プラスチックごみ関連銘柄

『 プラスチックごみ関連銘柄』の最新記事

プラスチックごみ関連銘柄に関するまとめ、最新情報、最新記事の一覧

環境省が170億の予算計上、プラスチックごみ関連、本命銘柄記載!

環境省は2020年度当初予算案で海洋プラスチックごみの関連対策費として約170億円を計上しているのだが、海洋プラスチック問題は世界的に取り上げられている問題からも対策費は来年はさらに増加されるだろう。 今、世界では年間約800万トンのプラスチックのゴミが海に流れていると言われている。年間800万トンというとこれはスカイツリーで222基分、ジャンボジェット機で5万機分という膨大な量だ。

金属リサイクルのエンビプロ・ホールディングスがプラごみ関連銘柄の出遅れ株として浮上か

07/03(水)はエンビプロホールディングスが大きく株価を伸ばしている。エンビプロホールディングスといえば、建築廃材や廃車などを収集して鉄クズなどに分別加工して販売する事業を手掛けるリサイクル関連の企業だ。

脱プラスチック関連銘柄として中央化学に物色集まる

ここ最近、中央化学の株価が大幅に急騰しているようだ。2019年06月27日(木)~06/30(日)に予定されているG20大阪サミットが近付いてきていることで、世界的な環境問題である脱プラスチックに関連する銘柄に注目が集まっている格好だ。

バーゼル条約によるプラごみ規制強化でバイオプラスチック関連銘柄に注目か。

05/10(金)にスイスで開かれたバーゼル条約の締約国会議にて、有害有害廃棄物の国境を越えた移動を規制する対象に廃プラスチックが加えられたようだ。いまや世界中でプラスチック製のストローなどを規制する動きが出てきているが、さらにプラスチックは規制の流れになっていきそうだ。

プラスチックごみ関連銘柄 三菱ケミカルホールディングスに注目!!

今、ふたたびプラスチックごみ関連銘柄に注目が集まりつつあるようだ。世界的にプラスチック製ストローを廃止する動きが出てきているが、日本においても大手ファミレスグループの「すかいらーくホールディングス」が2020年までに全業態でプラスチック製のストローの使用を順次廃止することを発表している。

バイオプラスチック関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

環境省はバイオプラスチックを製造する企業に補助金を出すともしているらしい。国から助成を受けるとなれば、それはもはや国策でもある。当ページではバイオプラスチック関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧を詳しくわかりやすくまとめておく。

プラスチックごみ規制関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

プラスチックごみに対する規制の流れが本格化して来た。そこで本ページでは、プラスチックごみ規制が拡がる事でメリットのありそうな銘柄をピックアップしてみようと思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ