【追記更新】働き方改革関連銘柄(人材派遣・転職・クラウドソーシング関連銘柄) 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年04月03日(月)】

【2023年01月25日(水) 追記】

働き方改革」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

2017年03月28日、首相官邸で「働き方改革実現会議」が開かれ、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ実行計画をまとめた、と各種のメディアが報じたことにより、働き方改革関連銘柄として「人材派遣を手掛ける銘柄」「転職支援事業を手掛ける銘柄」などを中心に物色人気を集めた。

今は総理も安倍元総理から菅義偉、岸田文雄総理と変わったが、コロナ禍から経済回復にありそして働き方も様々な形となった。今後優秀な人材を巡っての動きは活発になる見込みは高い!と、いうことでこのページでは働き方改革関連銘柄(人材派遣転職クラウドソーシング関連銘柄)について、本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介する。

働き方改革関連銘柄とは

日本は年々、少子高齢化社会・人口の減少(労働人口の減少)が社会問題化していっている。この問題に対し第3次安部内閣では「50年後も人口1億人を維持し、老若男女、障害者や健常者をふくめて国民一人ひとりが生きがいを持って活躍できる経済社会」1億総活躍社会と名付け、この実現を目玉の政策に掲げている。

働き方革命とは、アベノミクスの目指す「1億総活躍社会」に向けて『多様な働き方が可能な社会にしましょう!』という政府のスローガンのようなものと考えるとわかりやすいかもしれない。

それこそ正規雇用の人でも非正規雇用(派遣社員・契約社員など)の人でも、自営業の人でもフリーランスの人でも誰もが働きやすい経済社会でないと1億総活躍など夢のまた夢。多様な働き方を可能にする働き方改革を進めてこそ1億総活躍社会は実現する、ということだな。

2017年03月28日に政府が開いた働き方改革実現会議では、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ実行計画をまとめたようだ。また、この実行計画には「転職・再就職の支援」「女性・若者の活躍」「高齢者の就業促進」といった内容が盛り込まれている。

このことから、働き方改革関連銘柄の中心となるのは「人材派遣関連銘柄」「転職関連銘柄」といった見方が強い。また人材派遣関連・転職関連銘柄以外にも、多様な働き方を提供する企業としてクラウドソーシング事業を手掛ける銘柄なども働き方改革関連銘柄として注目されるかもしれない。

再掲になるが、働き方改革は政府が実現を目指す1億総活躍社会の礎になり得るスローガン。つまり、働き方改革関連銘柄はある種の国策銘柄とも言えるかもしれない。「国策に売りなし」という相場格言もあることだ、注目しておくべきテーマと言えるのではないだろうか。

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 一覧

  • 2163    アルトナー
  • 2168    パソナグループ
  • 2181    テンプホールディングス
  • 2362    夢真ホールディングス
  • 2471    エスプール
  • 4834    キャリアバンク
  • 6098    リクルートホールディングス
  • 2427    アウトソーシング
  • 2136    ヒップ
  • 2146    UTグループ
  • 2169    CDS
  • 2375    スリープログループ
  • 2410    キャリアデザインセンター
  • 2415    ヒューマンホールディングス
  • 2429    ワールドホールディングス
  • 2462    ライク
  • 2475    WDBホールディングス
  • 2479    ジェイテック
  • 3654    ヒト・コミュニケーションズ
  • 4659    エイジス
  • 4318    クイック
  • 4695    マイスターエンジニアリング
  • 4664    RSC
  • 4766    ピーエイ
  • 4848    フルキャストホールディングス
  • 6028    テクノプロ・ホールディングス
  • 6070    キャリアリンク
  • 6089    ウィルグループ
  • 4849    エン・ジャパン
  • 6054    リブセンス
  • 6175    ネットマーケティング
  • 2408    KG情報
  • 2379    ディップ
  • 2341    アルバイトタイムス
  • 3900    クラウドワークス
  • 3691    リアルワールド
  • 9744 メイテック

働き方改革関連銘柄(人材派遣・転職関連銘柄) 本命・出遅れ

それでは働き方改革関連銘柄の中でも本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 本命 アルトナー

アルトナーのチャート画像

時価総額:6,908百万円
PER:(単) 16.03倍
PBR:(単) 4.27倍
≪2017/04/03時点≫

アルトナーは働き方改革関連銘柄として本命にあげたい銘柄だ。アルトナーはエンジニアなどの技術者派遣を手掛ける銘柄で、2017年03月28日に政府が「働き方改革実現会議」が開かれたと各種メディアが報じた先に真っ先に注目された銘柄だ。時価総額の規模が大きくなく、値動きが軽いことやPER、PBRともに過熱感がなかったことも買いに拍車をかけた格好か!?

引き続き、働き方改革関連銘柄としてアルトナーに注目したい。

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 本命 エスプール

エスプールのチャート画像

時価総額:5,319百万円
PER:(連) 15.92倍
PBR:(連) 5.14倍
≪2017/04/03時点≫

エスプールも人材派遣事業を行う銘柄であり、働き方改革関連銘柄の一角として注目したい。エスプールは物流などのアウトソーシング(外部委託)とコールセンターなどへの人材派遣を中心に手掛けている企業だ。物流系の事業へのアウトソーシング事業というのも面白い。昨今ではネットショッピングの利用拡大により、物流企業の人材不足は社会問題化してきているしな。エスプールも働き方改革関連銘柄として注目しておきたい銘柄だ。

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 本命・出遅れ ヒップ

ヒップのチャート画像

時価総額:2,302百万円
PER:(連) 8.19倍
PBR:(連) 1.28倍
≪2017/04/03時点≫

ヒップも働き方改革関連銘柄の一角として注目したい。ヒップは技術者派遣を手掛ける事業の中堅で、自動車・電子・ソフトウェアの開発設計などに強み。技術者派遣を手掛ける企業という意味ではアルトナーに近い銘柄といえそうだ。

ヒップは時価総額の規模も非常に小さく、またPER、PBRも過熱感はないように思う。あまり目立たない銘柄だからかな?規模が小さいので人気化すれば火柱が立ちやすい銘柄と言えるだろう。ヒップは働き方改革関連銘柄の出遅れ株として注目したい。

働き方改革関連銘柄(人材派遣・転職関連銘柄) 本命 クイック

クイックのチャート画像

時価総額:23,701百万円
PER:(連) 16.74倍
PBR:(連) 4.25倍
≪2017/04/03時点≫

クイックは人材紹介+転職支援の事業を手掛ける銘柄で、働き方改革関連銘柄としてはど真ん中の事業内容と言えるだろう。時価総額の規模もさほど大きくなく、PER、PBRともに過熱しているわけではなさそうだ。押し目を狙うのは面白いか?!

働き方改革関連銘柄(人材派遣・転職関連銘柄) 本命 ピーエイ

ピーエイのチャート画像

時価総額:1,774百万円
PER:(連) 50.64倍
PBR:(連) 1.63倍
≪2017/04/03時点≫

ピーエイは信越・東北・北陸地方で求人情報誌を発行しており、新潟では人材派遣業を展開している企業だ。こちらも人材派遣+転職関連の銘柄として働き方改革が話題になれば物色人気を集める可能性がある銘柄と言える。

PERは若干高いようにもみえるが、小粒企業なので人気化すれば火柱が立ちやすいかもしれないな。

働き方改革関連銘柄(転職関連銘柄) 本命 エン・ジャパン

エン・ジャパンのチャート画像

時価総額:124,588百万円
PER:(連) 25.92倍
PBR:(連) 5.02倍
≪2017/04/03時点≫

エン・ジャパンは求人情報サイトの大手。転職にも強い。最近はバンバン、テレビCMなどの広告も売ってきているし、非常に注目の銘柄だ。エン・ジャパンは業績も悪くないし、当方は前々からアベノミクスの「1億総活躍社会関連銘柄」として注目していた。働き方改革関連銘柄としても本命視したい一角だ。

働き方改革関連銘柄(クラウドソーシング関連銘柄) 本命 クラウドワークス

クラウドワークスのチャート画像

時価総額:16,343百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 9.27倍
≪2017/04/03時点≫

クラウドワークスはクラウドソーシング大手。クラウドソーシングとはフリーランスの人など、サービスを提供したい人とサービスを求める企業や個人などをネット上でマッチングさせるサービス。

人材派遣・転職とはちょっと毛色が異なるが、働き方の多様性を可能にするという働き方改革の主旨とはガッチリ合っているように思う。当方は働き方改革関連銘柄の本命として注目したい。

働き方改革関連銘柄(クラウドソーシング関連銘柄) 本命 リアルワールド

リアルワールドのチャート画像

時価総額:5,701百万円
PER:(連) 190.05倍
PBR:(連) 6.17倍
≪2017/04/03時点≫

リアルワールドもクラウドソーシング事業を手掛ける企業として、クラウドワークスの対抗馬として注目したい。リアルワールドはPERがちょっと怖い水準にも見えるが、新興銘柄のPERなどあってないようなもの。気にされないケースも多い。リアルワールドも働き方改革関連銘柄の一角として注目したい。

【2021年03月22日(月) 追記】

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 本命 9744 メイテック


時価総額:179,220百万円
PER:(連) 25.81倍
PBR:(連) 3.93倍
≪2021/03/22時点≫

メイテックは機械設計・ソフト開発など技術者を派遣する企業だが、技術者数は業界首位で質にも定評がある。自動車に関連する自動運転や、電装化などの最先端の技術開発競争により、専門性の高い技術者の引き合いが強い。

21年3月期営業利益は、前期比23.4%減の99億円を見込むが、これは主に夜間外出自粛要請で、顧客の残業時間削減による稼働時間の低下などが要因だ。業績は新型コロナウイルスの影響が出る前までは堅調に推移しており、22年3月期のV字回復が期待される。株主還元に前向きで配当利回りの高さも人気を集めそうだ。

【2023年01月25日(水) 追記】

働き方改革関連銘柄(人材派遣関連銘柄) 本命 2408 KG情報

時価総額:2,789百万円
PER:(連) 11.22倍
PBR:(連) 0.48倍
≪2023/01/25時点≫

KG情報は東証スタンダード上場、主な事業は下記の通り↓

  • 調査・情報サービス、有料職業紹介事業
  • ≪求人関連情報≫
  • 求人情報の提供、有料職業紹介、派遣
  • ≪ライフ関連情報≫
  • 住宅関連情報、ブライダル関連情報、釣り情報、生活関連情報等の提供
  • ≪その他≫
  • フリーペーパー共同配送、他社印刷物の印刷、WEBサイトの構築・運営等

時価総額27億円の小粒な企業ではあるが、22年12月期の連結決算発表にあわせ、23年12月期業績予想を発表したが前22年12月期の営業利益は2億5,700万円で着地し、今23年12月期の営業利益は2億8,500万円を見込んでいるとの事、求人関連情報では各種サービスの機能追加・開発により、求職者・求人企業の利便性を高め、支持を増やし収益拡大につなげるという見込みから収益拡大期待の資金が流入しているが、働き方改革を進める政府の方針からも求人関連は魅力は高くPER11.2倍、PBR0.48倍の割安、さらに配当があるという小型株だけに今後の動きも注目だ。

働き方改革関連銘柄(人材派遣・転職関連銘柄) まとめ

働き方改革はアベノミクスで実現を目指す「1億総活躍社会」に向けて、必要不可欠のスローガンであり関連銘柄は国策銘柄にも近いような立ち位置である。今後も政府は働き方改革について、さまざまな取り決めや目標・実行計画などをまとめていくだろう。そういった内容がメディアで報じられるたびに関連銘柄が物色人気を集める可能性もある。

働き方改革は国をあげて取り組んでいくものであるため、息の長いテーマとなる可能性がある。働き方改革関連銘柄は今後も注目しておきたいテーマ株と言えるだろう。本命出遅れ 一覧はしっかり抑えておこう。

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、グラーツ投資顧問株 株などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

〝無料登録だけでSTOP高が提供されるなら、その銘柄だけでも見ておいた方がいいに決まっている!〟

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ!

いいか無料登録だけで、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ!

インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。

だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。

ならばどうするか?

一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。

もちろん投資顧問もピンキリだ。投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところはクソだった。

クソなところは本当にクソ。これだけは肝に銘じておくべき。

だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。本当にけっこう役に立つケースは多い。

すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが(下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの)、現段階で当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。

何よりも銘柄をタダで教えてくれる!短期急騰が狙えるテーマ株を無料で教えてくれるのにコレを逃すというのは、あまりにも勿体ないと言えるぞ!

株 株、橋本の相場観測橋本罫線で急落、急騰を完全網羅!

一押しの投資顧問だ!提供銘柄の精度もだが、何よりも相場観が優れている投資顧問の一つ、橋本罫線という独自テクニカル手法で急騰線銘柄を見出し2倍、3倍銘柄を提供、この橋本罫線の特徴は東証プライムの大型株は勿論だが、中小型株でも力を発揮しており株価2倍~5倍の銘柄を提供している。

ブレの激しい相場でこそ未来を先読みした橋本罫線は「まじで見ておく価値がある」と言えるだろう。

株 株のテンバガー候補銘柄は必見と言えるぞ≪銘柄を確認するにはコチラ≫!

次は新生ジャパンだ↓

新生ジャパンはテーマ株に特化!遠隔診療、メタバース、半導体関連など今が旬の銘柄を提供!ラジオでも人気の高山緑生氏が率いる実力投資顧問!日々の銘柄も僅か1日で+10%超え、STOP高達成した銘柄も多数提供しているぞ!

明日の新生の急騰期待候補も見ておくべきだ!

次は株マイスターだ↓

老舗投資顧問として有名な株マイスターだが、著名アナリスト長島和弘先生も加わりさらにパワーアップ!

特に株マイスターだけの「特別コンテンツ 兜町の噂」は今後市場で注目される可能性がある銘柄を先回りで配信している。「お宝銘柄」を多数提供している実績がある。テンバガー銘柄を提供した実績もあるだけにやはり見過ごせないぞ

情報力に特化した老舗投資顧問、株マイスターの実力は是非体感するべき、さらに株マイスター独自の秘伝の急騰銘柄を今なら特別提供!

グラーツ投資顧問も外せないぞ↓

グラーツ投資顧問は、〝今週の厳選銘柄〟で好決算、好材料の銘柄を多数提供している。ゲーム株などの分析能力も高く、多数の急騰銘柄を配信の実績有り!

過去の急騰銘柄を見てもセキドで株価5倍、BEENOSで株価2.7倍、木村化工機で2倍と輝かしい実績をもっており、IPOで暴騰したHOUSEIなどSTOP高銘柄を数々提供しているぞ!

グラーツ投資顧問の急騰期待銘柄を受け取るにはコチラから!

ここからの相場は大きく勝つ!それを狙っているならば、まずは投資顧問がどういう銘柄を選んでいるのか!これは見ておくべきだぞ!

なお、当たり前のことだが一応断っておく。上記の投資顧問会社を利用したところで「確実に儲かる」という訳では無い。株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。

だが一つ言える事は上記のサイトはどれも相当情報が早いこれは実際に使ってみれば実感できると思う。

株の情報は速度が命だ。情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。

まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録まではひとまず無料だ。無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。

登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。

もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトに投資顧問の口コミページがあるのでそちらを見て判断してくれ。

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ