ERP関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, ERP関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年07月04日(水)投稿】

※このページは2018年12月10日に追記・更新しました。

ERPのイメージ画像

ERPという言葉をご存知だろうか?!

あまり聞きなれない言葉かもしれないが、今後はよく耳にするかもしれない。この機会にしっかりと覚えておこう!

ERPとは「エンタープライズ・リソース・プランニング(Enterprise Resources Planning)」の頭文字を略した言葉であり、意味としては企業経営の基本となる「人・モノ・お金・情報」を適切に分配し有効活用する計画・考え方を指す。

企業というものは、一つの事業だけに取り組むばかりではない。だいたいの企業は多角的に複数の事業やプロジェクトに取り組んでいるため、会社のリソースである「人・モノ・お金・情報」をどの事業・プロジェクトにどう分配していくかという問題は非常に重要だ。

リソースの分配次第で会社経営の効率化を目指すこともできるし、また分配の仕方が悪ければ会社経営は一気に窮地に陥るケースもある。

会社経営の重要な舵切りの判断材料になるのが「ERPソフト」や「ERPパッケージ」と呼ばれる業務管理システムなのだ。

大企業ではもちろんERPを導入するケースは多いが、いまでは中小企業やスタートアップ企業などの小さな組織においてもERPの導入の波は進んでいるようだ。

これは会社経営がどんどん多角化していることや、ビッグデータの活用などIT技術が進んでいることが要因の一つと考えられる。事業が多角化していくことで、意思決定機関は各部署に散在するがERPを導入することによって会社業務は一元管理が可能になる。また会社の内部情報をビッグデータとして有効活用する場面においても、ERPによって会社にさまざまな別プロジェクトが一元管理されていればスムーズにデータ分析が可能となる。

今後、ビッグデータの活用場面や企業の事業多角化が進むことでERPの導入はさらに裾野を広げる可能性がありそうだ。

株式市場においてもERP関連銘柄に注目が集まりつつある。このページではERP関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

ERP関連銘柄とは

ERP関連銘柄とは、その名の通りERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)に関連する銘柄の総称である。

ERPとは企業経営のリソース(資源)となる「人・モノ・お金・情報」を適切に分配し有効活用する計画や考え方のことを指す。ERPソフトと呼ばれる「企業資源を一元管理する業務管理ソフト」を手掛ける企業などが、おもなERP関連銘柄といえそうだ。

また、企業のリソースを適材適所に分配し経営の効率化を図る「ERP」は、業務の自動化・効率化を図る「RPA」と非常に親和性が高いと言える。当サイトではRPA関連銘柄についても別ページでまとめている。

ERP関連銘柄はRPA関連銘柄と親和性が高いので、RPA関連銘柄についても把握しておくとよいだろう。

RPA関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

ERP関連銘柄 一覧

  • 6503    三菱電機        ERPソリューション
  • 4739    伊藤忠テクノ      ERPソリューション
  • 4768    大塚商会        ERPソリューション
  • 9613    NTTデータ      ERPソリューション
  • 6701    NEC         ERPソリューション
  • 6702    富士通         ERPソリューション
  • 6703    OKI         ERPソリューション
  • 3844    コムチュア       ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 2354    安川情報システム    ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 3666    テクノスジャパン    ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 3719    ジェクシード      ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 4725    CAC         ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 4832    JFEシステムズ    ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 6501    日立製作所       ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 3940    ノムラシステムコーポ  ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 4812    ISID        ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 4335    アイ・ピー・エス    ERP企業「SAP」パートナー企業
  • 3799    キーウェア       ERPパッケージ「SAPソリューション」
  • 6554    エスユーエス      ERPパッケージ導入支援など
  • 3936    グローバルウェイ    ERPパッケージ導入支援など
  • 4733    オービックビジネス   ERPパッケージ導入支援など
  • 4783    日本コンピュータ・D  ERPパッケージ導入支援など
  • 3924    ランドコンピュータ   ERPパッケージの導入支援・カスタマイズなど
  • 3983    オロ          クラウド型ERPパッケージ「ZAC」
  • 3822    Minori      純国産ERP Biz∫(ビズインテグラル)
  • 3986    ビーブレイクシステムズ セミオーダーのERPパッケージ「MA-EYES」
  • 4307    野村総合研究所     ERPクラウドサービス「QAD」
  • 3915    テラスカイ       クラウドERPコンシェルジュサービス
  • 3826    システムインテグレータ ERPソリューション「GRANDIT」パートナー?
  • 4348    インフォコム      ERPソリューション「GRANDIT」パートナー?
  • 3670    協立情報通信      販売管理ソリューション「RADING-ERP」
  • 4684    オービック       ERPソリューション「OBIC7」
  • 4716    日本オラクル      オラクルERP Cloud
  • 7855    カーディナル      ERPパッケージ「GRIP」
  • 8023    大興電子通信      ERP「グロービアアイズ」
  • 8057    内田洋行        ERPパッケージ「スーパーカクテルシリーズ」
  • 9629    ピー・シー・エー    「つながるERP」PCA Dream21
  • 9691    両毛システムズ     SAP ERP テンプレートサービス
  • 3850    NTTデータイントラ  ERPパッケージ「intra-mart」
  • 9698    クレオ         NTTデータ イントラマートとパートナー
  • 9719    SCSK        ERPパッケージ「ProActive」
  • 9928    ミロク情報サービス   WEB型ERP経営システム「Galileopt NX-Plus」
  • 4828    東洋ビジネスエンジニア ERPソリューション・拡張ソリューション
  • 3969    エイトレッド      ワークフローシステム「アジャイルワークス」
  • 6629    テクノホライゾンHD  子会社タイテックがERP導入・開発支援
  • 2349    エヌアイデイ      ERPパッケージ
  • 3816    大和コンピューター   ERPパッケージの原本開発・カスタマイズ

ERP関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではERP関連銘柄の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

ERP関連銘柄 本命株 オロ

オロのチャート画像

時価総額:34,155百万円
PER:(連) 54.13倍
PBR:(連) 7.11倍
≪2018/07/04時点≫

ERP関連銘柄の本命株としてオロに注目しておきたい。オロは2017年3月に上場した企業で、中堅・中小企業向けのクラウドERPパッケージ「ZAC Enterprise」を手掛けている企業だ。オロの「ZAC Enterprise」は今、受注が高水準で伸びているとのこと。

自社の開発ERPパッケージを手掛けており、またその受注が伸びているという点はERP関連銘柄として非常に面白い。

オロの時価総額規模はそこまで小粒ではないが、値動きが重いという水準でもないだろう。当方はオロをERP関連銘柄の一角として注目するつもりだ。

ERP関連銘柄 本命株 ジェクシード

ジェクシードのチャート画像

時価総額:2,442百万円
PER:(単) 1,200.00倍
PBR:(単) 5.12倍
≪2018/07/04時点≫

ジェクシードは投資事業を撤退し、現在はERPコンサル企業。ERP関連銘柄としても本命株として注目したい。

ジェクシードはドイツのERP関連企業「SAP」とパートナー関係にある点に注目だ。ERPを語るうえでドイツ「SAP」は欠かせない存在だ。SAPはドイツのヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社で、ERPソリューションを手掛ける企業として非常に有名。

日本国内にもSAPとパートナー関係にあり、SAPの導入支援・導入コンサルを手掛けるERP関連銘柄は多数あり、ジェクシードもその一角ということだ。

SAPの導入支援・コンサルを手掛ける銘柄としては、他にもコムチュア・安川情報システム・テクノスジャパンなどがあり、これらもERP関連銘柄として注目だ。

ジェクシードはSAPパートナー企業のなかでも時価総額規模が小粒で値動きも軽い。PERは凄い過熱感のある数字になっている点は気になるが、一応ERP関連銘柄としては注目しておきたい。

ERP関連銘柄 本命株 Minoriソリューションズ

Minoriソリューションズのチャート画像

時価総額:13,414百万円
PER:(単) 12.77倍
PBR:(単) 1.82倍
≪2018/07/04時点≫

MinoriソリューションズもERP関連銘柄の本命株として注目だ。Minoriソリューションズは独立系のシステム開発会社でERPソリューションも手掛けている。

Minoriソリューションズは純国産ERPソリューション「Biz∫(ビズインテグラル)」を手掛けるほか、SAP販売パートナーとしてSAP Cloud Platform ライセンスの販売なども手掛けている。こちらもERP関連銘柄としてドンピシャな事業内容のため、本命株として注目したい。

加えてMinoriソリューションズは時価総額規模もそこまで大きくなく、PER・PBRをみても現状ではそこまで過熱感はないように思う。引き続きERP関連銘柄として注目しておきたい。

ERP関連銘柄 本命株 カーディナル

カーディナルのチャート画像

時価総額:2,049百万円
PER:(単) 25.95倍
PBR:(単) 0.86倍
≪2018/07/04時点≫

RFID関連銘柄・無人レジ関連銘柄など複数のテーマ株として注目されるカーディナルだが、ERP関連銘柄としても注目だ。

カーディナルはERPパッケージ「GRIP」の販売を手掛けている点に注目だ。「GRIP」は経営に必要な情報を指一本で掌握できる未来型の綜合経営支援ERPソフト。「GRIP」の販売元はアルポルト株式会社という非上場企業だ。

なお、カーディナルは時価総額規模も非常に小粒。値動きも軽いので、人気化すれば火柱が立ちやすい銘柄とも言える。値動き妙味の観点からも注目したいERP関連銘柄だ。

ERP関連銘柄 本命株 ピー・シー・エー

ピー・シー・エーのチャート画像

時価総額:13,421百万円
PER:(連) 20.31倍
PBR:(連) 1.06倍
≪2018/07/04時点≫

公認会計士の有志が設立した独立系ソフトハウスのピー・シー・エーもERP関連銘柄として注目したい。ピー・シー・エーは会計ソフトや販売管理ソフトなど業務用のソフトを手掛けており、ERPパッケージ「つながるERP PCA Dream21」を手掛けている。

自社開発のERPパッケージを手掛けている点は、ERP関連銘柄としては強みと言えるのではないだろうか。またピー・シー・エーは時価総額規模もさほど大きくなく値動きも軽い。こちらも人気化すれば面白い銘柄と言えるかもしれない。

ERP関連銘柄 本命株 クレオ

クレオのチャート画像

時価総額:7,725百万円
PER:(連) 18.53倍
PBR:(連) 1.40倍
≪2018/07/04時点≫

RPA関連銘柄としても注目されたクレオだが、こちらもERP関連銘柄としても注目だ。クレオはNTTデータ イントラマート社とパートナーとなっており、ERPパッケージ「intra-mart」をユーザーの業務に合わせてカスタマイズするなど、顧客のニーズに合わせた最適なERPソリューションを提供している。

RPAはERPとも親和性が高いし、将来的にはRPAとERPの融合ソリューションなども実現するのではないか?!と個人的には期待している。

クレオは時価総額規模も小さく値動きも軽いので、値動き妙味の観点からも注目である。

ERP関連銘柄 本命株 テラスカイ

テラスカイのチャート画像

時価総額:19,662百万円
PER:(連) 234.71倍
PBR:(連) 13.09倍
≪2018/07/04時点≫

テラスカイはクラウドシステムの導入支援・開発事業を展開する企業。こちらもERP関連銘柄として注目だ。

テラスカイはクラウドERPコンシェルジュサービスを手掛けている。こちらも顧客の企業にとって最適なERPソリューションを短期間・低コストで提供するといったサービスだ。テラスカイも時価総額規模はさほど大きくない。値動き妙味の観点からも面白い銘柄と言えるのではないだろうか。

【2018年12月10日(月)追記】

ERP関連銘柄 本命株 アイ・ピー・エス

アイ・ピー・エスのチャート画像

時価総額:2,237百万円
PER:(連) 22.81倍
PBR:(連) 2.73倍
≪2018/12/10時点≫

アイ・ピー・エスもERP関連銘柄の本命株として注目しておきたい。

アイ・ピー・エスは関西を地盤に法人向けに企業情報システム開発を手掛けている銘柄。アイ・ピー・エスもドイツのERP関連企業「SAP」のパートナー企業で、SAPのERPソフトを中心に販売している。こちらもまさにERP関連銘柄といえる。

また、アイピーエスはRPA関連銘柄の「RPAホールディングス」とも絡みのある企業でもある。

アイピーエスは2018年12月10日にRPAホールディングスの子会社RPAテクノロジーズとSAPジャパンと共同で中堅中小企業向けにERPの入力業務を自動化するソリューションの提供を開始したと発表。

このソリューションはSAPジャパンのERPソフトへの入力業務をRPAテクノロジーズのRPAソフト「ビズロボ(BizRobo!)」と連携させ、作業を自動化させるというもののようだ。

アイ・ピー・エスがRPAホールディングス子会社と連携したことから、RPA関連銘柄としても注目されるかもしれないな。もともとRPAとERPは非常に親和性の高い分野のため、どちらにも絡むアイ・ピー・エスは非常に面白い銘柄といえる。

さらに面白い点はアイ・ピー・エスが非常に時価総額規模が小粒な銘柄という点。人気化した際には火柱が立ちやすい銘柄といえるだろう。引き続き注目しておきたいERP関連銘柄だ。

ERP関連銘柄 まとめ

いまや、大企業だけでなく中小企業やベンチャー企業でもERPを導入し、業務を効率化する時代である。現にERPを導入する企業はぞくぞくと増えてきているようだ。またERPは、ビッグデータの活用やRPAの導入とも非常に親和性が高く、今後さらに需要が拡大する可能性もある。

ERP関連銘柄は今後も注目される可能性のあるテーマ株と言えるだろう。ERP関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ズバリ聞いてしまうが、読者様は「株で月間どれくらいの利益を得ている」だろうか?

「株は9割が負ける」と言われているのは有名な話だが、たった1割が勝利を独占しているという状況ということは個人投資家は…

「勝ったり負けたりだけどトータルではマイナス」

という状況が多いはずだ。

だが、それでも個人投資家が相場から離れないのは勝つ時もあるからだろう。それになにより株はギャンブル的な「楽しさ」もあるからだと思う。

だが「株をギャンブル感覚」でやるくらいなら、いっそ相場から離れた方がいい。資産の余裕のある人が遊びでやるならいいかもしれないが、一般の人が「資産運用」で株をやるなら「利益」は最大の目的のはずだ。

例えば「毎月数万円くらいのプラス」であってもプラスなら続けるべきだし、コンスタントに負けているならいっそやめるべきだ。少なくとも”現状で負けている”ならば「負けている手法」でいくらやっても金と時間の無駄だ。

もし読者様が「勝ったり負けたり…トータルはマイナス」という状況ならば、どうかこの記事は最後まで読んで頂きたい。

と、いうのも、あくまで「目安」だが「株で毎月+30万円」くらいなら余裕で目指せるからだ。

株で毎月数百万~数千万の利益が欲しいというのなら、当方はアドバイスする立場にないが「株で毎月+30万円程度の利益」であれば、余裕で目指せる。

活用してほしいのが株の専門サイトだ。今は無料で活用出来る株サイトが多く、別に情報料金なんか払わずともしっかりとした情報が継続的に受け取れる。

まぁ優秀な顧問サイトなら「有料情報を使った方が効率的」なのかもしれないが、有料情報を検討するのなんてまずは無料を試してみて、それからの話だろう。

当方が、オススメするのはとりあえずここの無料情報なので、その点は安心してほしい。

「株で毎月+30万円の利益」を目指す方に試してほしいのがこちらのサイトだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads By Steady.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~11月の11カ月間で計412銘柄もの無料情報を推奨し、その内307銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~11月の11カ月連続で推奨銘柄の7割以上が30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で11カ月連続で無料銘柄が7割以上の勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

無料でこれだけの大化け銘柄を推奨してくれるのだから、月間+30%程度の利益確保なんてそう難しい話ではないというのはご理解頂けるだろう。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

もう一つ、当方のブログを見に来てくれている人にはチェックしておいて欲しいのが「株プロフェット」だ。

株プロフェット

株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads By Steady.


ここは単純に逆境に強い。これまでたくさんの買い場を読み当ててきている。本当に頼りになるサイトだ。

当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)レノバ(株価3.54倍)、アエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ