高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年06月07日(金)投稿】

※このページは2019/06/12(水)に追記・更新しました。

高齢ドライバーのイメージ画像

最近、高齢ドライバーの痛ましい死亡事故が相次いでいる。このことを受け、東京都は2019年06月04日(火)に自動車のアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置を購入費用を一部補助する考えを発表。

対象とする装置や予算規模、補助の開始時期などはまだ未定だが、今後具体的に検討していくとのことだ。

株式市場においても高齢ドライバーの自動車事故を防止する装置「急発進防止装置」「ペダル踏み間違い防止装置」に関連する銘柄に注目が集まりつつある。

と、いうことでこのページでは高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄)について本命株出遅れ株 一覧を詳しくわかりやすくまとめておく。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄)とは

高齢ドライバー関連銘柄とはその名の通り高齢ドライバーの自動車事故を防止する装置に関連する銘柄の総称である。

高齢になってくるとどうしても反射神経が鈍ってしまい物事の認知する速度が下がる。こうしたことから急な判断を求められる時などにアクセルとブレーキを踏み間違えてしまう可能性がある。こういったアクセルの踏み間違いや誤った急発進を防止する装置がカー用品店で販売しているが、今回の東京都が検討している補助事業ではこうした製品を購入する際に一部の購入金額を補助してくれる可能性が高そうだ。

高齢ドライバー関連銘柄では、急発進防止装置やアクセルとブレーキのペダルを踏み間違えることを防止する装置を手掛ける銘柄、または小売するカー用品店などの銘柄が中心になりそうだ。

政府が高齢者向け限定免許創設の方針と伝わる【2019/06/11追記】

2019年06月11日(火)、一部メディアにより政府が高齢ドライバー専用の新たな運転免許を創設する方針であることが伝わったようだ。

高齢者限定の運転免許では75歳以上を想定し、自動ブレーキやペダルの踏み間違え防止装置などの安全機能が付いた車のみを運転できるようにするようだ。

運転免許には「AT限定」などの免許区分があるが、高齢者限定免許もこうした「区分のひとつ」として創設する案が有力らしい。ただし高齢者限定免許は「義務付け」を見送り選択性を軸に検討するという。うーむ、義務付けでなければあんまり意味がないように思えてしまうが…。まぁないよりはマシだろうか。

政府が高齢ドライバーの相次ぐ事故に対して、本腰を入れて対策してきたということだ。高齢者限定免許では安全機能が搭載された車だけを運転できるようになるとのことでさらに高齢ドライバー関連銘柄には注目が集まる可能性がある。引き続き注目しておきたい。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 一覧

  • 2666    オートウェーブ    カー用品店
  • 3352    バッファロー     カー用品店
  • 3190    ホットマン      カー用品店
  • 7297    カーメイト      カー用品店
  • 9832    オートバックスセブン カー用品店
  • 9882    イエローハット    カー用品店
  • 7477    ムラキ        カー用品卸

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株・出遅れ株

それでは高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄)の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株 オートウェーブ

オートウェーブのチャート画像

時価総額:1,908百万円
PER:(連) 11.56倍
PBR:(連) 0.63倍
≪2019/06/07時点≫

千葉県地盤のカー用品店オートウェーブは高齢ドライバー関連銘柄の本命株として注目しておきたい。オートウェーブでは全店で「アクセルとブレーキの踏み間違え防止装置」を販売、取り付けを手掛けている。本体+取り付け費用+消費税全て込みで41,040円とのこと。まさに高齢ドライバー関連銘柄の本命株といえるだろう。

加えてオートウェーブは時価総額規模も小さく値動きも軽い。オートウェーブは以前、ドラレコ関連銘柄が注目された時もまっさきに株価を挙伸ばした銘柄でもある。今回も高齢ドライバー関連銘柄として注目される可能性は高そうだ。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株 バッファロー

バッファローのチャート画像

時価総額:2,116百万円
PER:(単) 6.22倍
PBR:(単) 0.43倍
≪2019/06/07時点≫

バッファローはカー用品店のオートバックスのフランチャイズを展開する埼玉地盤の企業。オートバックスは「ペダルの見張り番」という急発進防止装置を販売しているため、こちらも高齢ドライバー関連銘柄の一角といえそうだ。

バッファローは時価総額規模が小さい銘柄のため値動き妙味の観点では面白そう。PER、PBRも現時点では過熱感はなさそうだ。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株 ホットマン

ホットマンのチャート画像

時価総額:2,116百万円
PER:(単) 6.22倍
PBR:(単) 0.43倍
≪2019/06/07時点≫

ホットマンにも注目だ。ホットマンは宮城県を地盤にカー用品店のイエローハットなどを展開している企業。イエローハットでは「誤発信防止システム2」という製品を取り扱っているため、需要を取り込みそうだ。ホットマンも時価総額規模が小さく値動きが軽いため、人気化すれば面白そうだ。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株 オートバックスセブン

オートバックスセブンのチャート画像

時価総額:145,239百万円
PER:(連) 24.12倍
PBR:(連) 1.13倍
≪2019/06/07時点≫

オートバックスセブンはカー用品店の国内最大手だ。ご存知オートバックスをフランチャイズ展開している。こちらも高齢ドライバー関連銘柄として注目だが、時価総額規模が大きいので値動き妙味の観点では少し面白みに欠けるかもしれない。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 本命株 イエローハット

イエローハットのチャート画像

時価総額:72,039百万円
PER:(連) 8.76倍
PBR:(連) 0.84倍
≪2019/06/07時点≫

カー用品店国内2位のイエローハットも高齢ドライバー関連銘柄の一角として注目しておきたい。ただしこちらも時価総額規模はそこまで小さくないので値動き妙味としては少し面白みに欠ける。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 思惑株 カーメイト

カーメイトのチャート画像

時価総額:6,066百万円
PER:(連) 7.99倍
PBR:(連) 0.46倍
≪2019/06/07時点≫

カーメイトも高齢ドライバー関連銘柄の一角として注目しておきたい。カーメイトは自動車用品の製造や卸売を手掛ける企業。ただカーメイトもカー用品を手掛けているが、急発進防止装置やペダルの踏み間違い防止装置を手掛けているという情報は今のところでてこない。

思惑で買われる可能性はあるが、現時点では高齢ドライバー関連銘柄としてはそこまで期待し過ぎるのは禁物かもしれない。

【2019年06月12日(水)追記】

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) 思惑株 ムラキ

ムラキのチャート画像

時価総額:1,301百万円
PER:(連) 41.88倍
PBR:(連) 0.58倍
≪2019/06/12時点≫

自動車用補修部品などのカー用品卸売り大手のムラキも高齢ドライバー関連銘柄の一角として注目されているようだ。といっても、ムラキのHPをみたけど、高齢ドライバー関連な要素はあんまりなさそう。とにかく時価総額規模が小さいので、短期資金が集まりやすいのだろう。カー用品関連銘柄というだけなので思惑株の部類か。一応、注目だ。

高齢ドライバー関連銘柄(急発進防止装置関連銘柄) まとめ

高齢ドライバーによる痛ましい事故をなくすためにも、早期に完全な自動運転技術を開発してほしいものだ。まだ完全な自動運転が実現するまでにはある程度時間が必要だと思うので、高齢ドライバー関連銘柄にも注目が集まりそうだ。

以前、ドラレコ関連銘柄が注目された時もあったが、あの時も大きく関連銘柄が株価を上げたことがあった。高齢ドライバー関連銘柄はあれほどのインパクトはないかもしれないが、今後ジリジリと注目される可能性もありそうだ。引き続き注目しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

それもそのはず。今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。

確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

株エヴァンジェリスト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

現にすでにこの2019年相場だけでも物凄い数の推奨銘柄が株価2倍を超えている。

コンサル関連    霞ヶ関キャピタル 株価2.25倍
ビッグデータ関連  ネットイヤー   株価2.00倍
バイオ関連     オンコリスバイオ 株価3.09倍
カジノ関連     Nuts       株価2.16倍
旅行関連      ベルトラ     株価2.73倍
マネーゲーム株   シベール     株価2.23倍
半導体製造装置関連 アピックヤマダ  株価2.30倍
元号関連銘柄    AmidA HD    株価2.56倍
不動産関連     デュアルタップ  株価2.16倍

この9銘柄は、どれも株エヴァンジェリストが2019年1月~3月の3カ月以内に叩き出した実例。昨年のものも含めれば、それこそ数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。

それに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ