都営地下鉄全車両に防犯カメラ設置へ→防犯カメラ関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 防犯カメラ関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年03月17日(金)】

地下鉄 防犯カメラ イメージ画像

2017年03月14日、東京都が都営地下鉄の全車両内に防犯カメラを設置することを発表した。
これにより、防犯カメラ関連銘柄にとって特需となる可能性があるな。このページでは防犯カメラ関連銘柄について、本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介する。

防犯カメラ関連銘柄とは

防犯カメラのイメージ画像

防犯カメラ関連銘柄とは、その名の通り防犯カメラの製造・販売などの事業を手掛ける銘柄の総称だ。

前日の通り、先日2017年03月14日に東京都は都営地下鉄の全車両内に防犯カメラを設置することを発表した。

これは当然、車両内の安全性の向上を図るためだ。痴漢行為や暴力・傷害行為などの防止のほか、テロ対策などに向けたセキュリティ強化の意味を含む。

電車のなかって意外とトラブルが多いものだからな。酒を飲んで帰宅中のサラリーマンの喧嘩なんかもよくあるようだし、こういう防犯カメラが設置されれば、暴力行為や痴漢、痴漢冤罪などのトラブルも減るだろう。良い取り組みだと思う。

それに東京都がまず都営地下鉄に防犯カメラを設置すれば、民間の鉄道会社も習う可能性もある。将来的には「電車内に防犯カメラがあるのは当たり前」になるかもしれない。

いずれにしても防犯カメラ関連銘柄にとって、都営地下鉄の全車両に防犯カメラを設置するというのは大きなビジネスチャンスだ。株価も動意づく可能性がある。関連銘柄をしっかり把握しておこう。

防犯カメラ関連銘柄 一覧

  • 2676    高千穂交易
  • 3076    あい ホールディングス
  • 4341    西菱電機
  • 4770    図研エルミック
  • 4902    コニカミノルタ
  • 6629    テクノホライゾン・ホールディングス
  • 6662    ユビテック
  • 6752    パナソニック
  • 6755    富士通ゼネラル
  • 6756    日立国際電気
  • 6771    池上通信機
  • 6809    TOA
  • 6840    AKIBAホールディングス
  • 6914    オプテックスグループ
  • 6965    浜松ホトニクス
  • 7751    キヤノン
  • 7758    セコニックホールディングス
  • 7961    兼松サステック
  • 8081    カナデン
  • 9735    セコム
  • 9686    東洋テック
  • 2304    CSSホールディングス

防犯カメラ関連銘柄 本命・出遅れ

それでは本題、防犯カメラ関連銘柄のなかでも本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。また出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含むため、参考までに願う。

防犯カメラ関連銘柄 本命 あい ホールディングス

あい ホールディングスのチャート画像

時価総額:150,361百万円(2017/03/17時点)

当方が防犯カメラ関連銘柄本命銘柄として注目するのはあい ホールディングスだ。同社は防犯カメラシステムの運営を手掛ける銘柄。同社のセキュリティシステムはメガバンクや官公庁などにも納入実績がある。

時価総額の規模がやや大きめではあるが、防犯カメラ関連中核銘柄として注目したい。

防犯カメラ関連銘柄 本命 高千穂交易

高千穂交易のチャート画像

時価総額:11,006百万円(2017/03/17時点)

高千穂交易は独立系技術商社の老舗で、IPベースのデジタル監視カメラシステムも手掛けている銘柄だ。防犯カメラシステムではないが、高千穂交易のセキュリティシステムは省庁などにも納入実績があるようだ。

高千穂交易は時価総額の規模もさほど大きくなく値動きは重くなさそうだ。こちらも防犯カメラ関連銘柄として注目したい。

防犯カメラ関連銘柄 本命 TOA

TOAのチャート画像

時価総額:34,157百万円(2017/03/17時点)

TOAも防犯カメラなどセキュリティ機器を手掛ける銘柄の一角だ。TOAはニューヨークに2010年に鉄道車両関連事業を行う新会社を設立している。車両放送設備や防犯カメラ設備の販売・施工を行っているらしい。都営地下鉄の防犯カメラにTOAの防犯カメラが採用されるかどうかはわからないが、一応注目しておきたい。

防犯カメラ関連銘柄 本命 AKIBAホールディングス

AKIBAホールディングスのチャート画像

時価総額:3,337百万円(2017/03/17時点)

AKIBAホールディングスは子会社のアドテックが防犯カメラソリューションを手掛けていることから関連銘柄として注目だ。AKIBAホールディングスは時価総額の規模も大きくなく値動き妙味という点では面白そうだ。

防犯カメラ関連銘柄 本命 兼松サステック

兼松サステックのチャート画像

時価総額:10,124百万円(2017/03/17時点)

兼松傘下の兼松サステックは防犯カメラを輸入販売する銘柄。時価総額の規模は大きくなく、もし人気化すれば値動き妙味はあるかもしれないな。こちらも一応、防犯カメラ関連銘柄として注目しておきたい。

防犯カメラ関連銘柄 まとめ

都営地下鉄の全車両に防犯カメラを設置するというニュースは、一時的に防犯カメラ関連銘柄にとって追い風となるニュースだが、これだけではそこまで息の長いテーマ株にはならないかもしれない。だが都営地下鉄に続き、民間の鉄道会社も防犯カメラを導入していく可能性も将来的にはあるかもしれない。

また2020年に東京オリンピックを控えているため、電車内だけでなく他のさまざまな場所にも防犯カメラが設置される可能性もあるかもしれない。防犯・セキュリティ対策は社会的なニーズが高いテーマとも言える。と、すると防犯カメラ関連銘柄は定期的に注目されるテーマ株になるかもしれない。本命銘柄だけでもしっかり把握しておくべきと言えるのではないだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当方は株で個人投資家が効率よく利益を得るためには投資顧問サイトを上手に活用することが近道であると進言する。

なぜか?

理由は至極単純だ。

株価が騰がる原理は、そもそも「買いが売りを上回る」ことが第一条件。

例えばの話、多くの会員を擁する投資顧問サイトが特定の銘柄を買い推奨すれば「会員の買いが殺到」するだろう。

買いが殺到した銘柄はどうなるか?!

そう、買いが売りを上回れば株価は騰がる。

これは株の基本中の基本だ。

全部が全部そうなると断言こそできないが、株価が騰がるメカニズムをご存知ならば投資顧問をチェックする「メリット」をすぐに理解できるハズだ。

ただし中には胡散臭い投資顧問会社も多く利用するサイトを選ぶときは最新の注意が必要なので、取りあえず当方が信頼する顧問サイトをコチラに書き出しておく。

当方のオススメする投資顧問会社は以下の通りだ。

株エヴァンジェリスト
複数のテーマ性をもつ銘柄を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.

株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。まずここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンしたばかりの新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

まずここのコンセプトは非常に分かり易く「テーマ株」に特化しているのだ。

昨今の相場は「テーマ株相場」だ。テーマに則した銘柄が大幅に株価を上げているケースが多い。

ここは無料のメルマガ登録をすればすぐに「複数のテーマ性を持った銘柄」を配信してくれるのだが、これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

他にも、カジノ関連銘柄のピクセルカンパニーズ(+129.79%)ユークス(+168.85%)をズバリ動意づく前に推奨していたし、アプリ関連のサイバーステップは決算前日に推奨し、決算内容&材料で急騰→4日連続ストップ高など驚くべき推移を読み当てていた。いずれもテーマ性のある銘柄の急騰だ。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。ここの会員の買いで株価が押し上げられているのかどうかは当方には判断できないが、可能性としては考えられるだろう。

それに会員の買いうんぬんを抜きにしても、ここのテーマ株に対する嗅覚は本物だと思う。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

 

↓お次はここだ

株プロフェット

Ads by Cueinc.

ここも比較的新しい顧問だが、ここはマーケット展望がズバ抜けている印象。ブリグジットショックの直後に起きた超回復相場、そしてトランプショックの直後に起きた超回復相場のどちらもズバリ読んでいたのは株プロフェットだ。

それにここはマーケットの節目節目でよく面白い宣言をする。

2016年末ごろから「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズきますよ」と堂々と宣言。そして言ってるそばからマザーズ銘柄メタップス→株価2.8倍リミックスポイント→株価2.5倍アスカネット→2連S高などの急騰をバンバン先読みしている。

メタップスがAI関連、リミックスポイントがフィンテック関連であるようにテーマ性にも強い印象だ。

ここが「マザーズきますよ」と宣言し、実際にマザーズをバンバン読み当てているのは非常に興味深い。

ここも今無料で「まずはこの銘柄を試して欲しい」と具体的にズバリ銘柄を教えてくれるので、これは是非とも貰っておくべきだ。いずれにしても無料でトコトン試せるサイト。自信を持ってオススメする。

株プロフェットで無料情報をみる≫

 

↓最後にココだ

株トレード投資顧問

Ads by Cueinc.

ここはとにもかくにも、推奨銘柄の推移がとんでもないことになっていてびっくりした。

IoT関連銘柄の安川情報システムでは動意づいた日に推奨しており、推奨~高値で株価6.5倍という化け物じみた推移をドンピシャ。

またレアメタル関連のアサカ理研でも株価2倍超え、ゲーム関連のベクターでは株価4倍超え、IPO銘柄のセカンダリでもエージーピー株価1.8倍リファインバース株価2倍など、とにかく最近の推奨銘柄の推移が凄まじい。

もちろん無料でガッツリ使えるし、登録後も無料情報をバンバンくれる。チェックしておくべきサイトと言える。

株トレード投資顧問の無料情報をみる≫

大前提として、上記にあげたサイトはすべて財務局に登録がある投資顧問会社だ。それにいずれも無料で活用でき、無料情報もバンバン配信してくれる。無料で試してから本格的に利用するか決めればリスクも少ないハズだ。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

投資顧問を利用したことがない人は意外に多いが、株のメカニズムを理解しているなら「アドバンテージになり得る」ことは分かると思う。当方は試す価値があると思う。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ