ランサムウェア対策関連銘柄 本命・出遅れ まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年05月16日(火)投稿】

※このページは2017/06/05(月)に追記・更新しました。

ランサムウェアのイラスト画像

2017年05月13日に世界規模でおきた大規模サイバー攻撃による波紋が拡がっているようだ。今回のサイバー攻撃には北朝鮮が関係しているのではないか?との噂もあるようだ。

今回の大規模サイバー攻撃では特にランサムウェアによる被害がニュースで取り沙汰されている。このことによりサイバーセキュリティ関連銘柄のなかでも特にランサムウェア対策銘柄に注目が集まっている。

と、いうことでこのページではランサムウェア対策関連銘柄について本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介する。

ランサムウェア対策関連銘柄とは

ランサムウェア対策関連銘柄とは、ランサムウェア対策に関連する製品・サービス・ソリューションを手掛ける銘柄の総称である。

まずランサムウェアを説明しよう。ランサムウェアとはわかりやすくいえば「身代金要求ウイルス」のことだ。ランサムウェアにPC・システムが感染するとコンピュータの中にあるファイルが暗号化され使用が制限されてしまう。そしてランサムウェアは

「ファイルの暗号化を解除してほしくば身代金をビットコインなどの仮想通貨で支払え!」

と滅茶苦茶な要求をしてくるのだ。要は、コンピュータの中にはデータを人質にとって身代金を要求してくるということ。この悪質なマルウェアをランサム(身代金)ウェアと呼ぶ。

ランサムウェア対策関連銘柄は、大きな括りではサイバーセキュリティ関連銘柄の一部だが、サイバーセキュリティ関連銘柄のすべてがランサムウェア対策に特化しているわけではない。サイバーセキュリティ関連銘柄のなかでも特にランサムウェア対策に関連するサービスを手掛ける銘柄がランサムウェア対策関連銘柄と呼ぶにふさわしいだろう。

サイバーセキュリティ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧はこちらにまとめてある≫

ランサムウェア対策関連銘柄 一覧

  • 4288    アズジェント
  • 3040    ソリトンシステムズ
  • 4344    ソースネクスト
  • 4704    トレンドマイクロ
  • 2326    デジタルアーツ
  • 3968    セグエグループ
  • 9758    ジャパンシステム
  • 8023    大興電子通信

ランサムウェア対策関連銘柄 本命・出遅れ

それではランサムウェア対策関連銘柄の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なおこの項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命 アズジェント

アズジェントのチャート画像

時価総額:8,208百万円
PER:—倍
PBR:(単) 4.71倍
≪2017/05/16時点≫

ランサムウェア対策関連銘柄本命はやはりアズジェントではないだろうか。アズジェントはセキュリティソフト輸入販売・構築・運用などを含めた高付加価値サービス事業を手掛けている銘柄だ。

アズジェントは2016年6月8日にイスラエルの「illusive networks社」のサイバー攻撃対策ソリューション「illusive」の取り扱いを開始している。イスラエルといえば世界有数のサイバーセキュリティ先進国である。アズジェントがイスラエル「illusive networks社」の製品を取り扱っている点を重視したい。

中でもアズジェントが輸入販売するセキュリティソフト「illusive Deceptions Everywhere」という製品があるが、この製品には2016年8月にランサムウェアの検知・防御機能が追加されたことを発表している。これによりアズジェントはランサムウェア対策関連銘柄のなかでも特に注目されているのではないだろうか。

アズジェントの時価総額はまだまだ小粒。値動き妙味と言う点でも非常に面白い銘柄だ。今後サイバーセキュリティ分野の需要はさらに高まる可能性があるし、ランサムウェアの脅威にも注目が集まる可能性がある。当方はアズジェントランサムウェア対策関連銘柄本命株として注目する。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命 ソリトンシステムズ

ソリトンシステムズのチャート画像

時価総額:17,824百万円
PER:(連) 24.41倍
PBR:(連) 3.02倍
≪2017/05/16時点≫

ソリトンシステムズランサムウェア対策関連銘柄本命として注目したい。ソリトンシステムズはセキュリティ対策ソフトとシステム構築が柱の企業で、もともとサイバーセキュリティ関連銘柄の一角として注目されていた銘柄。ソリトンシステムズはランサムウェア対策ソリューションを手掛けている。サイバーセキュリティ関連銘柄のなかでも「ランサムウェア対策」という分野に注力している銘柄と言えるだろう。

ソリトンシステムズは時価総額の規模はまだアズジェントより大きいが、値動きが重いというほどではない。こちらもランサムウェア対策関連本命株として注目したい。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命・出遅れ ソースネクスト

ソースネクストのチャート画像

時価総額:18,881百万円
PER:(連) 15.41倍
PBR:(連) 3.44倍
≪2017/05/16時点≫

ソースネクストもランサムウェア対策関連銘柄の一角として注目したい。ソースネクストは「ZEROウイルスセキュリティ」というセキュリティソフトを手掛けているが、こちらはランサムウェアにの防御・検知にも対応している製品だ。ランサムウェアの被害が増えるなど、報じられれば同社にはビジネスチャンスとなる。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命・出遅れ デジタルアーツ

デジタルアーツのチャート画像

時価総額:47,840百万円
PER:(連) 37.73倍
PBR:(連) 9.02倍     
≪2017/05/16時点≫

デジタルアーツはランサムウェア対策関連銘柄出遅れ株として注目したい。デジタルアーツもそもそもサイバーセキュリティ関連銘柄の一角として注目される銘柄。

同社はWebフィルタリング製品「i-FILTER」を提供しているが、この「i-FILTER」とファイア・アイ社が提供するセキュリティ製品「FireEye」という製品を連携して使用することをランサムウェア対策として提唱しているようだ。

デジタルアーツは本命とまでは言えないかもしれないがランサムウェア対策関連出遅れ株として注目。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命 セグエグループ

セグエグループのチャート画像

時価総額:13,148百万円
PER:(連) 52.26倍
PBR:(連) 7.60倍
≪2017/05/16時点≫

セグエグループランサムウェア対策関連銘柄本命として注目したい。セグエグループの事業内容はセキュリティ製品の輸入販売などを手掛けており、事業内容としてはアズジェントと似ているな。

セグエグループはイギリスに本社を置くサイバーセキュリティメーカー「ソフォス」の製品を取り扱っておりソフォス製品にはランサムウェア対策の製品を提供している。このことからセグエグループアズジェントと並ぶランサムウェア対策関連本命株として注目したい。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命 ジャパンシステム

ジャパンシステムのチャート画像

時価総額:17,090百万円
PER:—倍
PBR:(連) 3.53倍
≪2017/05/16時点≫

ジャパンシステムもサイバーセキュリティ関連銘柄の一角として知られる銘柄。ジャパンシステムはファイアアイ社が提供するセキュリティ製品「FireEye」の販売を手掛けていることから、こちらもランサムウェア対策関連銘柄の一角とされているようだ。

ランサムウェア対策関連銘柄 本命 大興電子通信

大興電子通信のチャート画像

時価総額:5,678百万円
PER:(連) 14.01倍
PBR:(連) 1.54倍
≪2017/05/16時点≫

大興電子通信ランサムウェア対策関連銘柄本命として注目したい。大興電子通信は世界有数のセキュリティメーカーとアライアンス(協力・提携)を組んでいる銘柄。ランサムウェア対策向けのセキュリティソリューションも手掛け、またランサムウェアに対応するサイバーセキュリティ対策フォーラムなども主催で開催するなど、非常に面白い銘柄だ。

時価総額の規模も小粒であり、値動き妙味の面でも非常に面白い。サイバーセキュリティ関連、ランサムウェア対策関連本命株として注目したい。

ランサムウェア対策関連銘柄 まとめ

ランサムウェア対策関連銘柄は、大きな括りではサイバーセキュリティ関連銘柄のなかにあるテーマだ。だが、今回のように大規模なランサムウェアによるサイバー攻撃あった時など、被害が大きくニュースで報じられた際には特に注目を浴びる可能性がある。

サイバーセキュリティ関連銘柄全体を把握するとともに、なかでも特にランサムウェア対策に特化した銘柄を把握しておけば、再び大規模なサイバー攻撃などがあった場合には柔軟なトレードができる可能性がある。特に今後はIoT時代・自動運転時代・ロボット時代に突入していく。サイバーセキュリティ分野はますます注目が集まり易くなるテーマ株といえるだろう。細かい得意分野まで把握しておいて損はない。

サイバーセキュリティ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧はコチラにまとめてある≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年の株式市場はやや乱高下の激しい展開になりつつあるが、波乱の大きな要因は米国主導の株安との見方が強く、日本株に対してなにか大きな悪材料が出ているというわけではない。国内企業の業績は依然として好調が期待できるならば、押し目は「絶好の買いチャンス」なのかもしれない。

乱高下の激しい波乱相場は狼狽しがちだが、上手く立ち回れば安いところを拾えるチャンスでもある。波乱相場で稼いでこそ投資家というものだ。押し目を上手く拾えれば、他を出し抜き一気に稼ぐことも不可能ではないだろう。

波乱相場では、なんとしても「反転の機会」を見極めたいものだ。

正直な話、当方は株式投資で上手く稼ぎたいなら、投資顧問を上手に活用するのがベストだと思っている。投資顧問というと胡散臭いイメージを持っている人も多いかもしれないが、利用するところをしっかりと選べば役に立つケースがあるのは紛れもない事実だ。(もちろんクソなところも多いのでしっかりと選ばないといけないが)

当方がオススメするのはテーマ株に強い投資顧問だ。

最近はテーマ株相場。直近でも仮想通貨関連然り、人工知能(AI)関連然り、サイバーセキュリティ関連然り、全般的な軟調相場でも強いテーマは存在する。

これらテーマの初動に乗れればいきなりドカンと利益が出るケースもある。また、テーマの初動に乗れずとも「出遅れ株」などで二匹目のドジョウを狙うのも面白い。テーマ株に強くて、なおかつ信頼できる投資顧問を選びたいならば当方は下記のサイトをオススメする。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント) 最新の急騰期待大注目銘柄を無料プレゼント≫

Ads by Cueinc.


「JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)」は2017年末にスタートしたばかりの新しい投資顧問社だが、ここは2018年の超新星サイトとしてズバリ注目したい。

ここは運営スタートしたばかりだというのにすでに物凄い上昇推移をバンバン出しているのだ。

当方が驚いたのはバラスト水処理関連銘柄のニチダイ(6467)を決算前日に推奨し推奨当日にストップ高となった件。ニチダイはその後も株価を伸ばし一週間と経たずに株価2.24倍にまで急騰している。他にもインバウンド関連&ビットコイン関連銘柄の「ルーデンHD」を先取り推奨し、こちらも僅か数週間で株価2.14倍

他にもPKSHA Technologyで株価1.35倍、一家ダイニングプロジェクトで株価2.18倍など、たった数カ月の運営期間で急騰推移をバンバン先取りしている。

おそらくだが、JPAはオープン間もないサイトだからこそ「新規会員の信頼確保に全力をあげている」ということなのだと思う。JPAは2018年の超新星サイトとして注目すべきと言えそうだ。

JPAは無料のメルマガ登録をすることで、無料情報をすぐに教えてくれるのでチェックしておくのがオススメ。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント) 最新の急騰期待大注目銘柄を無料プレゼント≫

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ