Paypayが100億円還元祭りでキャッシュレス決済のシェアを一挙獲得を狙う?!Paypay関連銘柄はコチラ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年12月04日(火)投稿】

PayPayのイメージ画像

最近、なにかとキャッシュレス決済が話題だな。

政府もキャッシュレス化を後押ししているし、どこの会社が今後シェアを獲得するかでまさにキャッシュレス戦国時代の様相となりつつある。

で、ここにきて「PayPay(ペイペイ)」というキャッシュレス決済が物凄いキャンペーンを打ち出して一気にシェア獲得に乗り出してきているようだ。

その名も「100億円あげちゃうキャンペーン」

このキャンペーンではペイペイで支払ったら20%のポイント還元がされるとのことだ。

これだけでも凄いのだが、さらに40分の1の割合で支払い金額の全額(10万円まで)が還元されるという特典もある。また、ソフトバンクやワイモバイルのユーザーであれば、40分の1の確率がおよそ10分の1まで高まるらしい。

これは凄まじいな。まさに還元祭り。

なかなかのキャンペーンをカマシてきたもんだ。

このキャンペーンは総額100億円のポイントを還元するか、2019年3月31日で終了するらしい。おそらく100億円のポイント還元が消費され終了になるだろうな。

で、家電量販店のビックカメラが12/04(火)からペイペイでの支払いに対応すると発表したことで一気に注目度が高まった。

12/04(火)はビックカメラにペイペイ支払いのお客さんが殺到しており大変なことになっているみたい。お客さんが殺到し過ぎて一時サービスに不具合も生じるほどだったみたいだ。

何しろこれだけの還元祭りだ。まぁ話題にもなるだろう。

ペイペイの100億円キャンペーン第二弾が2019年02月12日(火)からスタート!!

早くもペイペイが「100億円あげちゃうキャンペーン」の第二弾を2019年02月12日(火)からスタートするようだ。

ただ前回の「100億円あげちゃうキャンペーン」とは少し毛色が異なる模様。

支払い金額の20%がポイント還元されるという点では同じだが、今回は決済の上限額を5000円、ポイント還元の上限額を1000円とするとのこと。○分の1の確率で決済金額分のポイントを全額還元というのも、上限額は1000円とのことだ。

前回は一回のポイント還元上限額は10万円だったのに対して今回は1000円だ。ずいぶんと上限額を絞ってきたな、という印象だが、キャッシュレス決済を日常的に普及させるにはむしろこちらの方がいいのかもしれない。

狙いはやはり「コンビニ」とか「ドラッグストア」とか「スーパー」など、日常的に利用するところでのキャッシュレス決済ではないだろうか。

ペイペイの中山一郎社長も「日常生活で使ってもらえるキャッシュレスにしたい」とコメント。

やはり、特に誰もが日常的に利用する施設といえばやはりコンビニだ。たしかにコンビニで使うのならばポイント還元の上限額が1000円でも十分だと思うし、日常的に利用するこコンビニでの利用率が高ければ、それこそ「キャッシュレス決済の覇権」とも言い換えれるか。

ペイペイ「100億円あげちゃうキャンペーン第二弾」の関連銘柄としては、コンビニ各社も恩恵を受ける可能性がありそうだ。引き続き、ペイペイ関連銘柄には注目しておきたい。

で、この「PayPay(ペイペイ)」というサービスはソフトバンクとヤフーが共同で設立した会社とのこと。PayPay(ペイペイ)関連銘柄としては、当然ソフトバンクとヤフーが本命株といえるだろう。

PayPay関連銘柄 本命株 ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループのチャート画像

時価総額:10,461,777百万円
PER:—倍
PBR:(連) 1.63倍
≪2018/12/04時点≫

ソフトバンクグループは日本のキャッシュレス市場に「PayPay(ペイペイ)」で一気にシェア獲得に動き出した銘柄として注目しておきたい。

ちなみにペイペイのキャッシュレス方式はクレジットカードと電子マネーの2種類から支払い方法を選択できる。電子マネー方式はQRコード決済方式のようだ。

ソフトバンクとヤフーといえば、かつてYahoo! BBがADSLモデムを無料配布することでブロードバンドを急速に普及させた実例がある。今回も、過剰ともいえるくらいの「100億円あげちゃうキャンペーン」を打ち出し初手で一気にシェア獲得に動いてきたという印象だ。

ソフトバンクグループは、誰もが知る大企業。当然、時価総額規模も大きく値動きは緩やかだが、キャッシュレス決済のシェアを握ることができれば業績へのインパクトは期待できるか?!

「PayPay(ペイペイ)」を引っ提げ、キャッシュレス市場へと一気に乗り出してきたソフトバンクはキャッシュレス関連銘柄の一角として無視できない存在といえるだろう。注目しておきたい。

PayPay関連銘柄 本命株 ヤフー

ヤフーのチャート画像

時価総額:1,663,972百万円
PER:—倍
PBR:(連) 2.06倍
≪2018/12/04時点≫

ソフトバンクと同様にヤフーも「PayPay(ペイペイ)」に出資する株主。こちらもキャッシュレス関連銘柄・PayPay関連銘柄として注目しておくべきだろう。

かつて、日本のインターネットを普及させたソフトバンク・ヤフーのコンビが今度はキャッシュレス普及に向けて大々的に動き出しているのだから期待せずにはいられない。

ヤフーはソフトバンクグループに比べればやや時価総額が小さいものの、とはいえ大企業の株。値動きは緩やかだろう。取り組むとすれば中長期スタンスが前提となりそうだが、やはりキャッシュレス関連銘柄の中核になっていきそうだ。こちらにも注目しておきたい。

PayPay関連銘柄 本命株 ビックカメラ

ビックカメラのチャート画像

時価総額:306,867百万円
PER:(連) 16.35倍
PBR:(連) 2.24倍
≪2018/12/04時点≫

ビックカメラは、キャッシュレス関連銘柄というよりはPayPay関連銘柄といえるだろう。Paypay(ペイペイ)の「100億円あげちゃうキャンペーン」はビックカメラが対応したことで一気に注目度が高まったといえる。

家電量販店で追加の20%ポイントバック、さらに40分の1or10分の1で全額ポイントバックとなれば、
もともと購入を検討していた家電などは「この機会に買っちゃおう!」と思う人が増えるのも当然。

間接的にではあるが、こちらも一応PayPayを普及させる起爆剤に一役買った企業ということで注目だ。

その他、キャッシュレス関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

QRコード関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者様、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

さて、当サイトを見てくれているということはおそらく「テーマ株」に興味を持っている人が多いだろう。

確かに今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかり。

この相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実問題として次にきそうなテーマ株を個人投資家が常に先取りするのは至難のワザだ。

ネット掲示板やツイッターでバズった銘柄などに後乗りしても結局は高値掴みで終わるケースが多い。

当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りするには「優秀な株サイト」を上手く活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれらは絶対にみておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年で圧倒的な存在感を示したサイト。次にきそうなテーマ株を無料で即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイトだ。特にテーマ株に注目するならここは本当に絶対にみておくべきサイト

なんといってもここは2018年に圧倒的な存在感を示した。2018年だけでも株価7倍超え銘柄を1つ、さらにテンバガー(株価10倍超え)銘柄を2つも先取りしている。さらにいえば株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。

2018年、株エヴァンジェリストが当ててきた代表的な推移をピックアップすると…

不動産関連   エムティジェネックス 株価11.03倍
ライザップ関連 地域新聞社      株価10.91倍
アプリ関連   エクストリーム    株価7.62倍
針なし注射関連 タカギセイコー    株価3.35倍
バイオ関連   サンバイオ      株価3.31倍
AI関連    エルテス       株価1.99倍
クラウド関連  チームスピリット   株価2.39倍
ERP関連   アイ・ピー・エス   株価2.53倍
RPA関連   システムインテグレ  株価2.06倍
メッツァ関連  Fグローバル     株価2.93倍
BC関連    パス         株価2.46倍
仮想通貨関連  屋まねメディカル   株価3.80倍

などなど、爆発的な推移をバカスカ先取りしている。と、いうかこれでも一部のみをピックアップしたのみ。本当に数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。
それにそれに驚くべきはほとんどの銘柄を「動意づく前段階で推奨している点」だ。

いずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。とにもかくにも

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

次はココだ。

ファーストリッチ投資顧問 株価9.3倍のAI関連株 ALBERTを先取りしたサイト。今、第二のALBERT候補株を無料配信中≫

Ads by Cueinc.


ファーストリッチもテーマ株に敏感な投資顧問として見ておくべきサイト。近年、注目されているのテーマ株のなかでも特に「王道テーマ」として長期間、物色されているのはなんといっても「AI関連銘柄」だろう。

ファーストリッチはAI関連のなかでも特に2018年に大化けしたALBERTという銘柄をドンズバで先取りしたサイトだ。

実はALBERTは2018年中で「テンバガー」に近い急騰をしている。なんとその推移は株価9.3倍だ。しかもファーストリッチはこれを“無料情報”として会員に広く提供していたところが素晴らしい。


━━━━━━━━━━━━
人工知能(AI)関連銘柄 ALBERT
推奨時株価:1,792円/18年3月05日
推奨後高値:16,730円/18年11月29日

+833.59%[およそ株価9.33倍]

ALBERTのチャート画像

━━━━━━━━━━━━

改めてみても半端じゃない推移だが、もちろんこれだけじゃない。他にも旬なテーマ株をズバズバ先取りしている。ザックリとピックアップ。

AI関連  アクトコール   株価2.11倍
AI関連  フーバーブレイン 株価1.46倍
CS関連  デジアーツ    株価1.53倍
半導体関連 ホロン      株価2.14倍
バイオ関連 オンコリスバイオ 株価1.57倍
AI関連  エルテス     株価1.65倍

ここも旬なテーマ株を先取りしてきた実例多数。実例の多さでも申し分なしだ。

で、ここをオススメする最大の理由が、ここは今「第二のALBERT候補と噂のお宝株」」を無料ですぐに教えてくれるから。

実際に、無料で「株価9.3倍のALBERT」を配信した実例アリのサイトなので、これは面白い。ハッキリ言って上記の2社は2018年でも特に存在感を示したサイトなので見ておく価値アリ。

ファーストリッチ 第二のALBERT候補のお宝株をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ