一帯一路関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年02月26日(月)投稿】

一帯一路のイメージ画像

中国が進める経済政策「一帯一路構想」をご存知だろうか。

一帯一路とは中国で習近平政権が誕生して以来、掲げられている経済政策で中央アジア・ヨーロッパまで続く陸の経済圏と東南アジア・南アジア・中東・東アフリカ・ヨーロッパまでを結ぶ海の経済圏において、道路や鉄道、水道、発電、空港などのさまざまなインフラ投資を行うことで、その地域の経済発展を促そうとする政策のことである。

一帯一路が発展を促そうとする経済圏は、かつて中国と地中海世界の間を行き来した歴史的な交易路「シルクロード」と被っているため、「現代版シルクロード構想」とも呼ばれている。

また、第二次大戦後に被災した欧州諸国のためにアメリカが推進した復興援助計画「マーシャルプラン」にも似通った経済支援政策のため「中国版マーシャルプラン」とも呼ばれることもあるようだ。

とにかく、一帯一路とは中国の習近平政権が看板政策の一つとして推し進める重要な政策である。一帯一路構想では中国に恩恵があるのは当然ながら、関連する諸国や海外企業にも大きな恩恵があるとされている。

日本政府としては、これまで「一帯一路構想」に対して慎重なスタンスを取ってきたが、2017年には安倍首相は「一帯一路構想」に関して、『調達の構成さなどが担保されることを条件に協力していく』とコメントした。

日本が「一帯一路」に協力的なスタンスを取る方向へと転換したのは、日中関係の改善の切り札という見方も強いが、いずれにしても「一帯一路」への協力的なスタンスを取っていることは事実。

今後、日本の株式市場においても一帯一路関連銘柄が注目される可能性もありそうだ。と、いうことでこのページでは一帯一路関連銘柄について、本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

一帯一路関連銘柄とは

一帯一路関連銘柄とはその名の通り中国の経済政策「一帯一路」に関連する銘柄の総称である。

一帯一路とは

一帯一路とは前述の通り、かつてシルクロードと呼ばれていた陸の経済圏や、東南アジア・南アジア・中東・東アフリカ・ヨーロッパまでを結ぶ海の経済圏において、道路や鉄道、水道、発電、空港などのさまざまなインフラ投資を行うことで、その地域の経済発展を促そうとする政策である。

簡単に言えば「アジア圏とヨーロッパ圏を陸路・海路で繋ぐ地域へのインフラ投資」と考えればわかりやすいのではないだろうか。

したがって、一帯一路関連銘柄は主にインフラ投資に関連する銘柄やインフラ整備に必要な機器や技術などに関連する銘柄が中心となりそうだ。

一帯一路関連銘柄 一覧

一帯一路関連銘柄について念のため言っておくが、まだ日本企業で一帯一路構想への参画を表明している企業はないようだ。(2018年02月現在)なので、以下にピックアップする銘柄は、厳密には一帯一路に絡んできそうな思惑株ということだ。なので一応、参考までにしてもらいたい。

  • 1801    大成建設
  • 1802    大林組
  • 1812    鹿島
  • 6301    コマツ
  • 6305    日立建機
  • 6501    日立製作所
  • 7011    三菱重工業
  • 7013    IHI
  • 1963    日揮
  • 6366    千代田化工建設
  • 5233    太平洋セメント
  • 5232    住友大阪セメント
  • 1883    前田道路
  • 1884    日本道路
  • 1815    鉄建建設
  • 1871    ピーエス三菱
  • 5911    横河ブリッジホールディングス
  • 5912    OSJBホールディングス
  • 8001    伊藤忠商事
  • 8031    三井物産
  • 9104    商船三井

一帯一路関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは一帯一路関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。まぁとりあえずはまだ「思惑株」の域をでないけど。それと出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

一帯一路関連銘柄 本命株 大成建設

大成建設のチャート画像

時価総額:1,221,504百万円
PER:(連) 12.70倍
PBR:(連) 1.94倍
≪2018/02/26時点≫

大成建設は日本を代表する建設株の一角。こちらは一帯一路関連銘柄としても注目すべき銘柄と言えるのではないだろうか。大成建設は、道路や鉄道、空港や港湾などのインフラ整備なども手掛けている銘柄で、海外での実績も豊富にある。

日本も一帯一路に協力し、アジア圏でのインフラ整備を整えるとすれば大成建設は絡んでくるのではないだろうか。時価総額規模の大きな銘柄で、中長期的スタンスが前提になるが注目しておきたい銘柄だ。

一帯一路関連銘柄 本命株 大林組

大林組のチャート画像

時価総額:880,242百万円
PER:(連) 9.22倍
PBR:(連) 1.28倍
≪2018/02/26時点≫

大林組も日本を代表する建設株の一角といえるだろう。大林組も道路や鉄道、ダムといったインフラ整備を手掛ける銘柄であり、一帯一路に関連する可能性のある日本株として注目したい。

一帯一路関連銘柄 本命株 コマツ

コマツのチャート画像

時価総額:3,878,151百万円
PER:(連) 23.67倍
PBR:(連) 2.23倍
≪2018/02/26時点≫

建設機械で世界2位のコマツもインフラ関連銘柄の筆頭だ。コマツはアジア圏でも幅広く展開している企業であり、一帯一路でアジア圏のインフラ整備・インフラ投資が進むとすれば大きな恩恵を受ける可能性がある企業と言える。コマツも一帯一路関連銘柄の本命株として注目したい。

ただしコマツも時価総額規模の大きな銘柄なので、短期スタンスでは少し面白みに欠けるかもしれない。中長期スタンスが前提の銘柄と言えそうだ。

一帯一路関連銘柄 本命株 太平洋セメント

太平洋セメントのチャート画像

時価総額:508,561百万円
PER:(連) 13.02倍
PBR:(連) 1.28倍
≪2018/02/26時点≫

セメント首位の太平洋セメントもインフラ関連銘柄の代表格。太平洋セメントもアジアなどの海外展開している企業だ。インフラ投資にセメントは必要不可欠。アジア圏でインフラ投資が盛んになれば太平洋セメントも大きな恩恵を受ける可能性がありそうだ。

太平洋セメントも時価総額規模は大きい方だが、インフラ関連銘柄のなかでは値動き妙味のあるほうだ。中期スタンスくらいでも面白みがあると言えるのではないだろうか。

一帯一路関連銘柄 本命株 鉄建建設

鉄建建設のチャート画像

時価総額:49,357百万円
PER:(連) 13.29倍
PBR:(連) 0.89倍
≪2018/02/26時点≫

鉄建建設も一帯一路関連銘柄の本命株として注目したい。鉄建建設は鉄道工事に強い建設株で、日本ではJRや官公庁などからも受注している実績がある。東南アジアも開拓中の企業なので、一帯一路は同社の大きなチャンスとなる可能性もあるか!?

鉄建建設の時価総額規模はインフラ関連株のなかでは、小粒なほうだと言えるだろう。短期スタンスでも値動き妙味のある銘柄なので、そう言う意味では本命株とも言えるか。

一帯一路関連銘柄 本命株 伊藤忠商事

伊藤忠商事のチャート画像

時価総額:3,441,350百万円
PER:(連) 8.03倍
PBR:(連) 1.17倍
≪2018/02/26時点≫

伊藤忠商事は日本を代表する商社の一角。商社といえばモノの取引に介在するのが本業だが、事業投資も行っている。特にインフラ投資も行うこともあるので、もしかすると思惑株として注目される可能性もあるかもしれない。

一帯一路関連銘柄 まとめ

日本政府はこれまで一帯一路構想に対して、慎重なスタンスを取ってきたがここにきて協力的な姿勢を示している。これから、さらに具体的に一帯一路構想に参画する日本企業などが出てくれば、より強力なテーマ株として日本株市場でも意識されていくだろう。

強力なテーマ株は流行る前に抑えておくことが肝要だ。一帯一路関連銘柄には引き続き注目しておくべきと言えるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年の株式市場はやや乱高下の激しい展開になりつつあるが、波乱の大きな要因は米国主導の株安との見方が強く、日本株に対してなにか大きな悪材料が出ているというわけではない。国内企業の業績は依然として好調が期待できるならば、押し目は「絶好の買いチャンス」なのかもしれない。

乱高下の激しい波乱相場は狼狽しがちだが、上手く立ち回れば安いところを拾えるチャンスでもある。波乱相場で稼いでこそ投資家というものだ。押し目を上手く拾えれば、他を出し抜き一気に稼ぐことも不可能ではないだろう。

波乱相場では、なんとしても「反転の機会」を見極めたいものだ。

正直な話、当方は株式投資で上手く稼ぎたいなら、投資顧問を上手に活用するのがベストだと思っている。投資顧問というと胡散臭いイメージを持っている人も多いかもしれないが、利用するところをしっかりと選べば役に立つケースがあるのは紛れもない事実だ。(もちろんクソなところも多いのでしっかりと選ばないといけないが)

当方がオススメするのはテーマ株に強い投資顧問だ。

最近はテーマ株相場。直近でも仮想通貨関連然り、人工知能(AI)関連然り、サイバーセキュリティ関連然り、全般的な軟調相場でも強いテーマは存在する。

これらテーマの初動に乗れればいきなりドカンと利益が出るケースもある。また、テーマの初動に乗れずとも「出遅れ株」などで二匹目のドジョウを狙うのも面白い。テーマ株に強くて、なおかつ信頼できる投資顧問を選びたいならば当方は下記のサイトをオススメする。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント) 最新の急騰期待大注目銘柄を無料プレゼント≫

Ads by Cueinc.


「JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)」は2017年末にスタートしたばかりの新しい投資顧問社だが、ここは2018年の超新星サイトとしてズバリ注目したい。

ここは運営スタートしたばかりだというのにすでに物凄い上昇推移をバンバン出しているのだ。

当方が驚いたのはバラスト水処理関連銘柄のニチダイ(6467)を決算前日に推奨し推奨当日にストップ高となった件。ニチダイはその後も株価を伸ばし一週間と経たずに株価2.24倍にまで急騰している。他にもインバウンド関連&ビットコイン関連銘柄の「ルーデンHD」を先取り推奨し、こちらも僅か数週間で株価2.14倍

他にもPKSHA Technologyで株価1.35倍、一家ダイニングプロジェクトで株価2.18倍など、たった数カ月の運営期間で急騰推移をバンバン先取りしている。

おそらくだが、JPAはオープン間もないサイトだからこそ「新規会員の信頼確保に全力をあげている」ということなのだと思う。JPAは2018年の超新星サイトとして注目すべきと言えそうだ。

JPAは無料のメルマガ登録をすることで、無料情報をすぐに教えてくれるのでチェックしておくのがオススメ。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント) 最新の急騰期待大注目銘柄を無料プレゼント≫

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ