蓄電池関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年11月05日(月)投稿】

蓄電池のチャート画像

「2019年問題」という言葉はご存知だろうか?!

2019年問題とは、2009年11月に開始された住宅用太陽光発電の余剰電力買い取り制度が、2019年11月以降で順次「10年間の買い取り期間満了」を迎えることを指している。

19年11月~12月で買い取り機関の満了を迎える住宅用太陽光発電はおよそ53万世帯にも上るといい、これらの家庭用太陽光発電では「余剰電力の固定価格での買い取り」が終了することで、その後は売電しようとしても買い取り価格が下がる見込みだという。

資源エネルギー庁では、今後の余剰電力の行き先について選択肢の一つとして、家庭用蓄電池を購入し、余剰電力を家庭内で蓄電し、夜間に利用する方法を示している。

と、いうことで株式市場では「蓄電池関連銘柄」に注目が集まりつつあるようだ。このページでは蓄電池関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

蓄電池関連銘柄とは

蓄電池関連銘柄とは、その名の通り蓄電池に関連する銘柄の総称である。2019年11月以降、住宅用太陽光発電の固定買い取り期間が満了することによって、今後余剰電力は各家庭で「蓄電池に蓄電する」という選択肢が資源エネルギー庁より示されている。

これにより、今後は太陽光発電設備を整えている家庭からは蓄電池の需要が高まる可能性があるといえる。

蓄電池関連銘柄は太陽光発電関連銘柄とも非常に近縁のテーマ株といえる。当サイトではすでに太陽光発電を含む「再生可能エネルギー関連銘柄」をまとめているので、そちらも併せてチェックしておくことをオススメする。

再生可能エネルギー関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

蓄電池関連銘柄 一覧

  • 6701    NEC      蓄電池・蓄電システム
  • 6752    パナソニック   蓄電池・蓄電システム
  • 6753    シャープ     蓄電池・蓄電システム
  • 6864    エヌエフ回路設計 蓄電池・蓄電システム
  • 6902    デンソー     蓄電池・住宅用EV充電システム
  • 6971    京セラ      太陽光発電システム・蓄電システム
  • 6674    GSユアサコーポ 太陽光発電システム・蓄電システム
  • 6996    ニチコン     トライブリッド蓄電システム
  • 7011    三菱重工業    マンション向け蓄電池
  • 1925    大和ハウス工業  スマートハウス 蓄電システム
  • 6502    東芝       蓄電システム「エネグーン」
  • 5121    藤倉ゴム工業   マグネシウム蓄電池の試作品を完成
  • 5333    日本ガイシ    NAS電池
  • 5802    住友電気工業   レドックスフロー電池
  • 6937    古河電池     産業用蓄電池
  • 6955    FDK      オフィス・家庭用蓄電システム

蓄電池関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは蓄電池関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

蓄電池関連銘柄 本命株 ニチコン

ニチコンのチャート画像

時価総額:72,618百万円
PER:(連) 15.08倍
PBR:(連) 0.70倍
≪2018/11/05時点≫

ニチコンも蓄電池関連銘柄の本命株といえるだろう。ニチコンは家庭用蓄電システムの累積生産台数でで※世界的ナンバーワンを誇るメーカーだ。(※2016年3月現在、ニチコン調べ)

家庭用蓄電システムや、EV(電気自動車)にも電力を供給できるシステムなども手掛ける。またニチコンは超小型・低価格の単機能蓄電システムを2019年1月に市場投入するとも発表している。まさに蓄電池関連銘柄の本命株といえる事業内容だ。

加えて、ニチコンの時価総額規模は小粒というほどでもないが、蓄電池関連銘柄のなかでは時価総額規模が小さい方。値動き妙味の観点からも蓄電池関連銘柄の本命株といえるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 NEC

NECのチャート画像

時価総額:873,888百万円
PER:(連) 34.86倍
PBR:(連) 0.99倍
≪2018/11/05時点≫

NECは蓄電池関連銘柄の中核銘柄といえるだろう。NECは通信インフラ設備で国内首位の銘柄だが、蓄電システムも手掛けている。電力事業者向けの大型蓄電システムに加え、家庭住宅用の小型蓄電システムも手掛ける。NECは蓄電池関連銘柄の中核株といえそうだ。

ただしNECは時価総額規模も大きい大企業。値動きは緩やかなので、取り組むとすれば中長期スタンスが前提となりそうだ。

蓄電池関連銘柄 本命株 パナソニック

パナソニックのチャート画像

時価総額:2,890,924百万円
PER:(連) 10.99倍
PBR:(連) 1.50倍
≪2018/11/05時点≫

パナソニックも蓄電池関連銘柄の中核株として注目しておきたい。パナソニックは白モノ家電が主力の家電メーカーだが、住宅設備系も展開しており、住宅用の蓄電システムも手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄の中核株として抑えておきたい。

ただしパナソニックも知っての通り大企業。値動きは相応に重いので取り組むとすれば中長期スタンスが前提となるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 シャープ

シャープのチャート画像

時価総額:963,142百万円
PER:(連) 10.29倍
PBR:(連) 2.36倍
≪2018/11/05時点≫

家電大手のシャープも蓄電池関連銘柄の一角といえるだろう。シャープは住宅用エネルギーソリューションシステムとしてクラウド蓄電池システムを手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄として注目だ。ただし、シャープも時価総額規模は大きめ。こちらも取り組むとすれば中長期スタンスが基本となりそうだ。

蓄電池関連銘柄 本命株 エヌエフ回路設計ブロック

エヌエフ回路設計ブロックのチャート画像

時価総額:13,742百万円
PER:(連) 17.04倍
PBR:(連) 1.64倍
≪2018/11/05時点≫

エヌエフ回路設計ブロックは蓄電池関連銘柄の本命株として注目だ。エヌエフ回路設計ブロックといえば、量子コンピューター関連銘柄としても本命株としてピックアップした銘柄だが、同社は家庭用のリチウムイオン蓄電システムも手掛けている。

エヌエフ回路設計ブロックは蓄電池関連銘柄のなかでは特に時価総額規模が小粒な銘柄だ。値動き妙味の観点からも本命株として注目したい。また量子コンピューター関連銘柄というテーマ性も有しているため、複数のテーマ性から注目したい銘柄だ。

蓄電池関連銘柄 本命株 デンソー

デンソーのチャート画像

時価総額:4,013,223百万円
PER:(連) 12.94倍
PBR:(連) 1.07倍
≪2018/11/05時点≫

トヨタ系自動車部品メーカーのデンソーも蓄電池関連銘柄として注目だ。デンソーは家庭用のリチウムイオン蓄電池を手掛けており、電気自動車と住宅の間で急速充電を可能にするシステムを手掛けている。このシステムでは、家庭で貯めた太陽光発電を電気自動車に供給することも、車両に蓄えた電力を住宅に供給することもできるようだ。

今後、電気自動車がさらに普及すればデンソーのEVと住宅で相互電力供給ができるシステムはさらに需要が高まるかもしれない。

ただしデンソーも時価総額規模は巨大な企業。値動きは緩やかなので、取り組むとすれば中長期スタンスが前提となるだろう。

蓄電池関連銘柄 本命株 GSユアサコーポ

GSユアサコーポのチャート画像

時価総額:199,178百万円
PER:(連) 15.23倍
PBR:(連) 1.15倍
≪2018/11/05時点≫

GSユアサコーポレーションも蓄電池関連銘柄の中核株といえる存在だろう。GSユアサは太陽光発電システム事業に本格参入してから15年以上の実績をもち、蓄電システムも手掛けている。こちらも蓄電池関連銘柄の一角として把握しておきたい。

蓄電池関連銘柄 まとめ

2019年に近付くにつれ、蓄電池関連銘柄はますます注目度が高まる可能性がある。蓄電池関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておくべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

それもそのはず。今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。

確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。テーマ株に焦点をあてるなら絶対にここはみておくべき。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。

仮想通貨関連 シーズメン   :6日連続ストップ高 株価3.56倍
仮想通貨関連 やまねメディカル:6日連続ストップ高 株価3.80倍
ブロックチェーン関連 パス  :推奨翌日ストップ高 株価2.77倍
仮想通貨関連 AppBank :株価2.29倍
IoT関連 アイビーシー   :株価1.97倍
クラウド関連 駅探      :株価2.38倍

などなど、本当に数え上げればキリがないレベルに大量に先取りしている。どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
2017年は株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!2018年もすでにエクストリームでナインバガー?!次に睨む銘柄は?!『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

株プロフェットはとにもかくにも個別銘柄の選定センスがズバ抜けていると思う。

当方がもっとも驚いたのは2017年1月時点から仮想通貨関連銘柄リミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。さらに2018年のスマホアプリ関連の超大化け株「エクストリーム」も先取り推奨していたようでこちらはナインバガーとなっている。2年連チャンでテンバガー・ナインバガークラスの大化けを先取りしているとは尋常ではない。

他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)、レノバ(株価3.54倍)、インソース(株価2.52倍)、クラウドワークス(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ