花粉症関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
最新注目銘柄速報, 花粉症関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年02月14日(火)】

花粉症のイメージ画像

毎年、春を目前に花粉症シーズンが到来する。花粉症の人にとっては春は一年でもっとも厄介な時期だそうだ。

当方は、幸いにもまだ花粉症にはなっていないのだが、花粉症って急になるんだよね?毎年春になると「今年は大丈夫だろうか!?」とビクビクして過ごしている。春は好きな季節だが、花粉症に悩まされる人にとってはかなり面倒くさい時期と言えるだろう。

さて、花粉症シーズンを目前に花粉症関連銘柄が株式市場でも注目を集める可能性がある。このページでは花粉症関連銘柄について本命出遅れ 一覧をわかりやすくまとめて紹介しよう。

花粉症関連銘柄とは

もはや説明するまでもないが、花粉症とはスギ花粉やヒノキ花粉などの植物の花粉が原因となりくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気のことである。「日本人の4人に1人は花粉症」と言われており、花粉症関連のビジネスはもはや日本にはなくてはならないものと言える。

花粉症関連銘柄とは、その名の通り花粉症の予防・対策・治療薬・空気清浄機・マスク・目薬などを手掛ける銘柄など花粉症関連する銘柄の総称である。花粉症関連銘柄毎年決まった時期に物色人気を集めるテーマ株のため、大体の内容を把握しておくと良いだろう。

花粉症関連銘柄が注目される時期

花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎とも呼ばれており、春・夏・秋・冬いずれの季節も飛散しており、症状がひどい人は1年を通して常に花粉症と闘っている人もいるようだが、やはりピークの時期は春先だ。

その年によって若干時期は前後するものの、一般に花粉症が猛威を振るうのは2月~4月ごろと言われている。花粉症の代表格とも言える「スギ花粉」は早いところでは1月下旬くらいから飛び始め4月くらいまで悩まされることが多いようだ。

スギ花粉の飛散がピークを迎えるのは「2月下旬くらいから4月」なので、その少し前の「1月下旬~2月中旬」にかけて、花粉症関連銘柄に注目しておくのがオススメだ。

花粉症関連銘柄 一覧

  • 4551    鳥居薬品     花粉症用治療薬
  • 4530    久光製薬     花粉症薬アレグラ
  • 4568    第一三共     花粉症薬プレコール・アレルカット
  • 4967    小林製薬     洗眼液アイボン・鼻洗浄液ハナノア
  • 4508    田辺三菱製薬   花粉症薬アレギサール
  • 4998    フマキラー    花粉対策薬アレルシャット
  • 4527    ロート製薬    花粉症用点眼薬
  • 4536    参天製薬     花粉症用点眼薬
  • 3046    ジェイアイエヌ  花粉症対策メガネ
  • 3107    ダイワボウHD  マスク
  • 3109    シキボウ     マスク
  • 3105    日清紡HD    マスク
  • 8113    ユニ・チャーム  マスク
  • 3604    川本産業     マスク
  • 7487    小津産業     マスク
  • 6753    シャープ     空気清浄機・加湿器
  • 6367    ダイキン工業   空気清浄機・加湿器
  • 7965    象印マホービン  空気清浄機・加湿器

 

花粉症関連銘柄 本命・出遅れ

それでは花粉症関連銘柄の中でも本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。また出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

花粉症関連銘柄 本命 鳥居薬品

鳥居薬品のチャート画像

時価総額:80,438百万円(2017/02/14)

花粉症関連銘柄で当方が本命視したいのは鳥居薬品だ。鳥居薬品は舌下減感作療法「シダトレン・スギ花粉舌下液」という花粉症治療薬を販売している会社だ。

この舌下減感作療法というのは体内に微量の抗体を取り込ませて、花粉症の症状軽減を目指すというもの。これまでの花粉症薬の「抗ヒスタミン薬を飲む」のとは一線を画す、花粉症を治すための薬と言える。

「花粉症の治療」はこれまで、注射によって行われる減感作療法があったが、シダトレンの「舌下減感作療法」は注射による痛みもなく自宅で気軽にできるのが特徴と言える。

花粉症関連銘柄のなかでは本命視される向きもある銘柄だ。JT傘下の医薬品会社であり、やはり時価総額の規模はなかなか大きいため、値動き妙味と言う面ではさほど旨みはないかもしれないが、花粉症関連中核銘柄として注目しておきたい。

花粉症関連銘柄 本命 久光製薬

久光製薬のチャート画像

時価総額:570,989百万円(2017/02/14)

久光製薬は誰しも聞いたことある会社だと思う。久光製薬はアレルギー専用鼻炎薬(花粉症の薬)のアレグラを手掛けている花粉症関連銘柄だ。アレグラは「嵐の大野君」がCMしてる紫色がトレードマークのヤツな。花粉症シーズンにはバンバンCM打ってるから知ってる人が多いのではなかろうか。久光製薬は大型株なので、やはり値動き妙味としてはさほど面白みはないかもしれない。押し目を狙ってある程度長期保有を検討できるのなら狙ってみるのもアリか?!

花粉症関連銘柄 本命 ジェイアイエヌ

ジェイアイエヌのチャート画像

時価総額:143,640百万円(2017/02/14)

JINは均一料金のメガネブランド「ジンズ」を展開している企業。JINは花粉症対策用メガネシリーズを手掛けていることから花粉症関連銘柄の一角とみられる。JINも時価総額の規模は決して小さいわけではないが、大手製薬会社などに比べればまだ小さい方。

花粉症関連銘柄 本命 ダイワボウホールディングス

ダイワボウホールディングスのチャート画像

時価総額:143,640百万円(2017/02/14)

ダイワボウといえばマスクだな。花粉症の人にとっては春はマスクが欠かせないものとなる。ダイワボウの「アレルキャッチャーマスク」は4層構造のフィルターが花粉だけでなく、PM2.5やインフルエンザウイルスに対しても効果があるとのこと。マスク関連の代表格と言ってもいい銘柄だ。

花粉症関連銘柄 本命 シキボウ

シキボウのチャート画像

時価総額:18,287百万円(2017/02/14)

シキボウはよくダイワボウと比較されるマスク関連銘柄。ダイワボウに比べて、時価総額の規模が小さいため値動きの妙味でいえば面白いかもしれない。こちらもマスク関連の代表格銘柄。花粉症関連銘柄としても注目だ。

花粉症関連銘柄 出遅れ 川本産業

シキボウのチャート画像

時価総額:1,578百万円(2017/02/14)

川本産業もマスクを手掛けている企業で、花粉症関連銘柄としては出遅れる部類の銘柄と言えるのではないだろうか?特に川本産業は時価総額の規模が小さく、出来高も少ない銘柄だ。普段は目立つ動きをする銘柄ではないが、板が薄い銘柄なので人気化すれば火柱が立ちやすい。当方は出遅れ花粉症関連銘柄として川本産業に注目したい。

花粉症関連銘柄 まとめ

花粉症は日本の風物詩といってもよいくらい毎年話題になる。インフルエンザやノロウイルスなどと同様に決まった時期に関連銘柄が物色人気を集める傾向にあるので、ある程度は事前に把握しておきたいテーマ株と言える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「株で億を稼ぎたい」

これは個人投資家にとって一つの共通目標と言えるだろう。特に2013年~2014年頃のアベノミクス黎明期を経験した個人投資家は、チャンスを虎視眈々と狙っている人も多いのではないか?

だって実際に、アベノミクス相場の黎明期のバイオ株・スマホアプリ株の急騰で「億の財産」を築いた人は多数いたハズだからだ。アベノミクスの初動年の2013年、2014年が多くの投資家にとってターニングポイントとなったのと同様に、トランプノミクスの初動年となる可能性のある2017年も大きなターニングポイントとなるかもしれない。

しかし、ここ最近はちょっと風向きが変わってきているようだ。なにしろ、米国でトランプ氏が正式に大統領に就任してからというもの

「メキシコ国境に壁をつくる!」
「イスラム7カ国は入国禁止!」
「TPP離脱!」

などいろいろ大胆な発言・大統領令にサインしたりで世界経済にも混乱を巻き起こしているからな。

まぁ当方個人的な意見としては、多少の政治混乱による下落は「買い」だと思っているのでむしろ、、ちょうど良い押し目にも思えてしまうが。いずれにしても、もし今の相場が押し目だとすればここでの「銘柄の取捨選択」は非常に重要と言える。

選択が重要になる相場、当方はここで狙うべきはなんといってもテーマ株だと思う。

最近は特にテーマ性が重視される相場だ。直近の人工知能(AI)関連然り、フィンテック関連然り、有機EL関連然り…テーマの初動に乗れればいきなりドカンと利益が出るケースもある。また、テーマの初動に乗れずとも「出遅れ株」などで二匹目のドジョウを狙うのも面白い。

だが「テーマの初動を先取りする」のも「出遅れ株を先取りする」のも個人投資家には難しい話。

当方は株式投資で上手く稼ぎたいなら、投資顧問を上手に活用するのがベストだと思っている。投資顧問というと胡散臭いイメージを持っている人も多いかもしれないが、利用するところをしっかりと選べば役に立つケースがあるのは紛れもない事実だ。(もちろんクソなところも多いのでしっかりと選ばないといけないが)

当方がオススメするのはテーマ株に強い投資顧問だ。
テーマ株に強くて、なおかつ信頼できる投資顧問を選びたいならば当方はこちらをオススメする。

株エヴァンジェリスト
複数のテーマ性をもつ銘柄を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.

株エヴァンジェリストは2016年11月にオープンしたばかりの新しい投資顧問だが「テーマ株」に焦点を合わせるなら外せない。

ここはテーマに特化したサイトで無料のメルマガ登録をするとすぐに「複数のテーマ性を持った銘柄」を配信してくれるのだ。

これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

他にも、カジノ関連銘柄のピクセルカンパニーズ(+129.79%)ユークス(+168.85%)をズバリ動意づく前に推奨していたし、アプリ関連のサイバーステップ決算前日に推奨し、決算内容&材料で急騰→4日連続ストップ高など驚くべき推移を読み当てていた。いずれもテーマ性のある銘柄の急騰だ。

株エヴァンジェリストのオススメポイントは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などいろいろあるんだがが、ハッキリ言ってこの際そんなことはどうだっていい。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

 

↓お次はここだ

株プロフェット

Ads by Cueinc.


ここも比較的新しい顧問だが、ここはマーケットの先読みがズバ抜けている印象。ブリグジットショックの直後に起きた超回復相場、そしてトランプショックの直後に起きた超回復相場のどちらもズバリ読んでいたのは株プロフェットだ。

そして株プロフェットは2016年末ごろから「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズきますよ」と堂々と宣言。そして言ってるそばからマザーズ銘柄メタップス→株価2.8倍、リミックスポイント→株価2.5倍、アスカネット→2連S高などの急騰をバンバン先読みしている。

メタップスがAI関連、リミックスポイントがフィンテック関連であるようにテーマ性にも強い印象だ。

ここが「マザーズきますよ」と宣言し、実際にマザーズをバンバン読み当てているのは非常に興味深い。テーマ性重視の新興銘柄に興味ある人には特にオススメしたい。

ここも今無料で「まずはこの銘柄を試して欲しい」と具体的にズバリ銘柄を教えてくれるので、これは是非とも貰っておくべきだ。

いずれにしても無料でトコトン試せるサイト。当方、自信を持ってオススメする。

株プロフェットで無料情報をみる≫

 

↓最後にココだ

ファーストリッチ


ファーストリッチについて、「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは毎週無条件でバンバン無料情報を配信してくれるのだが、兎にも角にも「その推移」を見て欲しい。

過去の推移を一部抜粋するが、「エボラブルアジア:株価2.06倍」「SUMCO:株価2.17倍」「あんしん保証:株価2.2倍」「イマジカロボット:株価3.1倍」「モブキャスト:株価4.3倍」「ASTI:株価+31.53%」などなど。これら全て無料で配信した銘柄の推移なのだから恐れ入る。

言うまでもないが、エボラブルアジアは民泊関連だしSUMCOは半導体関連、イマジカロボはアニメ・ポケモン関連とテーマ性をズバリ突いた推移も少なくない。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでファーストリッチを一回見てみろ」と言いたい。

ファーストリッチの無料情報をみる≫

 

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

「テーマ性」が重視される相場である以上、上記のサイトをみておくことはアドバンテージになり得る。当方は引き続きチェックしていくつもりだ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ