【追記更新】サッカーワールドカップ(W杯)関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》【要確認】黙って登録すべき投資顧問!急騰期待銘柄を配信してくれるぞ《《

【2022年12月05日(月)追記更新】

いよいよ2022年サッカーワールドカップがカタールで11月20日から開幕となるな!

今年のワールドカップの開催期間は11月20日(日)~12月18日(日)の日程で中東のカタールで開催される。ヨーロッパ主要リーグのシーズン真っ只中である11月に開催する事やシーズンオフ期間の夏に行われることが通例となっており開催時期を含め、カタール・ワールドカップは「異例尽くめ」の開催となる。

何よりもカタールの国土は秋田県よりもやや狭く、人口約280万人と信じられない位の小国!

それだけに開催直前に控えて国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター元会長は、カタールにワールドカップの開催権を与えたことが誤りだったと認めるなどの発言もあるが、32カ国が出場する今大会は、新型コロナウイルスの規制も緩和されているだけに、大盛り上がりするのは間違いないだろう。

日本はグループE ドイツ、スペインと激突!!

日本はグループEとなるが、ドイツ、スペインといった優勝候補と同ブロックからも〝死のグループ〟と言われている。毎回開催時に死のグループと言われている気もするが…

優勝候補はネイマールなどスター選手を揃えるブラジルを筆頭に、フランス、アルゼンチン、イングランド、スペイン、ポルトガル、ドイツとお馴染みの強豪国となるが、日本もどこまでできるのか!何にしても楽しみで仕方がないな。

ワールドカップは日本の株式市場でも意識される世界的大イベントだけにあらかじめ関連銘柄を把握しておくと、思わぬ利益にありつけるかもしれない。と、いうことでこのページでは2022年カタールワールドカップ(W杯)関連銘柄について本命株・出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

サッカーワールドカップ(W杯)関連銘柄とは

ワールドカップ関連銘柄とは、その名の通り国際サッカー連盟(FIFA)が主催するサッカーの世界大会「FIFAワールドカップ」に関連する銘柄の総称である。

FIFAワールドカップはサッカーの大会では世界最高峰に位置し、その経済効果もオリンピックを凌ぐと言われており日本の株式市場にも影響を及ぼす世界的なサッカーの大イベント。

テーマ株としては爆発的な勢いで株価を伸ばすというわけではないが、ワールドカップの開催が近付くとジワジワと人気を集める可能性がある。ただしワールドカップ関連銘柄は大会開催前~開催中の期間限定の人気テーマである。いずれにしても短期的な人気で終わるケースが多いので、その点はしっかりと理解しておこう。

サッカーワールドカップ(W杯) カタール大会の開催日程

2022年のFIFAワールドカップ 大会の開催日程は以下の通りである。 ワールドカップの開催期間は11月20日(日)~12月18日(日)が開催日となるが近付いてきたら関連銘柄に注目しておくと面白いかもしれない。

サッカーワールドカップ(W杯)関連銘柄 一覧

  • 2503  キリンHD        サッカー日本代表オフィシャルパートナー
  • 8028  ユニー・ファミリーマート サッカー日本代表サポーティングカンパニー
  • 8253  クレディセゾン      サッカー日本代表サポーティングカンパニー
  • 9201  日本航空         サッカー日本代表サポーティングカンパニー
  • 8411  みずほFG        サッカー日本代表サポーティングカンパニー
  • 8725  MS&ADインシュア   サッカー日本代表サポーティングカンパニー
  • 3030  ハブ           スポーツバー
  • 4705  クリップコーポレーション サッカー教室
  • 9766  コナミHD        サッカーゲーム
  • 7080 スポーツフィールド    スポナビを運営
  • 8281  ゼビオHD        スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 8114  デサント         スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 8022  ミズノ          スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 7936  アシックス        スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 7514  ヒマラヤ         スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 3028  アルペン         スポーツ用品(サッカー用品も)
  • 2670  エービーシー・マート   シューズ店
  • 2876  ジェーシー・コムサ    食事デリバリー
  • 2484  夢の街創造委員会     食事デリバリー
  • 4324  電通           大手広告代理店
  • 2433  博報堂DY HD     大手広告代理店
  • 3048  ビックカメラ       大手家電量販店
  • 9831  ヤマダ電機        大手家電量販店
  • 6752  パナソニック       クロモノ家電
  • 6753  シャープ         クロモノ家電
  • 6758  ソニー          クロモノ家電
  • 7130  ヤマエグループHD      宅配ピザピザハット
  • 2876  デルソーレ        日本産ピザのパイオニア
  • 9412  スカパーJSAT     過去にW杯を放送(2018年はNHKと民放で放送する)
  • 9409  テレビ朝日 HD     ワールドカップ放送局
  • 4751   サイバーエージェント   ABEMAが予選を含む全64試合を無料生中継

サッカーワールドカップ(W杯)関連銘柄 本命株 出遅れ株

それではワールドカップ関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

サッカーワールドカップ関連銘柄 本命株 4751 サイバーエージェント

時価総額:578,271百万円
PER:(連) 38.55
PBR:(連) 4.01倍
≪2022/11/09時点≫

サイバーエージェントは東証プライム上場、ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」を運営する企業。

昨今は大人気アプリゲーム「ウマ娘」のイメージが強い同社だが、今回、日本史上初「FIFA ワールドカップ カタール 2022」全64試合無料生中継を「ABEMA」放映、さらに開催期間中には、リアルタイムでは見られなかった試合のフルマッチ映像を好きな時に何度でも無料で見ることができる「見逃しフルマッチ配信」や、毎試合の名場面をまとめた「最速ハイライト」も無料で視聴でするだけに、やはり本命株と言えるだろう。

同社は英プレミアリーグの放映権も獲得しており無料・有料織り交ぜ今後もサッカーファンを呼び込む期待が高い。

サッカーワールドカップ関連銘柄 本命株 3030 ハブ

時価総額:8,096百万円
PER:(連) —
PBR:(連) 3.40倍
≪2022/11/09時点≫

東証プライム上場、ハブは首都圏を中心に英国風パブ「HUB」を展開する企業。

これらのパブはスポーツバーとしても親しまれる。ワールドカップの開催時期には、全ての試合を放映、ワールドカップが盛り上がればスポーツバーの需要も爆発的に高まるだけに、ハブもワールドカップ関連銘柄の本命株として注目したい。

ワールドカップ関連銘柄は時価総額規模の大きな大型株が多いが、そんな中ハブは時価総額81億円と小粒で値動きも軽い。本命株として注目するのも面白いだろう。

サッカーワールドカップ関連銘柄 本命株 8281 ゼビオ

時価総額:48,151百万円
PER:(連) 10.8
PBR:(連) 0.37倍
≪2022/11/09時点≫

ゼビオは東証プライム上場、東日本を中心に「ゼビオ」と「ヴィクトリア」など大型スポーツ用品専門店を展開する企業だ。

サッカーワールドカップが盛り上がれば、サッカー用品も人気となる。同社はユニフォームからボール、スパイクと豊富なサッカー用品のラインナップを取り揃えている事からも本命株と言えるだろう。

コロナ収束からは業績面も好調、PER10倍、PBR0.37倍と割安面もあり、配当利回りも2.99%だけに狙いやすいと言える。

サッカーワールドカップ関連銘柄 出遅れ株 4705 クリップコーポレーション

時価総額:3,534百万円
PER:(連) 13.2
PBR:(連) 0.58倍
≪2022/11/09時点≫

クリップコーポレーションは東証スタンダード上場、愛知県が地盤で、小中学生向けに学習塾とサッカー教室を展開する企業だ。

ワールドカップを視聴している層のなかには、小中学生をもつ家庭も多い。ワールドカップでサッカー熱が高まって、子どもをサッカー教室に通わせる家庭もあるだろう。そんなわけでクリップコーポレーションもワールドカップ関連銘柄として注目。

クリップコーポレーションは時価総額規模も35億円と小粒で値動きも軽い。またPER13.2倍、PBRも1倍以下で割安感もあり、利回り5.78%と高配当、普段はあんまり注目されない銘柄なので出遅れ銘柄として注目するのは面白いかもしれない。

【2022年11月21日(月)追記更新】

2022年カタールサッカーワールドカップがいよいよ開催となったな。

『アル・バイト・スタジアム』では開会式が催されたが、イギリスメディア『BBC』が放送を見送ったなど相変わらず物議が巻き起こっているが、この日をどれだけ楽しみにしてきたか!まだ強豪国が出ていないが、我らが日本の初戦は23日祝日に22時に初戦ドイツとなるが、負けた当たり前という中でもしも引き分け以上、もしも勝利となればグループリーグ突破も見える。

そんなワールドカップ関連銘柄では自宅でサッカー観戦などがある事を考えてもデリバリー事業は需要が高まる傾向がある。それだけに宅配ピザなどを扱う銘柄は穴株と思われるだけに記載するぞ!

サッカーワールドカップ関連銘柄 穴株 7130 ヤマエグループHD

時価総額:34,204百万円
PER:(連) 5.51
PBR:(連) 0.57倍
≪2022/11/21時点≫

ヤマエGHDは東証プライム上場、九州が地盤の食品卸大手、加工食品のほか小麦粉、配合飼料、豚・牛の集荷などにも範囲拡大、さらに住宅・不動産や石油販売、レンタカー事業へも多角化、同社だが22年8月、宅配ピザ店で有名な日本ピザハット・コーポレーションを買収している。直近の業績を見ると原材料高の影響は大きいが4社で売上約270億円上乗せしており、柱の食品卸がスーパー向け伸びている。ワールドカップでピザ需要が拡大する見込みから穴株として記載するぞ。

サッカーワールドカップ関連銘柄 穴株 2876 デルソーレ

時価総額:3,688百万円
PER:(連) 30.57
PBR:(連) 0.6倍
≪2022/11/21時点≫

デルソーレは東証スタンダード上場、1964年に米国製冷凍ピザの輸入販売を始めたジェーシー・フーズネットと、居酒屋「一番どり」等を展開するコムサネットが2003年に合併して誕生、日本発の冷凍・冷蔵ピザのパイオニア企業だ。

ピザは自社製の「デルソーレイレブン」を市販。宅配チェーンのドミノピザ向けの生産もしており、外食は串焼き居酒屋、焼き鳥など鶏料理店、テイクアウトブランド「京鳥」、「おめで鯛焼き本舗」などのブランドをもっている。ワールドカップシーズンは宅配ビジネスが当たりやすいという傾向がある。時価総額40億円以下の小粒、チャートを見ても大底という位置だけに注目と見る。

【2022年11月25日(日)追記更新箇所】

日本代表がドイツに歴史的勝利!日本でサッカー人気が急拡大!

いよいよカタールで開催されたサッカーワールドカップだが、強豪国のアルゼンチンがサウジアラビアに敗れ、いわゆる〝ジャイアントキリング〟が起こり大盛り上がりを見せているが、昨晩はグループE、日本vsドイツの試合が行われたが、まさかまさかの日本が2対1で勝ち、サウジアラビアに続き〝ジャイアントキリング〟を起こしたのだ。

海外の賭けサイト「ブックメーカー」ではドイツ1.44倍、日本7倍というオッズの通り、誰もが日本の勝利は予想していない状況ではあった。実際に前半はドイツに良い様にパスを回され何度もシュートを撃ち込まれていた。前半にペナルティーエリア内でファールをしてPKで得点を与える事態となったが、後半から森保監督は堂安選手、浅野選手、三笘薫と選手を投入、攻撃的なシフトで挑んだ采配が的中、後半30分に堂安が同点ゴールを決めると、その8分後には浅野選手がドリブルで切り込みシュートを決めて大逆転となった。

まさかのドイツを破る「ドーハの軌跡」となった。「生中継を放映したNHKでは瞬間最高の世帯視聴率は40.6%」、カタール大会全64試合を日本で無料生中継しているインターネットテレビ局のABEMAでは「ABEMA視聴者数1000万を突破、開局史上最高」を記録したのだ。

日本列島は大盛り上がりを見せているが、次戦11月27日(日)のコスタリカ戦も勝利となれば、ほぼ間違いなく決勝トーナメントに進めるだけに期待は高い!ワールドカップ関連銘柄の本命、Abemaを運営する【4751】サイバーエージェントも過去最高視聴者で株価急騰となっているが、ワールドカップ関連銘柄が全体的に来ている!スポーツバーでも大いに盛り上がりスポーツ観戦バーを運営する【3030】ハブも株価急騰!小型の穴株として記載の【4705】クリップ、【2876】デルソーレなども決勝トーナメントとなれば火がつく可能性があるだけに注目と言えるだろう。

まさかまさかの逆転劇!日本が死のグループEを1位通過!ベスト8をかけてクロアチアと激突!

こんな事が起こるとは…

サッカーファンならば誰もがドイツに勝ったといってもコスタリカにあの負け方、無敵艦隊を誇るスペインには負けるでしょと世界の殆どのサッカーファンは思っていた。事実当方も、スペインに勝つのはまずないだろう。と思っていたが、日本時間4時キックオフからその2時間後には日本のメディアが「日本奇跡の勝利」を報道した。

前半1点とられてから後半2点奪取の逆転劇、列島が感動したのはいうまでもないな。今回三苫選手のゴール際のパスはラインを超えていたのではないか?ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)での確認が入ったところ認められた事でゴールとなった。このVARでの映像は色々なところで議論されているが、今回のワールドカップで使用されているボールだが、加速度センサー、角速度(ジャイロ)センサーを搭載し、3次元の慣性運動、並進運動、回転運動を検出できるチップが内蔵されている。さらにピッチでの映像は、観客席の最前列前の外周に張り巡らせたアンテナとの連動で計測をしている。

つまりはフィールドをマッピングしていることで、サッカーボール(直系約22センチ)が最大12センチのラインを割ったかどうか、割ってない場合はコンマ何ミリの単位でラインにかかっているかを測定できる事からも疑惑の判定ではないと言える。まあ過去のワールドカップは誤審も含めてがワールドカップというところはあるが、三苫選手の切り返しのパスはホークアイの技術が融合されたことにより認められただけにこれ以上の異論が挟まれる余地はない!

日本代表は過去のワールドカップでベスト16までが最高となるが、クロアチアに勝てば悲願のベスト8となる。ドイツ、スペインと優勝候補を倒しているだけに「クロアチア戦の勝利」の期待は十分と言えるだろう。本日24時にキックオフだが歴史に名を刻んでほしいところだな!

サッカーワールドカップ関連銘柄 8114 デサント

時価総額:260,004百万円
PER:(連) 25.52
PBR:(連) 2.66倍
≪2022/12/05時点≫

デサントは東証プライム上場、伊藤忠傘下。大谷翔平選手などトップアスリートの製品を手掛けており有力ブランド多数、サッカー日本代表の関連製品も多数取り扱いをしているスポーツウエア大手企業だ。

日本代表の活躍でサッカー人気が高まり、日本代表グッズやサッカー関連の製品の売上が伸びているのは明白ではあるが、同社はワールドカップの恩恵がなくとも、直近の業績を見てもデサントジャパンおよび DESCENTE KOREA LTD.における『デサント』ブランド等の物販が好調に推移が続いている。さらに今後中国においてハイエンドスポーツブランドとして認知が進んでいるなか、出店余力も大きく業績の期待は高い事から中国事業拡大を背景に、23年3月期営業利益は会社計画60億円を上回る70億円、前期比36.2%増を予想されている。そこにさらに日本代表の活躍でサッカー人気の追い風が吹けば同社株価は大きく飛躍する可能性も!

サッカーワールドカップ関連銘柄 まとめ

サッカーワールドカップ関連銘柄は4年に一度のサッカーの世界的祭典!FIFAワールドカップが開催される年に注目されるテーマ株だが、あくまでもその時の一貫性の盛り上がりだけで終わる短期的テーマではある。それだけに過信し過ぎないようにするべきと言えるだろう。

踏み込んだ内容を配信しているぞ!有望銘柄た短期急騰期待の銘柄をLINE限定で配信もしているぞ!【株式投資クラブLINE ID:@664ncgog】

★短期で収益を狙うなら!プロが注目する銘柄は、「今が旬のテーマ、チャート」をしっかり分析しているだけに利用する価値が高い!

各投資顧問は「生きた情報」を扱っているだけに、「日々の無料銘柄は見ておくべきと言える!」何よりもこういう株高の状況は情報を特に利用するべき!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ!

実際、グラーツ投資顧問株 株などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう!

〝無料登録だけでSTOP高が提供されるなら、その銘柄だけでも見ておいた方がいいに決まっている!〟

ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ!

これからの相場も、しっかりと情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ!

逆にいえば、有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。

ならば…STOP高銘柄を提供多数!当方が認める投資サイトの無料で配信される銘柄はまず見ておくべきと言えるぞ!!↓

《株式投資で稼ぐ為には情報力!黙って登録すべき投資顧問 一覧はコチラ!》

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ