サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命・出遅れ 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年01月30日(月)】

※このページは最後に2018/06/11(月)に追記・更新しました。

このページではサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄について、本命出遅れ 一覧をまとめる。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄とは

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)のイメージ画像


 

サイバーセキュリティとは、サイバー攻撃に対する防御・防衛行為のことだ。コンピューターへの不正なアクセス、不正なデータ改ざんや破壊、データの漏えいやウイルスの感染などを防ぐことは現代社会において非常に重要であり、そういったサイバー攻撃に対するセキュリティに関連する事業を手掛ける企業のことをサイバーセキュリティ関連銘柄と総称する。

なお、サイバーセキュリティとほぼ同じ意味で「情報セキュリティ」という言葉もある。

厳密にはサイバーセキュリティ情報セキュリティは「意味が違う」とも言われているが、非常に細かい話になるので株のテーマの上では両者はほぼ同一視しても問題ないだろう。このページでサイバーセキュリティ情報セキュリティはほぼ同じ意味で捉えている。

なぜサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄が注目されるか?

インターネットの発達により、個人・企業・自治体を問わず、インターネットを利用する全てがサイバー攻撃の標的になり得る時代だ。現代社会においてサイバーセキュリティは非常に重要な役割を持っている。だが、ここ最近で特にサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄が注目される理由は以下が考えられる。

標的型サイバー攻撃の増加

最近は従来の「不特定多数に対して行うサイバー攻撃」とは異なり、明確な目的と意思をもって「特定の組織を標的とする標的型サイバー攻撃」の数が増加している。

例えば、2015年に日本年金機構が標的型サイバー攻撃をうけ、125万人分の個人情報が流出した事件が話題になった。この件によりサイバーセキュリティ関連銘柄が急騰したことは記憶に新しい。

また2016年12月には、市場で待ち望まれたIPO銘柄「ZMP」が突如として上場延期になったが、この原因となったのも不正アクセスによる個人情報流出である。

企業としては大事な顧客データなどを標的型攻撃によって流出させられたらたまったもんじゃない。それだけで企業としての信用はガタ落ちだ。企業にとって、いまや標的型サイバー攻撃に対するセキュリティ体制はもはや必須項目といっていいだろう。

さらに、最近では米大統領選においてロシアがサイバー攻撃を仕掛けたことをトランプ大統領が認めたことも話題になった。これも標的型サイバー攻撃の類だろう。

標的型サイバー攻撃に対してのセキュリティ強化は企業だけでなく、国家レベルでも重要な課題になっていると言える。

IoT時代に突入

世界的にIoT技術がドンドン進化している今、サイバーセキュリティはこれから先さらに重要度が増す存在となる可能性を秘めている。IoTとは、パソコンやスマホなどのITデバイス以外にも「あらゆるモノをインターネットに繋げよう」という技術。つまり家電や自動車などさまざまなものがインターネットに接続される時代がくるのだ。

例えばの話だが、インターネットに繋がった自動運転車があったとすれば、その車を無人で遠隔操作しテロ行為を行える可能性もあるということだ。

2017/01/25の日経新聞では、防犯カメラやテレビなどの家電製品を狙ったとみられるサイバー攻撃が2016年12月時点で「昨年1月比7.4倍に拡大」していることを報じているし、家電に照準を合わせた「ミライ」というウイルスの猛威も観測されている。家電などのIoT化が加速することにより、サイバーセキュリティは重要度を増す。

また、IoT以外にも人工知能、フィンテックなどこの先サイバーセキュリティとセットで考えるべき技術も続々と出てくることだろう。インターネットに接続されるモノが増えれば増えるほどサイバーセキュリティの重要性は増すということだ。サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄もその都度、物色されるだろう。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄と近縁のテーマ

当方が考えるサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄と近縁のテーマは以下の通り。

  • IoT関連銘柄
  • 人工知能(AI)関連銘柄
  • フィンテック・ブロックチェーン関連銘柄
  • 自動運転関連銘柄
  • ビッグデータ関連銘柄

見てわかる通り、上記にあげたテーマは今後の株式市場でも「主役」を張る可能性を持つ注目テーマである。サイバーセキュリティ関連銘柄は今後、これらの主役級テーマに欠かせない存在となるため、まだまだ注目を集める可能性があるということだ。

特にIoT関連銘柄とは関わりが深いと思う。サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄はこれらの技術の進歩とともにますます注目度を増すテーマと言える。

また、物色のタイミングもこれらのテーマと同時期に注目されるケースも多いかもしれない。いずれにしても併せて把握しておくべき兄弟テーマと言えるだろう。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 一覧

  • 3356    テリロジー
  • 2326    デジタルアーツ
  • 3692    FFRI
  • 3040    ソリトンシステムズ
  • 3042    セキュアヴェイル
  • 4704    トレンドマイクロ
  • 3773    アドバンスト・メディア
  • 3857    ラック
  • 4284    ソルクシーズ
  • 4288    アズジェント
  • 4736    日本ラッド
  • 3927    アークン
  • 6050    イー・ガーディアン
  • 6088    シグマクシス
  • 6675    サクサホールディングス
  • 3035    ケイティケイ
  • 3799    キーウェアソリューションズ
  • 4344    ソースネクスト
  • 4348    インフォコム
  • 4662    フォーカスシステムズ
  • 4686    ジャストシステム
  • 3676    ハーツユナイテッドグループ
  • 2158    FRONTEO
  • 2467    バルクホールディングス
  • 2667    イメージ ワン
  • 3167    TOKAIホールディングス
  • 3371    ソフトクリエイトホールディングス
  • 3394    ネットワークバリューコンポネンツ
  • 3657    ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス
  • 3682    エンカレッジ・テクノロジ
  • 3744    サイオステクノロジー
  • 3774    インターネットイニシアティブ
  • 3782    ディー・ディー・エス
  • 3788    GMOクラウド
  • 4291    JIEC
  • 4307    野村総合研究所
  • 4739    伊藤忠テクノソリューションズ
  • 6701    NEC
  • 6702    富士通
  • 8023    大興電子通信

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命・出遅れ

それでは本題のサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄本命視される銘柄をピックアップしていこう。また出遅れ銘柄などもあれば追記していく。なお、この項目は当方の主観を含む内容となるので、参考までに願う。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 FFRI

FFRIのチャート画像


サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連本命銘柄といえばFFRIが有名なのではないだろうか。FFRIは最近増えてきている標的型サイバー攻撃のセキュリティ対策に特化したサイバーセキュリティ関連銘柄だ。

標的型サイバー攻撃は企業にとって脅威となる。これに特化した技術をもつFFRIはサイバーセキュリティ関連銘柄の中でも中核的存在と言える。FFRIはサイバーセキュリティ関連銘柄が動意づくタイミングでは、必ずといっていいほど名前の上がる銘柄なので、サイバーセキュリティ関連の銘柄を把握する際には覚えておくべきだろう。

FFRIの時価総額は「34,608百万円(2017/01/30時点)」と規模はそこそこの大きさではあるが、値動きが重いと言うほどでもない。材料次第では大きく株価が動くケースもあるので注目しておくべき銘柄と言える。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 セキュアヴェイル

セキュアヴェイルのチャート画像


セキュアヴェイルサイバーセキュリティ関連本命視する見方のある銘柄と言えよう。セキュアヴェイルは情報セキュリティ構築やログ分析(使用履歴分析)サービスに特化した企業。このログ分析サービスはサイバーセキュリティ分野において非常に重要となるもので注目度も高い。

またセキュアヴェイルの時価総額は「2,671百万円(2017/01/30時点)」と非常に規模が小さく、人気化すれば火柱が立ちやすいと言う点も面白い。値動き妙味の面ではサイバーセキュリティ関連本命銘柄となるか!?

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 アズジェント

アズジェントのチャート画像


アズジェントサイバーセキュリティ関連銘柄としては外せない銘柄だ。アズジェントは標的型攻撃対策・Webセキュリティ・メールセキュリティ・モバイルセキュリティ・クラウドセキュリティなどさまざまなセキュリティソリューションを提供している銘柄だ。

また2017/01/30はアズジェントがストップ高となったが、これはイスラエルVotiro社が開発し、アズジェントが国内で販売するファイル無害化ソリューション「「Secure Data Sanitization」が地方公共団体のファイル無害化対策として2016年12月31日時点で33の都道府県内において県もしくは県下の市区町村へ導入されたと発表したことが刺激材料となった格好だ。

同社が販売を手掛けるセキュリティソリューションが公共団体に採用されたというのは面白い材料だ。

なお、アズジェントの時価総額は「3,754百万円(2017/01/30)」と規模も小さい。値動きが軽いのも面白い点だ。サイバーセキュリティ関連本命銘柄の一角として注目したい。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 テリロジー

テリロジーのチャート画像


テリロジーも存在感を高めているサイバーセキュリティ関連銘柄の一角である。テリロジーは情報セキュリティやIPサーバーなどネット製品の輸入販売、や企業内システム構築・保守が主力の企業である。標的型攻撃の対策製品なども手掛けている。

テリロジーの時価総額は「6,476百万円(2017/01/30時点)」。こちらも比較的会社規模が小さく、値動きの軽い銘柄と言える。サイバーセキュリティ関連というテーマ性が注目された際には短期資金が集まりやすい印象。テリロジーもサイバーセキュリティ関連本命銘柄として注目だ。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 デジタルアーツ

デジタルアーツのチャート画像


デジタルアーツサイバーセキュリティ関連の中核的な銘柄だ。同社はネットの有害情報遮断、情報漏えい防止フィルタリングソフト国内最大手。標的型攻撃対策ソリューションも手掛けており、また自治体向け・官公庁向けのセキュリティソリューションにもチカラを入れている。事業内容はまさにサイバーセキュリティドンピシャの銘柄だ。

デジタルアーツの時価総額は「40,703百万円(2017/01/30時点)」とそこそこの規模ではあるが、こちらも値動きが重いというほどではない。デジタルアーツはサイバーセキュリティ関連の本命銘柄として注目される向きもあるのでしっかり把握しておこう。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命・出遅れ アークン

アークンのチャート画像


アークンはサイバーセキュリティ関連出遅れ銘柄として注目したい。アークンは情報セキュリティサービスの開発・販売やウイルス対策などを手掛ける企業。

アークンは2015年12月に上場したばかりの銘柄なので少々出遅れ気味な印象あり。アークンの時価総額は「3,022百万円(2017/01/30時点)」。値動き妙味という面では面白い銘柄ではある。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 本命 トレンドマイクロ

トレンドマイクロのチャート画像


トレンドマイクロセキュリティソフト「ウイルスバスター」を手掛ける企業。ウイルスバスターは個人・法人用で国内首位となるソフトだ。だが、トレンドマイクロは時価総額の規模がその他の関連銘柄に比べて少し大きい。値動き妙味という面ではやや面白みに欠けると言えるかもしれない。

【2017年11月30日(木)追記】

サイバーセキュリティ関連銘柄 出遅れ株 大興電子通信

大興電子通信のチャート画像

時価総額:20,889百万円
PER:(連) 51.53倍
PBR:(連) 5.47倍
≪2017/11/30時点≫

大興電子通信も注目のサイバーセキュリティ関連銘柄だ。大興電子通信は「アップガード(App Guard)」という次世代型セキュリティソリューションを手掛けており、このアップガードでは従来の検知型アプローチで検出されない脅威を未然に防ぐことができるとのこと。

大興電子通信は時価総額規模も小さく値動きが軽い点も注目だ。サイバーセキュリティ関連銘柄ダークホースとして注目したい。

【2018年6月11日(月)追記】

サイバーセキュリティ関連銘柄 本命株・出遅れ株 バルクホールディングス

バルクホールディングスのチャート画像

時価総額:8,049百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 11.28倍
≪2018/06/11時点≫

サイバーセキュリティ関連銘柄の中でも出遅れ株として注目なのが、バルクホールディングスだろう。

バルクホールディングスは個人情報保護や情報セキュリティ支援の婚札や商品・市場調査を手掛ける企業。注目なのはイスラエルのサイバージム社とサイバーセキュリティ分野において共同で事業を推進している点だ。イスラエルのサイバージム社はサイバーセキュリティの分野で世界トップ25に選出されるなどで大きな注目を集める企業だ。

さらにバルクHDは2018年6月8日に人口知能(AI)、内部情報漏えい自動防御、独自のブロックチェーンなど3つの技術を組み合わせた「ジュピターセキュリティ」を開発・提供しているBOB(ビーオービー)社との業務提携も発表して、サイバーセキュリティ関連銘柄の中でも一気に躍進しそうな勢いだ。

バルクホールディングスは時価総額規模も小粒だし、サイバーセキュリティのテーマでは出遅れ感もある。まだ伸びシロが見込めそうだし、個人的にも注目したい銘柄だと思っている。

サイバーセキュリティ(情報セキュリティ)関連銘柄 まとめ

現代社会においてサイバーセキュリティ(情報セキュリティ)はもはや無くてはならない存在だ。

特に標的型サイバー攻撃が増加傾向にあることは、個人・企業にとってだけでなく国家レベルの脅威でもある。さらにIoT機器の発達によりさまざまなモノがインターネットに接続されれば、この先ますますサイバーセキュリティの需要は高まる可能性がある。

サイバーセキュリティ関連銘柄はこの先も長期的に物色される可能性が高いテーマ株と言える。

ちなみに、サイバーセキュリティ関連銘柄は「特定の組織(企業や国家など)がサイバー攻撃を受けた」といったニュースが報じられた場合、一気に物色される傾向にある。サイバーセキュリティ関連銘柄を把握しておけば、そんな時に思わぬ利益を掴めるかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ