AIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年05月01日(月)】

AIプレートのイメージ画像

2017年現在は、テレビにしてもパソコンのディスプレイにしてもスマートフォンのディスプレイにしても「平面」が一般的だ。(中には3DテレビやVR端末など少し例外はあるが)

だが、ここ最近でこれまでの平面ディスプレイが空間に映像を結像する技術に変革しようとしてきているようだ。空中ディスプレイの実用化はまだ先と言われているものの、すでに開発競争は激しくなってきているようだ。

と、いうことでこのページではAIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄について、本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介していく。

AIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄とは

空中ディスプレイとはその名の通り、空中に画像を結像させる技術のことで、その代表的なものがアスカネットの開発したAIプレート(エアリアルイメージングプレート)である。

空中に結像する技術といえばこれまで「ホログラム」と呼ばれる技術がよく知られていたが、、このホログラムは特殊なフィルムや水蒸気・煙などに映像を映し出すものでいわば擬似的に空中に画像を浮き上がらせるもの。

アスカネットの開発したAIプレートはガラス・樹脂などでできた特殊なパネルを通過させることにより、空中に画像を結像させることができる。さらにプレートの厚さは1cm以下で、ホログラムのように特殊な環境を必要としないため、さまざまな機器との組み合わせが可能だという。こういった点でホログラムより非常に汎用性が高いと言えるだろう。

AIプレート関連銘柄空中ディスプレイ関連銘柄火付け役・代表格の本命銘柄は「アスカネットに間違いないだろう。

だが、アスカネットの他にも空中に画像を表示する技術を開発する会社はある。AIプレート関連銘柄空中ディスプレイ関連銘柄とは、AIプレート・空中ディスプレイなどを手掛ける銘柄やそれに関連する銘柄などの総称ということだ。

AIプレート・空中ディスプレイの活用が期待される分野

AIプレート・空中ディスプレイの活用が期待される分野を考えてみよう。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージ 空中ディスプレイのイメージ画像

まずはデジタルサイネージの分野だろう。デジタルサイネージとは一言でいえば電子看板のこと。ディスプレイなどを使う広告のことだ。AIプレート・空中ディスプレイはデジタルサイネージと非常に相性が良いと思う。

まず、空中のなにもないところに結像された看板があれば「もの珍しく一目を引く」。これだけでも看板としての役割は十分に果たしていると言えよう。実際にこのアスカネットの開発したAIプレートは、すでにイベントなどでデジタルサイネージ(電子看板)などとして実用されている例もある。デジタルサイネージ分野はAIプレート・空中ディスプレイの活躍が期待される分野と言える。

テレビ・パソコン・スマホなどのディスプレイ

空中ディスプレイのイメージ画像

他にAIプレート・空中ディスプレイの活躍が期待される分野といえば、やはりテレビ・パソコン・スマホのディスプレイだろう。現在の平面ディスプレイから空中に画像を結像して映し出すのが一般的となっていく可能性もあるかもしれない。

さらに空中に結像した画像に触角を与える技術もあるようで、空中に浮かんだ画像をタッチしてタッチパネルのような操作も可能らしい。これでスマートフォンやタブレット・パソコンなどの操作も問題なく行えるのではないだろうか。

医療現場

空中ディスプレイ 医療現場のイメージ画像

さらにAIプレート・空中ディスプレイ技術は医療の現場などでの活用も期待される。必要な時にだけ空中にディスプレイが表れるため省スペースだし、さらに衛生管理も必要ないからだ。

映画やアニメ、SFの世界のものと思われていた空中ディスプレイがもはや現実のものとなろうとしているのは非常に感慨深いな。

AIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄 一覧

  • 2438    アスカネット    エアリアルイメージングプレート(AIプレート)
  • 6753    シャープ      空中表示素子(空中ディスプレイ)
  • 6503    三菱電機      空中ディスプレイ
  • 4064    日本カーバイド工業 空中ディスプレイ
  • 7912    大日本印刷     AIプレート用ツール
  • 6752    パナソニック    AIプレート用ツール
  • 8141    新光商事      AIplay(触角ディスプレイ)
  • 6701    NEC       AIplay(触角ディスプレイ)
  • 7751    キヤノン      触角ディスプレイ技術
  • 6929    日本セラミック   触角ディスプレイ技術

AIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄 本命・出遅れ

それではAIプレート関連銘柄空中ディスプレイ関連銘柄について本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。また出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

AIプレート・空中ディスプレイ関連銘柄 本命 アスカネット

アスカネットのチャート画像

時価総額:35,365百万円
PER:(単) 61.51倍
PBR:(単) 7.58倍
≪2017/05/01時点≫

冒頭のほうでも書いた通り、AIプレート関連空中ディスプレイ関連銘柄大本命銘柄といえばアスカネットだろう。アスカネットは空中ディスプレイの代表格である「エアリアルイメージングプレート(AIプレート)」を開発した企業だ。

アスカネットの本業はインターネットを利用した個人写真集の制作と葬儀社向けの遺影写真などの加工事業など。元々、写真や画像などの分野に特化した企業であったわけだが、AIプレートの開発によって一気にAIプレート関連・空中ディスプレイ関連銘柄の本命として注目されたということだ。

アスカネットのAIプレートは、空中に画像を結像させる技術だが、さまざまな拡張が可能のようだ。例えば、空中に結像した画像に触角を加える技術もあるようで、空中タッチパネルとして活用することもできるという。こうした技術が付加されていくことによって、応用の幅はかなり拡がるだろう。

アスカネットは時価総額の規模もそこまで大きくなく、値動き妙味の面でも本命視したい。空中ディスプレイ関連銘柄としては絶対に外せない銘柄と言えよう。

空中ディスプレイ関連銘柄 本命 シャープ

シャープのチャート画像

時価総額:2,077,980百万円
PER:—倍
PBR:(連) 27.06倍
≪2017/05/01時点≫

シャープも空中ディスプレイ関連銘柄として注目の銘柄。シャープも独自の空中結像技術「空中表示素子」というものを開発。これは液晶ディスプレーなどに表示された映像を素子を通して反射させ空中に浮かび上がらせる技術のようだ。

今後、空中ディスプレイが実用化されていくとして、アスカネットのAIプレートがシェアを取るのか、それともシャープの「空中表示素子」がシェアを取るのか判断に難しいところだが、シャープはアスカネットの対抗馬として注目すべき銘柄と言える。

ただシャープはご存知の通り大企業だ。時価総額の規模からして値動き妙味で考えるとやはりアスカネットに軍杯が上がりそうだ。

空中ディスプレイ関連銘柄 本命 三菱電機

三菱電機のチャート画像

時価総額:3,461,289百万円
PER:(連) 16.10倍
PBR:(連) 1.70倍
≪2017/05/01時点≫

三菱電機もアスカネット・シャープ同様に空中ディスプレイを開発している企業だ。三菱電機の空中ディスプレイは人などが通り抜け可能な空中ディスプレイらしい。ん?空中ディスプレイなんだから、通り抜けられるのは当たり前じゃないのか?とも思うが。

ちなみに三菱電機の空中ディスプレイは「AIプレート」や「空中表示素子」のような特定名称はついていない模様。これからってことかな?

三菱電機もアスカネット・シャープなどの対抗馬銘柄として注目したい。ただ三菱電機も大型株。値動き妙味という面では少し面白みに欠ける。中長期で期待したい銘柄だな。

空中ディスプレイ関連銘柄 本命 日本カーバイド工業

日本カーバイド工業のチャート画像

時価総額:13,684百万円
PER:(連) 19.53倍
PBR:(連) 0.79倍
≪2017/05/01時点≫

値動き妙味に期待できる空中ディスプレイ関連銘柄といえば、日本カーバイド工業だ。日本カーバイド工業といえば、一昔前は仕手株として注目されたが最近はめっきりきかなくなったな。

さて、この日本カーバイドだが、2016年の「ファインテックジャパン フラットパネルディスプレイ技術展」に理振れクたーで映像を反射させ空中に結像させる空中ディスプレイを出展したことから空中ディスプレイ関連銘柄の一角として注目されている。

日本カーバイド工業は時価総額の規模も小さく、値動きも軽い。さらに昔は仕手株として注目された銘柄であり、短期資金が入り易そうな環境とも言える。空中ディスプレイ関連銘柄ダークホースとして注目すべきかもしれないな。

AIプレート・空中ディスプレイ関連銘柄 本命・出遅れ 新光商事

新光商事のチャート画像

時価総額:32,461百万円
PER:(連) 29.54倍
PBR:(連) 0.54倍
≪2017/05/01時点≫

当方がAIプレート空中ディスプレイ関連本命かつ出遅れ銘柄として注目したいのは新光商事だ。同社はアスカネットとNEC傘下のNECソリューションイノベータと共同で、空間に浮かんだ映像をタッチ・フリック操作ができるインターフェース「AIplay」を開発する企業

AIプレートが「AIplay」により空中ディスプレイからさらに「空中タッチパネル」として実用されるとすれば共同開発する新光商事のビジネスチャンスは大きそうだ。

特に新光商事は時価総額の規模も手ごろで、値動き妙味としての面白みもある。当方はAIプレート・空中ディスプレイ関連の本命かつ出遅れ銘柄として新光商事に注目したい。

AIプレート・空中ディスプレイ関連銘柄 本命 NEC

NECのチャート画像

時価総額:737,139百万円
PER:(連) 24.57倍
PBR:(連) 0.86倍
≪2017/05/01時点≫

前述の通り、NEC子会社のNECソリューションイノベータはアスカネット・新光商事とともにAIplayを共同開発する企業。こちらも注目だ。だが、こちらは時価総額の規模からして少し面白みに欠けるが。

AIプレート・空中ディスプレイ関連銘柄 本命・出遅れ 日本セラミック

日本セラミックのチャート画像

時価総額:62,808百万円
PER:(連) 27.91倍
PBR:(連) 1.31倍
≪2017/05/01時点≫

日本セラミックにも注目したい。前述のAIプレートにタッチパネルとしての機能を持たせる「AIplay」に使われているのは超音波の音響放射圧を利用した技術だ。この触角ディスプレイ技術は東京大学がキャノンなどと開発したものとのことだが、この開発には日本セラミックの空中超音波送信用振動子が使われているらしい。

こちらもAIプレート空中ディスプレイ関連出遅れ銘柄として注目したい。

AIプレート・空中ディスプレイ関連銘柄 本命 大日本印刷

大日本印刷のチャート画像

時価総額:822,053百万円
PER:(連) 27.41倍
PBR:(連) 0.76倍
≪2017/05/01時点≫

大日本印刷もAIプレートに機能を持たせるツールを手掛ける銘柄として注目したい。大日本印刷はAIプレートにセンサーを取り付けることで、手の動きにあわせて空中の映像を操作することができるプロモーションツールを開発した模様。これも空中ディスプレイを操作するツールとなり得るな。

大日本印刷も時価総額は大きめなので、中長期スタンスで注目したい銘柄といえるだろう。

AIプレート(エアリアルイメージングプレート)・空中ディスプレイ関連銘柄 まとめ

エアリアルイメージングプレート(AIプレート)を中心とした空中ディスプレイの市場規模はかなり大きなものとなる可能性を秘めている。世の中にディスプレイを使用したデバイスは山ほどあるが、それらのディスプレイの何割かが空中ディスプレイにとって代わるかもしれないと考えれば市場規模は計り知れない。

まだテレビ・スマホ・タブレットなどへの実用化は先のようだが、デジタルサイネージ(電子看板)など一部の分野ではすでに実用されているようだし、これから加速度的に注目されるテーマとなるかもしれない。

AIプレート関連銘柄・空中ディスプレイ関連銘柄は大本命銘柄のアスカネットを中心に把握しておくことをオススメする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、相場の恩恵を最大限享受したいのなら、注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2016年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄フィンテック関連銘柄ポケモンGO関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2017年にくるテーマは?!

Ads by Cueinc.

株エヴァンジェリストは「テーマ性を重視するなら真っ先にチェックすべきサイト」としてオススメする。

株エヴァンジェリストは無料のメルマガ登録をするとすぐに「無料情報」を配信してくれるのだが、この無料情報がまさに「テーマ性に特化」しているのだ!

結論から言うが、

■旬のテーマ性を”複数”もっている
■上値余地が見込める
■しかも値動きが軽い銘柄

この条件すべてを備えた銘柄を配信してくれる。

実際に、個人的に2016年11月に株エヴァンジェリストから無料テーマ株を配信してもらったのだが、その銘柄は配信から7営業日で株価1.5倍超えの火柱急騰を果たした。しかもまさしくテーマ性が注目されての急騰だ。

さらに直近だと、株エヴァンジェリストは01/17、01/18で連日ストップ高になったユークスという銘柄を動意づく前に読み当てている。

ユークスは「出遅れカジノ関連」&「AR関連銘柄」という、まさに”複数のテーマ性”が注目され急騰したと言える。ユークスは動意づく前に推奨し高値で株価2.6倍。やはりテーマ性が注目された時の威力は凄い。

他にもここはピクセルカンパニーズ(+129.79%)、エンシュウ(+92.31%)などを推奨し短期で大幅に株価を伸ばしたケースもある。ピクセルカンパニーズも「カジノ関連」というテーマ性により大きく株価を伸ばした銘柄。短期間でテーマ性をもった銘柄で株価2倍超えを複数読み当てている点は無視できない。

まさに「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということだろう。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

 

↓お次はここだ

株プロフェット
「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズ、来ますよ」

Ads by Cueinc.

株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

株プロフェットは2016年末ごろから「マザーズ銘柄を保有してください」と明言していた投資顧問。そして言ってるそばからマザーズの大化け銘柄「メタップス」を動意づく前に推奨していた。メタップスはもはや言うまでもないが、人工知能(AI)関連・フィンテック関連・仮想通貨関連とテーマ性を内包する銘柄だ。メタップスは2016年末~2017年アタマにかけて爆発的に株価を伸ばし推奨~高値で株価2.8倍になった。

そしてその後にもマザーズ銘柄のアスカネットで2日連続のストップ高を読み当ててもいる。

この経緯を見る限り、本当に「マザーズきますよ」って言葉も重みを増してくる。メタップス然り、アスカネット然り、マザーズの新興銘柄が人気化した時は勢いも凄いだろうしな。

株プロフェットでは、今無料で「まずコレを試してください」という銘柄をズバリ教えてくれるので、これは是が非でも貰っておくべきだと当方は思う。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

ファーストリッチ投資顧問

fr


 

ファーストリッチ投資顧問について、「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは登録した時点で無料情報を配信してくれて、さらに毎週無条件でバンバン無料情報を配信してくれるのだが、兎にも角にも「その推移」を見て欲しいのだ。

過去の推移を一部だけザックリ伝えるが、「エボラブルアジア:株価2.06倍」「SUMCO:株価2.17倍」「あんしん保証:株価2.2倍」「イマジカロボット:株価3.1倍」「モブキャスト:株価4.3倍」「ASTI:株価+31.53%」などなど。これら全て無料で配信した銘柄の推移なのだから恐れ入る。

言うまでもないが、エボラブルアジアは民泊関連だしSUMCOは半導体関連、イマジカロボはアニメ・ポケモン関連とテーマ性をズバリ突いた推移も少なくない。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでファーストリッチを一回見てみろ」と言いたい。

ファーストリッチの無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ