪2018/03/05時点≫

松田産業も電子部品などのスクラップから、貴金属を回収し、電子材料や地金のかたちで販売している会社。レアメタルリサイクルなどを手掛けている銘柄と言えるだろう。こちらも電池材料のコバルトの回収を手掛けることから、コバルト関連銘柄として注目したい。

松田産業は太平洋セメントと共同で、使用済の車載リチウムイオン電池の新たなリサイクル技術を開発した点に注目だ。

松田産業の時価総額規模はアサカ理研よりは大きめなので、値動きはややマイルドになりそうか。

コバルト関連銘柄 本命株 太平洋セメント

太平洋セメントのチャート画像

時価総額:475,505百万円
PER:(連) 12.18倍
PBR:(連) 1.19倍
≪2018/03/05時点≫

太平洋セメントもコバルト関連株として注目。太平洋セメントは社名のとおり、セメントで首位の企業だ。太平洋セメントは前述のとおり、レアメタルリサイクルの松田産業と共同で、車載リチウムイオン電池のリサイクル技術を開発した企業。こちらもコバルト関連銘柄の一角として注目。

ただ、太平洋セメントは少し時価総額規模が大きめなので、短期スタンスというよりも中長期スタンスが前提となりそうか。

コバルト関連銘柄 本命株 日本海洋掘削

日本海洋掘削のチャート画像

時価総額:37,152百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 1.58倍
≪2018/03/05時点≫

日本海洋掘削もコバルト関連銘柄の一角として注目したい。日本海洋掘削は、社名のとおり海洋掘削を手掛ける企業だ。

2016年に海洋研究開発機構などが、日本近海(南鳥島周辺の排他的経済水域 南部から東部にかけての深海底)にコバルトなどのレアメタルを含む球状の岩石マンガンのジュールを発見したと発表している。また、2017年には房総半島沖に位置する拓洋第3海山で「コバルトリッチクラスト」を発見したとも発表している。

現在の世界規模のコバルト争奪戦や、将来的なコバルトの需要増を考えれば、日本の海洋掘削企業が日本の近海に眠るコバルト掘削事業乗り出す可能性は十分にあり得ると言えるだろう。

そうなれば、日本海洋掘削はコバルト関連銘柄の本命に躍り出るかもしれない。注目しておきたいコバルト関連銘柄だ。

コバルト関連銘柄 出遅れ株 鉱研工業

鉱研工業のチャート画像

時価総額:5,050百万円
PER:(連) 25.25倍
PBR:(連) 1.50倍
≪2018/03/05時点≫

鉱研工業もコバルト関連銘柄の一角として注目しておきたい。鉱研工業は地下資源工事用の掘削機械などを手掛ける企業だ。日本の海洋掘削系の企業が、日本近海におけるコバルト掘削事業に乗り出せば、鉱研工業もビジネスチャンスと言えるだろう。

なお、鉱研工業は時価総額規模が小粒なので人気化すれば火柱が立ちやすい銘柄とも言えそうだ。コバルト関連銘柄の出遅れ株として注目するのも面白そうだ。

コバルト関連銘柄 出遅れ株 応用地質

応用地質のチャート画像

時価総額:42,339百万円
PER:(連) 34.64倍
PBR:(連) 0.61倍
≪2018/03/05時点≫

地質調査首位の応用地質も、コバルトの眠っている地質などを調査するなどそういう面でコバルト関連銘柄に絡んでくるかもしれない。そういった面ではコバルト関連の出遅れ株として注目するのもアリか?!

コバルト関連銘柄 まとめ

リチウムイオン電池の需要は年々増していくばかりだ。今後も、世界的な自動車のEV化加速の流れやIoT製品の増加などにより、さらにリチウムイオン電池の市場は拡大するだろう。現在、深刻化する世界的なコバルト不足はさらに勢いをまし、コバルト争奪競争も過熱しそうだ。

コバルト関連銘柄は、今後リチウムイオン電池関連銘柄と並び注目されるテーマ株となる可能性がある。本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ