国産ワクチンの〝大本命〟が今後大躍進となるか!新型コロナワクチン関連【4507】塩野義製薬

この記事にはプロモーションが含まれます。

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

国産の新型コロナワクチンで大きな進展があったな!

現在の国内で承認されて接種されているワクチンは「米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチン、モデルナワクチン、アストラゼネカ」と3つのワクチンがあるが、頼り切りという状況となっている。

世界保健機関(WHO)は、世界の新型コロナウイルス感染状況に関する最新の報告書を見ると、新規感染者数の合計が増加から横ばいとなっているというが、新規感染者は米国、英国も増加しておりイラン、インド、ブラジルと増加傾向になっている。

そしてワクチンの供給は先進国が優先され発展途上国は後回しとなっているが、デルタ株、ラムダ株など変異種の登場により、ワクチン普及の必要性と感染対策を維持することの重要性がさらに浮き彫りになったと指摘している。

感染者が増えてもワクチン接種により重症化を防げるわけだが、所得が低い国の間ではワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は1.4%となっており、ワクチン接種が進まない中で感染者が増え続けている発展途上国は、今後深刻なダメージを追う可能性が見え隠れする。

日本でもアストラゼネカが新規で承認されて政府はワクチンの確保に躍起になっているが、ファイザーワクチンによる防御効果は、2回目の接種から1ヶ月後は88%、5~6カ月後には74%に低下したことが示されており、アストラゼネカ製は、2回目の接種から4~5カ月後に77%から67%まで低下しているという。モデルナワクチンも同様に時間を追う毎に効果は減少していくと見られるだけに今後3回、4回とブースト接種をしていかなければならない状況は続くと言えるだろう。

一番の心配は、米国で感染者が拡大してブースター接種を3回、4回、5回としていく場合、自国にワクチンを優先して日本に回ってこなくて供給が遅れるという可能性は十分にある。

国内ワクチン開発は、まさにここからの新型コロナウイルスの変異種との闘いを考えても必需品と言えるだろう。そんな新型コロナワクチンだが、国産ワクチンでは国内第1相臨床試験で効果があったと発表!

新型コロナウイルスワクチン関連銘柄 大本命 4507 塩野義製薬

時価総額:2,152,126百万円
PER:(連) 20.82倍
PBR:(連) 2.41倍
≪2021/08/26時点≫

塩野義製薬は東証1部に上場する抗生物質に強みを持ち、抗HIV薬で高実績、癌ペプチドワクチン、感染症、神経痛、代謝疾患向け医薬品などを手掛ける国内の大手製薬会社だ。

抗ウイルス分野での実績を持っているが、同社は新型コロナウイルス治療薬を開発しており、感染初期に服用することで重症化を防ぎ、発熱などの症状を改善する効果があるとの事。

この治療薬は治験が難しい医薬品を発売後に評価する条件で承認する制度「条件付き早期承認」の年内申請&米国で来年3月をめどに緊急使用許可を取得する考えを示しており2022年3月末までに国内外で1000万人分の生産体制を整える方針を明らかにしている。

さらに国内で治験中の新型コロナウイルスワクチンでも、国内第1/2相臨床試験につきまして、2021年8月19日付で全被験者60 例への初回投与が完了し、初回投与3日後までに生じた副反応はいずれも軽度または中等度であり、安全性上の懸念はなかったと発表している。

つまりは新型コロナウイルスの増殖を抑制する軽症者向けの治療薬と新型コロナウイルスワクチンと2つの高い効果があると発表しているのだ!!

国内では【4507】塩野義製薬、【4568】第一三共【4563】アンジェスがワクチン開発では注目されていたが、【4563】アンジェスは「開発中の新型コロナウイルスDNAワクチンについて、高用量製剤での接種量を増やし第1/2相臨床試験の接種を開始、22年に最終治験、同年度内に承認申請、実用化を目指したい」と言っているが、はっきり言ってワクチン開発の進捗も遅く期待はできない。

治療薬、ワクチンと両面で日本の新型コロナウイルス治療薬、ワクチンでは【4507】塩野義製薬がトップリードを走り続けている状況と言えるだろう。

チャートも好材料が続いている事で上昇となっているが、薬事法が厳しい日本で承認された新薬となれば、世界中から注目され同社の株価は大きく飛躍する可能性を秘めていると言えるだろう。

新たなバブル相場の到来!次に急騰が期待される、注目テーマの出遅れ株とは何か?

ついに、日経平均株価が34年ぶりに"史上最高値"を更新した。

次のステージは、「日経平均4万円台」の現実味と「TOPIX最高値」への期待、さらには、大きく出遅れていた「グロース市場の復活&好転」が備えているといってもいいだろう。

すでに市場はAI関連、半導体関連を中心にした熱狂相場に突入。物色の矛先は主力銘柄だけにとどまらず、テーマ性を孕む"割安な中小型株への資金流入"が目立つようになってきた。

さくらインターネットに続く「大化け期待株」とは何か?
活況が続く今回の上昇相場を上手く乗りこなし、ぜひ、資産倍増の大きなチャンスを手にして頂きたい。

  • 短期急騰が期待できるテーマ性を秘めた出遅れ株を見つけたい!
  • 高値掴みを避けて株価上昇の初動を上手く掴みたい!
  • 短期で収益を狙える大化け候補銘柄を知りたい!

このような考えを持つ方であれば、旬な情報を広くあつかう「株の情報サイト」をぜひチェックしてほしい。そこで、当サイトでも参考にする「オススメの株情報サイト」&「無料のメルマガ情報サイト」を紹介する。【PR】

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」
会員メンバー限定に配信される無料銘柄は必見だ!!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ。橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

【 株 株の公式サイトへ 】

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

【 新生ジャパン投資の公式サイトへ 】

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ!

【 株マイスターの公式サイトへ 】

この他にも、当方が日々チェックしている株の情報サイトやメルマガ情報については、下記のページで詳しく紹介してある。テーマ株をはじめ旬の銘柄情報を手にしたい人はぜひチェックしてほしい。

株式投資クラブ管理人「S氏のアイコン画像」

株式投資クラブでも参考にする「オススメ投資顧問会社」を基本テーマに、各社の特徴のまとめ、提供サービスの違い、またページ後半では「信頼できる投資顧問会社の選び方」などをご紹介する。

  • この記事を書いた人
株式投資クラブの管理人プロフィール画像

KABU S

投資歴17年、都内で働く兼業トレーダー。 とにかく噂となる銘柄や仕手株に乗るのが好きだ。これまで数々の暴騰暴落を経験した中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を公開していくぞ。デイ・スインガーのフォロー大歓迎!とにかく業界の裏話なども多数入手して記載するので応援宜しく頼むぞ! 管理人プロフィールはコチラ

-最新注目銘柄速報
-, ,