大興電子通信が日本通信と組んで「ATM・POS向けの新しい通信サービス」開始!!既存のATM通信を塗り替えるか?!

この記事の関連カテゴリー
クラウド関連銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年04月17日(月)】

クラウド関連銘柄 ATM通信網関連銘柄 大興電子通信

大興電子通信のチャート画像

04/17(月)は大興電子通信が前場で勢いよくストップ高となった。割と期待できそうな材料が出たようだぞ。

買い材料となったのは15日付けの日本経済新聞の記事だ。日経新聞で、「大興電子通信はATMやPOS(販売時点情報管理)端末向けに新しい通信サービスを始める」と報じられたようだ。

この記事によると、ATMなどはセキュリティ性能が高いとされるISDNを使う場合が多いようだが、NTTグループが24年にISDNのデータ通信を終了し、インターネットを使用した回線に移行することから、安全性の高い通信への移行を顧客に促し今年度中に1万回線の契約を見込むとのことだ。

っていうかATMの回線ってISDNを使っていたのか!?

これまでATMを利用していて「おっせえなぁ」と思ったことは別にないが、ISDN回線ってインターネットユーザーからするとかなり時代遅れの通信網に思えてしまう。だってISDNってADSL回線よりも前の通信網だろ?

まぁセキュリティ面で優れているというなら話はわからないでもないが、確かにATMもそろそろ次の通信方法を採用すべき時なのかもしれないな。なにしろ、ISDNのデータ通信はサービスが終了するのだから。

このISDNにとって代わる新しい通信網を提供しようとするのが大興電子通信ってわけだ。

これはけっこうなビジネスチャンスと言えるのではないか?当方の個人的見立てだが、なかなか面白そうな材料に思えるぞ。

なお、大興電子通信の新サービスは日本通信と提携し、携帯電話の通信網を使うことで顧客情報が流出するリスクを低減するとのこと。

大切なお金を扱う機器だけにセキュリティ面はかなり気になる問題だが、リスク監理もしっかりしているようだ。

「今年度中に1万回線の契約を見込む」とかなり具体的な数字を出してきているのも面白い点。数字を示すことで、業績への貢献を期待した買いが入るのもわかるな。この数字を達成できるかどうかは別として、この数字を織り込む格好で進むのが株というものだ。

大興電子通信は時価総額の規模も小粒で、値動きも軽い銘柄だ。今回の材料でどこまで騰がるか見ものだ。

大興電子通信は中堅企業向けにクラウドビジネスを注力している企業であり、クラウド関連銘柄の一角としてみる向きもある。「クラウド関連」という旬なテーマ性を持ち合わせている点も面白いし、新たに「ATM通信網関連銘柄」としての材料性も加わった格好と言えるか。

引き続き注目したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月相場は非常に波乱に満ちた展開だな。

とりわけ懸念されているのは地政学リスクだ。
ロシアのテロ事件から始まり、米国のシリア攻撃、さらに北朝鮮情勢は未だ緊張状態が続いている。不安視する声も多いし、当方も不安はあるが見方によってはこの状況、【絶好の押し目】にも見える。

ここ最近の大幅な下落相場によって、数か月前の水準に比べ多くの銘柄がバーゲンセールのような株価水準になっている。

株式市場はどんな時でも、一定数は強い銘柄が存在するものだ。
軟調相場でも臨機応変に動けば他を出し抜く機会もあるはず。特に今は地政学リスクの高まりから多くの銘柄がバーゲンセール状態。当方もそうだが、ここをチャンスとみて反発の機会をうかがっている野心家も多いだろう。

だが、まだ地政学リスクの懸念が続くかどうかはわからない。不確定要素も多いだけに動くに動けないという意見もあるはずだ。

当方の持論だが、こういう時こそ株の専門家の見解をチェックしておくべき。難解な相場でもマーケット展望に明るい投資顧問サイトをみておけば大きなアドバンテージになる。現に軟調相場でも投資顧問が上昇銘柄を読み当てているケースはたくさんある。

当方は今みておくべきサイトとして下記のサイトをオススメする。

オススメ投資顧問 株プロフェット

Ads by Cueinc.

混乱相場でみておきたいのは株プロフェットだ。ここの特筆すべきところはマーケットの先読み力。

具体的な実例を上げるが、ここは2016年6月のブレグジットショックの時と2016年11月の米大統領選の時に一貫して「この暴落は買いだ」と提唱していたサイト。ご存知の通り、ブレグジットショックの時もトランプショックの後も日本株は急激な回復相場となった。まさに「あの暴落は買いだった」ワケだ。

そして、直近で株プロフェットは04/12(水)にはメルマガで「地政学リスクはそろそろピークアウトか」と、地政学リスクが減退していく可能性を視野に入れた見解を示している。ここがそろそろというなら面白そうだ。

また株プロフェットは個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。特に新興銘柄に強い印象でメタップス株価2.8倍、リミックスポイント株価2.5倍、グレイステクノロジー株価2.2倍、アエリア株価3.4倍などの大化け推移を読み当てている

株プロフェットの推奨する新興銘柄は一目の価値があると思う。反発相場を逃したくないなら株プロフェットはチェックしておきたい。

株プロフェットの無料情報をみる≫

オススメ投資顧問 株マイスター

Ads by Cueinc.

株マイスターは当方が信頼している老舗の投資顧問。株マイスターの金融コンサルでありコラム執筆を手掛ける「本村健」氏は地政学リスクが騒がれる前(03/04)に防衛関連の大本命「石川製作所」をピックアップしていたようだ。石川製作所のここ最近の推移は説明するまでもないが、推奨終値~高値で株価2.2倍の大化けだ。

また株マイスターは無料銘柄として03/21にサイバーステップを推奨していた点も驚いた。サイバーステップは最近の悪地合いをモノともせず逆行高になっている銘柄だ。これらの実例の通り、地合いが軟調でも銘柄選びさえしっかりできていれば十分稼げるということだろう。

銘柄選びのセンスにおいても信頼しているし当方は株マイスターのチェックをオススメしたい。

株マイスターの無料情報をみる≫

オススメ投資顧問 株トレード投資顧問

Ads by Cueinc.

ラストにここだけはオススメしたい。ここは冗談抜きで無料情報の勝率が凄い。実例を挙げるが2016年12月~1月で80銘柄の無料情報を推奨し、その内65銘柄が1カ月以内に+10%の上昇を達成している。

2か月連続で推奨銘柄の8割以上が+10%の上昇を達成しているのだ。しかも無料の推奨銘柄で。株はそもそもプロトレーダーでも勝率は5割いけばいい方で、勝ち負けを繰り返しながら利益を積み上げていくもの。たとえ数カ月と区切ったなかとはいえ推奨銘柄の8割以上が1ヶ月以内に+10%上昇を達成したのは凄すぎる。とにかく無料で使いたいというならまずはここを試すべき

株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

上記のサイトは当方も実際に登録しているし安心して使える。利用方法はカンタンだ。

もちろん無料で利用できる。用意するのはパソコンでも携帯でもどちらでもよいが、とにかく一つメールアドレスがあればOKだ。

利用方法は以下の通り。

  1. 無料のメルマガ登録をする
  2. すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  3. その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

基本的に無料でトコトン試せるので、納得いくまで試してみて有料情報を使うかどうかはそれから判断すればいい。極端な話、ずっと無料で使い続けられるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ