東芝が東証2部に降格の見通し。東芝の底値は?マネーゲーム化するのか?!

この記事の関連カテゴリー
最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年02月16日(木)】

東芝 東証2部に降格へ

東芝のチャート画像

東芝の動向に注目したい。先日02/14には第3四半期の決算発表を行う予定だった東芝だが、これを1カ月延期することになりかなり株価へも影響したが、また軟調を余儀なくされるニュースが飛び込んできた。

東芝はこれまで57年間も東証1部上場企業の立場を守ってきたが、ついに東証2部へ降格される見通しとなったようだ。

東芝はそもそもなぜ経営難に陥っているか?

東芝が現在陥っている状況はアメリカの原子力発電事業で巨額の減損損失を計上することになったのが大きな原因だ。東芝の米原子力子会社のウェスチングハウス・エレクトリックが、ジョージア州・サウスカロライナ州で4つの原発建設事業の完成時期が遅れ、予算が膨らむ事態となった。

東芝は先日02/14に、この米原子力事業ののれん代として7125億円の減損処理を行うと発表している。この大幅な減損のおかげで、2017年3月期通期の連結業績は最終損益が3900億円もの赤字になる見通しだという。とんでもない数字だな。

この巨額の減損損失が東芝を傾かせた直接の原因といっていいだろう。

東芝はどこまで下がるか?

それにしても東芝はここ最近、悪いニュース続きだ。先日の決算発表延期もかなり嫌気されているようだし、東芝グループと取引のある国内企業はここ1年半でおよそ4割減少しているという報道もあった。

東芝かなりやばそうだな。ここまでくると、どこまで下がるのかが見もの。とはいえ、巨額の赤字を計上せざるを得ないだろう決算が、1ヶ月後に待っているとすれば、これはもう誰がババを引くかというマネーゲームの様相にもなる可能性がある。

このマネーゲームに参加するのはかなり怖いと思うが、反発を狙いたい投資家もいるかもしれないな。

3.11以降の東電の時を思い出す。東芝も大企業だ。いざとなれば国が助け舟を出す可能性も考えられる。そんな発表があれば、株価V字回復もあり得るか?!まぁいずれにしてもマネーゲームかもしれないが。

とはいえ、底値まで下がった時に何枚か拾っておくのは面白いかもしれない。底値を判断するのが難しいんだけどな。当方は引き続き東芝の株価推移に注目したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年の相場を見ているとどうも期待不安が入り混じっているような雰囲気を感じる。

アメリカでトランプ政権が発足するというデカイ外部環境の動きがあったが、それが日本株にとってプラスに働くのか?マイナスに働くのか?を投資家連中が見定めているようにも思う。

個人的にはトランプノミクスの期待は大きいが、不安感もあるのは事実だ。こういう不透明な時期に安易なトレードは手痛いしっぺ返しをくらう可能性もあるので慎重にしたい。

こういう時は「単純に勝ち馬にのる」べく動くトレードがベストかもしれない。

だとすれば、見ておくべきサイトとしてこの3社をオススメする。

↓まずはココだ

新生ジャパン投資
アベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄とは

Ads by Cueinc.

 

「勝ち馬に乗りたい」ならば新生ジャパン投資を強くオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきた顧問だ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

 

↓次はコチラだ

株プロフェット
「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズ、来ますよ」

Ads by Cueinc.

株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角。株プロフェットはよく面白い宣言をする。2016年末ごろからは「マザーズ銘柄を保有してください」と明言していた。そして言ってるそばからマザーズの大化け銘柄「メタップス」を動意づく前に推奨し、その後人工知能(AI)関連・フィンテック関連・仮想通貨関連とテーマ性が注目され急騰。推奨~高値で株価2.8倍になった。

そしてその後にもマザーズ銘柄のアスカネットで2日連続のストップ高を読み当ててもいる。

この経緯を見る限り、株プロフェットの「マザーズきますよ」って言葉も重みを増す。株プロフェットでは、今無料で「まずコレを試してください」という銘柄をズバリ教えてくれるので、これは是が非でも貰っておくべきだと当方は思う。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

ファーストリッチ投資顧問

fr


 

ファーストリッチ投資顧問について、「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは登録した時点で無料情報を配信してくれて、さらに毎週無条件でバンバン無料情報を配信してくれるのだが、兎にも角にも「その推移」を見て欲しいのだ。

過去の推移を一部抜粋すると、「エボラブルアジア:株価2.06倍」「SUMCO:株価2.17倍」「あんしん保証:株価2.2倍」「イマジカロボット:株価3.1倍」「モブキャスト:株価4.3倍」「ASTI:株価+31.53%」などなど。これら全て無料で配信した銘柄の推移なのだから恐れ入る。

言うまでもないが、エボラブルアジアは民泊関連だしSUMCOは半導体関連、イマジカロボはアニメ・ポケモン関連とテーマ性をズバリ突いた推移も少なくない。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでファーストリッチを一回見てみろ」と言いたい。

ファーストリッチの無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!! ポチを頼む!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ