水道民営化関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 水道民営化関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年12月06日(木)投稿】

※このページは2018/12/07(金)に追記・更新しました。

水道民営化のイメージ画像

現在、日本の水道の多くは市町村が運営しているが、人口減少に伴い料金収入も減少し、経営環境が悪化しているようだ。

この状況からも「水道を民営化しよう」という動きが出てきている。最近では「電気自由化」「ガス自由化」と我々を取り巻くライフラインが続々と自由化していっているが、今度は水道も「民営化」しようとしているというわけだ。

現に、2018年12月06日の衆院本会議では、自治体が水道事業の運営権を民間企業に売却するコンセッション方式を導入しやすくする内容を含んだ水道法改正案が可決され、成立した模様。

水道はもっとも生死にかかわるライフラインといえるため水道民営化することによる「料金高騰」いや「水質低下」など懸念点もあり、水道民営化は賛否両論あると思うが、すでに水道法改正案が可決・成立した以上は、今後どんどん水道民営化は進んでいくことだろう。

電気自由化・ガス自由化の際に関連銘柄が物色されたように、水道民営化関連銘柄も株式市場で注目されていく可能性が高い。

と、いうことで、このページでは水道民営化関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

水道民営化関連銘柄とは

水道民営化関連銘柄とは、その名の通り水道の民営化に関連して恩恵を受ける銘柄の総称である。主に水道工事などを手掛ける企業や水道事業のノウハウをもち、コンサルティングを手掛ける企業などが関連銘柄の中心になりそうだ。

水道民営化の背景

水道民営化の流れというか、背景についてもう少し詳しく説明しておこう。

これまでおもに市町村が運営してきた水道が、なぜここにきて民営化されようとしているのか?それは先も述べたように人口の減少に伴う収入の減少も理由の一つだが、もう一つ、水道施設の老朽化も深刻な問題だ。

日本の上下水道のインフラは世界的にも非常に高い水準を保っている。水質も高く、漏水率も低い。だが、人口減少に伴い技術者などの人材不足もあり老朽化が深刻化しており、現状では運営がままならなくなってきているらしい。

現在の水道インフラを保つためには水道事業を広域化するなどし運営の効率化を図ることが必要だ。これは民間を受け入れることで解決しようというのが根本だ。水道を民営化する背景には日本の抱える人口減少・人材不足といった背景があるのだ。

また、水道を民営化し成功すれば、そのノウハウを海外へ輸出することもできるだろう。もともと日本の水道レベルは世界でもトップ級。水質・漏水率ともに非常に高いレベルを誇っている。運営を立て直し日本の水道を世界に輸出できれば非常に面白そうだ。

まぁ水道民営化に対しては賛否両論あると思うが、株式市場においては大きな材料となるニュース。水道民営化関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

水道民営化関連銘柄 一覧

  • 2325    NJS     上下水道のコンサルタント
  • 4642    オリジナル設計 上下水道のコンサルタント
  • 6403    水道機工    上水道施設向け浄水処理設備 東レ傘下
  • 3402    東レ      傘下に水道機工
  • 9551    メタウォーター 上下水処理設備でトップ級
  • 6328    荏原実業    水処理設計・施工など
  • 1844    大盛工業    上下水道の土木工事
  • 6326    クボタ     鋳鉄管首位 水道用鉄管など
  • 5602    栗本鐵工所   鋳鉄管2位 水道用鉄管など
  • 5612    日本鋳鉄管   鋳鉄管3位 水道用鉄管など
  • 5411    JFE HD  粗鋼生産・水道管なども
  • 6485    前澤給装工業  水道用給水装置シェア4割
  • 6489    前澤工業    上下水道用機械専業の大手
  • 7925    前澤化成工業  上下水道関連製品が柱
  • 6501    日立製作所   水環境ソリューション
  • 8058    三菱商事    海外で水道事業展開 英国の水道企業にも出資

水道民営化関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは水道民営化関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

水道民営化関連銘柄 本命株 NJS

NJSのチャート画像

時価総額:16,921百万円
PER:(連) 8.87倍
PBR:(連) 0.90倍
<2018/12/06時点≫

水道民営化関連銘柄としてまず本命株として注目しておきたいのはNJSだろう。NJSの事業内容は上下水道のコンサルタントで、官公需がほとんどを占める。水道の調査や設計・施行・管理まで一貫して行っている。まさに水道コンサルで、民営化によって大きな恩恵を受ける可能性のある銘柄だ。

NJSは時価総額規模もそこまで大きくなく値動きも軽い点も面白い。PER、PBRも今のところそれほど過熱したようには感じない。水道民営化関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

水道民営化関連銘柄 本命株 オリジナル設計

オリジナル設計のチャート画像

時価総額:7,610百万円
PER:(単) 11.49倍
PBR:(単) 1.08倍
<2018/12/06時点≫

NJSと並んで水道民営化関連銘柄の本命株として注目しておきたいのはオリジナル設計だ。オリジナル設計も上下水道や水質保全などの建設コンサルタント事業を手掛ける銘柄だ。こちらも水道民営化に際し、大きな恩恵を受ける可能性がありそうな銘柄といえる。

なおオリジナル設計の時価総額規模は、NJSよりも小粒。値動き妙味に関してはこちらの方が面白みがあるといえるか?!オリジナル設計も水道民営化関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

水道民営化関連銘柄 本命株 水道機工

水道機工のチャート画像

時価総額:10,194百万円
PER:(連) 12.72倍
PBR:(連) 0.96倍
<2018/12/06時点≫

水道機工も水道民営化関連銘柄の本命株として注目だ。水道機工は東レ傘下の企業で、水処理業界では先駆者といえる企業だ。主に上水道施設向けの浄水処理設備を手掛けており、こちらも民営化によって恩恵を受ける可能性の高い銘柄といえる。また、水道機工は海外(サウジ)にも水道事業を展開しており、日本の水道を海外へとつなぐ橋渡し的存在としても注目だ。

水道機工も時価総額規模は比較的小粒なほう。値動き妙味も面白く、PBRも現状株価では1倍以下。注目しておきたい水道民営化関連銘柄だ。

水道民営化関連銘柄 本命株 メタウォーター

メタウォーターのチャート画像

時価総額:82,048百万円
PER:(連) 17.09倍
PBR:(連) 1.60倍
<2018/12/06時点≫

メタウォーターも水道民営化関連銘柄の中核株として注目しておきたい。メタウォーターは上下水の処理設備でトップ級の企業だ。こちらもまさしく水道民営化関連銘柄ドンピシャといえる。

ただメタウォーターは時価総額規模が少しだけ大きめ。短期スタンスでも妙味がないわけではないが、瞬発力だけでみれば上記銘柄には少し面白みにかけるかもしれない。

水道民営化関連銘柄 出遅れ株 荏原実業

荏原実業のチャート画像

時価総額:13,652百万円
PER:(連) 9.20倍
PBR:(連) 1.00倍
<2018/12/06時点≫

荏原実業はポンプや空調などの機器卸を手掛けるが、水処理設計・施行なども展開している企業だ。こちらも水道民営化によりビジネスチャンスを得る可能性の高い銘柄といえるだろう。

荏原実業も時価総額規模はそこそこ小粒なほう。値動き妙味の観点からも注目しておきたい水道民営化関連銘柄だ。

水道民営化関連銘柄 本命株 大盛工業

大盛工業のチャート画像

時価総額:3,549百万円
PER:(連) 14.65倍
PBR:(連) 0.95倍
<2018/12/06時点≫

小粒どころの水道民営化関連銘柄として注目しておきたいのは大盛工業だ。大盛工業は東京が地盤で不動産関連の事業も手掛けるが、メインは下水道や地中工事の土木事業だ。上下水道の工事を手掛ける企業ということは、老朽化が進んでいる水道関連工事の需要が高まる可能性がある。

大盛工業は時価総額規模が小粒だし人気化すれば火柱が立つ可能性もありそうだ。注目しておきたい。

水道民営化関連銘柄 本命株 栗本鐵工所

栗本鐵工所のチャート画像

時価総額:20,741百万円
PER:(連) 12.93倍
PBR:(連) 0.33倍
<2018/12/06時点≫

水道民営化関連銘柄として栗本鐵工所も外せない本命株といえそうだ。栗本鐵工所は鋳鉄管で国内2位の銘柄。上下水道用の鉄管なども手掛けているため、老朽化した水道管の工事には欠かせない企業ともいえる。こちらも水道民営化により、老朽した施設の改修工事などで大きな恩恵を得る可能性のある銘柄だ。

なお鋳鉄管首位はクボタだが、クボタは時価総額規模が大きく値動きの観点で少し面白みに欠けるため栗本鐵工所に注目してみる。

水道民営化関連銘柄 本命株 日本鋳鉄管

日本鋳鉄管のチャート画像

時価総額:4,139百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 3.58倍
<2018/12/06時点≫

忘れてはいけないのは日本鋳鉄管だ。日本鋳鉄管は鋳鉄管で国内3位の銘柄。こちらも上下水道用の鉄管を手掛ける企業で、栗本鐵工所同様に水道民営化により恩恵を受ける可能性のある銘柄だ。

日本鋳鉄管の時価総額規模は栗本鐵工所よりも小さいので、値動きの幅としてはこちらの方に妙味がありそうか。栗本鐵工所と同様に水道民営化関連銘柄の一角として注目しておこう。

【2018年12月07日(金)追記】

水道民営化関連銘柄 本命株 前澤工業

前澤工業のチャート画像

時価総額:8,185百万円
PER:(連) 7.78倍
PBR:(連) 0.44倍
<2018/12/07時点≫

水道民営化関連銘柄として前澤工業にも注目しておくべきだろう。前澤工業といえば「水のマエザワ」とキャッチコピーを掲げる企業。まさに水道関連の事業を手掛ける会社で、上下水道用機械専業の大手だ。上水道も下水道も手掛けている。

ちなみに「水道用給水装置」を手掛け、シェア4割を誇る前澤給装工業株式会社と「上下水道関連製品」を手掛ける前澤化成工業は姉妹会社だ。これらひっくるめ注目しておきたい水道民営化関連銘柄だ。

水道民営化関連銘柄 本命株 ジェイ エフ イー ホールディングス

ジェイ エフ イー ホールディングスのチャート画像

時価総額:1,190,167百万円
PER:(連) 6.38倍
PBR:(連) 0.55倍
<2018/12/06時点≫

粗鋼生産世界10位圏内の鉄鋼関連企業ジェイ エフ イー ホールディングスも水道民営化関連銘柄として外せない銘柄といえる。ジェイ エフ イー ホールディングスは水道管なども手掛ける企業だ。

ただしジェイ エフ イー ホールディングスは時価総額規模が大きく値動きはマイルドだ。短期スタンスでは妙味が薄そうだ。取り組むとすれば中長期スタンスが前提となりそうな銘柄だ。

水道民営化関連銘柄 まとめ

日本の水道民営化は、水質低下・料金の不安定さなど懸念点はあるものの、水道法改正案も可決・成立したので、今後はちゃくちゃくと進んでいきそうだ。

賛否両論ある内容ではあるが、株式市場ではそんなことはおかまいなしにニュースなどで報じられるたびに動意づく可能性がある。水道民営化関連銘柄本命株出遅れ株 一覧を把握しておけば思わぬ利益がでる可能性もある。しっかりとチェックしておこう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

それもそのはず。今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。

確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。テーマ株に焦点をあてるなら絶対にここはみておくべき。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。

仮想通貨関連 シーズメン   :6日連続ストップ高 株価3.56倍
仮想通貨関連 やまねメディカル:6日連続ストップ高 株価3.80倍
ブロックチェーン関連 パス  :推奨翌日ストップ高 株価2.77倍
仮想通貨関連 AppBank :株価2.29倍
IoT関連 アイビーシー   :株価1.97倍
クラウド関連 駅探      :株価2.38倍

などなど、本当に数え上げればキリがないレベルに大量に先取りしている。どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
2017年は株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!2018年もすでにエクストリームでナインバガー?!次に睨む銘柄は?!『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

株プロフェットはとにもかくにも個別銘柄の選定センスがズバ抜けていると思う。

当方がもっとも驚いたのは2017年1月時点から仮想通貨関連銘柄リミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。さらに2018年のスマホアプリ関連の超大化け株「エクストリーム」も先取り推奨していたようでこちらはナインバガーとなっている。2年連チャンでテンバガー・ナインバガークラスの大化けを先取りしているとは尋常ではない。

他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)、レノバ(株価3.54倍)、インソース(株価2.52倍)、クラウドワークス(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ