信用スコア関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2019年01月09日(水)投稿】

信用スコアのイメージ画像

信用スコアという言葉を聞いたことがあるだろうか?!

信用スコアとは、すでにアメリカや中国では一般に広く浸透しているもので要は個人の信用力をスコアリングしたもの

日本における「個人の信用力」はおもにローンを組む時やクレジットカードの審査の時に用いられるが、アメリカ・中国で一般化している信用スコアはさらに活用の範囲が広く、例えば不動産の契約時とか、企業の人員採用時などにも信用スコアを参考にするケースがある。

他にも、海外はホテルの宿泊時などには現金やクレジットカードを預け入れる「デポジット」が必要なことが多いが信用スコアの高い人はデポジットが必要なくなったり、他にも携帯電話料金の割引やローン利率の割引など、日常生活のさまざまな場面で信用スコアによる優遇が受けられるケースがある。

だが、信用スコアで優遇される人がいるということは裏を返せば、信用スコアの低い人は日常生活のあらゆる場面で不遇を受けるということでもある。

日本でも導入されるとなれば、賛否両論巻き起こりそうな「信用スコア」だが、すでに大手企業ヤフーやNTTドコモなどが信用スコア事業に参入することを発表しており話題を呼んでいる。

信用スコアの賛否はとりあえず置いておくが、もし国内企業でぞくぞくと信用スコア事業に参入していく企業が増えれば、株式市場においても信用スコア関連銘柄は無視できないテーマ株となる可能性がある。

ということで、このページでは信用スコア関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

信用スコア関連銘柄とは

信用スコア関連銘柄とはその名の通り、個人の信用力をスコアリングした「信用スコア」に関連するサービスを手掛ける銘柄の総称である。

信用スコアとは

まず信用スコアについてもう少し詳しく説明しておこう。わかりやすく、中国のモデルケースを例に説明する。中国のモデルケースでみると、信用スコアはキャッシュレスサービスと非常に深い関わりがあるようだ。

中国はすでにキャッシュレス決済が広く普及しており、国民の多くはアリババの提供する「アリペイ」か、テンセントが提供する「ウィチャットペイ」のいずれかを日常生活で日々使っている。

この「アリペイ」「ウィチャットペイ」の2大キャッシュレスサービスが個人の信用スコアを企業に提供しているのだ。

アリペイの場合は「芝麻信用(ごましんようとかジーマしんようと読むらしい)」、ウィチャットペイの場合は「騰訊征信(テンセントクレジット)」といい、どちらもキャッシュレスサービスのなかに組み込まれたサービスの一つだ。

このごま信用とかテンセントクレジットという信用スコアが、一定の数値を上回ると「優秀」「良好」などの評価を得て、日常のさまざまな場面で優遇されるらしい。例えば、ローンの審査賃貸不動産の審査などはもちろん企業の人員採用にも影響したり、または結婚の条件となるケースすらあるようだ。

実際に信用スコアが高ければ、ローンの利率や企業の採用にも影響するとなれば必死になって信用スコアを高めようという動きが出てもなんらおかしくはない。

中国では信用スコアを高めるのが一種のブームになっているようだ。

このように信用スコアが高い人にとっては一種の社会的ステータスとなる信用スコアだが、逆に信用スコアが低い人にとっては足かせになることもある。

この点に関しては、中国でも社会問題の一つとなっているようだが、日本でももし信用スコア社会が進むとすれば、個人情報の取り扱い方などは波紋を呼びそうだ。

もしかすると、政府にとってはそのようなスコアリング社会になった方が人民の監視がしやすいから、キャッシュレス化推進の流れが加速しているのだろうか?!そう考えると少し怖くもあるが、世界的な流れとしてキャッシュレスサービスが普及して言っている以上、株式トレードに携わるものとしては無視できない。

株式トレードに携わるものとしては一つのテーマ株として信用スコア関連銘柄にも注目しておくべきだ。最低限、本命株出遅れ株 一覧は把握しておくべきと言えるだろう。

信用スコア関連銘柄と親和性が高いテーマ株

信用スコア関連銘柄と非常に親和性の高いテーマ株といえば、やはりキャッシュレス関連銘柄だろう。中国のモデルケースをみても、信用スコアを提供しているのは「アリペイ」と「ウィチャットペイ」が代表格といえる。

日本においてもヤフーやNTTドコモが信用スコア事業に参入すると発表しているが、今後キャッシュレスサービスで優位に立つ企業が出てくれば、信用スコア事業に参入してくる可能性は高そうだ。信用スコア関連銘柄とキャッシュレス関連銘柄は重複するものもあり、非常に親和性が高いといえる。

当サイトではすでにキャッシュレス関連銘柄について本命株・出遅れ株 一覧をまとめているので併せてチェックしておくことをオススメする。

キャッシュレス関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

日本の信用スコアがどのようなものになるか、まだはっきりとはわからないが、もし完全に個人を特定しないような形で企業に提供されるとすれば、それはビッグデータの一つと言える。ビッグデータ関連銘柄とも親和性が高いので、こちらも併せてチェックしておくべきだろう。

ビッグデータ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

信用スコア関連銘柄 一覧

  • 4689    ヤフー        信用スコア事業参入 ペイペイ関連
  • 9437    NTTドコモ     信用スコア事業参入
  • 3994    マネーフォワード   ドコモの信用スコアに協力
  • 9984    ソフトバンクグループ ペイペイ関連で思惑か
  • 3938    LINE       LINEペイ関連でで思惑か
  • 3494    ソフトバンク     みずほと共同でJスコア設立
  • 8411    みずほFG      ソフトバンクと共同でJスコア設立

信用スコア関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは信用スコア関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

信用スコア関連銘柄 本命株 ヤフー

ヤフーのチャート画像

時価総額:1,499,123百万円
PER:—倍
PBR:(連) 1.86倍
≪2019/01/10時点≫

ヤフーは信用スコア関連銘柄の本命株といえるだろう。ヤフーは2018年10月10日に信用スコア事業への参入を発表した。ヤフーは自社サービスの「ヤフーID」を基板にして個人のインターネットでの購買行動など、さまざまなデータを数値化し「信用スコア」とし、企業へ提供するとのことだ。

ヤフーといえば、ソフトバンクと共同でキャッシュレスサービス企業「PayPay(ペイペイ)」を設立した企業でもあり、このペイペイの履歴なども信用スコアに導入するのではないだろうか。そうなれば、まさに中国で普及する「信用スコア」の日本版ということになる。まさに信用スコア関連銘柄の中核となりそうな銘柄だ。

ただし、ヤフーは時価総額規模が大きく短期スタンスにおける値動き妙味では少し面白みに欠ける。取り組むとすれば中長期スタンスが前提となりそうだ。

信用スコア関連銘柄 本命株 NTTドコモ

NTTドコモのチャート画像

時価総額:9,722,400百万円
PER:(連) 13.79倍
PBR:(連) 1.56倍
≪2019/01/10時点≫

NTTドコモも信用スコア関連銘柄の中核銘柄の一つといえるだろう。NTTドコモも、ヤフーに続き2018年10月17日に信用スコア事業に参入すると発表している。

ドコモの信用スコアは「ドコモレンディングプラットフォーム」といい、これはドコモの回線利用者を対象にさまざまなデータを数値化し信用スコアとするようだ。ドコモはキャッシュレスサービス「d払い」を手掛けており、こちらも信用スコアとして活用する可能性は高そうだ。

ただしご存知の通り、NTTドコモも日本を代表する大手携帯企業の一社だ。当然、時価総額規模は大きくこちらも短期的な値動き妙味では少し面白みに欠けるといえるだろう。取り組むとすればこちらも中長期スタンスが前提といえるだろう。

信用スコア関連銘柄 本命株 マネーフォワード

マネーフォワードのチャート画像

時価総額:64,993百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 16.49倍
≪2019/01/10時点≫

マネーフォワードも信用スコア関連銘柄の本命株として注目しておきたい。マネーフォワードは個人向けの家計簿アプリ「マネーフォワード」を手掛けている企業だ。マネーフォワードはNTTドコモと提携しており「ドコモレンディングプラットフォーム」に家計や借入状況などを可視化し、返済計画のアドバイスを行うサービスを手掛ける。

こちらも信用スコアに関連するサービスを手掛ける銘柄として注目しておきたい。

マネーフォワードは、信用スコア関連銘柄のなかでは比較的時価総額規模が小さく値動きが軽い銘柄と言える。値動き妙味の観点では信用スコア関連銘柄の本命株といえるかもしれない。

信用スコア関連銘柄 本命株 ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループのチャート画像

時価総額:8,352,912百万円
PER:—倍
PBR:(連) 1.30倍
≪2019/01/10時点≫

ソフトバンクも信用スコア関連銘柄の中核銘柄といえる存在だ。まずソフトバンクは、信用スコア事業に参入するヤフーを子会社にもち、またヤフーと共同でキャッシュレスサービス「ペイペイ」を手掛けている。ペイペイを信用スコアの数値に活用してくる可能性は高いだろう。

また、ソフトバンクがみずほ銀行と共同で「Jスコア」というAIスコアリングサービス企業を設立している点にも注目したい。Jスコアは簡単な質問に答え、自分の可能性をスコアリングしてくれるというサービスで、このスコアに応じてアライアンス企業からさまざまなリワード(特典)を受けられるという。これもまさしく信用スコア事業といえるだろう。

ソフトバンクグループは、中国の信用スコア事業の雄「アリババ」とも関係が深く、信用スコア事業に本気で取り組もうとしている中核銘柄といえそうだ。時価総額規模はもちろん大きく値動きは決して軽くはないが、キャッシュレスサービス、信用スコア事業どちらも覇権を取る可能性はあるだろう。信用スコア関連銘柄としても注目しておくべきだろう。

ソフトバンクグループと併せて、子会社のソフトバンクや共同で信用スコア事業を手掛けるみずほFGなどにも注目しておきたい。

信用スコア関連銘柄 本命株 LINE

LINEのチャート画像

時価総額:984,856百万円
PER:—倍
PBR:(連) 4.88倍
≪2019/01/10時点≫

LINEも信用スコア関連銘柄として注目しておくべきだろう。LINEも2018年11月にヤフー、ドコモに続き信用スコア事業に参入を発表した企業の一つ。LINEの信用スコアは「LINEスコア」とのこと。

LINEもキャッシュレスサービス「LINEペイ」を手掛けているし、それらのデータを信用スコアに活用するということだろう。こちらも面白い信用スコア関連銘柄といえそうだ。LINEも時価総額規模の大きな企業で短期的な値動き妙味では少し面白みが薄いが、信用スコア関連銘柄の中核株として注目しておくべきだろう。

信用スコア関連銘柄 まとめ

キャッシュレス後進国と揶揄される日本だが、日本もこのままキャッシュレス化が進めば、信用スコアが活用される日も遠くないだろう。

現在ぞくぞくと新たなキャッシュレスサービスが生まれており、今後一気にキャッシュレス社会へと進んでいきそうだ。それと同時に、中国やアメリカのように信用スコアによって日常のさまざまな場面で優遇・不遇を受ける社会へとなっていく可能性が高い。

信用スコアはかなり賛否のわかれるサービスとして波紋を呼びそうだが、国内でヤフー、ソフトバンク、LINEなど大手企業がぞくぞく参入を決めている以上、無視はできない。

今後、信用スコア関連銘柄は株式市場においても注目される可能性は十分ある。信用スコア関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

また再掲だが、信用スコア関連銘柄とキャッシュレス関連銘柄は非常に親和性が高いといえる。

と、いうかキャッシュレスサービスを手掛ける企業はほとんどが覇権をとれれば信用スコア事業に参入するのではないだろうか?それほど、信用スコア事業とキャッシュレスサービスは関係が深いといえる。当サイトでは、キャッシュレス関連銘柄を詳しくまとめているので、信用スコア関連銘柄とあわせてチェックしておくことをオススメする。

キャッシュレス関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者様、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

さて、当サイトを見てくれているということはおそらく「テーマ株」に興味を持っている人が多いだろう。

確かに今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかり。

この相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実問題として次にきそうなテーマ株を個人投資家が常に先取りするのは至難のワザだ。

ネット掲示板やツイッターでバズった銘柄などに後乗りしても結局は高値掴みで終わるケースが多い。

当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りするには「優秀な株サイト」を上手く活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは絶対にみておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイトだ。特にテーマ株に注目するならここは本当に絶対にみておくべきサイト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

2018年、株エヴァンジェリストが当ててきた代表的な推移をピックアップすると…

不動産関連   エムティジェネックス 株価11.03倍
ライザップ関連 地域新聞社      株価10.91倍
アプリ関連   エクストリーム    株価7.62倍
針なし注射関連 タカギセイコー    株価3.35倍
バイオ関連   サンバイオ      株価3.31倍
AI関連    エルテス       株価1.99倍
クラウド関連  チームスピリット   株価2.39倍
ERP関連   アイ・ピー・エス   株価2.53倍
RPA関連   システムインテグレ  株価2.06倍
メッツァ関連  Fグローバル     株価2.93倍
BC関連    パス         株価2.46倍
仮想通貨関連  屋まねメディカル   株価3.80倍

などなど、爆発的な推移をバカスカ先取りしている。と、いうかこれでも一部のみをピックアップしたのみ。本当に数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。
それにそれに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

いずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

次はココだ。

ファーストリッチ投資顧問 株価9.3倍のAI関連株 ALBERTを先取りしたサイト。今、第二のALBERT候補株を無料配信中≫

Ads by Cueinc.


ファーストリッチもテーマ株に敏感な投資顧問として見ておくべきサイト。近年、注目されているのテーマ株のなかでも特に「王道テーマ」として長期間、物色されているのはなんといっても「AI関連銘柄」だろう。

ファーストリッチはAI関連のなかでも特に2018年に大化けしたALBERTという銘柄をドンズバで先取りしたサイトだ。

実はALBERTは2018年中で「テンバガー」に近い急騰をしている。なんとその推移は株価9.3倍だ。しかもファーストリッチはこれを“無料情報”として会員に広く提供していたところが素晴らしい。


━━━━━━━━━━━━
人工知能(AI)関連銘柄 ALBERT
推奨時株価:1,792円/18年3月05日
推奨後高値:16,730円/18年11月29日

+833.59%[およそ株価9.33倍]

ALBERTのチャート画像

━━━━━━━━━━━━

改めてみても半端じゃない推移だが、もちろんこれだけじゃない。他にも旬なテーマ株をズバズバ先取りしている。ザックリとピックアップ。

AI関連  アクトコール   株価2.11倍
AI関連  フーバーブレイン 株価1.46倍
CS関連  デジアーツ    株価1.53倍
半導体関連 ホロン      株価2.14倍
バイオ関連 オンコリスバイオ 株価1.57倍
AI関連  エルテス     株価1.65倍

ここも旬なテーマ株を先取りしてきた実例多数。実例の多さでも申し分なしだ。

で、ここをオススメする最大の理由が、ここは今「第二のALBERT候補と噂のお宝株」」を無料ですぐに教えてくれるから。

実際に、無料で「株価9.3倍のALBERT」を配信した実例アリのサイトなので、これは面白い。ハッキリ言って上記の2社は2018年でも特に存在感を示したサイトなので見ておく価値アリ。

ファーストリッチ 第二のALBERT候補のお宝株をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ